扇ヶ鼻
牧の戸登山口---星生崎直下---扇ヶ鼻---牧の戸登山口

そうだ!去年の今頃ペルセウス座流星群だったんじゃない?
直前で予定していた山をくじゅう朝駆けに変更。

しかし、天気予報は怪しげ~~~。
約束の時間より早めに到着した牧の戸Pは気温16度。
この空をなんて説明しよう・・・・マイッタな。

「去年はねー、ビュンビュン数えきれなくらいの流れ星だったよ」と若干盛り気味に伝えていたもんだから、案の定ウッキウキのスキップでやって来たららら♪の人。

yumiさん、ごめ~ん。
今夜、ほぼ下弦の月だわ。月明かりの事すっかり忘れていたよ。星撮りには不向きだね。なんだかなぁ~の雲もかかってるし、、、


湿度は、先日の由布岳よりも上。
しかし、気温が高くないのでそんなに給水もせずに星生崎下に到着。
予想通りに星はたいして見えない。そんな中でも「わぁ~、わぁ~7個目!」といちいち流れ星を数えるyumiさん。
かわいい。



2017_0823.jpg

シルキーピンクの羽衣をまとう久住山

夜明けは移動せずに、そのまま星生崎下で迎える。
久住山をピンクのガスが覆う。なんとも幻想的で素晴らしい朝。
天狗ヶ城や中岳は厚いガスの向こう側で見えない。いったいどうなってることやら、、、、



2017_0824.jpg

ガスが断続的に流れる星生崎



2017_0825.jpg

星生崎の表情が刻々と変わる

星生崎の上の雲がいい感じなのでなかなかその場を動けない。
まぁ、今日はピークハントはどうでもいい感じなので、ガスの動きを楽しむ。


2017_0826.jpg

あ~、久住山もいい感じに!

ホラホラ、久住が姿を現したよ~~~と、yumiさんと大騒ぎ。


2017_0827.jpg


2017_0828.jpg

うぉ。いい雲だ!
右向いたり左向いたり、忙しい。



2017_0830.jpg

雨の中歩いたようなザック。ガスの中でビショビショ。カバーちゃんとしておくべきだった。
チラっと見える”きょうの手ぬぐい”はツバメです。

夜明け後は、ブラブラと花散策をしながら早めの下山。
扇ヶ鼻に寄り道予定です。


2017_0829.jpg

西千里浜より久住山
うひょ~♪
なんだか秋の雲みたい。



2017_0831.jpg

イタドリ



2017_0832.jpg

キラキラ
西千里で朝露のキラキラタイム。


2017_0833.jpg

さらにキラキラ


2017_0834.jpg

マクロでキラキラ
もはや、何を撮っているのかわかりません(苦笑)



2017_0835.jpg

ワレモコウとシモツケの登山道
前を歩くyumiさんのザックがいつもより大きいような気がして「何リッター?」て聞くと「40」だって。
でも、いつもと同じで何にも入ってなくてペチャンコなんだけど、、、、
いつも(中身)からっぽ!てからかうから外側だけ大きくしてきたんだな(笑)



2017_0836.jpg

ワレモコウ(吾亦紅)



2017_0837.jpg

ワレモコウ



2017_0838.jpg

ワレモコウ



2017_0839.jpg

キリシマヒゴタイ
たくさんあったけど、まだみんな蕾だった。


2017_0840.jpg

イヨフウロ
扇ヶ鼻への登山道脇はフウロロード。
yumiさんが「雄しべが紫でかわいい」と教えてくれる。
え!ホントだね。綺麗な紫。今まで全然気がつかなかったよー。一人感激してたんだけど、この紫はyumiさん好みの色じゃないらしく、「もうちょっと違う」らしい。

今度yumiさん色のフウロ雄しべ教えてくださいね。



2017_0841.jpg

マツムシソウ(蕾)
お目当てのマツムシソウは花数が少ない。
今頃はもっと咲いていたハズなんだけどなぁ~



2017_0843.jpg

扇ヶ鼻山頂
とりあえずのピークハント。誰もいなくて二人で貸し切り。
朝ご飯の後、オヤツの物々交換(#^.^#)



2017_0844.jpg

マツムシソウ



2017_0846.jpg

岩の上で日向ぼっこのニホントカゲをyumiさんが見つける。
カメラ目線な子。


2017_0847.jpg

シッポのグラデーションが特徴的ですね。



2017_0848.jpg

ヤクシマホツツジ



2017_0849.jpg

キツネノカミソリ



2017_0850.jpg

サギソウ(3羽)



2017_0851.jpg

サギソウ(ペア)



2017_0852.jpg

サワギキョウ
咲き始めのようでした。


2017_0854.jpg

キイトトンボ
まるで蛍光ペンのような発色のトンボ。撮影に協力的でした。

yumiさん、星の撮影には不向きな条件で残念でしたがブラブラ花散策をしながらの下山も良かったですね。
また行きたい山リストを交換しましょう♪
[2017/08/13/Sun] | 山歩き | page top
由布岳
山の日に由布岳に登る。

由布岳正面登山口---合野越え---マタケ---東峰---マタエ---西峰---(お鉢巡り)---東峰---マタエ---由布岳正面登山口

朝駆けの予定で到着した正面Pは霧雨模様。予報通りだ。
そんなコトだとうろ思って、着替えは半分だけすませて膝丈パンツ&ビーサンでやってきた。ズボンや靴下は出発前に着替えるつもり。
軽装スタイルで車中泊支度になったままの後部シートに横になると、すぐに雨音が強くなり本降りに・・・・
途中、寒さで目が覚めてズボンをはき替え薄手のダウンケットにくるまる。朝駆けを諦めたせいかアラームを止めて二度寝していた(笑)
明るくなった駐車場に出てみると『山の日』の早朝は、昨夜の雨をひきずって爽やかさゼロ。せめてもの救いは、なんとか雨はあがっている。

レインウエアで下山してきた方たちに聞くと、山頂まで行かずにマタエで引き返したとのこと。雨が結構降っていて山頂は諦めたらしい。

う~ん、途中でレイン着るのは面倒くさいなぁ。
どうしよう。としばし空とにらめっこ。
時折、チラッと見える青空が「登れば?」と誘う。

入山が遅くなると暑くなるばかりなので、少しでも早くから歩きたい。チラ見の青空の誘惑に負けて単独入山。



2017_0774.jpg

AM7:20スタート。雨上がりの由布岳山頂はガスが舞っている。



2017_0775.jpg

由布岳は前半が樹林帯の中なのでこんな日は、どうしても蒸し暑い。
今日も汗だくで樹林帯を抜けると、眼下の飯盛ヶ城横のピークをガスが飲みこんでいるところだった。


2017_0776.jpg



2017_0777.jpg

青空は見えるが、山頂はガスの中。そして、ここからが毎回毎回遠くてイヤ!



2017_0778.jpg

ノリウツギ

ヘトヘトでやっとマタエ到着。
東峰or西峰?それともお鉢?
どーするワタシ。

天気がいまいちなのでダメでも(ショックの)傷の浅くすむ東峰チョイス!


2017_0797.jpg

由布岳東峰山頂
こんなです。トホホ。



2017_0779.jpg

ホタルブクロ
けっこう沢山咲いてました。



2017_0780.jpg

アジサイも花期が長いですね。



2017_0781.jpg

ヒヨドリバナ(アサギマダラはいなかった)



2017_0782.jpg

イヨフウロ(開花前)
開く直前のこれくらいの頃も可愛い。


2017_0783.jpg

イヨフウロ(伊予風露)
毛細血管のような模様も繊細で美しい。



2017_0784.jpg

なにを撮ってるかと言えば、ノリウツギではなくて、お鉢です。
まっちろ。なにも見えなーい!



2017_0785.jpg

てぬぐい
山頂で、ザックにぶら下げていた手ぬぐいを交換。
汗と湿度でしっとりするので、最近はタオルとは別に予備てぬぐい持参。



2017_796.jpg

朝ごパン
暑さバテであまり食欲がない。こんな時、冷やしたプチトマトはいいですよ。



2017_0798.jpg

グズグズで何も見えない山頂でしばらく粘ったけど、晴れてはきそうにないので下山。
っと、と、と。
あれ?下界見えてきたね。



2017_0799.jpg

振り返って、さっきまでいた山頂方面。
青空出てきた!
どーするワタシ。

このまま、反時計まわりでお鉢?
あぁ~、でも西峰の鎖場を降りるのはちょっとな~(何度か降りたことあるけど)


2017_0800.jpg

一旦、マタエで考えよっと、、、、
マタエ、ガスじゃん(苦笑)

青空とガスにもてあそばれ、”もう、どうにでもなれ!”とクサっていたら、思いがけなくじなしさんが上がってきた。

わぁ~い(^o^)/
じなしさんご予定は?

おニューの靴慣らしにお鉢を廻ると言うじなしさんにホイホイ付いていく。



2017_0801.jpg

ホタルブクロ


2017_0802.jpg

鎖場をスイスイ進むじなしさん。



2017_803.jpg

西峰山頂も同様にガス。



2017_0804.jpg

ホソバノヤマハハコ



2017_0805.jpg

お鉢の行く手もガスですなぁ~



2017_0806.jpg



2017_0807.jpg

ずっとこんな調子のガスの中の岩峰を廻る。
昨年の地震崩壊後、お鉢に入るのは初めてだったのでちょっと怖々。


2017_0808.jpg



2017_0809.jpg

お鉢の途中に咲くホソバノヤマハハコ



2017_0810.jpg

難所をクリアしてホッと一息。



2017_0811.jpg

東峰少し手前の崩壊地。
下から見上げると、崩れた個所が生々しい。



2017_0812.jpg

本日二度目の東峰山頂を踏んで、下山開始。
ガスも引いて、下界の由布院の町も見えてます。


2017_0813.jpg

こもれびグリーンシャワー

下山もまだ登っていない国東の山の話しや、花の話題などおしゃべりしながらだったのであっという間に登山口に到着。
じなしさん、お世話になりました。朝はすっきりしない天気でどうなるかと思っていたけど後半楽しいお鉢巡りができました!
次はまた別のお山で♪



2017_0814.jpg

下山後の青空あるある。


登山口でじなしさんとお別れして少しだけ花散策。


2017_0815.jpg

ユウスゲ



2017_0816.jpg



2017_0821.jpg

ヒゴタイ



2017_0817.jpg



2017_0818.jpg

カワラナデシコ(河原撫子)

2017_0820.jpg



2017_0819.jpg

カワラナデシコ(白)
白いの初めてみました。



2017_0822.jpg

サイヨウシャジン(細葉沙参)
いつもうまく撮れない^^;
[2017/08/11/Fri] | 山歩き | page top
白岩山・ 向坂山
ゴボウ畑登山口---霧立峠関所---白岩山---水呑みの頭---霧立越関所---向坂山---ゴボウ畑登山口

アラームが鳴る前に、ブロブロと低音で鳴り響くバスのアイドリング音で目覚める。最近では、すっかり車中泊体質になってしまったみたいで、今回もしっかり熟睡。
早朝の道の駅には、貸し切りのバスとカップルのライダー。ツーリングの途中かな。今から阿蘇あたりを抜けるのだろうか?
昔、ちょっとだけバイクに乗っていたので懐かしい。

用意していた朝ごはんを食べて、さてと出発。今日は、『天涯の花』キレンゲショウマの咲く山へ行く。
今回もhigeさんがプランを立ててくださった。



2017_0728.jpg

あっ、コレコレ!他の方のレポでもよく見るゲートだ。
つい嬉しくてパチリ。

五ヶ瀬スキー場の駐車場には、すでに信ちゃん&俊ちゃんご夫妻がいらした。ここで前泊したらしい。ほどなくhigeさん号が到着。
higeさん、mamaさん、ryoさん、sanpoさん、yumiさん。今日は8人で賑やかに登る。


2017_0729.jpg



2017_0730.jpg

ヤクシマホツツジ
登山道途中にあるちょっとした岩にホツツジを見つけ、次々とよじ登りはじめる皆さん。
す、、すごいな。
まぁ、足場はしっかりした場所だったので私も続く。


2017_0731.jpg

ヤクシマホツツジ
先週、くじゅうで見忘れていたのでココで見れてよかった~。うんうん、かわいいね。



2017_0732.jpg

山頂付近は、いろんなお花が咲き揃ってます。
狭いエリアにギュッと数種類のお花が集まった感じ、、、、いいですね!


2017_0733.jpg

キヌタソウ



2017_0734.jpg

ホタルサイコ


2017_0735.jpg

コオニユリ



2017_0736.jpg

イシヅチカラマツ (石鎚唐松)



2017_0737.jpg

コウスユキソウ(小薄雪草)
とんでもない崖っぷちに咲いていて、他の人が撮影してる姿みてるだけで怖くなる場所だったんですケド。
ギャーギャー騒いでるのは私だけでした(苦笑)



2017_0738.jpg

白岩山山頂でパン休憩
mamaさんにかわいいパンをいただく(チョコクリーム入り)



2017_0739.jpg

ツクシクサボタン
mamaさん、お気に入りなのかな?ずっと「クルリンパの花」って言ってた(#^.^#)



2017_0740.jpg

雰囲気のいい登山道。



2017_0741.jpg

水呑みの頭の三角点
白岩山には三角点はなく、せっかくなのでとhigeさんが水呑みの頭まで案内してくださる。



2017_0742.jpg

霧立越関所
西郷さんのイラストは、愛犬の頭をナデナデしていた。



2017_0743.jpg

向坂山山頂にてお昼ご飯。


2017_0744.jpg

ヤマホトトギス



2017_0745.jpg

ヒヨドリバナとアサギマダラ
結構な鈴なり状態。



2017_0746.jpg

ヒメシャラ



2017_0747.jpg

キレンゲショウマ
そしてお待ちかねの天涯の花の群生地。



2017_0748.jpg

キレンゲショウマ



2017_0749.jpg

おぉ~~、こんなに沢山!
蕾が多かったけど、開花がはじまったばかりで傷んだ花がなくてどの花も綺麗な状態。


2017_0750.jpg



2017_0751.jpg



2017_0752.jpg

念願のお花に会えて楽しい山行でした。
higeさん、皆さんお世話になりました。

下山後は、高森温泉館で汗を流してサッパリしたあと、道の駅で好物のトウモロコシをGETして無事帰宅しました~。
[2017/07/29/Sat] | 山歩き | page top
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口

星が瞬く夜中の牧の戸Pに到着すると、すでにボッチさんとkuuさんが準備を終えていた。
二人には先に出発してもらい、車の中で少し仮眠。
アラームを止めて二度寝しようとしたけど、出入りする車の気配で目が覚めてしまい仕方なくスタート(苦笑)
仮眠の車中は、涼しすぎるほどだったけど、沓掛を過ぎるころには暑くて帽子を脱ぎ、ブロッコリーの丘でアームカバーも外してしまう。
もう、蒸し暑くてジットリ。

天狗ヶ城で先行したお二人と迎える夜明け。
そこそこの撃沈。少し寒さに震えただけで終わった。



2017_0705.jpg

ノリウツギ
ピンクビーズが可愛い(*^_^*)



2017_0706.jpg

すっかり夏山になったくじゅう。
ボッチさんが情熱的に話してくれる北海道の”青い池”をバスクリン色と言ってしまい失笑される。
いや、、、あの、、、、
「ちょっと自然界にない不思議で素敵な色ですね」と言いたかったんだけど、ボッチさんゴメン(笑)



2017_0707.jpg

本日の山ご飯。
そうめん。
チャーシュー、カニカマ、ゆで卵、薬味はミョウガ(オトナなのでたくさん)

夏山用に新調したソフトクーラーで冷え冷えの素麺。
山頂の寒さがまだおさまらず、暖かいラーメンでもよかったなと少々後悔。なのに、冷たい氷入りのソーダで追い打ちをかけるkuuさん。
三人でお腹タプタプになり下山。


2017_0708.jpg

テリハアカショウマ



2017_0709.jpg

登山道のイブキトラノオ



2017_0710.jpg

アサギマダラ
下山途中には、たくさんのアサギマダラに出会う。



2017_0711.jpg

バイカツツジ



2017_0712.jpg

思いがけなく、まだ咲いていたバイカツツジ。
派手さはないけど、心魅かれる。



2017_0713.jpg



2017_0714.jpg



2017_0715.jpg

仲良しシライトソウ



2017_0716.jpg

木道階段の側には、ヤマアジサイの青がさわやかでした。



2017_0717.jpg

姫島でこれでもかっ!てくらいアサギマダラを見たけど、山で見る蝶はそれはまた別の趣がありますね。



2017_0718.jpg



2017_0719.jpg

存在感のある大きなクロアゲハ。


下山後は、タデ原に移動して花散策。


2017_0720.jpg

ノハナショウブ


2017_0721.jpg

クサレダマ(草連玉) 



2017_0722.jpg

ヒメユリ



2017_0723.jpg

指山とその後ろに三俣山。



2017_0724.jpg

ハンカイソウと泉水尾根。



2017_0725.jpg

ミズチドリ



2017_0726.jpg

カキラン


2017_0727.jpg

ヒゴダイ
咲き始めてますよ♪

夜明けの山頂は、上着が必要なほど寒かったけど、日が昇ったあとは暑くて、タデ原を一周した後はクラクラでした。
夏山は早めの下山がいいですね。
[2017/07/22/Sat] | 山歩き | page top
三鈷峰
お世話になった宿の寿庵さんは、いわゆる素泊まりの宿で相部屋方式。同室だった3人の女性は海外の方で皆さん若くて美人さん。日本語が堪能でドギマギせずに済みました。

ザック以外の荷物は、宿に置かせていただき(下山後回収)手早く身支度を済ませたあとはhigeさん夫妻と合流していよいよ初めての大山。
今日は、夏のお花が多いユートピアコースで山頂付近のお花畑を目指します。


2017_0665.jpg

ブナ林
コース途中は美しいブナ林を抜ける。緑が濃くなりすっかり夏山の気配だけど、新緑の若葉の頃はもっと素敵な場所だろうな。


2017_0703.jpg
(Photo:higeさん)

展望が開けた岩から山頂方面。
ありゃりゃ、ガスですね(前日の予報でわかってたけど・・・)


2017_0666.jpg

ホタルブクロ?


2017_0667.jpg

サンカヨウ
どう見てもブルーベリーにしか見えない(笑)
あとで、調べたら花はとても可愛らしく、雨に濡れるとガラス細工のように透明になる不思議な花のようです。
見てみたいですね。



2017_0668.jpg

ダイモンジソウ



2017_0669.jpg

ヤマブキショウマ



2017_0670.jpg

大山もずっとガスの中。



2017_0671.jpg

所々、難所はあるがベテランの皆さんの後をついてクリアー。


2017_0672.jpg

ユートピア避難小屋が小さく見えてきた。



2017_0673.jpg

三鈷峰山頂もガスで見えたり隠れたり、、、、
まずはピークハント。


2017_0674.jpg

山頂手前の崩壊箇所。
ココ行くのか~。


2017_0675.jpg

緊張感をもって歩きます。
いいのか悪いのか、生憎のガスで左側の崖の下は見えません。


2017_0676.jpg

こんなカンジ。落ちたらヤバいところですね。



2017_0677.jpg

無事山頂。
ガスで展望はききませんが、天気のいい日は絶景のはず!



2017_0678.jpg

ホソバノヤマハハコ



2017_0679.jpg

ナンゴククガイソウ



2017_0680.jpg

ギボウシ畑
こんな数のギボウシ初めてみました。


2017_0681.jpg

ナンゴククガイソウ
お花畑のナンゴククガイソウが強風に揺れまくり・・・


2017_0682.jpg

あぁ~、でも本当にユートピアですね。近くだったら通いたい山です。



2017_0683.jpg

シモツケのピンクも夏らしい。



2017_0684.jpg

イヨフウロ



2017_0685.jpg

ガスのユートピア避難小屋



2017_0686.jpg

ギボウシ



2017_0687.jpg

お花畑の登山道



2017_0688.jpg



2017_0689.jpg



2017_0690.jpg



2017_0691.jpg



2017_0692.jpg

まだまだずっと居たいけれど、長い移動が待っているので名残惜しくも下山。
いつかまた来るよ。


2017_0693.jpg



2017_0694.jpg

下山も気を抜かずに、、、、、



2017_0695.jpg

ありがとう!サンコホー!



2017_0696.jpg

ヤマジノホトトギス



2017_0698.jpg

登山道より日本海



2017_0697.jpg

ヤマアジサイ
入山時は暗くて気がつかなかったけど、山麓付近の斜面は一面のヤマアジサイだった。



2017_0699.jpg



2017_0700.jpg

higeさん、mamaさんkuuさんお世話になりました。遠くて行く機会はないと思っていた大山へ登ることができました。感謝!
[2017/07/16/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム | 次のページ>>