平尾台
茶ヶ床園地---四方台---貫山---周防台---茶ヶ床園地

単独。

朝駆けにはダメぽい予報だったので、家事少々とティナの朝ご飯(梨ブームが続いてる)を済ませて家を出る。
家を出てすぐは、霧がひどくてライト走行。天気が心配だったけど、登山口に到着した時は気持ちのいい秋空が迎えてくれた。


2017_1125.jpg

茶ヶ床園地駐車場

以前に歩いた時は、山友さんに付いていくだけのお気軽ハイクだったけど、今日は初めての平尾台単独。
たまに道迷いもあるとの事なので、地図で確認しながらスロースタート。


2017_1126.jpg

ヤナギアザミ?
線の細い(トゲなし)アザミが沢山。



2017_1127.jpg



2017_1128.jpg

ヤマハッカ
そこらじゅうに・・・・



2017_1130.jpg

背高ノッポのハバヤマボクチと羊群原


2017_1131.jpg

ハバヤマボクチ



2017_1135.jpg

ハバヤマボクチ
青くて綿毛ポワポワ



2017_1132.jpg

ザ・平尾台的な風景にうっとり。


2017_1133.jpg




2017_1134.jpg

さてさて、本日のピーク。貫山を目指します。



2017_1136.jpg

綺麗に刈り込まれた防火帯を登る。
あぁ~、これアレだな。別府の扇山の(防火帯)直登コースにちょっと似てますね。



2017_1137.jpg

山頂直下を汗だくになりながら登りきり、到着!



2017_1138.jpg

貫山山頂。
広い山頂です、展望もいいのですがPMなのか霞が残り遠景はパッとしません。それよりも、暑くて仕方ないので、短い時間で切り上げすぐに下山開始。


2017_1139.jpg

口を開けるドリーネ。



2017_1140.jpg



2017_1141.jpg

今日も山ごパン(コロッケパン)
平尾台は火器類が使えないので、パンは家を出る直前に自宅で焼いてきた。
コロッケと千切りキャベツを挟んだだけ~



2017_1142.jpg

ヒメヒゴタイ
会いたかったピンクのお姫様。
上品でかわいらしい。色合いも主張しすぎないピンクで奥ゆかしい。


2017_1143.jpg

カルストをバックに。



2017_1144.jpg

想像してた通り、可愛くてメロメロだわ。
来年はもう少し早く来よう!


2017_1145.jpg

本日のつぼみ~ず。


2017_1146.jpg



2017_1147.jpg

センブリ


2017_1148.jpg

下山途中で、周防台に立ち寄る。
貫山で暑さにやられたので、やっつけ感で登っただけ、、苦笑。
実はぁ~
本当のコトを言うと、前方ににラブラドールを連れた家族が歩いていたので、犬を見たさに登りました(ほぼ犬中毒)



2017_1149.jpg



2017_1150.jpg

やっぱり今日は、なんといってもヒメヒゴタイが一番だったなぁ~。
センブリやウメバチソウは今から次々と咲きそうですね。

平尾台、楽しかったのでまた来よう♪
[2017/10/09/Mon] | 山歩き | page top
由布岳
正面登山口---マタエ---由布岳東峰---合野越え---飯盛ヶ城---正面登山口

単独。

夜明けは予報が悪かったので、少し遅く家を出る。
無料Pは満車だったので有料へ(500円です)


2017_1087.jpg

晴れ間は見えますが、山頂はガスのよう。どうかなぁ~。



2017_1089.jpg

ゴールデンレトリバーのハルくん。

合野越えで、休憩中のハルくんとMダックスのダイくんと数年振りの再会。
ティナ連れで参加していた由布岳の山開きではいつもお会いしてたので、元気な二頭の様子が嬉しかった。


2017_1090.jpg

飯盛ヶ城へ行くという二頭とお別れしてとりあえずの山頂へ。実は私も今日は飯盛ヶ城が目的。
でも、まぁ一応行っておこう、山頂。


2017_1095.jpg

アザミ
中のクシュクシュしたところがいい。


2017_1096.jpg

あと、先端のカーブも。


2017_1097.jpg

センブリ
咲き始めてますね。目的の花も見たし、、山頂もういいか、、、(笑)



2017_1098.jpg

ホソバノヤマハハコ
結構、長く咲いてるもんだなー。


2017_1099.jpg

山頂直前のチョキ岩(?)
もう、さー。途中から山頂ガスガスなのわかってたんだけど、つい来てしまった。
山頂に着く頃、いい具合に晴れるんじゃない?
とか、いう妄想は山のぼら~なら誰でもがする(笑)


2017_1100.jpg

東峰、ドヨーン。



2017_1101.jpg

おやつ入れ。
補充してなかったので、小腹にたまるものが入ってなかった。
ち。


2017_1102.jpg

山頂より剣ヶ峰方面。いきなりの晴れ間、そしてガスの流れ、、、、


2017_1103.jpg

おっ。


2017_1104.jpg

なかなか良かった!


2017_1105.jpg

鶴見岳の山頂が見えたのは、ほんの一瞬だけ。



2017_1106.jpg

ガスの切れ間にポッカリと城島高原パークが見えた。



2017_1107.jpg

倉木山はガスに飲まれている。



2017_1108.jpg

マタエより下界。
少しの間、ガス景を楽しんだけど再びドヨヨ~ンな感じになってきたので下山開始。


2017_1109.jpg

マタエで振り返ると、西峰が晴れていた。
え?登る?
いやいや、、、さっきいいガスの流れ見たから欲は出さないでおこう(苦笑)



2017_1110.jpg

合野越え
ココから飯盛ヶ城へ向かいます。まずは、白い看板のある所からいったん鞍部へ下りますよ。
ちょっとスルーしやすい取り付きだけど、ココでいいんです。


2017_1111.jpg

白い看板の入り口。
先が見通せない感じだけど、1本道です。迷いません。下りましょう!



2017_1112.jpg

5分ほどトコトコ下ると、目の前には、ホラもう飯盛ヶ城。
山頂目指して、斜面に取りつきます。少し左に巻き気味に登ればあっという間に山頂。


2017_1113.jpg

ウメバチソウも咲いてます。



2017_1114.jpg

蕾もかわいいデス。



2017_1115.jpg



2017_1116.jpg

ヒゴシオン



2017_1117.jpg

飯盛ヶ城山頂
あ~ぁ。後ろの由布岳は見えませんね。



2017_1118.jpg

では、山ごパンにとりかかりましょう。
諸事情で、ミッフィの点数シールはふりだしに戻ったので、まだまだパン食が続いてるのです。
サラダの割引シールは気にしない。ベーコンは家で焼いてきた。


2017_1119.jpg

ガスガスで見えない背景は気にしない。
ほ~ら、焦げ目も美味しそう。とろけるチーズにベーコンですよ。想像できますね。


2017_1120.jpg

サラダを追加して、いただきま~~~す♪
やっぱり、パンは食べる直前に焼くと”サクッふわっ”で美味しいです。



2017_1121.jpg

お腹もいっぱいになったので、ホントに下山。
あ、由布岳見えてきた。


2017_1122.jpg

センブリ
下山路も小さなお花を見つけつつ。


2017_1123.jpg



2017_1124.jpg

無事下山。
ススキと由布岳(お約束の下山後の晴れ間)
紅葉の兆しはまだまだでした。カラフルに染まる秋の由布岳も楽しみですね。



その他、今日見たお花。

2017_1092.jpg

トリカブト
こちらも咲いてました。


2017_1094.jpg

ふっくらの蕾

2017_1093.jpg
 

[2017/10/07/Sat] | 山歩き | page top
坊ガツル
長者原---雨ヶ池---坊ガツル---雨ヶ池---長者原

単独。

今日はどこのピークも踏まず、のんびり坊ガツルまで歩く。
ノーピークだし、朝駆けの必要はないので二度寝も責めずに(やっぱりアラーム止めて寝たたらしいよ)イッテキマス。
長者原Pで時間調整して出発するつもりだったけど、それどころじゃない。
もう、眠くて眠くて、、、途中の「道の駅ゆふいん」で仮眠。
目覚めたら、空は夜明けのオレンジ。
朝はどうでもイイヤ。と思っていたくせに染まる空を見たら、欲が出て蛇越峠に立ち寄る。


2017_1058.jpg

蛇越峠からの夜明け。
ちょい、間にあわなかった。まぁ、いいや。
今日の目的は他にあるから。



2017_1059.jpg

朝露に濡れるヒゴシオン(肥後紫苑)



2017_1061.jpg

登山道脇のツクシミカエリソウ(筑紫見返草)



2017_1062.jpg



2017_1063.jpg

まだまだ綺麗なマツムシソウ(松虫草)


2017_1064.jpg

風に揺れるススキの草原。
坊ガツルが遠くに見えてきた。


2017_1065.jpg



2017_1066.jpg

朝のススキ。
少し曇りがちで光が弱い。
今日の目的のひとつは、坊ガツルでススキを見ること。
この時期、ススキはどこでもあるけど、坊ガツルはやっぱり広大でススキの海原。


2017_1067.jpg

年に一度、yumiセンセーにススキの写真を提出するのが、ここ数年、秋の宿題。
(勝手に提出してるだけ)
光が貧弱で、キラキラじゃな~い!でも、とりあえずコレ出しておこうかな。
タイトルは『坊ガツルに揺れる』です。

ちなみに、2016年提出⇒英彦山
2015年提出⇒由布岳



2017_1068.jpg

ナギナタコウジュ(長刀香需)



2017_1069.jpg

アケボノソウ(曙草)


2017_1070.jpg



2017_1071.jpg

法華院温泉山荘の外のテーブルで山ご飯。
今日は、うどん。



2017_1072.jpg

肉うどん。
お揚げ2枚、卵、三つ葉入り。三つ葉が大好きなのです。
デザートは、柿と梨(ティナが梨ブームなので常備)



2017_1073.jpg

モンベルカードで法華院温泉の入浴料割引なのです!
500円→250円に!なんと、半額ですよ!
(立ち寄り風呂)一番風呂を狙って時間を合わせて来たんだけど、いい具合に貸し切りもちろん一番風呂(お湯、たまってる途中だった)


2017_1086.jpg

以外と広い法華院温泉。もちろんかけ流し。

温泉に入るのも目的のひとつだったので、満足満足。
はぁ~、いい湯でした。



2017_1074.jpg



2017_1075.jpg

三俣山とススキ



2017_1076.jpg

下山途中に青空。
あるあるパターン。



2017_1077.jpg

ヤマラッキョウ(山辣韮)



2017_1078.jpg

雨ヶ池



2017_1079.jpg




2017_1080.jpg

小さい秋。



2017_1081.jpg

サラシナショウマ(晒菜升麻)



2017_1082.jpg

タデ原にてまたまたアケボウノソウ。


2017_1083.jpg

タムラソウは沢山でした。


2017_1084.jpg



2017_1085.jpg

リンドウ(竜胆)

ススキはキラキラ感が足りなかったので再提出するかもしれません(^^ゝ
[2017/10/01/Sun] | 山歩き | page top
中岳・天狗ヶ城
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---慰霊碑の丘---天狗ヶ城---牧の戸登山口

単独。

行先を由布岳かくじゅうにするかで悩みながら就寝。朝駆けのつもりで夜中に一度アラームと止め、半分寝ぼけた頭で、登山口までの時間と山ご飯用に考えていたメニュー(と言ってもたいしたもんじゃない)の下準備を逆算しながら、もう少し寝られるなとかボンヤリしていたら毛布から出られなくなってしまった。
かと言って、このままだと朝まで二度寝パターンだと自分に言い聞かせて、ゴゾゴソと準備。

家を出て、携帯とカメラを忘れた事に気づきUターン。

運転しながら、これじゃぁくじゅうの日の出には間に合わないな、、、由布岳なら間に合うか。どうする?
なぜだか、絶対間に合わないだろうくじゅうへとハンドルを切ってしまった。



2017_1020.jpg

恐ろしほどの睡魔に襲われながらも、牧の戸P到着。
「ここにドウゾ」と言わんばかりにポツンと空いてる駐車スペースに突っ込む。隣を見ると山友の車だった。

夜明けは間に合わなかったけど、空池手前で見た空はピンクに染まっていた。
山頂はどんなだったかな?



2017_1021.jpg

天狗ヶ城上空の空

山頂景色が気になる。



2017_1022.jpg

由布岳シルエットは遠くに確認。



2017_1023.jpg

振り返ると、星生崎がモルゲン。



2017_1024.jpg

御池の淵から取り付く。



2017_1025.jpg

夜明け直後の天狗ヶ城山頂より阿蘇外輪。
夜明け後は上空の雲が重たかったけど、南側の遠景がクリアでした。

山頂にいらした木下さんにご挨拶した後は、中岳へ移動。
釣り尾根の途中で、プラティパスのバルブがなくなってるのに気づく。

え!先っぽだけとれてる。そんなのあり?

天狗に登る途中で、ザックを下したのは覚えてる。その前には水を飲んだし、、、、山頂ではザックを下してない。
とすれば、落としたのは天狗への登りだなぁ~。
たった今降りた道を登り返す気になれず、とりあえず中岳山頂。



2017_1026.jpg

中岳。
この雲が重くて明るくならない。バルブを落としたせいかこちらの気分もドンヨリ。


2017_1027.jpg

中岳より、池の小屋と阿蘇遠景。



2017_1028.jpg

天狗ヶ城
中岳から慰霊碑経由で再び天狗ヶ城。
夜明け直後に歩いたルートを注意深く落とし物を探しながら登るけど、見つからないままに二度目の山頂到着。
まぁ、仕方ない。違う場所で落としたかもしれないし、バルブだけ買えばいいし、、、、

半分ほど天狗を降りたところで、kuuさんより着信。
私のへなちょこauは電波弱くて、途中で切れてしまった、、、受信のために本日まさかの3度目の天狗ヶ城へ登り返す(苦笑)
どこの山頂にいるのかと尋ねると、「坊ガツルでテン泊してる」と言う。
じゃ、あとで、、と約束して下山。



2017_1029.jpg

さっきよりは明るくなった天狗ヶ城より御池



2017_1030.jpg

下山は、前回と同じくリンドウを楽しむ。
日差しがないので、まだ眠たそうに閉じたままのお寝坊リンドウさん。



2017_1033.jpg

リンドウは横顔が好き。


2017_1031.jpg



2017_1032.jpg

ヤマラッキョウ


途中、ろこおさん・ろここさんご夫妻とバッタリお会いする。
もう、ずっと前から(ネットを通じての)知り合いだったけどお会いするのは初めて。
思っていたとおりのステキなご夫妻でドキドキした(*^_^*)

ろこおさん「胃ぶろぐ
ろここさん「ろこべん
日々のお料理やお弁当がとても美しい。美味しいに決まってる!



長者原に移動して、kuuさんを牧の戸Pまで送り届ける。運転のお駄賃としてジュースと冷凍みかん他。
逆に気を使わせてしまった。ありがとうございます。


下山後は、場所を変えて花散策。


2017_1034.jpg

ナガホノシロワレモコウ
毛虫じゃないよ。こんなに可愛いのに!


2017_1035.jpg



2017_1036.jpg

タムラソウ



2017_1037.jpg

正面から、モシャモシャ。



2017_1038.jpg

サワギキョウ
まだありました。


2017_1039.jpg

シラヒゲソウ
いっぱい!


2017_1040.jpg

ルツボ



2017_1041.jpg

由布岳
下山後の晴れ間あるある。


2017_1042.jpg

ヤマアジサイ
そろそろ秋だっていうのに、、、、



2017_1044.jpg

アキチョウジ



2017_1045.jpg



2017_1046.jpg

シギンカラマツ
結構たくさんあったけど、もう、ホント終盤って感じでした。



2017_1047.jpg

アケボノソウ


2017_1048.jpg

つぼみ~ず


2017_1049.jpg



2017_1050.jpg

かわいいので沢山載せました。



2017_1051.jpg



2017_1052.jpg

水を汲みに立ち寄った霧島神社(塚原)に咲いていた彼岸花。
[2017/09/24/Sun] | 山歩き | page top
中岳・稲星山
牧の戸登山口---中岳---稲星山---牧の戸登山口

単独。


朝駆け予定で到着した牧の戸Pはシトシト雨。
こりゃ、ダメだわ。と潔く諦めて車内で仮眠。前回の仮眠で早朝すごく寒い思いをしたので今日はダウンケットにプラスして毛布も持ってきた。
そんな用意をした日に限って、たいして寒くもなく熟睡。きっと雨のせいで気温もそこまで低くはなかったんだろうな。しかし、これからの季節、前泊は厳しいなぁ。(寒さが苦手)

5時にアラームで目覚めるけど、相変わらずの天気のようで安心して二度寝(笑)
レインウエアを着るのがイヤだったので雨が上がるまで待ってからの入山。


2017_1015.jpg

第一展望台の東屋。
ご覧の通りのガッスガス!
行くかなぁ、こんな天気でって、、、、(笑)
でも、今日は9時から晴れるのです(たぶん)


2017_1016.jpg

登山道は一部、川になってました。



2017_0987.jpg

天狗ヶ城に取りつこうとしたら、御池の淵で朝駆け隊の皆さんを発見。
しばし、皆さんと一緒に空池の中に出現するブロッケンを狙うがとらえきれなかった。

星生崎に流れるガスがよかったな。



2017_0988.jpg



2017_0989.jpg


下山する皆さんと入れ違うように、中岳へ。



2017_0990.jpg

坊ガツルは見えるが、大船山は厚いガスで覆われる。



2017_0991.jpg

中岳山頂。
中岳には、途中でお会いした「九重連山を歩く」のYさんがいらっしゃった。
今日のメニューはラーメンらしい。いいなぁ~。


2017_0992.jpg

今日は「山ごパン」
なぜなら我が家は今、フジパン祭り。シールを集めてミッフィーのバッグをもらえるっていうアレです。



2017_0993.jpg

使い切りサイズのポテサラ、便利です。



2017_0994.jpg

3個目のポテサラパンの頃、稲星方面はガスで真っ白。


2017_0995.jpg

大船山も見え隠れ、、、、、



2017_0996.jpg

この後、ガスは抜けそう。


2017_0997.jpg

稲星山
さてと、稲星山に行ってみようかな。



2017_0998.jpg

本日の第一リンドウさん。



2017_0999.jpg

ズルズルと足をとられながらザレ場を登る。



2017_1000.jpg

おはよー。ガメラ。
今日も、誰もいないね。



2017_1001.jpg



2017_1002.jpg

稲星山より久住高原方面。
しばし、貸し切りの山頂を楽しむ。雲もいいカンジ。



2017_1008.jpg

中岳
すっかり晴れましたね。



2017_1009.jpg

マイヅルソウの実


2017_1010.jpg

リンドウはあちこちに。



2017_1011.jpg



2017_1012.jpg

星生崎と久住山



2017_1013.jpg

下山途中のオヤツ
断然、サラダ味派です。


2017_1014.jpg

無事下山。
第一展望台より、ススキと三俣山遠景。

以下、覚書き。
次回、ニット帽、ネックウォーマー、ウール手袋。冬小物装備すること!早朝、寒かった!
[2017/09/18/Mon] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>