由布岳・飯盛ヶ城
正面登山口---合野越え---マタエ---東峰・西峰---マタエ---飯盛ヶ城---正面登山口(ピストン)

単独。
何がなんでも”朝駆け”という気持ちになれなくて、二度寝してしまう(単独あるある)
予定より遅めに取りついた登山道の途中で、東の空はサーモンピンクに染まっていた。
もしかして、夜明けはよかったのかな?


2017_0199.jpg

<夜明け前の月>



2017_0200.jpg

山頂少し手前でなんとなく夜明けを迎える。
遠く、くじゅう方面は霞んでる。



2017_0201.jpg

<東峰山頂>
山頂直下で、下山してくる方がいたので尋ねると夜明けは「ふつう」だったみたい。
特に焼けなかったらしい。
そんな気がしたんだよね・・・と心の中で納得する。



2017_0202.jpg

<大分市方面>
中央の薄ボンヤリは、お猿の高崎山。
ひどい霞っぷりだけど、海はオレンジ色でキラキラしてた。空気がクリアだとよかったのにな~。



2017_0203.jpg

<山頂気温>
山頂は風も冷たくて0℃
朝はまだまだダウン必須。朝ごはんを山頂で食べようと思ってたけど、体が冷えてしまうばかりなので下山。



2017_0204.jpg

山頂の大岩にオハヨーのマイ影。
時間が早かったので、お鉢回ろうかどうしようかと悩む。
とりあえず、西峰に上がってみてよー。


2017_0205.jpg

<別府アルプス>
西峰山頂より東峰と背後は鶴見岳から伸びる別府アルプスのシルエット。
地震後崩落したお鉢を回ったことがないので、「今日は一人だしな~」とひるむ。
ヘナチョコなので、シッポを巻いて退散(←お鉢一緒に回ってくれる方、ゆるめに募集中)



2017_0206.jpg

<西峰鎖場>
ここ、登りはまぁ、いいんだけど下りはちょっとイヤ。



2017_0207.jpg

<登山道の松林>
下山はサクサクと。
合野越前後は松が多いんです。


2017_0209.jpg

<飯盛ヶ城>
朝ご飯スポットを求めて、飯盛ヶ城経由。
山頂でのんびりするなら、由布岳山頂よりココが好き。眺めもいいし、なにより人が少ない。



2017_0210.jpg

<春色>
先日IKEAで買ったブロッサムバージョンのジップロックが可愛い。



2017_0211.jpg

眼下には由布院盆地。遠景は福万山。



2017_0212.jpg

<本日の山ごパン>
めんたいフランス。
ちょっとコゲすぎ、、、けど外ご飯はこれくらいワイルド感があっていい。


2017_0213.jpg

焼き焼きシャウエッセン。間違いない!
箸は持ってるけど、このままいっちゃうよ。ワイルドだろ~。
(ちなみに、ナイフは100均セラミック。そこそこ切れます)



2017_214.jpg

ココアはやっぱりVAN HOUTEN
スプーンも持ってるけど、縦折りステックでグルグルいくよ~(よっちゃん方式)
ワイルドだろ~。



2017_0215.jpg

ワイルド(大雑把)すぎて溶けてなかった(;^_^A



2017_0216.jpg

さて、さて今度こそ本当に下山。降りる前にもう一度、山頂からの景色を楽しむ。
少し前に野焼きが終わった由布岳山麓は今は焦げ茶色。新緑の季節はもうすぐですね。

2017_0217.jpg

雲も少しずつ出てきた。


2017_0219.jpg

<ダンシングツリー>



2017_0221.jpg

<本日のツーピーク>
飯盛ヶ城と由布岳


2017_0222.jpg

<春の予感>


2017_0223.jpg


下山後の温泉は、『中川温泉 蛙乃湯』
利用料¥320(男女別内湯)
(コインタイマーでお湯入れ替え式の家族湯もあります)

受付で、お店の方から「熱かったら(水で)うめてくださいね。出るときに(水は)止めてくれたらいいですから」と声をかけていただく。前回もそうだったけど、今日も貸し切り。湯船からは、かけ流しのお湯が贅沢にジャバジャバとあふれている。
お湯は少し加水したらちょうどよくなった。

ケロロ桶はマイ桶です。


2017_0224.jpg

湯船アングルは、由布岳が見えるところがいーんです!
(撮影用に全開しました。入浴時には開放的すぎるので山が隙間から見える程度にしましたよ)

今日は看板猫ちゃんに会えなかったのでまた行こうっと(^^♪
[2017/03/18/Sat] | 山歩き | page top
坊ガツル
長者原---雨ヶ池越え---坊がつる(ピストン)

kuuさんと長者原より入山。


2017_0180.jpg

登山道の木々は、まだ冬枯れ。
寒そうだけど、空は高くて気持ちいいね。


2017_0181.jpg

アイゼンは1、2度履いた程度で今季の(私の)雪山は終わってしまった。

ち。

冬タイヤも替えてしまおう。


2017_0183.jpg

野焼き前の坊ガツル。
あれれ?
人っこ一人いない感じですけど、、、、今日本当に野焼きあるのかな?
kuuさんの手前、そんなそぶりは見せないようにしたけど内心かなり焦る。え~、今日じゃなかったらどうしよう。
法華院山荘で牛丼食べて、朝風呂入って帰ろうかな(タオル1本で足りるかな、手ぬぐいもあるしな)

テン場へ続く木道の入り口で野焼きを警告する看板を見つけて、ホッとする。よかった、やっぱり今日だった。
kuuさん支給のバームクーヘンを頬ばっていたら「なおさん、久しぶり~」と声をかけられる。
昨年、天狗の朝駆けでお会いした長崎の方でした。しばし4人で話しをしながら野焼きが始まるのを待つ。
(モモさんへ:お約束の案件、ご確認ください。不明でしたら左サイドバーのメールフォームよりお気軽に問い合わせくださいね)


私が密かにあたためている有明カモメプランを「カモメなら大濠公園にもいる」と軽くあしらわれる。海原を飛んでこそカモメでしょ!公園にいるカモメなんて、ハトと変わりないじゃん。カモメは海でしょ。あぁ、私のカモメ推しがいまひとつ伝わっていない。
きっと、楽しいのに。


そうこうしてるうちに、野焼きスタッフの方々も続々と集合される。



2017_0182.jpg

朝駆けから下山してきた皆さんや、吉部から入ってきた皆さんなど顔馴染みのメンバーが勢ぞろいした頃には、湿原の奥の方から煙が見えていた。
そして、炎はこちら側にも。



2017_0184.jpg



2017_0185.jpg



2017_0186.jpg



2017_0187.jpg

カルシファー!


2017_0188.jpg



2017_0189.jpg



2017_0190.jpg



2017_0192.jpg



2017_0193.jpg



2017_0194.jpg



2017_0191.jpg

黒い絨毯と化した坊ガツル湿原。
野焼きが終われば、春はもうすぐ。


2017_0195.jpg



2017_0196.jpg

雨ヶ池木道


2017_0197.jpg

山ご飯は、三つ葉と卵のフワフワうどん(カニカマ入り)
坊ガツルでは、食事休憩のタイミングをのがしたので、下山途中のベンチのある小広場でランチタイム。
kuuさんはダイナミックすぎるラーメンのトッピングをどうにか上品にまとめようとしていたけど、そりゃ無理でしょう、、ってくらいの大盛り(苦笑)

下山後、レストハウスの裏で登山靴を洗ってると木下さんもいらしたので、少し世間話。
今から春のお花が次々咲くよ~と話されてるお顔が楽しげでした。
[2017/03/11/Sat] | 山歩き | page top
高岩・一望岩・大不動岩屋
前田駐車場---高岩---一望岩---西方寺---阿弥陀越え---大不動岩屋---尻付岩屋
参考⇒国東半島峯道ロングトレイル(歩いたのはK-1コースの半分)


スマホのアラームに起こされるも、まだ早いのでいいや、、、と二度寝を決めた途端にkuuさんから「着きました」と連絡が入る。
寝ぼけてたので、一瞬理解できずに「え?どこに?」と自問自答。
どうやら、相当早くに集合場所に到着したらい^^;

余裕を持って家を出たけど、毎度ながらの忘れ物(靴下)に途中で気づきUターン。

集合場所には、すでに皆さんチラホラと集まり、ガイドのじなしさんを待って車数台はデポして登山口となる前田地区へ移動。
そう、今日は縦走スタイルなのです。

以前、じなしさんより中山仙境の反対側の一望岩や高岩は展望がいいので是非にとの話があったのでワクワクコースに違いない。
岩尾根に上がると、目の前には国東半島特有の岩峰が連なる絶景が待ってました。


2017_0144.jpg

若干、霞が気になりますが山日和の晴天です。


2017_0145.jpg

中央の山は、台形の形からして屋山かな?と思ったら猪群山らしい。



2017_0146.jpg

楽しい岩尾根はまだまだ続きます。
あぁ~、ワクワク満点。


2017_0147.jpg

yumiさん、落ちるから~~、もう少し下がって~~~ぇ。
見てる方が怖いよ(笑)



2017_0148.jpg

一望岩のてっぺんには、既に先行の3人の姿が見える。



2017_0149.jpg

修験の山らしい厳しい峰々。
国東らしい風景です。


2017_0150.jpg



2017_0151.jpg

<咲き始めたミツマタ>
トレイルコース途中にはミツマタの群生地。ここは、昨年から行きたいと思っていた場所で今回楽しみにしていたスポット。
満開時期には少し早すぎたよう。またいつか花の頃に再訪したい。



2017_0152.jpg



2017_0153.jpg

<ヤマアイ>
うすきさんのブログで名前を知る。


2017_0154.jpg

<謎の花器?>
稲荷社でランチタイム。
ここでも国東の摩訶不思議発見。
顔?ヘソ?
上部には穴があいていて花を飾る花器だったのでは?とのこと。


2017_0155.jpg

<鷲巣岳>
途中の尾根から鷲巣岳。まだ未踏です。7ビューポイントで残りのひとつはこちら。
いつか登ろう(←じなしさん、ヨロシクです)



2017_0156.jpg



2017_0157.jpg

コースも終盤。
お待ちかねの大不動岩屋へ取り付きます。


2017_0158.jpg



2017_0159.jpg

大不動岩屋は3度目ですが、やっぱりここからの風景はいいですね。
下山後は、夷谷温泉で汗を流しトンテンカンの家にて楽しい宴会でした♪
翌日に続く・・・・



2017_0160.jpg
[2017/03/04/Sat] | 山歩き | page top
英彦山
別所Pまでの登りの凍結道が心配で、途中の道の駅でryoさんに拾ってもらう。
教わった道は、幅員も広くて除雪もしてあり油木ダムを経由する418号線より安心感があるなぁ~。遠回りでも安全策で冬場はこっちから行こう。

さてさて、下界とは様子が一変の別所登山口はすでに雪景色。チラチラと雪が舞うけど、歩けばすぐに温まりそう。


2017_0086.jpg



2017_0087.jpg

奉幣殿への階段
スタートそうそう、どっさりの雪。



2017_0088.jpg



2017_0089.jpg



2017_0090.jpg

モンスター街道。

ココどこ?九州?そんな風景にニヤニヤが止まらない。木々に積もった雪はモンスター化して表情も豊か。
ズボズボ埋まりながらあたりは雪景色でなんだか印象が違う。前に歩いた事あるルートだっけ?
振り向いて、sanpoさんに「私、このルート歩いたことありますか?」と尋ねる始末(^^;)


2017_0091.jpg

山頂にある小屋前の広場も深い雪。



2017_0092.jpg

一瞬晴れ間が見えた山頂。
ずっと曇天だったけど、食事を終えて下山の準備をしていたら一瞬青空が見えた。ほんの一瞬・・・・
あ~~、でも綺麗だったなぁ。



2017_0093.jpg



2017_0094.jpg

南岳山頂

下山は、四王寺滝経由。今日は念願の凍った滝を見るのだ!

滝までの下りは、急でちょっとドキドキしたけど雪のクッションがあったのでかえってよかった。
半分はお尻で滑りながら(転びながらともいう)下る。
今日から導入したテムレスのゴム手袋が大活躍。雪で手が濡れないし、結構丈夫なので木の枝とか握ってもそれなりにグリップも効いて都合がいい(作業用なので当然5本指だし)


2017_0095.jpg

気が付いたらいきなり目の前に氷瀑の滝。
後ろのsanpoさんに「滝、凍ってます!綺麗ですよ!」と一人で大興奮。



2017_0096.jpg

まだ5割程度の氷結らしいけど、十分美しい。
凍った大つららの裏側はサラサラと流れる水音。この音を聞くと、ゆるんだつららがガツンと落ちてくるんじゃないかと思うけど、目の前の迫力ある氷瀑を見ると近づかずにはいられない。


2017_0098.jpg

英彦山、四王寺の滝


2017_0097.jpg

去年は会えなかった冬の王者に対面した気分。
雪もたくさんで本当に楽しかった。
下山後の温泉は、初入浴のしゃくなげ荘。いいお湯でした。

ryoさん、sanpoさんお世話になりました。
[2017/02/11/Sat] | 山歩き | page top
鶴見岳
別府ロープウェイP---鶴見岳(一気登山道)---別府ロープウェイP

昨日からのポカポカ陽気でくじゅう山頂の霧氷もないだろうなぁ~と思いつつ、それでも一応いつものクセで(習慣て恐ろしいな・苦笑)朝駆けタイムにアラームを設定してしまう。
夜中に目覚めたけど、自分を納得させて二度寝。

行き先を由布岳、それも途中のエコーラインの凍結が怖いのでゆっくり遅い時間に出ようと決めてたので準備も余裕あり。
昼は”肉そば”にしようと思い、具材も仕込む。

塚原から見上げる由布岳には雪はなさそう。
まぁ、それは想定内なので全然かまわない。道路もカラカラで問題なし。やっぱり遅い時間に出発してよかった~と、安心しきっていたらエコーラインに入った途端、道路状況激変。
凍ってる!雪はガリガリに残ってるし、、、

ソロソロ、恐る恐るの運転で進むと、前方にハザード点滅の軽自動車が停止中。
ありゃ~、まさかのノーマルタイヤ?
車間距離をあけて、ゆっくり近づき追い越そうかと思ってたらシュルシュル~~~。

え!マジ?

スリップ空回りして緩やかな登り坂途中で止まりました。
前方のハザードの運転席から顔だけ出した女性が「スリップして登れません」と言う。
とにかく状況確認しようと、車から降りた途端、スニーカーの足元がツルッといった。見ると完全なアイスバーン状態。
もう、ツッルゥ、ツル。

軽自動車の女性も降りてきて(美人だった)二人で困りましたねと一瞬、途方に暮れる。が、それからの行動は早かった。
Rさん(仮名・ワゴンRだった/ちゃんとスタットレスでした)が、「少し先に塩カリが置いてあるかも」というので、私は下(反対側)探してきます、、と登ってきた道を少し下がるが見当たらない。
車に戻ろうとしたら、向こうからRさんが塩カリの袋を抱えて小走りに駆けてくる。
あ、危ない!走ると滑るから(←心の声)Rさんの元へ走り(焦って走ってしまうもんです)一緒に塩カリの袋を抱える。
こんな重い袋よく、一人で抱えたもんだ、、とスレンダー美人に驚く。

女二人で塩カリを撒いていたら反対車線から軽トラックがやってきた。運転手の男性に尋ねると、この先もずっと凍ってるという。
ダメだ。

塩カリを撒く手をとめて、Rさんがふと「バックできませんか?」と言う。
あ!そうだ。バックはできるんじゃない?

ゆっくりと車を動かす。
お。大丈夫!
Uターン出来そうな位置まで移動させて、方向チェンジ。Rさんも無事Uターン成功してる。
お互い、運転席から顔だけ出して、お礼を言ってお別れする。
ありがとう、Rさん。心強かったです。

幸いなことに、こんな道路コンデションだったから走ってくる車もほんと少なくて、事故もケガもなくよかった。
気を付けねば。もう、冬のエコーラインはこりごりだ。

素直に家に帰ればいいものの、由布岳に登れないなら、せめて由布岳が見える山に登ろう!と別府に向かう。
途中の伽藍岳でもよかったけど、雪がないと伽藍岳じゃ物足りない(こういうのを懲りてないとうのか)

到着したロープウェイ高原駅Pは暖かく、ザックからダウンを抜き取り、着ていたメリノ長袖Tシャツも脱いでスタート。


2017_0066.jpg

<青色ベンチ>
ベンチの場所に来る頃には、汗だく。
上着は調整できたけど、ズボンは冬用で暑くてしかたない。
そして、途中で気がついたけどスーパーで調達した”肉そば”用のお蕎麦を車に忘れてきた。なんてこった。



2017_0068.jpg

<林道>
一気登山道コースは、林道をいった横切る。



2017_0069.jpg

<雪の残る登山道>
途中から雪が残り、ほんの少しだけ雪山気分を味わう。
それにしても、暑い。持参したスポドリもグビグビ飲んでしまい、すでに2本目。冬はあまり水分をとらないので今日は2本しか持ってきてない。でも、山頂にはロープウェイ駅があり自販機もあるので手持ちを飲みほしても大丈夫!
安心してグビグビ・・・・

グビ・・・・
はっ!サイフ・・・・
車に忘れた。お蕎麦だけじゃない。財布も忘れてきたよ~~~
イヤ、まてまて。非常時用にザックに小銭入れてるはずだ(たぶん)


2017_0070.jpg

<城島高原ホテル>
山頂が近付くと木々の合間から展望も開けてくる。眼下には城島高原のホテルの建物が見えるが、霞が強くて綺麗には見えない。


2017_0075.jpg

<鶴見岳山頂標識>
結構大きいですよ。



2017_0074.jpg

<ウルトラライトウォレット>
山の非常小銭入れは、ジップ小袋(^^ゞ
山頂に付いて、取り急ぎ小銭確認。よかった、入れたままだった。



2017_0072.jpg



2017_0073.jpg

<電波塔の背後に由布岳>
登る予定だった由布岳。



2017_0076.jpg

<山おやつ>
食べるはずだった”肉そば”は作れなかったので、ザックの中のおやつを総動員。
姪っ子からもらったホットチョコドリンクが空腹の胃袋と疲れた心にしみました(今日は色々ミステイクが多かった)



2017_0077.jpg

<由布岳>
鶴見岳の山頂は広くて(人工物も多い)由布岳が雄大に見える展望ポイントもある。



2017_0078.jpg

<ジャンボ温度計>
0℃を示してました。



2017_0080.jpg

<山頂遊歩道>
元旦に登った時もそうだったけど、遊歩道でころぶ人けっこう見かけました。



2017_0081.jpg

<巣箱>
どんな鳥がくるのかな?



2017_0082.jpg

<山頂より高崎山方面>
遠景はPMなのか?さっぱり。高崎山もかすんでるし、志高湖も輪郭ボケボケ。
志高湖の「し」の字のポイントを探すが、ちょっと違う。
もう少し上だったのか。



2017_0079.jpg



目的の?由布岳を眺める事もできたし下山用の飲料水も自販機で無事購入したので、さぁ温泉だ。
下山しよっ。

下山後の温泉は、二度目の浜田温泉(¥100)
元旦に利用して要領を得てたので、迷わず奥の蛇口近くから入るも、またまた熱そうな顔をしてたのか(実際熱い)地元のおば様から前回と同じように「お水出してもいいのよ」と気遣われる。
ありがたや~。また来ます。
[2017/01/28/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>