FC2ブログ
謹賀新年、元旦からひと騒ぎ
正月飾りを首にかけるロン


ロン、エルモ、ティナの3ショット



あけましておめでとうございます。
今年も、単なる飼い主の覚書ブログですがよろしくお願いします。


ロンPが大晦日の夜から風邪で寝付いてしまい、恒例の深夜の二年詣りには行けず、珍しく紅白などをチラチラと見ながら年を越しました。

そして、元旦そうそうエルモが棒ガム(牛皮ガム)を上顎に詰まらせて大騒ぎでした(T_T)
突然、ゲホゲホと苦しみだし、吐きたいのに吐けないような仕草。
一瞬「胃捻転?」かと思いましたが、腹部胸部には外見上異常がなく、前足で口元を掻く仕草と頭を床に押し付け、もがいてます。

口をあけて見ても何もなく、それでも必死に口を掻きゲボゲボと苦しんでいる。
昨年、ロンがシリカゲルを誤飲したばかりなので、またもや何かの誤飲か?

異物がノドに引っかかってるのかと思い、とにかく吐かせてあげねばと、、オキシドールを飲ませるか躊躇しつつ、もう一度、口をこじ開けると、なんと、上顎に棒ガムが真横になって引っかかってます。
長さで言うと、5センチほどでしょうか。
上顎のアーチ状のくぼみにスッポリと真横に収まってるのです。

私が口をこじあけ、羽交い絞めにして、ロンPが指をつっこんでつまみ出してくれました。
(知らない人がみると、まさに動物虐待のような有様です・苦笑)


元々、エルモは食べ物をあまり噛まずに丸呑みするタイプなのですが、まさか棒ガムまであんな長いまま飲み込むとは思ってもみませんでした。
以前はグリニーズガムも与えていた頃があったのですが、やはりあまり噛まずに飲み込むので、怖くて棒ガムを再び与えるようになっていたのですが、この分だとまた同じ事故があるかもしれないので、エルモには棒ガムも与えられません。

そんなワケで、お正月から一騒ぎあったロンエル家です。

オキシドールはロンの誤飲事故のあとすぐに購入してたのですが、今回は使わずに済みました。
若い頃のいたずらも大変ですが、シニア犬になるとまた予想もつかない行動もあるやもしれません。今年は「観察注意!」の一年かなぁ~

まぁ、大事に至らなくよかったです。

異物誤飲による吐き戻しの方法などについては、覚書きとして以下にまとめてますので、興味のある方はどうぞ。
犬の誤飲事故(対処方法)
[2008/01/01/Tue] | 犬との日々 | page top
| ホーム |