ティナのこの頃
2017_1054.jpg



2017_1053.jpg


フリースはじめました。

朝晩、寒くなってきたからね、、、、

最近の食ブームは、「梨」です。
小さく一口サイズにカットしたのをシャリシャリと美味しそうに食べてます。
昔、白菜ひと玉丸かじり、、とか
捨ててあった(足踏みペール式ゴミ箱から盗んだ)トウモロコシの芯(実じゃなくて芯ですよ)盗み食いしてたイヌと同一犬とは思えないほどのお上品さです。
[2017/09/29/Fri] | 犬との日々 | page top
ティナのこの頃
2017_1018.jpg

ピンクのブタさんは仕込みました(;^_^A

それはそうと、留守番中にプーさんのぬいぐるみがローボードから落ちてたんだけど・・・だれ?
エルモでも来たかな?

ドリカムの歌じゃないけど、夢で逢いたいと願うのに、出てきてはくれません。
お供えが足りないのでしょうか?



2017_1019.jpg

知ってましたか?
犬も”ちゅ~る”に夢中です。
そりゃ、もう。パッケージごと食べる勢いです(苦笑)
ティナは、トーストにディップして食べてます。
[2017/09/23/Sat] | 犬との日々 | page top
ティナのこの頃
2017_0902.jpg

最初は、「ンッゴッ」と飲んだフリをして私たちがそばを離れたすきに”ペッ”と吐き出してました。
あっ、えっと。
毎日飲ませている内服薬(てんかん発作予防薬)の話しです。

錠剤なのですが、うまい具合に(シーツ替わりの)タオルのしわの隙間だったり、敷きマットの下だったりと、一体どんな風に隠してるかはわからないけど、そりゃ~、上手にやってくれてます。

私たちも騙されないぞ!と学習してゴクッとした後はずっと監視する作戦に切り替えました。

そうしたら最近は、小芝居に磨きがかかり頭をブルブル(犬はよくしますね)してその反動で薬を吐き出し、その後”薬を口に含んだフリ”をするんです。

飼い主いなくなった⇒ペッ

から

高速頭ブルブルペッ⇒まだ薬、口の中に残ってる(小芝居を続ける)

に、巧みに変化してるのです。

その小芝居がまたうまくて、「え~、この薬苦いんだよね」「うげ~」「もう、吐いちゃう」みたいな顔して、口もクチャクチャしていかにも我慢して飲みこんでます的な・・・・
しかも、ご丁寧にそのあと”ゴックン”とわざとらしく喉をならして飲み込むのです(すでに薬はどっか飛んでってるので、口の中はからっぽ、飲むフリね)

頭をブルブルした時は、あたりを入念にチェックしなくてはなりません。

(錠剤)飛ばしてますから。

ったく。このイヌはもうっ!!!




2017_0903.jpg

【おまけ】
きょうの夕焼け
[2017/08/24/Thu] | 犬との日々 | page top
ティナのこの頃
2017_0772.jpg

卵は栄養価も高いので積極的に食べてもらいたいのですが、茹で卵、炒り卵、だし巻卵等々色々試しても食べてくれなくて、唯一食べるのが目玉焼きの”黄身だけ”という相変わらずの『面倒くさいオンナ』ぷりを発揮しております。
その目玉焼きの黄身も最近は飽きたらしく見向きもしなくなったのですが、煮卵をあげてみたら白身も美味しそうに完食!
白身も食べるなんて、、、ううっ。嬉しい。

そんなワケで、ただいま”煮卵ブーム”です。


2017_0773.jpg

おまけ
きょうの夕焼け
[2017/08/06/Sun] | 犬との日々 | page top
ティナのこの頃
2017_0656.jpg

相変わらず”面倒くさいオンナ”です。
朝ガツガツ食べたからといって、夜も同じ素材を食べてくれるワケではなく、、、
今は”わらびもちブーム”です(笑)
もうちょっとカロリーの高いもん食べてほしい。
麺類は元々、好物なようですが(ラーメン派、ロンはうどん派だった)あまった餃子の皮を茹でてみたらよく食べます。
”餃子皮ブーム”でもあります。

餃子の皮を食べるなら、ひき肉を包んで水餃子であげればいいじゃん!て思うでしょ?
思うよね、、、フツー。
お肉も食べさせられて一石二鳥じゃん。栄養価も上がるじゃん。
って思うよね~~~~。

でも、ティナは『まぜるなキケン!』なのです。
複数の素材を混ぜると、途端に食べなくなるのです。

ねっ、ね。
面倒くさいオンナでしょ!!!


2017_0657.jpg

前足のパットの毛が伸び放題で、後ろは爪切りまでサッパリなのは気のせいではなく、後ろ足はもうレロレロで感覚がなく(悲)爪切りもバチバチ切り放題なのです。
しかし、前足は現役でして全力で拒否られます。
機嫌が悪いとよく殴られます。面倒くさい上に、非常に自己チューなオンナなのです。

かわいいです。
[2017/07/12/Wed] | 犬との日々 | page top
| ホーム | 次のページ>>