FC2ブログ
高崎山
高崎山南登山口---高崎山(ピストン)


AC010614.jpg

南側より高崎山。
大分県民には海とセットの高崎山の姿がインプットされがちですが、南側から見るとこんな感じ。違う山のようですね。

では、今日も銭瓶峠の南登山口より登ります。
前回、yumiさんと登った時スニーカーで登ったら積もった落ち葉で滑りやすかったので今日はちゃんと登山靴を用意。
しかーし。
登山靴用の靴下を忘れました。

ち。

しかたないので、今日もスニーカー。ま、いいや。
荷物はカメラのみ。



AC010618.jpg



AC010624.jpg

まだ、緑が混じってたりして…



AC010653.jpg



AC010640.jpg



AC010656.jpg

黄葉もよかった。



AC010661.jpg

斜面側の高い木々。
葉っぱが落ちて、空が見えるのもいいね。




AC010663.jpg

登山道はフカフカ落ち葉。



AC010671.jpg

直線ゾーン。
ここもすっかりスカスカになった。



AC010674.jpg

山頂。二等三角点。



AC010675.jpg

山頂の大紅葉。
わかってましたが、もう裸んぼうです。

紅葉はほぼ終盤に入ってますが、部分的には見頃の木もまだまだあり、午後のキラキラタイムでいい感じです。
ただ、前回にも増してPM2.5がヒドすぎ。海も、大分の町も、別府の扇山もなにもかも見えない。
霞んだ景色を見るとガッカリするので目の前の紅葉した木々だけを眺めることにしました(苦笑)


AC010678.jpg

ムシ食い。



AC010683.jpg



AC010687.jpg



AC010714.jpg



AC010717.jpg



AC010724.jpg



AC010726.jpg



AC010730.jpg



AC010738.jpg

結構、高い木もあって楽しめる高崎山。
下山は同じ道だけど、光の当たり方の変化で同じ木もまた違った表情で面白い。
ここも、ピンスポットが当たって綺麗でした。

下山後の温泉は、「みかゑり温泉」(別府鉄輪温泉)
入浴料金¥300
露天と内湯といつも迷うけど、やっぱり内湯に入ってしまった。


AC010743.jpg
[2018/12/01/Sat] | 山歩き | page top
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口

単独。
月明かりの中、久しぶりの牧の戸コース。
登山道は凍っている。時折、ザクッザクッと靴底から鳴る霜柱を踏む音に冬を感じつつ、山頂にたどり着くともうすでに夜明けは始まっていた。


AB240415.jpg

雲なし、ガスなしのピーカン夜明け。前日あったという霧氷はすっかり解けたようで透明のが少しだけ。
これは粗氷(そひょう)の部類なのかな?でも、朝日を浴びて徐々に氷が染まっていく様子が美しい。


AB240418.jpg



AB240431.jpg

夜明け。
向こうの中岳にも人影が見えます。



AB240433.jpg



AB240435.jpg

朝焼け色に染まる。



AB240440.jpg

星生山にピンスポットが当たる。
まん丸お月さまは西へサヨラナラ。



AB240445.jpg

阿蘇遠景。

夜明け後は、クリアな状態で遠景が素晴らしかった。
遠く普賢岳(←まだ登ったことない、登りたい!)もはっきり見え、グルリどこを見ても遠くの山々が美しい。



AB240447.jpg

中岳山頂
中岳の山頂を踏み、御池へ降りてみる。


AB240449.jpg

池の淵には氷のオブジェができてました。


AB240453.jpg



AB240469.jpg

下山は星生尾根を経由して。
予想はしてたけど、溶けてドロドロになった登山道に苦戦しながら無事下山。
靴は泥を含んで重かった(;^_^A積雪してしっかり雪道にならないとこれだもんな。早く雪降れ~。

下山後の温泉は「花山酔
今まで何度も利用してたけどモンベル会員は(カード提示で)入浴料割引100円でしたよー♨
法華院温泉山荘の半額割引(過去記録2017/10/01)は使ったことあったけど、こっちは全然知らなかった。
[2018/11/24/Sat] | 山歩き | page top
金鱗湖・高崎山
yumiさんのリクエストで今日は高崎山なんだけど、その前に前回はまだ早すぎた金鱗湖を散策。
お~、なかなかいい具合。
ちょうど見ごろで、見学者も多い。
そんな中、sumiさん山靴さんご夫妻とお会いして一緒に早朝の湖畔周辺の秋を満喫。


AB100034.jpg



AB100040.jpg



AB100048.jpg



AB100065.jpg

ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥。



AB100087.jpg



AB100088.jpg



AB100092.jpg



AB100096.jpg



AB100098.jpg



AB100113.jpg



AB100116.jpg



AB100118.jpg


AB100128.jpg



AB100138.jpg

モンユフ

山靴さん、soraさん、sumiさん、お世話になりました。山の情報もたくさん聞けてまたまた行きたい山が増えて困りました(笑)


3人とお別れして、高崎山登山口へ移動。
がっ、しかし、毎度のナビご機嫌斜め。若干の迷走のあと安全策の遠回りでやっと銭瓶峠到着。
予想通り、高崎山の紅葉はまだ少し早めでしたが、山頂のモミジの大木は見頃でした!

ここ数年、山腹の見頃に合わせると、山頂の紅葉は終わっているパターンだったので、これはこれでヨシ。



AB100148.jpg

イヌホオズキ



AB100153.jpg

木漏れ日の登山道



AB100166.jpg

この赤はとても発色がよかった。



AB100181.jpg



AB100183.jpg

山頂少し下の、高崎山城跡の説明看板のある所。
ここも紅葉ポイントだけど、まだまだでした。

でも、まぁ。緑やオレンジが混ざった感じもよいですよ~。


AB100192.jpg



AB100199.jpg



AB100200.jpg



AB100206.jpg

そうそう、お猿さんには会えませんでした。



AB100209.jpg



AB100212.jpg

山頂より田ノ浦ビーチ
PMのせいで霞強し。


AB100213.jpg

同じく山頂より由布岳・鶴見岳方面。こちらもクリアさに欠ける。



AB100216.jpg

ムシ食いの空。


AB100219.jpg



AB100226.jpg


下山後の温泉は「おさるの湯
yumiさん一日お疲れさまでした。山の紅葉は少し早めでしたが金鱗湖はアタリでよかったね。
[2018/11/10/Sat] | 山歩き | page top
由布岳
え?もう(紅葉)終わり?

前夜に予定していた山は「(紅葉が)終息気味らしいよ、、」とメールが来る。
代替え案を(山を)二つほど提案して翌朝待ち合わせの場所へ…

枝豆のタッパーを抱えて「なおさん、食べる?」って・・・(^^;
オハヨーyumiさん

鶴見岳をすでに歩いた私を気遣ってくれて由布岳を希望の枝豆yumiさん。
(あまり歩いた事ないって言う鶴見岳を推したんだけどな)


由布岳の前に金鱗湖を下見。


AA280623.jpg



AA280633.jpg



AA280638.jpg

湖畔と小川にかかる橋の周辺はまだ少し(紅葉)早い感じ。



AA280651.jpg

岳本公園は綺麗でした。


AA280657.jpg



由布岳正面登山口---合野越え---マタエ---東峰---東登山道---日向岳---(自然観察路)---由布岳正面登山口


さてさて、由布岳。
目的は紅葉なので、日向自然観察路をからめての計画。
行きと帰りどっち?

下りでいいよね~~と、まずは正面コースで山頂を目指します。



AA280670.jpg

正面コースもなかなかイイカンジで染まってます。



AA280678.jpg

yumiさんの「わ~!きゃ~!」が止まりません(笑)



AA280681.jpg

「ちょっと、なおさん、上!上!」とか「ほらぁ~、左みて~」とか、とにかくうるさいにぎやかなのです。



AA280687.jpg

個人的には、真っ赤より緑が混じってる位が好き。



AA280693.jpg

落ち葉ゾーンも綺麗でした。



AA280697.jpg

なによりも、青空。
やっぱり空とお日様がないと紅葉は映えませんよねぇ。



AA280699.jpg



AA280700.jpg



AA280702.jpg



AA280705.jpg



AA280709.jpg

いや、ホント。今日は天気よくて紅葉も見頃です。




AA280710.jpg



AA280712.jpg

マタエ。
本来はお鉢を回りたいハズのyumiさん。今日は下山路の紅葉も気になるので、またにしましょうね。



AA280713.jpg

麓の紅葉。


AA280715.jpg



AA280722.jpg

日向岳。帰りに寄ります。



AA280725.jpg

先日登った鶴見岳(中央)と海沿いに高崎山。



AA280727.jpg

なに撮ってるの~?



AA280733.jpg



AA280735.jpg

裸んぼうの木も美しい。



AA280742.jpg

そして、落ち葉に映る影もいいね。



AA280756.jpg



AA280758.jpg

下山路でも大騒ぎの二人。
予定の山には行けなかったけど、こっちの紅葉もよかったですね。



AA280759.jpg



AA280764.jpg

紅葉の向こうに由布岳



AA280766.jpg



AA280772.jpg



AA280773.jpg

特に何もないので通過だけの日向岳山頂。



AA280774.jpg


AA280779.jpg

ススキと由布岳。
無事下山。外から見るとそうでもないけど中腹の紅葉は見頃でした(山の中に入ってみないとわからないもんだな)



AA280784.jpg

本日のツーピーク。由布岳と日向岳。

下山後の温泉は、中川温泉「蛙の湯」
内湯からは、登った由布岳が見えますよ(^_^)V

yumiさん、お疲れ様でした。由布岳で結果オーライでしたね。またご一緒しましょう♪
[2018/10/28/Sun] | 山歩き | page top
鶴見岳
別府ロープウェイ高原駅P---(一気登山道)---鶴見岳---馬の背---西の窪---南平台分岐---別府ロープウェイ高原駅P

単独。


AA260456.jpg

神社前の夫婦杉の辺りはまだまだ緑。



AA260457.jpg

青ベンチ
若干の黄色が混じる。



AA260462.jpg



AA260473.jpg



AA260479.jpg

標高1000m前後から、いい雰囲気の紅葉の始まり。
しかし、終日雲が厚く光が届かない(悲)



AA260485.jpg



AA260489.jpg



AA260497.jpg



AA260500.jpg



AA260510.jpg

紅葉の隙間からくじゅうが見えたよ。



AA260514.jpg

城島遊園地が見える展望スポットで小休憩。
(コレ、美味しかったのでまとめ買いしてた)


AA260515.jpg

城島高原パーク



AA260517.jpg

あっ、やっと日が差してきた!
と、思ったら束の間だった。

ちっ。

AA260518.jpg

あ~、でも光があると綺麗だなぁ。


AA260522.jpg

ススキエリアの山頂から「し」の字の志高湖方面。



AA260527.jpg

大分市方面。



AA260528.jpg

別府市内を見下ろし、扇山もちょい見え。



AA260529.jpg

扇山(大平山)の背後に高平山の稜線もなかなかいい。
高平山は夏を避けて(夏草うるさい)涼しくなった頃がいいんじゃないかな。再訪したい。



AA260535.jpg

山頂テーブルで山ごはん。
メニューはうどんですが、うどんスープがなくてチャンポンスープで代用。


AA260537.jpg

きつねうどん(三つ葉入り)



AA260541.jpg

うどん食べてるうちに空はさらにドンヨリ。



AA260551.jpg

由布岳と鞍ケ戸(崩壊して通行禁止です)



AA260553.jpg

丸くて可愛い南平台



AA260554.jpg



AA260563.jpg

紅葉の向こうは南平台



AA260565.jpg



AA260567.jpg

南平台に立ち寄るつもりでしたが、ポツポツと小さい雨が落ちてきたので、分岐を踊石方面へ下り正面登山道へ合流します。
光が射さず、ちょっと残念でしたが見て楽しむ分には十分綺麗でした。
鶴見岳は好きな山なのでまた来よう!


AA260580.jpg



AA260586.jpg



AA260590.jpg

ジンジソウ


AA260595.jpg

下山後の温泉は別府の「照湯温泉」
温泉卵は100円(3個入り)良心価格ですよね。
駐車場もあるので、マイカーでの利用も安心です。もちろん源泉かけ流し、いいお湯でした。
[2018/10/26/Fri] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>