赤毛のティナ
舌を出して寝るティナ



へそ天してソファで大の字のティナ



ヘソ天姿のティナ



わが犬ながら、相変わらずアッパレな寝相・・・・
[2007/10/31/Wed] | ティナ | page top
山ご飯
法華院山荘の看板

法華院山荘に着きました

法華院山荘の屋外テーブル

先週と比べると、たくさんのハイカーでにぎわってます。
いつも、この屋外のテーブルエリアで食事をするのですが、今回は人が多くて、座る場所があくのを待ってました。


山ご飯の食材

『山ご飯』は、冷凍ちゃんぽんと、ちらし寿司(の素を混ぜただけの手抜き)

出来上がった「ちゃんぽん」

山からのガスがどんどん下りてきて、寒かったのですが、あたたかい汁物はありがたい。体も温まりました。
どーでもいいですが、先日の山ご飯画像の「うどん」でもそうだったけど、私って箸の持ち方ヘタですね(苦笑)


坊ガツル湿原に伸びる木道

坊ガツル湿原に伸びる木道を経由して帰りました。

木道に残ったロンの足あと

ロンの足あと
[2007/10/28/Sun] | 山歩き | page top
紅葉はガスの中
山頂はこの時期、紅葉ハイカーで多いだろうから、山の下からでも紅葉を眺めようかと思い、二週続けての坊ガツル。
今回は、吉部登山口から入山して、復路は大船林道をひたすら歩きました。
残念ながら生憎の天気で、期待していた大船山・平治岳方面、三俣山もすっぽりガスの中でした。

坊ガツルへ向かう道

坊ガツルへ向かう道(ガスでおおわれる)


ガスのかかる坊ガツル湿原

法華院山荘からながめた坊ガツル湿原(ガスで山すそしか見えません)


鳴子橋の紅葉

大船林道への分岐、鳴子橋近辺の紅葉は綺麗に染まってました。


紅葉した落ち葉の広がる大船林道

大船林道に落ちる落葉の絨毯

往路は山中の登山道と林道を組み合わせて行きましたが、帰りは「大船林道の全工程を歩いてみよう」と思い、ひたすら林道を歩きました。
高低差もなく歩きやすい林道ですが、後半(吉部入り口付近)は杉林となり、景色も単調で少々飽きました。

やはり、途中から山道へ入り、暮雨の滝コースが変化に富んでいて好みのコースです。
[2007/10/27/Sat] | 山歩き | page top
キノコ
庭で育ったあやしげなキノコ



新種のトナカイが駆け回る我が家の庭では、怪しげなキノコが生育中。

秋ですね・・・・
[2007/10/24/Wed] | 未分類 | page top
赤毛のトナカイ
庭木の剪定作業をするロンP


少し前の週末
庭木の剪定作業のロンP。

庭木の下でロンPにつかまるティナ


ティナを捕まえたと思ったら・・・・


頭に枝を付けられたティナ。赤毛トナカイ風?


やっぱり、いじられてるし、、、、笑
[2007/10/23/Tue] | ティナ | page top
ひっぱりっこ
タオルをひっぱるティナ




タオルをひっぱるティナ



珍しくティナがタオルでひっぱりっこ。

ティナの遊びは、一人でブルンブルンと豪快に振り回すだけ、といういたってシンプルな(苦笑)遊び方なので、こうやって(人と)引っ張り合いという遊び方はめったにしない。

ある意味、犬らしい瞬間。
[2007/10/22/Mon] | ティナ | page top
山ご飯
ラーメンと具材


昨日の「坊がつる」までの山歩き。
『山ご飯』は、ラーメンでした。
九州人は大好き「うまかっちゃん」
具材はモヤシ、キャベツそして卵です。
野菜類がクッション代わりになってくれるのですが、今回はプチプチシートの緩衝材を小さくカットした物を卵にくるりと腹巻のように巻いて持参。
割れずに大正解でした。


そして、そして、、、、


牛丼


ジャーン♪
牛丼でーーす。
「坊がつる」では、いつも法華院山荘の屋外テーブルを利用するのですが、今回は山荘メニューの牛丼を注文してみました。
生卵付き、¥800。
冷静に考えると、牛丼¥800て、すき屋や吉野家と比べると「どーなのよ?」てくらい高いと思うのですが、そこは、まぁ、、、山値段て所で・・・・
お味は、予想以上に美味しかったです(^^)/


[2007/10/21/Sun] | 山歩き | page top
犬連れ登山(坊ガツル)
3週連続の山歩きのなので、犬にも人にも負担の少く、高低差の少ないお手軽ハイクコースを歩きました。

ピークハントを目的としない、のんびりハイクです。
長者原を基点として、雨ケ池を経由し坊ガツルまでの往復コース。

タデ原の木道をつたい、自然観察路をから森を抜けて、ススキの坊ガツル。

紅葉には、まだ早かったようだけど、抜けるような秋空。
風が冷たく、ロンには快適な山歩きのようでした。


秋の坊がつる湿原

ススキが広がる、秋の坊ガツル湿原


ススキ越しに見る、三俣山

坊ガツルから眺める三俣山

坊ガツル湿原に伸びる木道のロン

坊ガツル湿原に向かう木道
木道は、新しく綺麗に設備されてました。
[2007/10/20/Sat] | 山歩き | page top
30%の勝負!
山歩き大好きな犬(ロン)と私ですが、実はへなちょこハイカーでして、雨は苦手です。
ロンは元々、雨や水が苦手ですし、私もぬかるんだ登山道をレインスーツを着てまで登るような根性はないのです。

山歩きを予定した週末は、天気予報と降水確率を穴のあくほどチェック!

硬水確率40%なら、迷いもなく登山中止。

しかし、30%て、、微妙よねぇ~

山の天気は変りやすい。

下界は晴れていても、山はどんより、、、なんてコトはざらにある。

先日の星生山も登ってる途中から、ガスがどんどん濃くなって、、、
山頂目前では、あたりは真っ白。

この日は、ガスの合間に、青空がのぞいたり曇ったり、、、

『慣れ』に慣らされないよう事故のないように引き返す、中止する決断をいつも胸にきざみつつ、この日は御池にて終点

ガスで真っ白な星生山、山頂手前

[2007/10/19/Fri] | 山歩き | page top
地元ネタ
季節はずれにエルモを泳がせた大分県の田舎町の海岸
国見町にある道の駅「くにみ」
食事処のテラスから眺めた海と空は、まだまだ夏の名残がしました。

国東半島の海と空

中央に浮かぶ島は姫島

タコめし


こんな海を眺めながら食べた「たこ飯御膳」
やっぱり、タコと紅生姜の相性ば抜群です
[2007/10/18/Thu] | 未分類 | page top
エルモの受難
そんな有頂天なエルモを、てな子が放っておくハズがなく
美味しい獲物はロックオン

横なぐりパンチ

つかまえて、いきなり横なぐりパーンチ


エルモを殴るティナ

えりゅも、ガンバレ

ボールをうばいとるティナ


こーして、腕力に屈服するしか手立てのないチビラブえりゅもなのです
[2007/10/17/Wed] | エルモ | page top
本物レトリーブ?
兄貴の心もとないボール使いに、「違う!違う!レトリーブはこうでしょ!」と見本を見せるチビラブ、えりゅも。

気まぐれロンとは違い、さすがはレトリバー
幾度も「投げて!」の催促でした。

そのやる気を、室内じゃなくて屋外でみせてくれーーー



ボールをくわえ、こちらの向かうエルモ


ボールをみせびらかすエルモ


ボールを自分のベッドに運ぶエルモ

[2007/10/16/Tue] | エルモ | page top
やっぱ、ボールでしょ!!
テニスボールをくわえるロン



ボールをくわえるロン



ボールで遊ぶロン



ボールで遊ぶロン



珍しく、ボールで遊ぶロン

幼犬の頃はボールで遊ぶ事もあったが、こういう姿は非常に珍しい。
普段から『物』に固執しない性格の犬です。

「あぁ、、犬っぽい♪」とその仕草に大喜びのバカ飼い主です。
[2007/10/15/Mon] | ロン | page top
犬連れ登山(星生山)
星生山山頂のロン


大曲から星生新道にて、星生山へ
山はうす曇りで、ガスが多い。星生山の寒暖計は11度で風が冷たい。


避難小屋前の広場


星生山から岩尾根を歩き、星生崎を下る。
避難小屋のある広場で休憩。ロンの背後が星生崎。ガスで半分隠れてます。


御池そばの岩に登るロン


御池(みいけ)まで歩き、池のほとりで昼食。
そろそろ、あったかメニューがいいだろうと用意した本日の山ご飯は「うどん」

山ご飯は「うどん」


ワカメ、かまぼこ、舞茸、油揚げ、卵入り。
寒かったので、熱々うどんは大正解でした。
[2007/10/14/Sun] | 山歩き | page top
犬孝行な一日
国見町海浜公園


午前の部。
今年はエルモを海に連れていってなかったのですが、この時期なら海水浴客もいないだろうとドライブがてら海沿いを走る。
10月の海には人っこひとりいない・・・
貸切でした。


海に走るエルモ


勢いよく海に向かうエルモ。でも、レトリーブの的のペットボトルは真上ですよ(笑)

場所は「道の駅くにみ」




午後からは、コスモス畑まで足を伸ばしました。

コスモス畑

小さく写ってるのがティナと私。
休耕田(?)を利用したコスモス畑。あたり一面こんな感じです。


コスモスをバックにティナ


コスモス


ヒマワリ娘



一部、ヒマワリ畑もありました。

詳しい情報は大分県中津市HPより抜粋
三光支所のこちらをごらんください。
[2007/10/13/Sat] | 犬との日々 | page top
ゴーヤの佃煮
ニガウリの佃煮


ゴーヤ(ニガウリ)の佃煮です。
色はちょっと悪いですが、白いご飯にあいますよ♪
今年は、庭に植えたゴーヤはまったくダメでした。
二年続けて豊作だったのになぁ・・・・


ニガウリ佃煮のレシピはこちらです
[2007/10/11/Thu] | 未分類 | page top
ある日の2頭
ある日、気付くとロンとエルモのつま先が触れ合って、まるでETごっこのよう・・・
(ETを知らない若者は検索して調べましょう・笑)

つま先が触れ合ってるロンとエルモ



少し困り顔のロン


2頭に「マテ」の指示をだし、携帯でパチリ。
ロン兄ぃ、少し困り顔です。
[2007/10/10/Wed] | 犬との日々 | page top
食事をした「べべんこ」には、馬がいました。
写真を撮ろうと、馬の柵に近づいてもお尻を向けられたままでしたが、馬用の餌の料金箱にロンPが100円を入れると、速攻で近寄ってきました!
なんて、頭のいい馬でしょう(笑)

べべんこにいた馬




馬の名は「幸」らしい

[2007/10/08/Mon] | 未分類 | page top
下山後のお楽しみ
山では軽めのお弁当を用意して、下山後にお腹を満たすのが通常です。
また、ロンと歩くくじゅう近辺は温泉地なので、お風呂もまた楽しみのひとつ。


九重ハイランドホテル



昨日の温泉は「九重ハイランドホテル」の展望風呂
清潔で広い内湯は気持ちよかったけど、露天の景色が九重連山からズレているのが残念。
ホテル受付の男性がちょっと愛想なしなのも印象がマイナス。
ロビーにあった山岳写真家の藤田晴一氏のパネル写真で気を取り直し。


食事は、やまなみハイウエイ沿いにある「農家レストランべべんこ」にて。


べべんこ、外観

駐車場にある、あやしげな「ドラえもん」が目印です。

ここは屋外にも席があり、犬連れでも屋外席ならok!
芝生敷きの屋外テーブル席からは九重連山が見渡せ、山好きにはバッチリなロケーション。
(この日はあいにく、山はかすんでました)


べべんこ、屋外席


食べたメニューは以下
続きを読む
[2007/10/07/Sun] | 未分類 | page top
犬連れ登山(ミソコブシ山)
湧蓋山(わいたさん)のルート途中にある小さな山
一目山(1287m)とミソコブシ山(1299m)に登ってきました。

連休でハイカーが多いであろう久住山方面をさけ、さらに湧蓋山もメジャーな山なので、地味な山をチョイスしたつもりが、最新号の「グリーンウォーク」に特集されていたせいでしょうか、予想以上に登ってる人が多かった。

出発前はミソコブシ経由で湧蓋山にも登るつもりでいたが、10月にしては日差しが強いのと、このルートが木陰が少ないので、ロンの暑さ対策のためにもショートコースの往復でおしまいにしました。

湧蓋山は以前にも別ルートで登ったことがあり、暑くない季節にぜひ再訪したい。
ロンと登った湧蓋山の記録はこちら

2つのピークとはいえ、短時間で往復できるお手軽ラクチンコースでしたが、登山道に牛(放牧)の落し物が多かったのには
少々うんざりしました(すっかり乾燥していて、まぁ安全でしたが(^^;)

一目山山頂から見える風車群

一目山(ひとめやま)山頂から風力発電の風車が良く見える。



ミソコブシ山を背後にしたロン

背後の山がミソコブシ山


犬連れ登山とは全く関係ないが、本日はティナを我が家へ迎えた「赤毛記念日」でした。
[2007/10/06/Sat] | 山歩き | page top
ピンクのブタさん
少し前の日記「赤毛のティナ」極悪編にも載せてますが、最近てな子のお気に入りはピンクのブタのぬいぐるみです。


前触れなしに、いきなりスイッチが入ります。

お尻を上げて前足でぬいぐるみを押さえるティナ



お尻を上げて前足でぬいぐるみを押さえるティナ


それは、それは楽しそうにブンブン振り回し
時には空中に放り投げ、擬似ハンティングが続きます。

無視していると、余計にアクションは激しくなります。
(飼い主の気を引くために必死です)


ぬいぐるみをくわえるティナ



ぬいぐるみをくわえるティナ


ティナ同様、このブタさんが好きなエルモの目の前にくわえて持って行き、みせびらかします(;^_^A

ぬいぐるみを取り上げられ、不満顔のティナ




結局、最終的には「はい、おしまい」と取り上げられ、そして得意のガン見です。


[2007/10/03/Wed] | ティナ | page top
| ホーム |