大分国体と更新のお知らせ
レトロな包装

昭和の香りの包装紙。駅前商店街のお惣菜屋さんのパッケージです。

太巻き断面とめじろん

中身は太巻き。断面積比率、具割合が多し!(嬉)


チャレンジ!大分国体が始まりました。
本日、日曜日は別府市ビーコンプラザにて新体操の競技があります。
所さんの番組でメジャーになったあの男子新体操。地元大分県であの素晴らしい演技が見学できるチャンスです。
本日は個人戦ですが(見たかったのは団体戦・明日開催)会場のビーコンまで出掛けてみました。
駐車場に余裕はあったのですが、当日整理券がすでに終了。会場へ入場できぬまま別府を後にしました。
まぁ、せっかく別府まで来たのだからと、、、最近お気に入りの別府駅ガード下「野田商店」の太巻きをお土産に購入。

緑色は、会場で配布していためじろんメガホン(めじろんは大分国体のマスコットです)


写真隅に写っているロンと歩いた山の記録を少しUPしてます。
左サイドバーメニューのRon's Pageよりお立ち寄りください。
[2008/09/28/Sun] | 未分類 | page top
ロンの検査結果
動物病院で順番待ちのロン

有機リン系の中毒症状で緊急入院→奇跡的な生還→病院嫌いで即、退院→のロンです。
退院後は、肝臓ケアの内服薬を処方され、今日は経過観察のための血液検査です。

数値は順調に下降気味ですが、まだ正常値を越えてます。体調がすこぶる良好な事と、数値の下降ラインを予想して、しばらく内服薬をやめて数値の変化を見守ることになりました。

退院直後は、下半身の筋力が落ちてちょっとやつれた感もありましたが、ほんの数日で驚異の回復を成し遂げました。
今では、あの入院騒ぎがウソのような元気さです!

今日も、オデカケに気をよくしたものの、到着した先が動物病院でガックリなロン(←元々、病院が苦手)

写真は、待合室でロンPに「助けて~」アピールのロンです。
続きを読む
[2008/09/27/Sat] | 犬の医療 | page top
アイリッシュセッターとい犬
へそ天で寝るティナ

自由なイヌです。
何事においても・・・・
[2008/09/24/Wed] | ティナ | page top
くじゅう曇天
マツムシソウとアカタテハ


長者原(鉱山道経由)→すがもり越え→法華院山荘→坊ガツル→雨ケ池→長者原

目的の三俣山はガスの中。すがもり小屋で思案するが、登頂は諦めて三俣山の麓をグルリと一周。
雨ケ池では、マツムシソウがまだ咲いていた。
[2008/09/23/Tue] | 山歩き | page top
待つ犬
ロンの後姿


散歩の時間です。
しかし、ロンPはナバークロスに夢中。

「あと、ちょっとだから待ってね」

直情タイプの赤毛ちゃんとは違い、聞き分けのいい子です。
待ちます。



後ろを振り返るロン。首は斜め15度


まだ、解けないみたいですね(;^_^A

[2008/09/20/Sat] | ロン | page top
シッポだけ・・・・
ソファに横になるエルモ、シッポだけ反応してブンブン


「あ!」に反応するイヌ。
しかし、反応するのはシッポの先っぽだけ・・・・
[2008/09/16/Tue] | エルモ | page top
退院後の血液検査
廊下の向こうにいるロン、呼んでも来ない

(動物)病院へ連れて行った日は妙によそよそしい。
警戒して呼んでもきません(苦笑)



頭上から撮影したロンの笑顔

しかし、「クッキー」というコトバには弱いようです。
(飛んできた!)



以下、退院後の検査結果と本日の医療費
続きを読む
[2008/09/15/Mon] | 犬の医療 | page top
盲導犬チャリティ演奏会
演奏会会場


階段の段差にアゴを乗せて退屈そうな盲導犬


大分市で行われた盲導犬チャリティ演奏会に行ってきました。
琴、三味線、尺八と、、しぶ~い(笑)演奏会です。
一枚目写真、前列左端には盲導犬が一緒にいます。ユーザーさんが琴の演奏者です。

大分県内で活躍の17頭の盲導犬たちは最前列で見学中でしたが、退屈したのか階段にアゴを乗せて後ろを振り返る一頭と目が合いました。
かわいい~~


続きを読む
[2008/09/14/Sun] | 犬との日々 | page top
試乗
軽自動車に積載した折りたたみ自転車

購入したものの、ロンの入院やらでそれどころではなかった小さな自転車、ドッペル君
ずっと、お座敷チャリでした。
本日、ようやくタイヤに空気も充填して、試乗。

軽自動車に乗せてみる。

後部座席を畳んで、はいドーゾ。

おーーーっ!折りたたまずとも、余裕です。ドッペル君が小さいのか、愛車ゼスト君が広々なのか、、、

しかし、このままでは車の走行にはちょい不安定なので、結局、折りたたみました。
う~ん、早く実用(山歩き後の移動手段)で使ってみたーーーい。
[2008/09/13/Sat] | 未分類 | page top
悪夢から1週間
バリケンのロン


苦しむロンの姿を見てるだけで、ただ祈ることしかできなかった、悪夢のあの日から1週間が過ぎました。
私が病院へかけつけた時は、「会える(会わせる)状態ではない」と言われ、面会さえ出来なかった。

先生からも、処置中で一刻も手が離せないというオーラが出ていて、その緊迫感でこちらも息がつまった。

意識は戻ったものの、このまま下半身マヒか?と思わせるような状態だったし、その時は覚悟もした。

ロンは、すごかった。
本当に奇跡的な回復力としか思えない。
1週間経過した現在は、外見的には以前と全く変わらず、元気に過ごしている。
肝機能の検査を数日後に受ける予定なので、その結果次第で今後のケアも変わってくるだろう。

写真は、バリケンでスフインクス座り(←我が家ではそう呼ぶ)なロン。
以下、いねむりスフインクス

続きを読む
[2008/09/12/Fri] | ロン | page top
反復横飛び



※注意!音が出ます(ボリューム調整してください)

無駄に元気なイヌ


本日のロン
散歩中、後ろ足を上げてワン(おしっこ)
昨日までは、足上げは体のバランスを保つのが難しいのか、ずっと「かがんでポーズ」だったので、男の子スタイル復活です。
[2008/09/10/Wed] | ティナ | page top
歩行確認
庭で歩行練習のロン



レンガに前足を乗せてカメラを見上げるロン



帰宅すると、ロンの散歩も終わっていたので歩行確認のために庭へ放つ。
(ロンPが芝刈り中)

昨日のような「つまずき」は散歩ではなかったよ、とロンPの報告。
オットをあまり信用してないツマなので、庭で無理やり歩かせる(苦笑)

おーーっ、軽やかやん。
スピードはないものの、違和感のない足取り。
日々、回復。
ロン、すごいぞ!

ご機嫌な笑顔は、実は芝刈り機が怖くて「早く部屋に入ろうよ」と直訴中(;^_^A
[2008/09/09/Tue] | ロン | page top
つまずく
犬ベッドにフセをするロンと、そばでフセをするティナ


自分が毒を吐いたことを反省してるのかしてないのか(←するわけない)養生中の兄貴に、お気に入りのぬいぐるみを持参してお見舞いしてる(?)ティナ。

農薬(有機リン系)を吐き、その毒を兄貴に盛った犯人扱いで、最近、我が家では『毒女』と呼ばれてる赤毛ちゃんです。
まぁ、これもロンが元気に復活したから言える冗談だけど・・・・




メッシュケイジで養生中のロン

食欲旺盛、快便、散歩意欲あり。
「生まれたての子馬」→「補助輪のはずれたばかりのコドモの自転車」ぐらいに、ロンの足取りは回復してるけど、歩く様子はまだまだゆっくりです。

一枚目写真にある犬用のベッドにあがろうとした際に、前足からガクガクとつまずき、アゴから着地。
散歩の帰りに、自宅の駐車スペース(凸凹なしのフラットな状態)でも同じくつまずく。

有機リン系中毒の後遺症のひとつとして、神経系の障害が残る可能性もあると、退院時に言われたので少し心配。
退院後まもないので、毒素がまだ抜けきれてないのかな。

表情は普段通りで、ご機嫌な様子なのがなにより。


[2008/09/08/Mon] | ロン | page top
ロン退院
犬ベッドで寝ているロン
 
病み上がりだけど、表情は割りといい
(↑左腕のハゲは点滴の跡)




昼前に血液検査の結果が出るというので、病院へ面会。
名前を呼ばれ、診察部屋へ行くと、リードにつながれてロンが自力で立って待っていました。

昨日の夕方の容態では、後ろ足に全く力が入らず、立ち上がれない状態だったのであまりの回復ぶりにビックリです。
本当に生命力のある子です。

元々、神経質なタイプなので、意識がハッキリ戻ったら不慣れな入院環境がかえってストレスになるであろうとの見解で退院となる。

自力で歩けど、その様子は「生まれたての子馬状態」で、ヨロヨロと危なげな足つき。

血液検査では、毒素(解毒)による肝臓へのダメージがあり、肝臓値が上昇してます。
内服薬で様子を観察することになりました。

入院中の投薬(点滴)の影響で、水をたくさん飲みたがるので、一度にたくさん飲むとむせたり吐いたりするので(中毒の影響で吐き気もある)その点を注意されたぐらいで、食事も普通に与えてよいとの事。

痙攣の発作はすっかりおさまってはいるが、何か体調の変化があれば、午後は休診だけど電話で連絡してくださいとの事(ありがたい)

自宅に帰ると、安心したのかこんな感じで寝てばかりです。
この3日でかなりの体力を消耗してるので当たり前。

それでも時々、上半身を起こしたりして表情もいい感じです。

トイレは自力排泄。排泄時に腰を落とした状態になると、下半身に力が入るせいで後ろ足がプルプルと震えます。この数日間で筋力も落ちた模様。


以下、今回の入院治療費。
続きを読む
[2008/09/07/Sun] | 犬の医療 | page top
ロンの有機リン系中毒
9月5日(金曜)
激しい痙攣発作にて入院
留守番部屋は、吐き戻した嘔吐物と脱糞。大量のヨダレ。
病院到着時は高熱にて全身を冷やしながらの治療。治療中にも大量の嘔吐と脱糞。
有機リン系(農薬)中毒かもしれないとの事。「危険な状態です」と言われる。

同日、夕方面会。
麻酔にて鎮静状態。
薬が切れると、痙攣発作が再発するらしい。
呼びかけには無反応、意識なし。小さくヒュンヒュンと鳴く。細かい四肢の震えあり。
引き続き、よくない状態。「何か急変があれば(電話)連絡します」との事。
「夜中でも大丈夫ですか?」と聞かれ、もちろん承諾。



9月6日(土曜)
朝10時、面会。
「峠は越しました」との事。
意識は混濁。目は開けて視線はこちらを見るが、私たちと認識できているかは不明。
うつろな状態。呼吸は少し荒い。
夕べの夜中からは、麻酔による鎮静はしてないとの説明。明け方、キュンキュンと鳴いたが発作はないらしい。
しかし、昨日の状態からかなりの回復。

同日、夕方面会。
寝ていたが、声をかけると起きてきた。
首を上げて、視線も確実にこちらを見ている。意識はハッキリしてる模様。
下半身(後ろ足)に力がまったく入らない。しかし、前足だけで近づいてきてケイジから出たがる。

劇的な回復!

なにより、意識が戻ったのが嬉しい。
先生が缶詰のフードを少量与えるとガツガツ完食。
ヨダレがまだ出るようだ。
明日の午前中に血液検査の予定。

以下、中毒原因と予想される覚書
続きを読む
[2008/09/06/Sat] | 犬の医療 | page top
16インチの相棒
折りたたみ自転車ドッペルギャンガー


縦走時の(下山後の)移動手段として、前から欲しかった折りたたみ自転車を購入。
車に積んで、山へ出掛けるのだ~~
続きを読む
[2008/09/03/Wed] | 山歩き | page top
ダブル
犬ベッドを重ねて使うロン


掃除するのにジャマだったので、犬用ベッド(←コストコ)を重ねて置いていたら、贅沢にダブル使い。

ロンには片方の後ろ足に狼爪がある。
最近、カットしてなかったので巻き巻き状態に、、、爪切りしたら案の定、嫌われました。

[2008/09/01/Mon] | ロン | page top
| ホーム |