お題なし
特にタイトルなし

珍しくロンPが犬たちを写していたのでUPしみる。

魂の抜けたイヌ

エルモは目を開けたまま寝ます。
ふつーに寝てます。
魂は抜けきってます(^^;)
えりゅも、ドライアイになるよ。目は閉じて寝ましょうね。


ロンの横顔

ロンの男前な所を接写したかったらしいですが、、、
寄りすぎです
[2006/06/28/Wed] | 犬との日々 | page top
アジサイ
アジサイとティナ

近くの神社にアジサイを見に行ってきました
毎年、この時期にはアジサイ見物を兼ねての散歩です。



夕方の河原

アジサイを楽しんだ後はすぐそばに流れる川沿いを散策
↑写真、舗装道路のようですが、河原の一部が短距離練習のコースに
整備されてます。

この川で石巻貝や小魚を採ったりして遊んだりします。
(今は水槽設置してないので、水生生物が恋しいワタシです)

それにしても、長い舌だ・・・・
[2006/06/27/Tue] | ティナ | page top
100均ネット
過去の日記にもUPしてますが、我が家の100均ワイヤーネット
二階への侵入防止に階段下に置いてたりもするのですが、ロンエルには効果的でもヤツには全く効き目なし。

階段途中で固まるエルモ

エルモは一人で階段を登る事が出来ない犬なので、途中で固まってます(参照動画)


鼻先でネットを開けるティナ

↑写真左下、器用に鼻先で開閉します


階段を駆け上がるティナ

ティナには置いてるだけのネットは意味をなさないようです。
エルモ、、、微動だにせず(これはこれで呆れますが・・・)
[2006/06/25/Sun] | 犬グッズ色々 | page top
犬連れ登山・三俣山(レポUP)
すがもり越えの愛の鐘


三俣山の山レポをUPしました。
今回は初めてのガスの中での登山でした。
登っている時は夢中でしたが、後で冷静に振り返ると登山を中止して
下山すべきだったかも、、、、
私たちの登山技術と知識では少しムリな強行軍でした。

三俣山はガスの多発する山です。
次回は晴天の日に再訪してみたい!!

写真は中継地点でもある「すがもり小屋」にある愛の鐘です

そうそう!!!
ロンは10歳にしてかなりの健脚なのですが、もちろんこの日も元気に下山して、家に帰ると当たり前のように夕方の散歩にも出かけました。
ロンPも私もロンに休息させたかったのですが、本人が聞きません。
通常の自分の散歩だけでなく、エルモの散歩にも(我が家は多頭別々の散歩の場合が多い)付いて行くと言ってききません。
置いていくとキュンキュン鳴いてうるさいので、しかたなく二度目の散歩(と、、、いうか山に行く前にも朝の散歩したんですが、、一体何度目だ?)
山と散歩は別腹のロン。

くじゅうの山を5時間歩いた後、さらに散歩するイヌ
恐るべし、、、10歳シニア犬。
[2006/06/23/Fri] | 山歩き | page top
犬連れ登山・三俣山
本日はくじゅうの三俣山
晴天で山日和だと思ったら、山は濃霧
視界が非常に悪い中をなんとか登頂

濃霧の登山道


山レポは後日UP予定
初めて体験する山での濃霧に色々考えさせられました。
これからの山歩きに今回の体験はよい学習課題となるでしょう。


[2006/06/18/Sun] | 山歩き | page top
ロンのつぶやき
階段の上で待ちうけてるロン

ボク、さっきからずっと待ってるんですケド・・・・
準備はまだですか?

つまらなそうな顔のロン

夕べ、「明日は山だよ」て、、言ったよね?
約束したよね??


えーーーっ!
雨ですかぁ~

いねむりロン

もう、、
フテ寝しちゃいますよ





山モードだったロン、、、
すまぬ。雨ではムリだ。
[2006/06/17/Sat] | ロン | page top
ゴーヤちゃん
発泡スチロールのゴーヤちゃんに花が咲きました。
元気に生育中で夏が楽しみです。

ゴーヤの花


庭のゴーヤエリアはこんな感じ・・・

赤毛とゴーヤ



朝顔ネットに仕立てる

高さ、180センチの朝顔ネットを仕立てましたが、もうツルは一番テッペンまで伸びてます。

掲示板に友人がゴーヤの佃煮のレシピを投稿してくれたので
自分の為に覚書として残しておく(裕美さんありがとう!)

♪ゴーヤの佃煮♪

ゴーヤ(綿と種を抜いた状態で)1kg.
しょうゆ200CC
砂糖  350CC
酢   120CC
ゴマ  50g
カツオ節 適当に沢山

ゴーヤは7~8mmの薄切りにします。
水にはさらさないでくださいね。
鍋にたっぷりのお湯を沸騰させたら、火を止めて入れる。ここでは茹でません。
湯につけたまま15分間置く。
ザルにあげて水を切る。(冷水NG)
調味料を鍋に入れて煮立たせ、その中に水切りしたゴーヤを入れて煮汁がなくなるまで煮詰める。
火を止めてからゴマ、鰹節をまぶす。

[2006/06/16/Fri] | 未分類 | page top
犬連れ登山・指山(レポUP)
先週登った指山のレポをUPしました。
二度目の山なので、詳しい登山コース紹介は省いており、写真置き場化してます。
下山後に入った温泉が気に入りました。
露天風呂から三俣山が正面に見える素晴らしいロケーションの温泉です。
[2006/06/14/Wed] | 山歩き | page top
犬連れ登山・涌蓋山(レポUP)




今月の3日に歩いた九重町の「涌蓋山」のレポをUPしました。
左サイドバーのRon's Pageからどうぞ♪
[2006/06/13/Tue] | 山歩き | page top
地震
早朝に地震で目が覚めました(震源は大分県中部)
寝室が二階なので、ヒドく揺れてるように感じて、ロンPに下に行こうか?外に出ようか?と話かけたけど「まだ寝てる・・・」て半分寝ぼけてました(危機感のない人だ)
ケイジで寝てるエルモとベッドの足元で寝ているロンも平常モード。
(地震予知もしなけりゃ、飼い主に似てこれまた危機感のない犬たち)
あせっていたのは赤毛のてな子と私だけでした。

後で速報を見たら、我が家は震度3。
被害もなく、人も犬も無事です。
BBSやメールでご心配いただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
[2006/06/12/Mon] | 未分類 | page top
犬連れ登山・指山
二週続けての山歩き。
ロンPは先週歩いた「涌蓋山」手前の一目山~ミソコブシ山を周回するコースがいいと言う。
私はくじゅうの三俣山が気になる。
二人の行きたい山が違う時はロンに聞く。

くじゅうがいい」と言う、、、私寄りの犬。(ホントか?)

長者原の駐車場は満車状態。
イカん。ハイシーズンのくじゅうをナメちゃ、いかんのだ。
とにかく、早朝じゃなきゃ駐車スペースが確保できない。
みんな、どっから来てるの?というほど他府県ナンバーであふれかえる大型駐車場。
ざっと眺めた中で一番遠くの地域は「新潟ナンバー」だった。

駐車場では「大分県」の腕章をした職員が駐車場利用状況を調査していた。
長者原のタデ湿原がラムサール条約に登録され、その関係のからみもあるのかなぁ~

休日で、ミヤマキリシマのシーズンのせいか、やたらと大型バスの多い本日。
ツアー登山客がかなりの数やってきてる模様。
行きたかった三俣山でこの数の団体ハイカーと一緒になるのはちょっと辛いので(犬連れだし)山は三俣山の手前にチョコンと鎮座するかわいい指山にする。

指山は二度目だ。
以前の指山レポにUPしてるが、この山は自然林の中を経由して行くので、木陰が多い点では犬連れ向き。
山頂からは先週登った「涌蓋山」がよく見えた。
本日も暑くもなく(ちょっと寒かった)ロンと歩くにはよい気候でなによりだった。

下山後は長者原にある馬子草(まごそ)温泉「きづな」
鉄分を含んだ特徴のある黄土色のお湯、露天からはさきほど指山山頂から眺めた三俣山が正面に見え、ロケーション抜群のお風呂。
三俣山に登った後に入るとまた格別だろうなぁ

帰路は玖珠経由。
お腹がペコペコだったので玖珠町の食事処「金太郎」
(クリックで地図参照)



大分名物「とり天」

ロンPが注文した「とり天定食」
衣がフリッターぽく、さくさくで美味。ボリュームあったよぉ~

とろとろ~

私は「オムライス」をいただきました。とろとろ加減がたまりません。
こちらも大皿で出てきてビックリ。美味しかったよ~

玖珠町の「金太郎」

食事処「金太郎」
外観から期待できる店内の内装もレトロ感いっぱいでとても感じいいのだ。

ちなみに、ココの若夫婦。犬連れハイカー仲間だったりします(;^_^A

[2006/06/10/Sat] | 山歩き | page top
ロンの好きな場所
昨日の薪割りしていた時のこと。
ロンがいない!と思ったらオリーブの木の下に潜り込んでました。
とにかく、狭い所が好きな犬です。

木の下にいます


おーーい。出ておいでぇ


落ち着くの?
[2006/06/05/Mon] | ロン | page top
庭で薪割り
ロンPの趣味は『薪割り』
5月のキャンプで使った薪は細すぎて火持ちが悪かった。
本人、納得いかないらしく太い薪を割り出すべく、わざわざ実家から丸太(カットしたものを)を持ち出し、庭で乾燥させていた。
ほどよく乾いたので、本日は庭で薪割り。
カットしたばかりの薪はヒノキのいい香りです。

発泡スチロールに植えたゴーヤちゃんも順調に育ってます。

薪割りオヤジ


昨年は大豊作だった発泡スチロール植えのゴーヤ

[2006/06/04/Sun] | 未分類 | page top
犬連れ登山・涌蓋山
今年のくじゅうのミヤマキリシマは尺取虫の害虫被害がヒドいという噂。
この時期は県外からも多くのハイカーが集まり、くじゅうの山はとんでもなく大渋滞する。
人ごみを避け、九重町の涌蓋山(わいたさん)に登る。
木陰が少ない登山コースなので、ロンには辛いかな?と思ったが、晴天の一歩手前のような曇りで、風が冷たく犬的には大丈夫だった。
が、、、飼い主二人は半袖Tシャツで山頂ではガタガタ震えてしまった。

山レポは後日UP予定

女岳山頂、背後の山が涌蓋山

 
山頂手前の女岳にて(背後の山が涌蓋山)

[2006/06/03/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |