FC2ブログ
犬連れ登山(泉水山)
坊がつるで行われる野焼きを三俣山の山頂から眺めたくて、久しぶりの登山計画です。
今年になって初めての山。犬と私だけはウキウキですが、ロンPは前日に職場の花見酒が過ぎたようで早朝起きは無理でした。

久住の大曲駐車場に着いたのは9時。この時間から登っては着火の時間に間に合わない。
しかし、それよりも今にも降り出しそうなネズミ色の空と強い風。
天気のせいか、大曲の駐車場も珍しく駐車スペースに空きがある。この時間に空いてるなんて珍しいので、ひとまず駐車。どんどん暗くなる空をにらみながら、着火に間に合わなくても三俣山へ登るかどうか思案。

この空模様だと、出発してもすぐに雨具が必要になるだろうなー

諦めきれず、牧の戸登山口の様子を見に行くが、こちらの天気も同じく、、、
せめて歩く格好だけでもしないと、ロンの気がおさまらない(山バカ犬)
牧の戸登山口からすぐ上にある東屋の広場を目指して歩き始めるが、ガスは山の上からどんどん下がってくる。
視界も悪い上に、強風。体重14キロのロンは風に吹き飛ばされそう(T_T)

レインスーツを着込んで、登っていく団体さんを横目に安全策の我が家は下山。

ロンは雨が苦手だし、ガスに巻かれるのは昨年の三俣や星生山で辟易してるので、本日はあきらめて帰路に着く。

長者原まで引き返すと、さきほどと変わらず三俣山はガスの中。
三俣の手前にある小さな指山ですらまったく見えず、、、、しかし、西側の泉水山方面はなぜか明るい。

ティナとは3度登った泉水山(黒岩山)だが、ロンはまだ未踏だ。
せっかく久住まで来たのだから、登ろう!

下泉水は素通りして、上泉水頂上に着いたものの、山頂はガスでミストシャワー状態。
本来ならば、九重連山や涌蓋山までも見渡せるはずの展望の良い山頂なのだが、まったく視界がきかない。
風は体を揺さぶるほどの強風だし、今日はツイてない。
悪天候の中、ひとつ山頂を踏んだことだし、怪我をしないうちに帰った方が得策なのかもしれない。
そんな訳で、久しぶりのロンとの山歩きは景色を楽しむことが出来ませんでした。
次回、機会があれば泉水~黒岩山を縦走してみたい(ティナとは既に縦走済み)


防火帯の岩に腰掛けるロンとロンPの後姿

写真は泉水山へ向かう防火帯で休憩中の二人。

[2007/03/31/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |