三俣山
なんだかんだと1ヶ月近く登らなかった。
今日はたっぷりの雪を期待しての三俣山。

2018_0001.jpg

大曲Pより入山。鉱山道に出てからyumiさんが片足を上げて「(片方)アイゼンがな~い!」と叫ぶ。
どこで落としたんだか、、、、歩いていて気が付かなかったの?と毎度、つっこみどころ満載のyumiさん。
向こうに見えるのは、泉水尾根(雪の縦走もしてみたい)


2018_0002.jpg

荷物の持ち主はいずこ?

yumiさん一人では怪しいのでkuuさんも一緒にアイゼン捜索へ向かう。ほどなく無事回収(^^;



2018_0003.jpg

スガモリ越え。
ここを歩くといつもロンを思い出す(ガレ場好きな犬だった)



2018_0004.jpg

すでにモリモリな霧氷



2018_0005.jpg

スガモリ小屋で小休憩後、すぐに取り付き。トレースは途中で消えていたが、先行のkuuさんが若干強引気味冷静に笹の斜面を上がり軌道修正。ふぅ。
北千里浜も真っ白。
意外にもyumiさんが北千里を歩いたことがないと言う。数あるくじゅうの景色の中でもお気に入りの場所なので、是非yumiさんに歩いてもらいたい。
そして、ショッカーポイントを一緒に探しましょう(過去レポ:ショッカーについてのくだり



2018_0006.jpg

kuuさんからのドラ焼きの配給。
どう見てもロン。
ごめん、ロン。お腹ペコペコなので食べます。ガブリ、頭から、、、、(笑)
ちなみに手袋は流行最先端(?)のテムレス(昨シーズン、雪の終わりより導入)
手袋が濡れなくて(当然、作業用ゴム手袋なので)、雪に直接触れるようなシーンには都合がいいです。



2018_0007.jpg



2018_0008.jpg

「あっちが祖母だね~」とお二人さん。



2018_0009.jpg

雪景色は満足なんだけど、ご覧の通りのモノトーン気味のお天気でして、、、、
おかしいなぁ~、晴れ予報だったのになぁ。



2018_0010.jpg

お鉢の登山道は、概ねこんな調子です。



2018_0011.jpg

樹氷のトンネル



2018_0012.jpg

三人でズボズボ埋まりながら(嬉)



2018_0013.jpg

膝丈。
まだまだ序の口。この後、太ももまで埋まった(歓喜)



2018_0014.jpg

小鍋の遥か向こうに由布岳遠景。



2018_0015.jpg

おや、岩の上に誰かいますね。
手を振って合図したら答えてくれました。



2018_0016.jpg

お鉢の途中で、お昼休憩。
皆さんそれぞれに暖かいメニュー。
食べてる途中で、先ほど手を振ったsumiさんがやってきた。

(お鉢)時計周りのsumiさんとはココでお別れして、再び3人で残りの半周を回るが、空は相変わらずちょっと残念。
でも、まぁ風はないし雪山にしてはコンデションは悪くはない。気を取り直してまたまた埋まる。


2018_0017.jpg

大船山が美しい。



2018_0018.jpg



2018_0019.jpg

今日は、可愛いニョロニョロはいない。
ムチムチなマッチョばかり。



2018_0020.jpg



2018_0021.jpg

由布岳遠景
双耳だけ雲海の上にチョコンと出した姿がなんともユーモラス。



2018_0022.jpg

そこ、岩の上。落ちないでね、、、、



2018_0023.jpg

ほんの一瞬の青空。



2018_0024.jpg

そして、ほんの一瞬のガスの舞。



2018_0025.jpg

さてさて、帰ろうか。

yumiさん、kuuさんお世話になりました。sumiさん、お会い出来て嬉しかったです。



2018_0026.jpg

下山後の青空あるある。
帰宅途中より由布岳。


ティナは16才の誕生日でした。おめでとう!
帰りに調達した好物の唐揚げと、ロンPが作ったおでんの卵を機嫌よく食べました。
[2018/01/14/Sun] | 山歩き | page top
天狗ヶ城
牧の戸登山口---池の小屋---天狗ヶ城---西千里浜---天狗ヶ城---星生崎直下---牧の戸登山口

土曜日は予報もよくないので、年末のヤボ用をやっつける。
今日も朝の様子はあまり期待できそうにないので、朝駆けはなし。10時を少し過ぎて入山。
今の所は、パッとしない空模様だけど昼には晴れると信じて到着した御池はガスガス。なにも見えない。
風もあるので、とりあえず池の小屋でクリームパンをかじりながら待機。


2017_1371.jpg

ミニクリームパンの2個目をかじりついたタイミングでいきなり晴れた。



2017_1372.jpg

さっきまでのガスが嘘のよう。ワタシ予報的中。
あとで知ったが、この時間にjinashiさんが御池にいた模様(お会い出来ずに残念)


2017_1373.jpg

小屋も口を開けてニコニコ笑ってるみたい(^o^)




2017_1375.jpg

中岳
天狗ヶ城と中岳、どっちに登ろうかと迷ったけど、星生山が見たかったので天狗ヶ城へ向かう。



2017_1374.jpg

天狗ヶ城



2017_1376.jpg

時折ガス、ちょっと待って再び青空。


2017_1377.jpg

霧氷の付き具合はこんなです。



2017_1378.jpg

モコモコ(#^.^#)



2017_1380.jpg

斜面は霧氷畑



2017_1381.jpg

星生も見えてきた。



2017_1382.jpg

御池はもちろん完全氷結。



2017_1383.jpg

稲星山が美しい。行こうかな?でも、まだ雪が少ないのでやめておこう。



2017_1384.jpg

久住山方面


2017_1385.jpg

さっきは、ガスの中だったので晴れ間の中、二度目の御池横断。
岩もガチガチに凍ってます。


2017_1386.jpg



2017_1387.jpg

御池廻りの霧氷を堪能。



2017_1388.jpg

下山路で三俣山がスッキリと見えた(北千里も白いね)



2017_1389.jpg

久住避難小屋と星生崎
白い景色だけど、積雪はたいしたことない。もっと振ってもっと積もっておくれ~(山だけ、道路はカンベン)



2017_1390.jpg

こんなにいい景色なのに、今日は単独でワーキャーいい合う相手がいない。
独り占めにはもったいないなぁ~と下山してたら、アレアレ・・・・
見たことあるお二人さん。

夕駆け狙いのsumiさんと、ryoさんに西千里浜でバッタリ遭遇。
二人とオシャベリしながら歩いているうちに、なぜか星生崎まで逆戻りしてた(下山してたのに逆戻り、なにしてんだ?ワタシ)



2017_1391.jpg



2017_1392.jpg

そして、気づいたら本日2度目の天狗ヶ城(笑)



2017_1393.jpg

天狗ヶ城より大船山。
いやぁ~、真っ白ですね。どんなかなぁ~。



2017_1394.jpg

夕暮れは星生崎下で迎える。
優しいピンク色に染まる星生崎は、いつもの荒々しさを少しだけ封印しているように見えました。



2017_1395.jpg

sumiさん、ryoさんお世話になりました。冬の夕駆けは一人だと怖くて出来ないのでご一緒できて良かったです。
お疲れ様でした♪
[2017/12/17/Sun] | 山歩き | page top
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口

アラームは右手が勝手に消した。眠くて寒くて布団から出られない。「起きろ。ジブン」しばし葛藤。
気づいたら二度寝して30分経ってた。
山専ボトル用のお湯を沸かすが、夜中のキッチンがシンシンと寒くて泣きそう。
あぁ~~、やだやだ寒いよ。
今からマイナスの山頂に出かけるのに部屋の中で凍えてるくらいじゃ、到底ムリぽい。
今年の冬は、なんだかとても寒さに弱くなった。

牧の戸Pで準備をしてると、ryoさんsanpoさんもやってきて3人でスタート。
今季初の雪の感触を足元で感じながら天狗ヶ城に向かう。途中、衣服調整のために立ち寄った久住避難小屋のベンチは綺麗な天板が張られて改装されていた。ありがたい。


2017_1356.jpg

天狗ヶ城より御池。

夜明けはトホホの撃沈だったけど、そのあとガスが動いて時折青空。
御池は完全氷結のよう。



2017_1357.jpg

久住山方面



2017_1358.jpg

同じく、久住山とモコモコ


2017_1359.jpg



2017_1360.jpg

大好きなニョロニョロ


2017_1361.jpg

大船山はじらしてばかりで、なかなか山頂を現さない。



2017_1362.jpg

中岳方面



2017_1363.jpg

三俣山もやっとお目覚め。



2017_1364.jpg

本日のエビのシッポはこんな感じです。



2017_1365.jpg

さて、さて中岳へ向かいましょう。



2017_1366.jpg

まだまだ雪は少ないけど、美しい雪山。
夜明けは寒くて泣きそうだったけど、来てよかった。



2017_1367.jpg



2017_1368.jpg

中岳もまぁまぁの霧氷パラダイス
大船山山頂は、相変わらず見えない。

池の小屋で食事休憩した後は、御池経由で下山。
アイゼンは履いてなかったので、滑りやすい中央はやめておいて池の縁を渡る。




2017_1369.jpg

雪をまとった久住山がとりわけ美しい。時々振り向きながらその姿をながめつつもsanpoさんとのオシャベリも弾み、ryoさんを御池に置いてきてしまったらしい(笑)
コーチ、すみませ~んm(_ _)m



2017_1370.jpg

下山後、温泉に向かう途中の大曲Pで三俣山から下山したばかりの朝駆け隊の皆さんとバッタリ。
朝の撃沈をお互い慰めあいました(笑)
[2017/12/09/Sat] | 山歩き | page top
小岳・鷲巣岳
文殊仙寺P---小岳---風神岩---文殊仙寺P

昨夜、皆さんが酔っぱらう前に確認した起床時間にはまだ早い時刻だったけど、お隣の部屋からはザワザワと身支度の気配。
私が眠った小さな女子部屋はまだ静か。
当然、私のノーミソもまだ夢うつつ。隣で寝ているyumiさんは(以前に一緒に泊まった時もそうだったけど)寝返りひとつ打たない非常に寝相のいい人で、それどころか寝息もしない。
”死んでるかも!”と確認したこともあったけど、もう慣れたので慌てない。
きっと、寝言も言わないんだろうな・・・・

皆さんそれぞれに朝食を手早くすませ、お世話になったトンテンカンの家を出る。

前日に続き、じなしさんのガイドで国東の岩峰歩き。
今日は、”軽め”との事。


2017_1335.jpg

登山道途中より文殊山と中央奥は両子山。

文殊仙寺下の駐車場からスタート。登山道に入るといきなりの急登。
え~~っ、昨日よりハードじゃない?じなしさん、じなしさん、全然軽めじゃないですよ(笑)



2017_1336.jpg



2017_1337.jpg



2017_1338.jpg

今日も時々紅葉。



2017_1340.jpg

左も右も落ちたらダメなところや、、、、



2017_1339.jpg

画像より大げさなくらいの激下りとか、、、、、
ワクワクどきどきゾーンを超えると奇岩がおでましに。


2017_1341.jpg

唇を突き出したようなゴリラにもみえる?
皆で名無しの岩に名前をあれこれと考える。


2017_1342.jpg



2017_1343.jpg



2017_1344.jpg

そして、まだまだ岩峰歩きは続きます。


2017_1345.jpg



2017_1346.jpg

エルちゃん、いい景色でしょ?
あ、そうそう。
エルちゃん、昨夜はやっぱりママと寝たの?こっそり私の寝袋に連れて行こうと思ってたのに、睡魔に負けてしまったよ。
次はチーズを握りしめて待ってるからね♪


2017_1347.jpg

風神岩頂の祠



2017_1348.jpg

風袋を背負った風神様

二日間続いた岩峰歩きも皆で無事下山。
午後の部は、物足りない山好きの皆さんがもう一山登るというのでホイホイついていく。




林道---鷲巣岩(ピストン)


2017_1349.jpg



2017_1350.jpg

降り積もったサクサクの落ち葉ロードを行く。


2017_1351.jpg

マンリョウ



2017_1352.jpg

鳥居をくぐって



2017_1353.jpg

鷲巣岳/二等三角点(436.5m)
三角点タッチの人。
タッチ泥棒もいい加減にしないとそのうち怒られますね(笑)


2017_1354.jpg



皆さんのレポはじなしさんのブログからどうぞ♪
まとめてジャンプしまーす。
国東半島超絶景岩尾根歩き/2017.12.2(土)~3日(日)


じなしさん、マニアックルートの案内ありがとうございました。
参加の皆様、大変お世話になりました。山歩きも、夜の懇親会も楽しかったです。


2017_1355.jpg

<きょうの夕焼け>
[2017/12/03/Sun] | 山歩き | page top
黒木山
あかねの郷---鬼が城---黒木山---ゴジラ岩---太郎天尾根---大不動岩屋---尻付岩屋

2017_1313.jpg

カニーヘンダックスのエルちゃん
なにが楽しみって、エルちゃんに会うためにやってきた国東トレイル。
え~~っと、私、エルちゃんとイチャイチャしながら下でまってるから皆さんお山にドーゾ♪
ねぇねぇ、エルちゃん、おうちの近くは海ないでしょ?海岸でも散歩する?それとも、足を延ばして地獄めぐりにでも行ってみる?
別府に行くと、足湯もあるよ。志高湖にハクチョウ見に行く?
お天気いいから、やっぱりアウトドアデートだよね。

そんなデートの密談を引き裂くように、手早くザックインの用意をしてしまうヒゲさん。

ち。

なんだよー!もうぅ。


2017_1314.jpg

コース省略。
見上げるような巨石がおり重なった鬼が城の岩の上によじ登る。


2017_1315.jpg

木漏れ日モスびより



2017_1316.jpg

黒木山/四等三角点(499.6m)
三角点タッチの人。
ちょっと珍しい小ぶりの円柱形ですね。



2017_1317.jpg

時々、紅葉。


2017_1318.jpg

展望が開けると姫島が見える。


2017_1319.jpg

木々の隙間から、ゴジラが見えてきた。


2017_1320.jpg

ゴジラに見えるかな?
ここ、登るらしいよ。



2017_1321.jpg

四つん這いになりながらヨジヨジ(嬉)



2017_1322.jpg

ゴジラの頭上からは絶景が広がってましたよー。



2017_1323.jpg

奇岩、岩峰が連なる山々。
国東(くにさき)らしい風景です!



2017_1324.jpg



2017_1325.jpg

姫島ズーム!



2017_1326.jpg

天空の岩峰ロード。



2017_1327.jpg

露岩に赤の紅葉が映えます。絶景なり。



2017_1329.jpg

下山コースの大不動岩屋方面



2017_1328.jpg

大不動岩屋
中央やや右。薄く開いた瞳のような窟は観音様の左目に例えられるとか・・・・


2017_1330.jpg

三角のとんがり山は、鷲巣岳。



2017_1331.jpg

大不動岩屋


2017_1332.jpg



2017_1333.jpg


岩峰歩きや、激下り(?)などもありましたが、尻付岩屋に無事下山。
デポしておいた車で「あかねの郷」に戻り、赤根温泉でサッパリしたあとは長い長い、夜の宴会へ続くのでした。
[2017/12/02/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>