きょうの夕焼け
2016_0924.jpg



2016_0925.jpg



2016_0926.jpg


相変わらず霞の強い夕暮れですが、多くのギャラリーが去った後、残った雲がピンクに焼けました。
[2016/08/21/Sun] | きょうの夕焼け | page top
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---慰霊記念碑経由---牧の戸登山口

月明かりで明るい牧の戸Pで準備中、ryoさんの車がタイミングよく滑り込んできたのでsanpoさんと3人でスタート。
途中から「オレの足が、久住山に行きたがってる!」とワケのわからないコトを言うので、ryoさんには先に行ってもらいsanpoさんとゆっくり登る。



2016_0904.jpg

大船山に昇るご来光
山頂にとりつく前から予感はしてたけど、やっぱりドンヨリPM層。
あぁ~ぁ。



2016_0905.jpg

中岳をピークハントして、池の小屋で朝食。



2016_0923.jpg

山ご飯は、そうめん(薬味は、ミョウガと大葉)
小屋で配給の東京バナナと一緒に。



2016_0906.jpg

慰霊碑
台風で倒れた慰霊碑も綺麗に修復されてました。



2016_0907.jpg

くじゅう分かれより、星生崎遠景



2016_0908.jpg

ススキの穂が出始めた星生崎
夜明けの山頂は風もなく、快適でしたが下山時は太陽がジリジリと朝の時間でも暑い暑い。


2016_0909.jpg


<ワレモコウ>
みんなで、わーい!わーい!

「オレの足が、久住山に行きたがってる!」と再びワケのわからないコトを言い出したryoさん(←夜明け前は、結局久住山には寄らなかったらしい)は慰霊碑から別ルートだったので、sanpoさんを扇取付きでお待たせして一人で扇ヶ鼻東峰まで寄り道。
途中、下山してくる山靴さんご夫妻とクロス。
山靴さんが「ワレモコウロードだよ」と、うれしそう。



2016_0910.jpg

<マツムシソウ>
マツムシソウは昆虫たちにも人気のようですね。



2016_0911.jpg



2016_0912.jpg

青空に星生山稜線
sanpoさんを待たせたままだったので、あわてて扇の下りをかけ下りる。
それはそうと、扇からの下りってコケそうになるよね?私だけ?今日は気をつけてたので大丈夫でした。
あそこの下り何気に苦手。

久住山経由で降りてきたryoさんも速足で戻ってきてました(お待たせしてスミマセン)



2016_0913.jpg

<ホクチアザミ>
地味だけど真上からだと違った味わい。



2016_0914.jpg

<イヨフウロ>
先日、一緒だった方が「シースルー、シースルー」とニヤつきながら撮影してたけど、私には下心がないので、セクシーショットには撮れませんでした(笑)



2016_0915.jpg

<コケモモの実>
今の時期、たくさんですね。



2016_0916.jpg

<カラマツ林>
ここ、雪の時も綺麗ですよね。
今年は雪どうかなぁ~~、こう暑いと早く雪山に登りたい。



2016_0917.jpg



2016_0918.jpg

<サイヨウシャジン >
ちょっと濃い色で綺麗でした。



2016_0919.jpg

<サワギキョウ>
下山後は、タデ原。
花散策する前に、IRIEさんの車を見つけたので電話してかき氷をおごってもらう。ごちそうさまでした!



2016_0920.jpg

サワギキョウ、まだまだたくさん咲いてます。花期も長いんですね。



2016_0921.jpg

<シラヒゲソウ>
最初は見つけるのが大変でしたが、目が慣れるとあちこちに咲いてるのを発見。
かわいい。


2016_0922.jpg

<ヒゴダイ>
るり玉の中は宇宙のようです。風車のように変化した花弁が美しすぎます。

ご一緒した皆様、お世話になりました。
[2016/08/20/Sat] | 山歩き | page top
きょうの夕焼け
2016_0903


少しあった雲だけど、PM層が強いのか焼けきれず(>_<)
でも、一瞬海に映った太陽の筋が美しかった。
[2016/08/19/Fri] | きょうの夕焼け | page top
きょうの夕焼け
2016_0902.jpg

朝の通勤時、車の窓から見える遠景も夕方の空もずっとPMです。
夕暮れの海もかすんでましたが、SUPを操る人を遠くから眺めていたら自分も海の上を歩いてるような気分になれました。
[2016/08/18/Thu] | きょうの夕焼け | page top
扇ヶ鼻
基本の夏山スタイルに戻って朝駆け。
目的はもちろんペルセウス流星群。ちなみに、私は星撮りはしない(技術もセンスもないので、見る派)ので星空の写真はありません。

昨年同様、牧の戸Pには星空観察の方々がたくさん寝っころがってます(^^;
夜中の登山口を単独スタート。沓掛のピークから眺めると、今夜は星目当てのハイカーが多く、前後にはいくつものヘッドライトの流星。


途中、ブロッコリーの丘で休憩中にものすごい大きさの流れ星に出会う。
あんなに尾をひく長い軌跡ははじめて見たので、ちょっと感動。いやぁ、美しいものには心が洗われますね。
そのあとも中くらいのや小さな流星はたくさん頭上を流れていき、今日はココでずっと眺めているのもいいかなぁ~とも思ったけど、普段でも、ここは足を止めやすい休憩ポイントなので人口密度が加速してきてにぎやかになってきたので先に進む。

昨日、一昨日の山行に比べ、夜中なので涼しくて快適。
今日は、普段通りのペースで歩けます。あぁ、よかった(2日続けてバテバテで歩けなかったので、すっかり自信喪失でした)

星生崎下でザックをおろし、シートも広げで完全に寝て見る体勢を整える(星を見るのは仰向けが一番)
今日は星を楽しむのが目的なので、夜明けとピークハントはどうでもいいや。
しばしの天体ショーを満喫。

後ろで星撮りの気配は気付いていたけど、higeさんご夫妻とryoさんでした。
そして、sumiさんもいらした。


夜明け後は、皆さんと一緒にゆっくり時間をかけてお花を探しながら扇ヶ鼻に寄り道して下山。

2016_0886.jpg

<ママコナ>



2016_0887.jpg

<ワレモコウ>
もう、ありがたみがないくらいのワシャワシャ状態(笑)



2016_0888.jpg

<ツクシゼリ>



2016_0889.jpg

<フクオウソウ>



2016_0890.jpg

<ワレモコウ>
あちこちたくさんですよ~


2016_0891.jpg

<イタドリ>
地味だけど朝露で瑞々しい



2016_0892.jpg

<マツムシソウ>
そして、お待ちかねのマツムシソウ
間違いない!ホント、かわいい。



2016_0893.jpg

<マツムシソウ>
カーリーな子



2016_0894.jpg

<マツムシソウ>
蕾。もうすぐ花開くピチピチな新鮮さ、フレッシュ一年生な感じですね。
美人さんの予感。



2016_0895.jpg

<イヨフウロ>
おねぼうさん。もうすぐ起きます。



2016_0896.jpg

山ご飯
冷麺。器が紙皿なのが許せない。
食材は用意してたけど、山に向かう途中で器を忘れた事に気付き、コンビニで調達。
みんなの「なに作ってるの?」の視線が痛くて、雑な盛り付けになってしまった、、、、
ゆで卵はつぶれてたし(>_<)

ち。



2016_0897.jpg

<扇ヶ鼻>
とりあえずピークハント写真。
夜明け後は、ひどい霞(普通のPMなのか?)で山の景色はよくなかったのでカッツアイ。
昨日の津波戸山からの遠景もヒドかったけど、今日はそれよりさらによくない。最近、夕方の空もよくないので「きょうの夕焼け」もさっぱりなこの頃。
早く綺麗な空気にならないかなぁ。



2016_0898.jpg

<ホクチアザミの林>
もしかしてキリシマヒゴダイ?葉っぱを裏返して確認するんだった!



2016_0899.jpg

<コオニユリ>
higeさんにコオニユリとオニユリの違いについて教わる。
違いは葉の付け根のムカゴとのこと。なるほど~。



2016_0900.jpg

<サイヨウシャジン >
ベル形が可愛い。


皆さん、男池に立ち寄るということなので私は下山後の登山口でお別れ。
3日連続で山遊びさせてもらったので、早めの帰宅。



2016_0901.jpg

ロンとエルモにもお盆のお花を用意しました。早速ユリがいい香りです。

[2016/08/13/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>