FC2ブログ
由布岳
由布岳正面登山口---日向岳自然観察路---日向越え---由布岳東峰---マタエ---由布岳正面登山口
単独。

今日は先日、雨に降られ途中で下山した由布岳にリベンジ。


20190816_111914.jpg

山頂はガスがかかる。でも、動きがあるので上に行く頃は晴れそう。
イワタバコ目的なので自然観察路経由で登る。
以前、(単独で)軽くルートロスしたことがあるので、ちょっと苦手な自然観察路。暑さで散漫になりがちだけど慎重に行こう。


20190816_113946.jpg

イワタバコ
終盤気味なのか?でも、沢山咲いてた。



A8161000.jpg

かわいい~~。



A8161004.jpg

苔むした岩の多い観察路コース。
こんな感じで葉っぱはワシャワシャです。


A8161008.jpg



A8161012.jpg


A8161016.jpg

バイオレットスター
星形がいいよね。


A8161037.jpg

目的の花も堪能したし、『もう引き返そうよ』と楽ラク悪魔がささやく(笑)だって、日向越えだと山頂までが長いんだもん。でも、こっちのルート歩く時があまりないので、頑張って登る。

高度を上げ、木々の隙間から鶴見岳が見えた。なんかホッとするなぁ。
しかし、蒸し暑くてバテバテ。途中の岩に腰掛けて小休憩。


A8161043.jpg

台風の後のせいか、視界クリア。大分方面もよく見える。
中央の山が高崎山。


A8161044.jpg

高崎山ズーム。



20190816_134148.jpg

展望が開けてきた。
いい天気。
くじゅうもいいけど、由布・鶴見山系は海が見えていいな。


20190816_135238.jpg

別府アルプス稜線。



20190816_142249.jpg

山頂より由布盆地。くじゅう遠景も見える。


A8161057.jpg

夏色ブルー


A8161060.jpg



A8161062.jpg

8月の山は、素麺。
家族には不評だけど私は大好きな豆乳ソーメン。
梅干し茶漬け(の素)と豆乳。梅の酸味と塩分が豆乳に合うんです。


A8161065.jpg

熱中症対策のため、梅干しは二つにした。



A8161070.jpg

イヨフウロ


A8161092.jpg

ホソバノヤマハハコ
この花も大好き。



A8161097.jpg

安定の正面コース。木漏れ日登山道



A8161107.jpg

久しぶりの日向越えコースは、楽しかった(暑かったけど)
次は、お鉢を回ろうかな。
[2019/08/16/Fri] | 山歩き | page top
天狗ヶ城
牧の戸登山口---天狗ヶ城---牧の戸登山口
単独。


朝駆けで由布岳。
がっ、、、、合野越え過ぎて雨が降り出しレインジャケットを羽織る。あ~、上でも雨だったらイヤだなぁ。
やめた、やめた!
とっとと、帰ろう。

少し明るくなりはじめた帰路。登らず終いの朝帰り途中、念のためとライブカメラの”くじゅうの空”を確認すると、三俣山がピンクに焼けてる。
え~~、今朝はあっち(くじゅう)だったのか。
なんだか悔しいので、くじゅうへ向かう。


A8110816.jpg

ノリウツギ越しの星生尾根。

ガスやん。
ち。



20190811_074115.jpg

西千里から久住山。
どよ~ん。


20190811_080743.jpg

空池の横は風が強くてヨロヨロ。



20190811_081323.jpg

御池
見えない。



A8110838.jpg

何もないのはわかっていたが、記録用にピークハント。



20190811_090626.jpg

下山途中、青空がチラリ。


A8110825.jpg

シモツケ


A8110869.jpg

ママコナ(飯子菜)



A8110870.jpg

ホクチアザミ


A8110875.jpg

ワレモコウ


A8110882.jpg



A8110879.jpg

ホソバシュロソウ



A8110884.jpg

ヤマアジサイ
まだ咲いてた。


A8110900.jpg

マツムシソウ



A8110902.jpg

マツムシソウ(蕾)



A8110912.jpg

アサギマダラ
けっこう飛んでた。そして、食事に夢中なのでじっくり撮れた。



A8110914.jpg



A8110931.jpg



A8110934.jpg



A8110940.jpg



A8110944.jpg

コバギボウシ


A8110945.jpg


そして、お約束の下山すると晴れ!山あるある。

まぁ、お花とアサギマダラをゆっくり鑑賞できたのでヨシ。
[2019/08/11/Sun] | 山歩き | page top
平尾台
待ち合わせの茶ヶ所園地Pに到着すると、yumiさんも到着したばかりのよう。
ノヒメユリが見たい!とリクエストしてあとのオプションはお任せのらららコース。

A8040604.jpg

カワラナデシコ


A8040660.jpg

本日の本命、ノヒメユリ。
結果から言いと、探さなくてもそこらじゅうに咲いてました(^^♪


A8040674.jpg

ヒオウギ
ノヒメユリ同様、オレンジの発色が目立ちます。


A8040650.jpg


20190804_084121.jpg

ヤマジノホトトギス



A8040639.jpg



A8040608.jpg

まといリスさん、いた!


A8040628.jpg

キキョウ


20190804_082115.jpg

スケスケ


A8040629.jpg

白花もありました。



A8040630.jpg

キキョウもあちこちに咲いてます。


A8040633.jpg



A8040635.jpg

真夏のカルスト。




A8040645.jpg



A8040683.jpg

ノヒメユリW
双子ちゃんも沢山見かけました。



A8040686.jpg

暑い中、よく歩きました。
平尾台は、お花が多くて楽しいね~。



A8040698.jpg



A8040699.jpg

今日は雲ひとつない平尾台の青。
白い雲が欲しいな~



A8040701.jpg

ヒナノキンチャク
yumiさんが見たかったらしい。「ちっちゃくて可愛い~」と大喜びしてるけど、いやホント小さすぎて見過ごすサイズ感。


時間もあるので、英彦山で星探し。


A8040716.jpg

望雲台の鎖場

子猿のようにスルスルと登っていくらららの人。


A8040722.jpg



A8040724.jpg

イワタバコ
咲いてる、咲いてる。
星形も色もなんとも夏らしくて涼し気。


A8040730.jpg



A8040733.jpg



A8040739.jpg

絶壁の鎖場を行く、yumiさん。
こら、こら~。どこまで行くの、帰ってきなさ~い!
(鎖のあっち側もこっち側も落ちたらあの世行き)


A8040746.jpg

上を向いて歌おう。
孤高の歌姫。


A8040760.jpg

こちらはダンシングクイーン

沢山の花の平尾台、今季初見のイワタバコ。
充実の山歩きでしたね。yumiさんありがとうございました。

下山後の立ち寄り湯は、源じいの森温泉
8月から期間限定の”ぬる湯”らしく、内湯も露天もぬるめのお湯で入りやすかった。
夏場のぬる湯いいね~♨
JAF会員割引で600円→500円で利用(ゆめカードでも同様の割引)
[2019/08/04/Sun] | 山歩き | page top
由布岳
由布岳正面登山口---マタエ---東峰(ピストン)
単独。

久しぶりの由布岳。
なんと、正月の3日に登って以来。え~、そんなに来てなかったのかぁ。
朝駆けするつもりで夜中に正面駐車場に到着してたけど、毎回アレだけど、、、
寝過ごした(苦笑)

暑いのいやだから朝駆けしたかったのに。大汗かきつつ合野越え到着。
ベンチで休憩していた男性に声をかけられる。

ココ、由布岳でよくお会いするTさんだった。話をしながら上までご一緒させてもらう。

お鉢を回るというTさん、私は東峰ピストンなのでマタエで小休憩してたら単独の若い女性がやってきた。
台湾の方で(日本語ペラペラなので最初は気づかなかった)鎖場の西峰(お鉢コース)を迷ってる様子。
山慣れしてるようなので、Tさんがエスコートしてお鉢を案内することに。私はひとり東峰に向かう。
とても、さわやかな女性でくじゅうにも行きたいというので、二人で「是非ぜひ」と勧めておいた。
きっと、Tさんがお鉢を回りながらオススメのピークやコースを教えてあげるだろう。



A7280432.jpg

最初の鎖場をスムーズに登っていく様子を反対側から眺める。
Tさんが(私がいる東を指差し)「ほら、あっちから見てるよ」と、二人の会話がジェスチャーで伝わる。
トビちゃん(台湾の女性、ニックネームらしい)もこちらに気づき大きく手を振ってくれた(こういうの嬉しいですね)



A7280434.jpg

快晴。
スタート時はすこし霞があったけど、山頂に着く頃はく”くじゅう”も見えていた。



A7280437.jpg


A7280428.jpg



A7280431.jpg


A7280446.jpg

Tさんとトビちゃんが山頂に到着して記念撮影してる様子が見える。
法華院山荘の温泉に入りたいと言ってたので、くじゅうの山行プランにうまく組み込めるといいな。



A7280447.jpg

鶴見岳方面。
こっちは雲が押し寄せてる。



A7280449.jpg



A7280456.jpg



A7280466.jpg



A7280497.jpg

オダマキ。間に合った♪


A7280480.jpg

夏ソーメン。
すだち風味のお茶漬けの素でいただく。
保冷剤代わりに凍らせたペットボトルの水が冷え冷えでソーメンにちょうどいい。



A7280475.jpg

冷やしミニトマト。



A7280485.jpg

山ご飯している間に、雲がくじゅうを隠してしまう。
でも、いい景色。


A7280487.jpg

冷え冷えの甘夏缶。
シロップも甘くなくてゴクゴク飲めます。小ぶりで食べきりなサイズもいい。


A7280493.jpg

少し前に犬友さんから甘夏ジャムをいただいて、ものすごく美味しかったのであっという間になくなり、自分でも作ってしばらく食べてたけどすでに在庫切れ。もっと作ればよかった。
甘夏が好きなのです。


A7280498.jpg

下山はサクサク、木漏れ日ロード。


A7280500.jpg

真夏のスケスケ。


A7280511.jpg


無事下山。
あぁ、夏だな~。



A7280516.jpg

オオキツネノカミソリ


A7280523.jpg




A7280527.jpg



A7280529.jpg

森の中、ワシャワシャあるんだけど、これくらいがいいかな。

下山後、かわにし温泉に行ったらなぜか風呂の日でもないのに100円の日だった。ラッキー!
通常200円(毎月26日/「風呂の日」100円)
[2019/07/28/Sun] | 山歩き | page top
祖母山
神原登山口---祖母山(ピストン)
単独。

前夜から道の駅に車中泊して早朝に備える。
祖母山単独という緊張感からか(?)今朝は二度寝せずに予定通りに起きて登山口へ向かう。
しかし、ナビ太郎。なぜ、いつもいつも私に喧嘩を売るのだ!

前日Googleマップで予習した道とは全く違うじゃないかっ。
「この先、行き止まり」って、そんな看板運転していて初めて見たよ。

対向車着たら絶対、離合できない。マズいな、、、、どうか来ないで~~と半ベソ状態で狭くてクネクネ道に悪戦苦闘。なんとか本来の県道に復帰。
ホッ…
もう、疲れた。
登らずに帰ろうかとも思ったけど、このままではナビ太郎に負けた気分なので、やっぱりノボル。



A6230005.jpg

朝の光芒。

帰りもナビ太郎が同じ道を案内すると嫌だな、、もうゲンナリ。登りのルートよりも帰りの運転を心配してるとふと明るい光に気づく。
ちょ、ちょい光芒出てる。急げ急げ。
消えないで~。



A6230006.jpg

短い時間だったけど、神々しい朝の瞬間に出会えました。
気分を切り替えて登ろう。



A6230012.jpg

タツナミソウ。



A6230016.jpg

登山道は、段々と急登に…
でも、森の緑がすがすがしい。



A6230023.jpg

またまたタツナミソウ
登山道にけっこうあって、足止めされます。可愛い。



A6230037.jpg

小さなキノコ村もあったり。



A6230039.jpg

やっと、国観峠が見えてきた。
だれもいない静かな国観峠の広場で小休憩。


A6230041.jpg

国観峠のお地蔵様。



A6230043.jpg

オオヤマレンゲ

山頂はあとまわしにして、Q合目小屋のオオヤマレンゲ群生地で森の貴婦人と対面。
ちょうど見ごろの花から蕾まで色々、、、


A6230048.jpg

固い蕾



A6230049.jpg



A6230050.jpg

明日開くのかな?



A6230056.jpg



A6230059.jpg

純白の美人さんはたくさんいたけど生憎、青空とのコラボは出来なかった。



A6230060.jpg



A6230061.jpg



A6230063.jpg

山頂はガスガス(;^_^A



A6230064.jpg



A6230068.jpg

天狗の顔も隠れていく。



A6230075.jpg

こっちの空だけ一瞬、青空。
無印良品のこのりんごスティック、美味しかった。



A6230077.jpg

ガスの森を下る。



A6230082.jpg

神原コースは途中にある何か所かの滝も見どころ。



A6230083.jpg

野鳥の看板(#^.^#)



A6230084.jpg

目的のオオヤマレンゲは楽しめたけど、天気がいまいちだったので再訪したい。

帰路は、信用度ゼロのナビ太郎にGoogleナビの音声ガイドを聞かせながら帰りました。
[2019/06/23/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>