ティナ・15才
2017_0031.jpg


色々心配はつきないけど、なんとか15才。
足のナックリングがひどくてもう外での散歩はできないけど、部屋の中は一人で歩きまわる。
最近はソファに上がる時、助走をつけるようになりました。だれが教えたワケでもないのに、まだまだ進化する赤毛パワー。
寒い冬だけど、一緒に乗り切りましょうね♪
[2017/01/14/Sat] | ティナ | page top
ティナのこの頃
2017_0029.jpg



2017_0030.jpg



最近の(食)ブームは"きなこ"です。
[2017/01/13/Fri] | 犬との日々 | page top
伽藍岳
写真撮るほどででもなかったし(曇天)さしたる内容もないので(まぁ、これはいつものこと)UPするのどうしようと思ったけど、自分のための覚書的ブログなもので、、、、記録メモ。

登山口(塚原温泉)---塚原越---伽藍岳(ピストン)

天気予報では午後少しの間、晴れ間が出そうだったので、山頂まで時間のかからない伽藍岳へ。
塚原温泉下の登山者専用Pには、車は一台も停まっていない。
ココは、普段でもそんなに登っててる人には出会わない山だけど、今日は中途半端な午後入山。しかも、どよどよ~んなお天気。


途中で購入したコンビニのばくだんおにぎりを片手にスタートするが、全然減らなくて苦戦する。
寒いし、おにぎりは冷たいし、、、風は予想以上に強いし、、、、
もう二度とばくだんおにぎりは買うまい。普通サイズにしよう。

山頂で暖かい飲み物と甘いオヤツで気を取り直そうとしたが、雲行きも怪しいのでそそくさと下山。


2017_0024.jpg

鶴見岳の上にはヤバそうな厚い雲。



2017_0025.jpg

山頂標識越しに由布岳方面(山頂は雲で見えず)



2017_0026.jpg

海側。下山しよとしたらちょっと明るくなった?
でも、もう降りるっ。風が冷たすぎて、すっかり体が冷えてしまった。


2017_0027.jpg

伽藍岳麓の火口(伽藍岳は活火山)



2017_0028.jpg


下山したら青空っていう、山あるある(苦笑)
また来よう。
[2017/01/09/Mon] | 山歩き | page top
おんせん県
ロンPも温泉に行きたいというので、今日まで無料開放の別府市営温泉を推す。


2017_0020.jpg

<不老泉>
入浴料:無料(年末年始無料開放)

ココは去年(やっぱり山の後)一人で来たので勝手はわかっている。
「あつ湯」「ぬる湯」タイプ。
ロンPに「あつ湯」は本当に熱々だからって、説明しておいたのに「どっちかわからなくて熱い方に入った」だって。
まったく、、、、家のお風呂でも熱くしないのによく入れたな。
リニューアルして数年なので、綺麗な施設です。



2017_0021.jpg

<田の湯温泉>
入浴料:無料(年末年始無料開放)

不老泉で暖まったばかりだったので、ザブンとつかっただけ・・・
滞在時間数分(^^ゞ




2017_0022.jpg

<別府湾ロイヤルホテル>
入浴料:100円(温泉券クーポン利用/1000円→100円)


本日のメインはココ。
3湯目なので、多少のぼせ気味(笑)
かけ流しの別府市営温泉に比べ、加水・加温・循環のホテルの大浴場は温泉通に言わせるともはや温泉とは言えないかもしれないが、、、まぁ、いい。
なにせ1000円→100円なので!
昨年も利用した「月刊シティ情報おおいた」の温泉券クーポンでお得感を味わう。女風呂はバラ湯でした(*^_^*)



2017_0023.jpg



2017_0019.jpg

ティナは半日お留守番だったけど、ロンPがプリンをお土産に買ってました。
今年もゆるゆると過ごしましょう♪
[2017/01/03/Tue] | 未分類 | page top
鶴見岳
ロープウエイ下駐車場---鶴見岳(ピストン)
鶴見岳ご来光登山、単独。

元旦のご来光登山は、今まで扇山とか由布岳とか登ってきたけど、縁起のいい”鶴”の文字がある干支の山が県内にあるので鶴見岳で迎えよう♪

しかし、鶴見岳は私にとってロープウエイ(←かなり好き)に乗るための山(笑)
ここ数年、ロープウエイで登るインチキ登山しかやってない(さすがに、下山は歩く)
一気登山コースは、ロンを連れて登って以来なので、一体何年ぶりなのか?しかも、夜中に歩くのは初めて、単独だし大丈夫か、私。


ロープウエイは元旦営業で早朝の4時から運転していた。駐車場には、出発時間を案内するアナウンスが響く。
身支度をして、一気登山道コースをスタート。
由布岳正面登山道と同じく、こちらのコースもしばらくジグザグの九十九折れが続くが、前後するライトは見えない。
完全なボッチ登山。
干支登山を目当てで登ってる人がいると思ったのに、そうでもないのかな。

5合目あたりで中学生を連れた母子組に追いついた後、山頂直下で数人がご来光に間に合うようにと急いで登ってきたぐらいで、さほどハイカーに遭遇することはなかった。



2017_0001.jpg

<2017年ご来光/鶴見岳>
ギリギリ間に合った日の出。
残念ながら、霞が強い。高崎山もボヤボヤ~(~_~;)
別府湾や、日出方面もボンヤリぶりが激しい。



2017_0002.jpg

<くじゅう連山遠景>
そのかわり、くじゅう方面はよく見えている。祖母も浮かんでる。



2017_0003.jpg

<山頂へ続く遊歩道>
遊歩道はシャーベット状に凍っていて危なげ、、、何度か靴を滑らせた。



2017_0004.jpg

<山頂アンテナ群>



2017_0005.jpg

ジャンボ温度計とマイ影
(ちなみに2度でした)


2017_0006.jpg

展望台より温度計のある広場。
下りのロープウェイを待つ人たちで発車駅は混雑してる模様。山頂標識を撮りたいけど人の波が収まるまでブラブラして時間をつぶす。



2017_0008.jpg

<鶴見岳山頂>
後ろは由布岳



2017_0009.jpg

山頂より、伽藍岳から内山へ続く別府アルプス縦走路。
昨年の地震で登山道の一部が崩壊しているために、今は歩けない。



2017_0010.jpg

<三等三角点>
三角点は山頂標識のすぐ下にあります。



2017_0011.jpg

山おやつはビスコ(苺)
下山路は、インチキ登山の時と同じく、南平台経由にしようかと思ったが、久しぶりに歩く一気登山コースの雰囲気を確認したくて(登りはライト登山で真っ暗だったため)ピストンで戻ることにする。



2017_0012.jpg

雪がわずかに残る登山道
一気登山コースはほぼ樹林帯の中で見晴らしもきかず、暑くてかなわないといった印象だったけど、冬枯れした登山道は圧迫感もなく味わいがあった。
冬に登るのならいいかも。
ミヤマキリシマの時期は断然ロープウェイだな(←乗りたいだけ・笑)



2017_0013.jpg

<青いベンチ>
昔はなかったんだけど、最近の山レポにはよく見かけるベンチ。
休憩したいタイミングでちょうどいい。



2017_0014.jpg

火男火売神社(ほのおほのめじんじゃ)
倒壊した石灯篭。昨年の地震で倒れたんだろうな。別府に住む友人もひどく揺れたと当時言ってたけど、まだまだ元には戻らないたくさんの物がある。


2017_0015.jpg

神社への石段。
ココ、登りも下りも滑るので要注意。



2017_0016.jpg

<海門寺温泉/別府市>
下山後の温泉は、無料開放(年末年始のみ)している別府の市営温泉を利用。
「あつ湯」と「ぬる湯」がある2槽タイプの温泉。もちろん、あつ湯には入れませんでした (>_<)
ぬる湯だってけっしてぬるくはない。ごくごく普通の温度です。
こちら、リニューアルしてまだ数年らしく、とても綺麗です。



2017_0017.jpg

<浜田温泉/別府市>
欲張って2湯目。
亀川の浜田温泉。もちろん、無料。
駐車場がわからなかったので、番台の方の聞くと親切に教えてくれました。温泉からすぐ近くに広い駐車場あり。

のれんをくぐったらいきなり脱衣所(兼下駄箱)で軽く驚く。
別府の共同湯には多い構造らしい。脱衣所と浴室を仕切る扉もなにもない。フルオープン。
お風呂につかってて、脱ぎ着する姿が丸見えタイプのあれです、、、、こういうスタイルは初めてだったので(でも、予備知識としてはあった)ぎこちなく脱皮(苦笑)そして、慣れてます風な顔でかかり湯をしようとしたら、熱々だった。

地元のおば様が、水が出てる湯船の奥を指さし「あっち側がぬるいからね~」と教えてくれる。
「知らない人は、みんなこっち側で熱い湯をあびるのよ」と、共同湯初心者である事がバレバレ^_^;
別府の人、親切だわ。

ここは、駐車場が広いのでまた来よう!

2017_0018.jpg

小さな看板がある浜田温泉専用駐車場。

山頂は霧氷もなく、霞が強かったけど登れただけで満足。
無料開放の温泉は下山後には本当にありがたい。お正月は温泉目的で別府近辺の山もいいですね♪
[2017/01/01/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>