FC2ブログ
大船山
吉部登山口---坊ガツル---大船山(ピストン)


車中泊仕様で朝ごはんを食べたかったので、吉部の300円Pには早めに到着。夏の終わりにコメリで買ったロングサイズの長座布団が快適です(収納には少し嵩張るけど)しかし、仮眠程度ならまだしもこれからの季節、前泊の車中泊はしっかりした防寒装備しないとムリだろうなぁ。

予定の時刻にryoさん、sanpoさん3人で入山。


AA130008.jpg

キラキラの坊ガツルのススキと目指す大船山遠景。

坊ガツルまでは入山直前にsanpoさんにいただいたバナナパワーで歩けたけど、ここから段原までが遠い。
更に、大船山山頂までがまた遠い。大船山ニガテ(苦笑)
でも、この時期には見たいよね~~。御池の紅葉。



AA130017.jpg

段原はこんな感じ。



AA130025.jpg

山頂に着いたらまさかのガスガスで、しばらく青空待ちが続く。
お昼を食べながら池の近くで念を送るが、あまり効き目もなくようやくの1枚。

なんだか落葉した木がさみしい感じなのですが、、、こんなだっけ?
ま、色付きは数日先でしょうが、冷え込みと週末のお天気次第かな~



AA130057.jpg

坊ガツルのテン場には宿泊組もチラホラ。



AA130062.jpg

リンドウ(ピンク)



AA130063.jpg



AA130065.jpg

リンドウ(白)

復路は、リンドウの花を愛でながら…

くじゅうの紅葉はこれからですね♪
[2018/10/13/Sat] | 山歩き | page top
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口

登山口に着くまでのやまなみハイウェイは、時折深い霧に覆われ、山の様子が不安になる。
沓掛山を過ぎたあたりでヘッドライトの灯りの中にミストラインが走る。
シャツが濡れるのが不快だけどレインを着るほどでもなく、ウインドブレーカーを出したり、ザックカバーを付けたりして若干のタイムロス。
そうでなくてもギリギリ予定なのに、夜明けに間に合うのか?

天狗に上がると、すぐにsanpoさんがいらして「雲海がいいよ」と教えてくれた。


AA080685.jpg

夜明け前の雲海。
由布岳の双耳峰がちょこんと見える。




AA080687.jpg

朝の光に目覚める星生山。



AA080689.jpg

日の出。




AA080692.jpg



AA080695.jpg

由布岳方面ズーム。
大発生の雲海が由布岳と隣の鶴見岳も飲み込む。



AA080699.jpg

坊ガツルにもガスの蓋。



AA080703.jpg



AA080704.jpg

中岳に移動して、山頂で朝ごはん。



AA080707.jpg



AA080713.jpg


食事を終えて、一息入れたら坊ガツルのガスが動き始めて、テントの花が沢山見えてきた。三連休で連泊してるハイカーも多いんだろうなぁ。

家にいる仔犬のコトが心配なので、朝の景色を見たら早めに下山。



AA080716.jpg

下山途中で久しぶりの秋田犬のロクちゃん。
いつも綺麗にお手入れされてモフモフ。

コトも大きくなったら山に連れて行けるかな。



AA080728.jpg

星生西。
岩場付近に少し色が入ってきた。



AA080729.jpg

沓掛越えはプチ渋滞。



AA080731.jpg

小さい秋。



AA080743.jpg


下山後、タデ原に寄り道。ススキが綺麗でした。



AA080736.jpg



AA080744.jpg

リンドウ
[2018/10/08/Mon] | 山歩き | page top
飯盛ヶ城・伽藍岳
由布岳正面登山口---合野越え---飯盛ヶ城---由布岳正面登山口
 
(移動)

塚原温泉(登山口)---伽藍岳(ピストン)

夜中も仔犬のトイレの世話があるので完全に寝不足のワタシ。
ロンPには、「夜中に出発してるかもしれないので、ヨロシク」と伝えてたものの、案の定アラームを止めて寝過ごしてしまった。

すでに明るくなった由布岳正面登山口の無料Pはほぼ満車。
厚い雲が気になりつつ、合野越えを過ぎて心変わり。
山頂まで行って、青空見えないとなぁ~~。なんだかなぁ~、と今日はピークハントに心動かず、、、、

さっさと飯盛ヶ城経由で下山。


A9230174.jpg

一応、ピークハントの飯盛ヶ城。



A9230227.jpg

一刀塚

飯盛ヶ城だけでは、物足りないので伽藍岳に寄り道。
一刀塚もススキに囲まれ秋の気配。



A9230231.jpg

山頂ピークの三角点標識は夏草に埋もれてました。


A9230232.jpg




A9230233.jpg

伽藍岳山頂より別府湾方面
正面遠景は高崎山。



A9230237.jpg

塚原越えから内山へ続く稜線。
左に鶴見岳。右に由布岳。
由布、別府エリアのいいとこ取り。天気が良ければ海も美しく見えて伽藍岳はなかなかいい山です。



A9230242.jpg

山頂は貸し切り。
コンビニのレジ横に置いてあった安納芋羊羹を思わず買っちゃったんだけど、どうかな?
ワタシ、羊羹ってあまり得意じゃないんだけど、安納芋の文字に釣られてしまった。



A9230243.jpg

香りと色は、めっちゃ安納芋。
実食。

あ。コレ、(安納芋)焼き芋を羊羹にした感じね。
美味しい!季節限定だったかな?レギュラーにしてほしい。山のオヤツに最適、買っておこう。



A9230245.jpg

下山途中で再度、海方面。
扇山(別府)は、山頂より少し下がった所からよく見えます。



A9230248.jpg

伽藍岳麓の塚原温泉火口遠景。
下山後の青空あるある。


以下、本日のお花(別途散策)


A9230251.jpg

トリカブト


A9230252.jpg

アケボノソウ


A9230255.jpg



A9230260.jpg

サラシナショウマ



A9230261.jpg

どんぐり(カシワ)



A9230262.jpg

ホソバノヤマハハコ


A9230263.jpg

レイジンソウ



A9230265.jpg



[2018/09/23/Sun] | 山歩き | page top
由布岳
由布岳正面登山口---マタエ---東峰(ピストン)

正面登山口Pに着いたら、シトシトの霧雨。
え?予報では雨はなかったはず。
おかしい、、、と思ったら雨男のよっちゃんがいた。
どうりで・・・・

「レイン着るのも、濡れながら歩くのもイヤだ。しばらく様子を見るのでお先にどうぞ」と伝えると、「どうせ、汗かくし同じやろ」とノッポの人。

ち。

仮眠して待とうと思ったけど、考えてみれば正面登山道コースはほとんど樹林帯の中だし、この程度の雨なら濡れないな。
”これぐらいの雨でヘナチョコめっ”と思われてもシャクなので、少しあとから入山。もちろん追いつきはしない。
そんなこんなで夜明け前にはマタエに着いたけど、蒸し暑さで大汗かいてヘロヘロ。
よっちゃんが西峰なのはわかっていたけど、鎖場登る気力がなくてお気楽な東峰で日が昇るのを待つ←結局ヘナチョコ。



A9020932.jpg

夜明け後の鶴見岳。

ま、普通な夜明け。
でも、雲海が良かった。



A9020930.jpg

高崎山遠景
海面付近はモヤってるけど、高崎山のシルエットがいいカンジ。



A9020936.jpg

大汗たっぷりのおんせん県てぬぐい(広げてよっちゃん風)



A9020946.jpg

西峰の人
ノッポの人がお鉢に取りついたのは見えていたので、朝の景色を楽しみながらこっちに来るのを待っていよう。
ちなみに、山頂貸し切り。


A9020953.jpg

由布盆地を覆う底霧が変化して美しい。



A9020956.jpg

なかなかダイナミックです。


A9020958.jpg

山並みの奥に虹の柱?



A9020961.jpg

青空と底霧の白がいいっ!
今日は美しい朝です。



A9020968.jpg

雲海の中をノッポの人がお鉢をすごいスピードで回ってきてます(早いな)



A9020974.jpg

オハヨーMy影



A9020976.jpg

東峰にやってきたよっちゃんが「晴れたやろ」とドヤ顔。
いや、違うから。私が絶妙のタイミングで登ってきたからでしょ。と、お互い勝ちを譲らない(苦笑)



A9020985.jpg

下山は、宿題の山のハナシなど。



A9020977.jpg

下山後の由布岳。

駐車場でよっちゃんとは別れて、少し花散策。
以下、今日のお花。


A9020994.jpg

アケボノソウ


A9021008.jpg

ナガホノシロワレモコウ


A9021003.jpg



A9020999.jpg



A9021005.jpg

ミミカキグサ



A9020995.jpg

ホタルブクロ


A9020982.jpg

ホソバノヤマハハコ
[2018/09/02/Sun] | 山歩き | page top
くじゅう夕駆け
牧の戸登山口---星生崎直下(ピストン)

夕駆けはハズすと精神的ダメージが朝駆けのそれより大きいのですが、まぁ今回もそんなカンジで・・・・
ガスに追われるようにシッポを巻いて下山しました(苦笑)


A8250719.jpg

PM4:00入山。
歩きはじめは晴れてたんですよ。ホラね。



A8250721.jpg

泉水稜線。
少し涼しくなったら歩こうかな。



A8250737.jpg

西千里で怪しげなガスが出始めたんだけど、とりあえず星生崎直下まできて様子見。
することもないので、ザックの中のおやつをゴソゴソ。
久住山もガスが覆いはじめた。


A8250741.jpg

星生崎はすでにこんなです。あーあ。



A8250742.jpg

そして久住山。
さっきまで見えてたのに、なんですかー、コレ。



A8250744.jpg

帰ろ、カエロ。



A8250747.jpg

星生西斜面
はーぁ、ぁ。



A8250749.jpg

ススキも始まりましたね。


A8250751.jpg

西日でキラキラ。


A8250756.jpg



A8250759.jpg

下山時の沓掛尾根
三俣山は隠れてしまいました。



A8250760.jpg

せめてもの由布岳遠景



A8250763.jpg

沓掛山よりオレンジベルト



A8250767.jpg

第一展望台の東屋フレームで終了。
俗に言うところの『撃沈』てヤツですけど、静かな山歩きが楽しめました。おつかれサマー(^^♪


A8250770.jpg



A8250776.jpg
[2018/08/25/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>