きょうの一枚
エルモのアップ、アゴが白い
エルモ11才
飼い主もエルモもお気に入りの入浴剤、六一〇ハップが販売中止(製造中止)らしいですね。
かなり、淋しい。
以前、スポーツインストラクターをしていた知り合いに「筋肉痛にいいよ」と教えられて以来、山歩きの後、使用するとたしかに疲労回復に効くような気がしてました。
苦手な人も多いですが、私はあの独特の硫黄臭が大好きだった。

ラブラドールのエルモは5年ほど前にアカラスを患い、硫黄成分が効くらしいというので、六一〇ハップで薬浴させてました。
動物病院での治療と平行してたので、六一〇ハップが効いた!とは、断言できませんが、エルモには合っていたんだと思います。

製造再開してくれないかなぁ~。

↑のエルモは、情けな系で弱っちいオーラがただよい、実にエルモらしく撮れたと自我自賛。




片腕をお腹にかくしてフセをするティナ
ティナ6才
年中ハイテンション、無駄に元気な赤毛ちゃん。
それでも、年はとるものです。最近うっすらと鼻筋に白いものが、、、、年齢は増しても、まったくもって「落ち着き」というものがありません。
だって、アイリッシュセターなんだもん。



聞き耳をたてるロン
ロン12才
浴室から聞こえるシャワー音に聞き耳をたてる。
奇跡の復活犬なので、最近、多少お行儀が悪くても許されがち、、、(ダメ飼い主)
[2008/11/30/Sun] | 犬との日々 | page top
エルモ11才
11才になったエルモ、あごには白髪

エルモ11才の誕生日
顔も体も白髪でいっぱいになっちゃったけど、性格はいつまでもラブパピーなまま。
3頭の中でも一番、甘えん坊。



腹巻姿のエルモ

誕生日のプレゼントは、「腹巻」。黒地にELMO柄。
今年の1月に腰背部を痛め、椎間板ヘルニアか?と思われたが、一過性の腰痛でした。冬季の冷えも痛みの原因になるかもしれないので、用心のために、腹巻。
購入先は「しまむら」\1280



日なたに置いた椅子に丸くなるエルモ

最近のエルモらしい一枚。
冬になると、床を嫌がり(←寒いから)椅子派です。


[2008/11/26/Wed] | エルモ | page top
雨の休日
座布団にフセをするロン

プレステなロンPと、雨の苦手なイヌ。
[2008/11/24/Mon] | 犬との日々 | page top
山歩きの記録UP
棒ガムを食べるロン



山歩きの記録を地味ぃ~にUPしました。
左サイドバーのRon's Pageよりお立ち寄りください(^^)/

写真は、本文と関係なく、棒ガムを食べるロン
夢中です。
[2008/11/23/Sun] | 山歩き | page top
黄色コース
銀杏並木とティナ



マテが苦手なティナ、不安顔


本日の散歩は、黄色コース。

撮影のために、マテをかけて数歩下がる。
『マテ』が苦手な赤毛ちゃん。不安顔でジットリとカメラをにらむ・・・・苦笑。
[2008/11/22/Sat] | ティナ | page top
は~い!
予感するエルモ
あ、、あれですね?


もじもじするエルモ
準備、いいよ!


左手をハーイとあげるエルモ
「エルモちゃん、ハ~~イ!」


ご褒美を待つエルモ
ね?上手にできた?

[2008/11/21/Fri] | エルモ | page top
シシリアンライス
ご飯の上にサラダと牛肉の乗ったシシリアンライス

シシリアンライス
佐賀県のご当地メニューらしい。犬友たまちゃんのブログ「ばにびん日誌」にて紹介があったので、自己流で作ってみた。
基本は、暖かい白ご飯+サラダ+牛肉。仕上げにマヨネーズ(タルタルソースなど)だそうです。牛肉は細切りにしてヨシダソースのグルメのたれ(←コストコで購入)で味付けしてみました。
野菜はレタスにかいわれ大根。色が淋しいのでゆで卵をトッピング。

佐賀県民のたまちゃん、こんな感じでしょうか?

ロンPは、ご飯におかずが乗っかってるのが大好きな人なので、とても好評でした。
レタスはスプーンに乗る程度に小さくカットした方が食べやすいです。それと、牛肉はたっぷり目がよろしい。

[2008/11/20/Thu] | 未分類 | page top
週末の作品集
芸術の秋。
週末の我が家では、それぞれに作品が仕上がってました。


トイレットペーパーの芯をかじるエルモ
作品作りには魂を込め、念入りに仕上げます。



やり遂げた感のエルモ
まずまずの出来栄えに達成感がみなぎります。


割れた植木鉢とティナ
芸術は、バクハツだぁ。

割ってどーするっ!バカちん。
[2008/11/17/Mon] | 犬との日々 | page top
雲ケ岳(山ご飯編)
大展望台
お昼ご飯は、山頂より少し下がったところにある「大展望台」でいただきました。
ごらんのように、広いとは言いがたい場所なので、お弁当を広げるには他のハイカーが来ると邪魔になるので、気が引けます。
パパッと食べました。早メシな夫婦です(;^_^A


からあげ弁当と、海苔弁
■本日の山ご飯
からあげ弁当、海苔弁(by HottoMotto)、インスタント豚汁。
たまに食べると美味しいよね、ホカ弁(手抜きのいい訳・苦笑)

きりりとしたロンの横顔
飼い主がご飯食べていてもクールなロン。


口元に、、、
って、、いうのはウソ。
なんか、付いてますよ~。ロン兄ぃ。


下あごにゴハン粒をつけたままのロン
お弁当つけてドコいくの?
クレクレ光線に負けて、白ご飯ひとくちあげてしまいました。

途中の岩の上
帰りは、往路を戻りました。
登山道途中にある岩の上に登るロン


岩の上から覗くロン
ニヤニヤして、余裕だなぁ~



岩の上を飛ぶロン
って、、、飛ぶ?!
年寄りの冷や水はやめてくれ~!アンタ、12才の爺さん犬よっ!


登山口にある鳥居
シニア犬、無事に下山。鳥居のある登山口です。


駐車スペース
駐車スペースは、広くありません。マナー厳守です。
[2008/11/16/Sun] | 山歩き | page top
雲ケ岳(往路編)
大分県杵築市山香町にある「雲ケ岳」へ登りました。
地元、地方新聞に雲ケ岳への登山道が整備されているという記事は何度か目にしていたので、気になっていた里山です。
新聞記事の通り、地元の方々の手によってでしょう。とても綺麗に整備されており、登りやすかった。
里山だと思い、ちょっとナメてました。意外と登り甲斐のある山で、いつも登っている「くじゅう」以上に汗をかきました。

山道から見た由布岳
登山道途中で見えた由布岳。
ちょっとかすんでいたのが残念。


中展望台の露岩
中展望台
のどかな田舎の田園風景が眼下に見えます。


東弘法さま
東弘法さま
切り出したような岩肌の奥に弘法様がお祭りされてます(西弘法さまもあります)


指示板
標識類
上記の弘法様や展望台への進路、また100m間隔で指示板があります。親切です。
初めてのコースでしたが、案内標識もたくさんあり、迷うことはなさそうです。


雲ケ岳山頂標識とロン
雲ケ岳654m
地元の方々の力の入れようがわかるような立派な山頂標識です。
三角点の解説板もあり、今更ながら「三角点、ほほぉ~」て感じで勉強になりました。
山頂は、木々が高く展望なし。丸太でつくった簡易なベンチがありました。一息つくにはありがたい。


笑顔のロン
肝臓値が思わしくなかったので、山はお休みしてましたが、久しぶりの山歩きでウッキウキのロンです。
体調がいいので、まずは里山から足慣らしだよ~ん。


枯葉の登山道を歩くロン
山頂から見晴らしのよかった大展望台まで引き返して、お昼ご飯にしました。
山ゴハン編は、後日に続きます。


[2008/11/15/Sat] | 山歩き | page top
ティナの首輪
オレンジ色の首輪をつけるティナ



オレンジ色に白い花模様の首輪



赤毛色に似合っている首輪です

手作りで犬の首輪を作成している犬友より首輪が届く。彼女はアメリカでバードドッグ レスキューというグループのボランティアをしている。
首輪の売り上げは保護犬たちへの援助に当てられる。
彼女の薦めで色はオレンジ色にしてみたが、大正解!赤毛色によく似合います。

首輪の注文先は Y's K9 Collectionです
[2008/11/13/Thu] | 犬グッズ色々 | page top
秋の新作
スヌードをかぶったティナ



不満そうな表情のティナ


秋の新作スヌード
素材:100均日本てぬぐい。

和柄は好みじゃないのか?なぜか不満そう、、、






動画は、無音。
タオルをうばいあうエルモとティナ。
いつものように、エルモ劣勢です。
[2008/11/09/Sun] | 犬との日々 | page top
アツアツ
たこ焼きセット



出来立てのたこ焼き



雨だし、金欠だし、、、
そんなワケで
オデカケせずに、自宅でたこ焼きぱーちー



見上げるロン

出来立てアツアツのたこ焼き以上に熱い視線
くれくれビームを発し続けるイヌ

底なしと言われるラブラドールの食欲以上に、食に関しては貪欲な12才、シニア犬。



[2008/11/08/Sat] | 未分類 | page top
坊ガツル~復路編~
ピンク色のマユミ越しの三俣山
たっぷり昼寝もして、山のパワーを充電して下山します。
珊瑚色のような優しい色合いのマユミがありました。我が家の庭にも小さなマユミがありますが、まだ実がついてません(丸い部分は花かな?実でしょうか?)


枯葉の登山道を走るティナ
復路は、大船林道には戻らず、滝に寄り道するために山の中の登山道を歩きます。
枯葉の積もった登山道も感じがいいものです。



暮雨の滝
暮雨の滝(くらぞめのたき)
滝までの短い下りは、滑りやすい上に足場が悪いので、注意が必要です。
滝の周辺も、すっかり紅葉は終ってました。


枯葉の水面
暖かい九州地方ですが、くじゅうはそんな温暖な大分県でも寒さが厳しく、この滝も真冬には凍結します。冬山を歩かない我が家なので、実際には目にしたことがないのですが、冬の滝も素晴らしいでしょうね。

登山道の山野草

ハガクレツリフネ
日当たりのいい坊ガツルではリンドウもまだまだ元気に咲いてましたが、森の中では可憐な山野草が楽しませてくれます。


急坂の登山道
吉部~坊ガツルまでは、さほど難路箇所はありませんが、吉部登山口近くのこの木の根の階段は急峻で登りは辛い。
下りも、木の根に足をとられないように気をつけて歩きます。


木の根っこの階段

下からみたらこんな感じ、、、、

耳についた草の種を取るロンP

無事、登山口へ戻りました。
貧毛だけど、耳や足の飾り毛にたくさんのお土産(草の実やタネ、落ち葉など)をつけての下山です。
短毛質の犬とは違い、細い毛がからむと後のケアが大変なんです(T_T)
ロンP、グルーミング中(笑)


帰りの車の中も元気で、ずっとハイテンションだった赤毛ちゃん。
しかし、家に戻るととたんにお疲れモードに、、、、山歩きのセンスは、まだまだロン兄貴の足元には及びませんが、また一緒に歩きましょう。


[2008/11/03/Mon] | 山歩き | page top
坊ガツル~山ご飯編~
団子汁用の生地
■本日の山ご飯
『だんご汁』
大分県の郷土料理です。写真は、ラップでくるんだ生地(昨夜仕込んで冷蔵庫で一晩寝かせてました)
主な具材は、豚汁ミックス(冷凍)を使用。シメジと「だんご汁」にはかかせないカボチャは生を持参。
お味噌は、インスタントの味噌汁用。

ちぎった生地を入れる
生地は、食べやすい大きさにちぎって、手で伸ばして入れます。きしめんの様に細長く伸ばした形でだんごを作る所ももあるようです。


完成した団子汁
できたよ~
おにぎりと、食後のデザートはミカンだよ~ん。

山荘前の屋外テラス
山荘前にある屋外テラスでいただきます。

山荘手前に広がる坊ガツル湿原
昼寝場所を求め、湿原の中にあるキャンプサイトへ向かいます。

飛行機雲を見上げるロンP
飛行機雲を見上げるロンP。
秋晴れの空が青い。

キャンプ場から大船山方面
キャンプサイトには、ポツポツとテントが設営されており、お弁当を広げてくつろぐ家族連れや、小人数の団体さんなど、紅葉シーズンが終ってもそれなりに賑わってます。


昼寝をした場所。三俣山を枕に、、、
三俣山を枕に、ここでぐっすり1時間ほど昼寝。
いや~、今回はホントよく寝ました。

復路編は、後日に続きます。
[2008/11/02/Sun] | 山歩き | page top
坊ガツル~往路編~
吉部駐車場

■本日のコース
(往路)吉部登山口~大船林道~坊ガツル
(復路)坊ガツル~暮雨の滝コース~吉部登山口

くじゅうの山の紅葉はどうやら終わりらしいという、インターネットの情報。
暮雨の滝や坊ガツルの鳴子橋のあたりならまだ(紅葉が)残ってるだろうかと思い、坊ガツルまでのんびりトレッキング。
本日のお供も、前回の三俣山に続き、赤毛のティナです。

まずは、吉部にある暮雨茶屋の駐車場からスタートです(駐車料金\1000)
往路は。登山ボックスのある登山口を通り過ぎ、大船林道ゲートをくぐってラクチンコースを行きます。

登山道のティナ背後に少しだけ赤いモミジ
林道を少し歩いた後、「坊ガツル」の指示板に従い、山の中の登山道へ。
しばらく山道を歩くと、再び大船林道と合流します。



大船林道

坊ガツルまで、のんびりと落ち葉の大船林道が続きます。

路面一面の落ち葉と赤毛ちゃん
落ち葉の絨毯と赤毛。


紅葉の落ち葉を頭につけたティナ
落ちていたモミジの葉っぱをおデコに。

林道の様子

大船山の紅葉が終ったせいか、歩くハイカーもほとんど見かけない。

橋の欄干に前足をのせ、川底を覗くティナ

同じく、犬連れのご夫妻と前後しながら、貸切状態の大船林道を歩き、長者原からのコースと合流する鳴子橋までやってきた。
少し期待していた橋の周辺の紅葉は、案の定終っていた。まぁ、いい。落ち葉の季節の林道をのんびり歩くのも目的のひとつだったし、、、、ティナがもう少し上手に山歩き出来るようになれば言うコトないんだが、センスがないのか、セターってこういうイヌだと諦めるしかないのか。

川底を覗くティナ、、、用心深いロンだとこんなコトはしない(苦笑)

落葉した川の風景。紅葉は終っていた。
冬枯れ状態の風景。紅葉してるとココは本当に綺麗なんだけど。

川の飛び石を渡るティナ
坊ガツル湿原の中を横切るコースで法華院山荘へ向かう。川にあるコンクリートの飛び石。
水の苦手なティナ、うまく渡れるかな?

坊ガツルの木道にたつティナ。背後は三俣山
坊ガツル湿原の木道にて、バックは三俣山。

法華院山荘の看板とティナ
休息場所の山荘に到着。

山ご飯編は後日に続く・・・・


[2008/11/01/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |