ロン
2015_500.jpg



2015_501.jpg


2011年に亡くなったロンの命日。
クールな犬でしたが、意外とはしゃいだ写真がありました。
[2015/07/02/Thu] | ロン | page top
ロン
お供えのお花

ロンが旅立ってから3年が過ぎました。
いまだお骨はリビングに置いたまま、手放せないでいたりします。
ロンと別れた悲しみは、薄れてきたように思うけど、ロンに会いたいなぁ~という想いは、つのるばかりです。
ダメダメ飼い主。

ロンが愛用してたネームタグは、私のザックにつけてます。山歩きの時は、いつも一緒です。
山歩きが好きな犬だったので、せめてもの犬孝行です。
[2014/07/02/Wed] | ロン | page top
一年がたちました
お供えの花束

ロンが旅立った夏から一年が過ぎました。
[2012/07/02/Mon] | ロン | page top
ロンの夢
ロンの夢をみました。
初めて夢の中にやってきたのは、夏にロンが亡くなりしばらくたってからでした。
場所はなぜか、母の実家の中庭で、そこに駐車した(昔、乗っていた)バイクの影からひょっこりロンが出てきました。
「ロン、こんな所にいたの!」「探してたんだから~~」と夢の中で半泣き。
あっ、そうか。バイクでロンPが探してきてくれたんだ
でも、バイクでどうやってココまで連れてきたのかな?
バイク、押しながら一緒に歩いて帰ってきたんやね。そうやね、、うんうん。、、、、と。妙に納得する夢の中のジブン。

夢の記憶はそこまで。

ホンダVTZ
20代の頃、乗っていたロンPのバイク ホンダVTZ


二度目の来訪?は、先週の11月12日。
確実に日付を覚えているのは、先日の福万山登山の際、ガスの尾根を歩いている時、ふと「あっ!昨夜、ロンの夢を見た!」と思いだしたから。

ロンは、自宅の洗面所前の廊下にいました。
やっぱり、夢の中で「ロン!こんな所にいたの~」と猛烈にロンを探していたワタシ。
ロンは、廊下の向こう側から私に向かい、トコトコ歩いてきます。

足取りは、山を登っていた頃のスキップ走りのような軽さで、尻尾も元気だった頃のようにグルグルに巻いてます。

でも~~~~。

足元にやってきたロンは、なんということでしょう、手乗りサイズになっいるではありませんか。
(↑ビフォーアフター風に・笑)

手乗りというか、チワワとか、パピヨンぐらいミニサイズ。

ロンPに、「ねぇ、ねぇ。ロンがいたよ!」「でも、こんなに小さくなっちゃってるよ!」と両手に抱いたロンを見せるとオットは驚きもせず、それが当たり前みたいな反応。
(ま、夢なので、、、)

夢の記憶はここまで。

ミニサイズでもいいから、またロンに会いたいなぁ~。

福山山山頂のロン
2003年にロンと、、、
左背後の山は、由布岳。
[2011/11/18/Fri] | ロン | page top
バナナ~~ン
ロンにお供えしたバナナ
初七日です。
ロンが好きだったバナナをお供えしました。器は、ポニョ丼(笑)
お水は、普段使いのガラスのコップを使ってましたが、ロンには大き過ぎかなぁ~と、食器棚を探していたらいいサイズがありました。
小ぶりなスヌーピーのお湯のみです。
実は、これ、、、私が独身時代に(結婚前に)勤務先で使っていた物。恐ろしく昔の物ですが、屋根に登ったスヌーピーの姿は、犬小屋の屋根の上によく登っていたロンとだぶります。
室内飼いになってからも、庭にあった(今もある)犬小屋の屋根に登るのはロンの得意技でした。
[2011/07/08/Fri] | ロン | page top
| ホーム | 次のページ>>