FC2ブログ
コトコト日記
AC070803.jpg

なぜか目がうつろですね。



AC070804.jpg

ふ~ん。目を合わせないんだ。



AC070811.jpg

まっ、これぐらい何ともないですヨ。
赤毛ちゃんはそりゃ~、すさまじかったですからね。
[2018/12/07/Fri] | コト | page top
コトコト日記
AC030769.jpg

犬忘年会で別府のペットと泊まれる宿Ugo(ユーゴ)さんへ。
せっかく犬仲間が集まった(ご馳走も!)というのに、おしゃべりと犬たちに夢中で写真ほぼなし(;^_^A
(犬天国と人は言う)


コトは初めてのお泊りだったけどバリケンで大人しく寝てくれました(ホッ)
翌朝は同部屋に泊まったSATOさんにコトをお願いして、一人「堀田温泉」にて朝風呂♨
営業時間直前のAM6:30前に到着したけど、すで入り口にはオープンを待つ列が出来てる。おそらく地元の常連さんだろうけど、別府市民の温泉熱ってすごいな。
利用時間や泉質も幅があって別府の温泉はホントいいよね。


朝食後、まだ少し雨の残る庭に放牧。
イエローラブのパールちゃんはコトのお姉さん(お父さん犬が同じ)
上手に遊んでくれてありがとう。



AC030771.jpg



AC030772.jpg

参加の皆様、お世話になりました。
[2018/12/03/Mon] | コト | page top
高崎山
高崎山南登山口---高崎山(ピストン)


AC010614.jpg

南側より高崎山。
大分県民には海とセットの高崎山の姿がインプットされがちですが、南側から見るとこんな感じ。違う山のようですね。

では、今日も銭瓶峠の南登山口より登ります。
前回、yumiさんと登った時スニーカーで登ったら積もった落ち葉で滑りやすかったので今日はちゃんと登山靴を用意。
しかーし。
登山靴用の靴下を忘れました。

ち。

しかたないので、今日もスニーカー。ま、いいや。
荷物はカメラのみ。



AC010618.jpg



AC010624.jpg

まだ、緑が混じってたりして…



AC010653.jpg



AC010640.jpg



AC010656.jpg

黄葉もよかった。



AC010661.jpg

斜面側の高い木々。
葉っぱが落ちて、空が見えるのもいいね。




AC010663.jpg

登山道はフカフカ落ち葉。



AC010671.jpg

直線ゾーン。
ここもすっかりスカスカになった。



AC010674.jpg

山頂。二等三角点。



AC010675.jpg

山頂の大紅葉。
わかってましたが、もう裸んぼうです。

紅葉はほぼ終盤に入ってますが、部分的には見頃の木もまだまだあり、午後のキラキラタイムでいい感じです。
ただ、前回にも増してPM2.5がヒドすぎ。海も、大分の町も、別府の扇山もなにもかも見えない。
霞んだ景色を見るとガッカリするので目の前の紅葉した木々だけを眺めることにしました(苦笑)


AC010678.jpg

ムシ食い。



AC010683.jpg



AC010687.jpg



AC010714.jpg



AC010717.jpg



AC010724.jpg



AC010726.jpg



AC010730.jpg



AC010738.jpg

結構、高い木もあって楽しめる高崎山。
下山は同じ道だけど、光の当たり方の変化で同じ木もまた違った表情で面白い。
ここも、ピンスポットが当たって綺麗でした。

下山後の温泉は、「みかゑり温泉」(別府鉄輪温泉)
入浴料金¥300
露天と内湯といつも迷うけど、やっぱり内湯に入ってしまった。


AC010743.jpg
[2018/12/01/Sat] | 山歩き | page top
コトコト日記
AB250494.jpg

イチョウ並木を散歩
ちょっと大人っぽくなりました。4か月半を過ぎ。


AB250534.jpg

でも、だいたいはおトボケ顔



AB250550.jpg

犬の前足クロスって可愛いですよね。



AB250557.jpg

デカ舌疑惑は引き続きです。



AB250574.jpg

成長中
縦方向(体高)にも伸びてます。
[2018/11/25/Sun] | コト | page top
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口

単独。
月明かりの中、久しぶりの牧の戸コース。
登山道は凍っている。時折、ザクッザクッと靴底から鳴る霜柱を踏む音に冬を感じつつ、山頂にたどり着くともうすでに夜明けは始まっていた。


AB240415.jpg

雲なし、ガスなしのピーカン夜明け。前日あったという霧氷はすっかり解けたようで透明のが少しだけ。
これは粗氷(そひょう)の部類なのかな?でも、朝日を浴びて徐々に氷が染まっていく様子が美しい。


AB240418.jpg



AB240431.jpg

夜明け。
向こうの中岳にも人影が見えます。



AB240433.jpg



AB240435.jpg

朝焼け色に染まる。



AB240440.jpg

星生山にピンスポットが当たる。
まん丸お月さまは西へサヨラナラ。



AB240445.jpg

阿蘇遠景。

夜明け後は、クリアな状態で遠景が素晴らしかった。
遠く普賢岳(←まだ登ったことない、登りたい!)もはっきり見え、グルリどこを見ても遠くの山々が美しい。



AB240447.jpg

中岳山頂
中岳の山頂を踏み、御池へ降りてみる。


AB240449.jpg

池の淵には氷のオブジェができてました。


AB240453.jpg



AB240469.jpg

下山は星生尾根を経由して。
予想はしてたけど、溶けてドロドロになった登山道に苦戦しながら無事下山。
靴は泥を含んで重かった(;^_^A積雪してしっかり雪道にならないとこれだもんな。早く雪降れ~。

下山後の温泉は「花山酔
今まで何度も利用してたけどモンベル会員は(カード提示で)入浴料割引100円でしたよー♨
法華院温泉山荘の半額割引(過去記録2017/10/01)は使ったことあったけど、こっちは全然知らなかった。
[2018/11/24/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>