古祖母山
ヒムカ(日向)登山口---古祖母山---ヒムカ(日向)登山口

ナビ太郎が予習していた道とは、違うルートを案内する。
はぁ~ぁ。またかっ!こんな道通ったコトないけど、、、、嘘つきナビ太郎が信用ならないので、Googleマップで確認。
よしよし、大丈夫。
しかし、県道7号線(緒方高千穂線)が細くてクネクネ。走っても、走っても肝心の登山口に着かない。
道中の景色も全然覚えがなくて、ホントこの道あってる?
ナビ太郎は7号線だと言い張る。

見覚えのある路上のヘリポート!
なーんだ、ちゃんと合ってるじゃん。疑ってゴメンよ~、ナビ太郎。

そしてやっと、登山口。いや~、それにしてもココまで長かった。夜明け前から走り続けて3時間ちょいかかったよ。
あぁ、もう、運転だけで疲れた。

今回で2度目の古祖母山。前回は、冬の終わりによっちゃん、nacchi***さんと古祖母山経由で祖母山まで歩いたんだけど(奇跡の10段ホットケーキタワーの巻)今日は単独。
運転中の風景同様、登山道もまったく記憶がなーい(苦笑)



2017_0406.jpg

ほどなく分岐。


期待のアケボノツツジが散ってしまった登路をちょっとガックリしながら歩く。
あぁーぁ、終わっちゃってるか。せっかくなので、ピークハントしよっ。
縦走路の向こうにチラチラとピンクが見える。も、もしかして・・・・


2017_0407.jpg

おーーーっ、咲いてる!アケボノツツジ。
可愛いね。
(しかし、空は曇天)



2017_0408.jpg

ちょっと小腹がすいたので、縦走路の途中でオヤツ。
前日、妹にもらったメガネ菓子とイチゴチョコ(ドライフルーツの苺が入ってて美味しい/コストコ)
メガネ菓子大好きなので全然足りなかったよ(←Iちゃん、もうないの?)

それにしても、全然人に会わないな、、と思っていたら前方に見たことあるお二人。
GWの長い休みだから遠征に行ってるのかな?と思ってたボッチさんと、先週英彦山でお会いしたばかりの大暇さん。
いやぁ~、くじゅう以外でお会いすると新鮮ですね(笑)
お二人は青空待ちらしいので、「また後で、、、」と、先に山頂へ向かう。


2017_0409.jpg

ハシゴ場♪



2017_0410.jpg

古祖母山頂に着くと、さっきまでドンヨリだったのにいきなり青空。



2017_0410_2.jpg

山ごパン。
ポテサラは途中のセブンイレブンで調達。あとの具材は適当に冷蔵庫かきあつめ。
デザートのサクランボは、前日実家の庭で収穫したもの、甘夏も母からのおすそ分けというか、無理やり持たされた。
私、甘夏より(甘夏、好きだけど)八朔派なんだけどな。知ってるくせにお母さん。
ち。まぁ、いいや。この前、山頂でsanpoさんにいただいた甘夏美味しかったしな、、、と味見したらスゴク美味しかった。
私、甘夏派に心変わりしました(調子いい)


山頂風景とお昼をじっくり味わいたいけど、気まぐれそうな青空が気になってしかたない。そそくさと食事を終えて下山。
光が射して青空をバックに眺めるアケボノツツジは最高。



2017_0412.jpg

蕾もまだまだ残ってますね。



2017_0413.jpg

花弁も咲き方もふんわり系でなんとも可愛い。
私、初アケボノです。
皆さんがアケボノツツジに夢中になるのわかるわぁ~。



2017_0414.jpg

空が青いといいねぇ~。



2017_0416.jpg



2017_0417.jpg



2017_0418.jpg

天狗岩と祖母山をバックに。



2017_0419.jpg



2017_0421.jpg



2017_0422.jpg

花が付いてるのは高い木が多いけど、展望台前後には、ちょうど目の高さ位の木もあって色んな角度で楽しめる。



2017_0424.jpg

遠くなる天狗岩に手を振る、またね(^^)/~~~



2017_0425.jpg



2017_0426.jpg

気持ちのいい縦走路。
空が青いと縦走路の風景も抜群にカッコいい。ここの縦走路いいなぁ~。



2017_0427.jpg

見上げると新緑と青空。
あまりに、素敵すぎて上見ながら歩いてたら見事に転ぶ。我ながら非常に上手に転んだので怪我はなかった。
ズボンの膝のあたりが泥だらけになったけど^^;


2017_0428.jpg



2017_0429.jpg

散々、アケボノツツジのピンクを楽しんだけど、新緑グリーンもたまりません。
登山口までもっと近かったら通うのになぁ。縦走路が気持ちいいのでまた来よう!



2017_0430.jpg

帰りも苦手なクネクネ7号線に「対向車来ないで!」と祈りながら道の駅原尻の滝で小休憩。ジェラートは悩んで抹茶味。

皆さんの山行レポで見ていたけど、やっぱりアケボノツツジはつつじの女王ですね。その優美さにうっとりした一日でした。
帰路は、ナビ太郎の言うことを聞いて無料の中九州横断道路経由、高速利用で少し早目に帰宅できました。
[2017/05/07/Sun] | 山歩き | page top
鶴見岳
別府ロープウェイP---鶴見岳(一気登山道)---別府ロープウェイP

連休前半は、ジャングル化した庭の雑草やら伸び放題の庭木の剪定などをやっつける。
山に登っていないのに、自宅の庭仕事だけで日焼けしそう、、、、
頑張った自分ご褒美に今日はノボル。

鶴見岳の新緑がイイカンジ♪と情報を得たので、いつものロープウェイ駅から取り付くつもりが、なんだか山の上は(ガスで)怪しい。
時間に余裕があるので、やまなみハイウエイから見える鳥居の奥にあるという鶴見嶽駐車場まで移動してみよう。
大きな鳥居は知っていたけど、その奥へはまだ車を乗り入れたことがない、、、、一応舗装道だけど大丈夫?
林道ぽい道をグングン登るも道幅は狭く、コンクリート舗装は段々と荒れてくる。
なんか、ヤな感じ。

まだ行く?もしかしたら通りすぎた?
広い駐車場があるって聞いたんだけどな、、、え~~、ホント?
Uターンできる場所があったので、悪路を戻る。
(ちょっとコリゴリ)

スカスカの高原駅Pに戻り、ホッ。
歩きなれた登山口より素直に入山。

2017_0379.jpg

最初はジグザグに九十九折れであまり面白くない。



2017_0380.jpg

火男火売神社(ほのおほのめじんじゃ)下にある夫婦杉



2017_0381.jpg

山頂だけじゃなくて、麓の森の中もガス。
まぁ、雰囲気があってこれもアリでしょう。しかし、その分湿度があって蒸し暑い。


2017_0382.jpg



2017_0383.jpg

青色ベンチ
休憩ポイントなんだけど、今日は大好きな青色のベンチは朝つゆ(明け方の雨?)で濡れていて座れない。
先は急がないけど、黙々と登る。


2017_0384.jpg



2017_0385.jpg



2017_0386.jpg

丸太ベンチ
幽玄の森のなんともロマンチック、、、、と思っていたらいきなり晴れた。



2017_0387.jpg

新緑にはやっぱり青空でしょ!
ガスの森がロマンチックなんて、セリフをブルブルと頭を振って払いのける。



2017_0388.jpg



2017_0389.jpg

コレでしょ!パッキリ青空でしょ!


2017_0390.jpg

心なしか、スミレ姉妹もまぶしそう。



2017_0392.jpg

山頂ジャンボ温度計
山頂到着、曇天。ガスでさっぱり。


2017_0391.jpg

なにを見ろと?



2017_0393.jpg

ガスの切れ間に一瞬見えた別府市内。別府駐屯地あたりか?



2017_0394.jpg

マメザクラ
ほぼ終息でしたが、少しだけ残ってました。


2017_0395.jpg

ソメイヨシノよりも濃いピンクでかわいいですね。


2017_0396.jpg

鶴見岳山頂
もちろん、由布岳も見えません。
ち。


2017_0397.jpg

待っていても山頂のガスは晴れそうにないので、往路を戻る。
せめてもの救いは、少し陽がさして明るくなったグリーン、グリーン♪


2017_0398.jpg


2017_0399.jpg


2017_0400.jpg

ヒトリシズカ



2017_0401.jpg

コケ
たっぷりガスの水分を吸って瑞々しい。



2017_0402.jpg

下山後、青空あるある。
でしょう、でしょう。下界は晴れていたんですね、、、、




山を降りたあと、少しだけ花散策。

2017_0404.jpg

コチャルメソウ
やたら咲いてました。


2017_0405.jpg

エビネ
[2017/05/05/Fri] | 山歩き | page top
英彦山
2017_0344.jpg

新緑のまぶしい裏英彦ルートをryoさん、sanpoさんと歩く。



2017_0345.jpg

籠水峠より、「鹿ノ角」の垂直岸壁。



2017_0346.jpg

コミヤマカタバミ



2017_0347.jpg

コミヤマカタバミ
お天気が続いているせいか、苔のお布団が水不足のようでした。
ピンクストライプがかわいいのです。


2017_0348.jpg

ケルンの谷



2017_0349.jpg

フデリンドウ



2017_0352.jpg

そして、本日のメイン。山芍薬。
おぉ~、美しい。



2017_0350.jpg

開花直前のヤマシャクヤク
咲く前から品がありますね。


2017_0353.jpg

ヤマシャクヤク
まだ蕾もたくさんありましたので、もう少し楽しめそうですね。



2017_0354.jpg

ピンポン玉



2017_0351.jpg

ヒメレンゲ


楽しみにしていたヤマシャクにも満足して安心しきっていたら、この後アドベンチャーコースで北岳へ。
「今日は、いつもとはちょっと違うコースです」と、聞いてたけど、、、、あのぉ~、ココ登るの?
左に巻き道あるけど、やっぱ、登るんですね、、、ココ。

久々に鬼コーチ降臨。

初めての岩場をヨジヨジ登る。手は届くが、悲しいかな、足が届かない(笑)
それでも、どうにかこうにか北岳の鎖場ポイントへ到着。暑さと緊張が解けて、一挙にヘロヘロ~。
ご褒美に氷入りのカルピスをご馳走になる。はぁ~、美味しい(こういうのを飴とムチ作戦と言うのだろうか)



2017_0355.jpg

北岳からの縦走路


2017_0356.jpg



2017_0357.jpg

英彦山山頂
登りの途中でお会いした俊ちゃん&信ちゃんのお二人が山頂ですでに食事を終えていた。
少し待っていただき、下山は皆さんで賑やかに。



2017_0358.jpg



2017_0359.jpg

サバノオ


2017_0360.jpg

新緑の隙間にミツバツツジのピンク。



2017_0361.jpg



2017_0362.jpg

下山路の木々も午後の光を受けて輝いてました。
5月になれば、山全体が新緑に覆われていくのでしょうね~、生命力にあふれる季節ですね!


2017_0363.jpg



2017_0364.jpg



2017_0365.jpg


下山後、イセくんと少し遊ぶ。お昼寝を起こしてゴメンよ~。

山の緑に心が浄化されたような、そんな一日でした(雑念が多すぎ?)
皆さん、ありがとうございました。
[2017/04/30/Sun] | 山歩き | page top
井原山
2017_0323.jpg

夜明け

約束の時間より早めに到着したので、そのへんをブラブラ朝んぽ。
早朝ランナーが走る桜並木の遊歩道沿いから朝日を眺める。霞が強く、川面に映る光もぼんやり気味だけど、すがすがしい朝。
待ち合わせ場所に戻ろうとしたら、交差点を大きなバックをぶら下げ、ストックを持った右手をブンブン頭の上で振りながら「オハヨー」と小さなyumiさんが渡ってきた。

オカシイ。
どう見ても背中のザックより片手にぶらさげたお風呂セットのバックの方が大きい。

ryoさん、sanpoさんと合流後、またまたyumiさんの珍行動に惑わされながらもキトク橋より入山。
入山準備を済ませ、トコトコ歩くyumiさんの背中のザックがありえないペチャンコ加減に皆で笑う。
ザックじゃないよね?デイバックってヤツ?いや、ナップサックか?もはや、背負ってる感まるでなし。
最後は「ベストじゃない?」という意見で落ち着く。(どうりで、朝見た姿がヘンテコだったんだ)

え~~っと、モシモシ。yumiさん、、、、それ何入ってるの?

「お弁当!」って、ニッコリ笑って、、、、ハイハイ、遠足ですね。
後で、オヤツあげますからね。



2017_0325.jpg

アンの滝

入山後、何度か渡渉を繰り返す。
沢慣れしてないので、足を置くタイミングで少々焦る。ヘタにストックつくと危ないな、、と思ってる途端にツルリと滑る。
二本のストックがドンブラコと流されて、、、の”ドンブ”ぐらいの瞬間になんとかキャッチ。
実はストックは、先日の千灯岳の登山で現地に忘れてしまい、行方不明になっていたのが、親切な方のリレーのおかげで手元に戻ってきたばかり、、、、
はぁ~、危なかった。



2017_0326.jpg

ヒメナベワリ
sanpoさんが見つけたヒメナベワリ。木漏れ日の中、小さく控え目に咲いてました。



2017_0327.jpg

ニリンソウ
もう、足元はず~~~~っと、ニリンソウ。


2017_0328.jpg



2017_0329.jpg

うっすらピンクの裏側もかわいい。



2017_0330.jpg

登山道のニリンソウ
前を歩くyumiさんに、「ねぇ、ずっと咲いてるね」と話すと、振り向きざまに「この先、もっとスゴいよ」となぜか声のトーンを落としてニヤッと笑う。


2017_0331.jpg


そして、群生地。
なんですか、ココ。花園ですね!



2017_0332.jpg



2017_0333.jpg

ツクバネソウ



2017_0334.jpg

足元はニリンソウだらけ、上を仰げば新緑がまぶしい。
そして、耳にはサラサラと沢の音が心地よい。
ステキすぎる、井原山。


2017_0335.jpg


2017_0336.jpg


2017_0337.jpg

コチャルメルソウ



2017_0338.jpg



2017_0339.jpg

苔のバックグラウンドとニリンソウ。


2017_0340.jpg

ナガバノスミレサイシン


2017_0341.jpg

ヤマルリソウ



2017_0342.jpg

ツクシタニギキョウ



2017_0343.jpg

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)

花園マジックで気がつけば、お昼を過ぎてました。私もそうだけど、皆さんお花で満足しちゃってピークハント”もういいよね”って(苦笑)
下山途中、探しまくって見つけられなかったトウゴクサバノオは、まさかの場所でyumiさんが発見。
想像してたより、ずっとずっと小さいお花でした。

花をずっと眺めていた楽しい山行でした。みなさん、ありがとうございました♪

下山後の温泉⇒二丈温泉・きららの湯
[2017/04/22/Sat] | 山歩き | page top
千灯岳
千灯岳山開きに参加。
コースは、不動茶屋から五辻不動尊を経由して山頂へのピストン。

集合場所の不動茶屋には、じなしさんがいらっしゃったが今日は午後からK-2コースの(国東半島峯道ロングトレイル)ガイドがあるらしく、山頂まではご一緒できないとのこと。残念・・・


2017_0303.jpg

【不動茶屋より千灯岳】



2017_0302.jpg

【ゴームリー像遠景】
設置までのプロジェクトの様子などは、不動茶屋の中の大きなホワイトボードにイラスト入りで紹介されてます。
ゴームリー像よりダミーちゃん(本体の運搬模型)が好きなのですが、今日は関係者?の車両の影になっていて撮影できなかった。



2017_0304.jpg

【ゴームリー像】



2017_0305.jpg

鎖場の馬の背は少しだけ渋滞。



2017_0306.jpg

【五辻不動尊】


2017_0307.jpg

【登山道より千灯岳】
綺麗な三角形の山容。


2017_0308.jpg

登山道の新緑。
桜が終わると一挙に新緑がすすんでくるなぁ~


2017_0309.jpg




2017_0310.jpg

【三等三角点】
標高は低いけど、その割には結構急登な山でバテバテ。気温も高くて、今日は半袖にして正解だったな。



2017_0311.jpg

じなしさんから、「山頂の眺めがよくなってるよ」と聞いてたけど、視界を遮っていた立木がずいぶんと伐採されて見晴らしがよくなっている。


2017_0312.jpg



2017_0313.jpg



2017_0314.jpg


山頂で小休憩の後、早めに下山。
下山後は、不動茶屋にて豚汁やおにぎりの”おせったい”がありました。


2017_0315.jpg



2017_0316.jpg



2017_0317.jpg

大鍋仕込みの豚汁。美味しかった!


2017_0318.jpg

【リンドウ】
ポツポツ咲いてました。



2017_0301.jpg

【参加記念の手ぬぐい】
実は手ぬぐい好きなので、非常に嬉しい。

4/22は両子山で山開きのイベントがあるそうですよ。
参考ページ→ 「千灯岳・両子山 山開き」のお知らせ
[2017/04/15/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>