雨の朝は・・・・
バリケンの中で寝ているティナ

飼い主が仕事のある平日と、お休みの週末の曜日をなぜか理解している犬たち。
出勤時は悲しいくらい「しらんぷり」されてます。

雨の日の朝なんて、バリケンから出てもきません。
あぁ、早く梅雨明けしないかなぁ。
[2010/06/30/Wed] | ティナ | page top
ナイーブちゃん
上目使いのティナの横顔

赤い弾丸と呼ばれている(苦笑)爆裂犬の赤毛ちゃんですが、、、、
雨が苦手です。

雨で濡れた庭の芝生(←雑草地帯と言うのが正しい)が嫌いです。
よって、この季節。庭トイレに苦労します。

おだてて、なだめて、ほめて、そそのかして(笑)

普段の行いとは違って、意外とナイーブちゃんな赤毛のティナです。
[2010/06/26/Sat] | ティナ | page top
紫陽花
アジサイとロン



ガクアジサイ



青いあじさいの花



神社への参道脇に咲く紫陽花



14才のロン、いつもと違う散歩コースで楽しそう



小さな神社の境内



車道脇に咲くアジサイを見ながら散歩



ピンク色のアジサイとロン


先日の土曜日の夕方、ロンと紫陽花散歩
市内にある小さな神社です。ブルー系の紫陽花が多かったけど、ジメジメの季節には爽やかで、ロンもいつもとは違う散歩コースを楽しそうに歩いてました。

[2010/06/21/Mon] | ロン | page top
巣作りの結果・・・・
破れたシーツと赤毛のティナ

朝、起きたらベッドのシーツがビリビリに引き裂かれてました。
もちろん、犯人(犬)は赤毛ちゃん。

眠くなると『巣作り』(前足でガリガリ掘る仕草)のクセがあるティナ。どうやら夜中にガリガリした模様。
一緒に寝ていて気がつかないロンPも、ロンPだけど・・・やれやれ。

以下、父の日のプレゼント
手作りうちわ
続きを読む
[2010/06/20/Sun] | 未分類 | page top
いつものギュッと・・・・
病院のドッグラン施設


赤毛のティナ
動物病院のドッグラン施設


最近、またお尻を気にし始めたので、ティナの肛門腺処置のために動物病院受診。
ほぼ3ケ月に1回の割合で搾ってもらっている。これは、大型犬種として頻度が高いのか?低いのか?
病院のドッグランで順番待ちをしていたが、車中にいるロンPが気になってしかないテナ子。
フェンスに張り付いてばかりでちっとも走ってくれません。せっかくのランなのに・・・

以下、覚書。
続きを読む
[2010/06/19/Sat] | 犬の医療 | page top
ミヤマキリシマ登山(下山編)
2010年06月12日 ミヤマキリシマ鑑賞登山の続きです。

ガスのかかる久住山をバックにティナ
避難小屋広場から久住山
避難小屋の広場まで降りてきました。ここで小休憩。ガスがとぎれるタイミングをはかってシャッターを切ったつもりが、この通りです(苦笑)


避難小屋広場から星生崎
星生崎を見上げる。



くじゅう分れ
くじゅう分れ
天気がよければ、このまま進んで御池から中岳に登りたい所ですが、今日は北千里浜へ降り下山します。


ゴリラの横顔に見える岩
くじゅう分れを下ると、すがもり越えまでは歩きやすいフラットな北千里浜です。ロンPが「この岩、ゴリラの横顔に見えるよなぁ」と言います。


ゴリラ顔?
唇を突き出しているゴリラだそうです。スガモリから法華院山荘へ向かう道中にもゴリラ岩があったはすです。


白い砂礫にケルンが続く北千里ケ浜
北千里浜
一面のガスで視界もよくありません。


すがもり越え取り付き
スガモリ小屋への取り付き
ガスの中、黄色のペンキが見えてきました。ガレ場を登りきれば、スガモリ小屋です。


石積みのすがもり避難小屋
スガモリ避難小屋
ガスは、ミストから小粒になり、いまにも雨に変りそうな天候です。大勢のハイカーがレインスーツに着替えてました。



すがもりのガレ場
ペンキマークの続くガレ場


硫黄山直下の砂防ダム、巨石が堆積
硫黄山直下の砂防ダム
来るたびに、巨石の堆積が増えているような気がします。


ティナを抱いてハシゴを下るロンP
難所(?)のハシゴ場



大曲登山口
大曲登山口
無事下山。後半はガスで景色がいまいちだったけど、星生新道のミヤマキリシマはよく咲いており、十分楽しめた。
ティナもお疲れ様!
[2010/06/15/Tue] | 山歩き | page top
ミヤマキリシマ登山(山ご飯編)
2010年06月12日 ミヤマキリシマ鑑賞登山の続きです。


サンドイッチとヤキソバパン
本日の山ご飯は、サンドイッチとやきそばパン。
前日の買い物でサンドイッチ用の薄切り食パンが売り切れで入手できなかったので、耳まで柔らかいという6枚切りで強引に作ってみました。卵も大盛りです。もちろん、やきそばパンに紅ショウガのトッピングも忘れてません。



やきそばパンをねらうティナ
晴れたり、ガスったりと忙しい西千里浜を眺めながらいただきま~す。


疲れて昼寝のティナ
食後は、昼寝で体力回復に努めますが、私は寒くて寝てられませんでした。


肥前ケ城から西千里方面、今年の様子開花はまだ
休憩場所から西千里浜方面。今年の様子。


肥前ケ城から西千里方面、二年前の様子、満開
ほぼ同じアングルで、二年前の様子。開花が送れ気味なのがよくわかる。


蕾の多いミヤマキリシマの株
登山道に咲くミヤマキリシマ。まだ蕾が多い。
このまま昼寝をしてると風邪をひきそうなのでロンPを起こして、天候が崩れないうちに下山することにする。

レポは続く。



[2010/06/14/Mon] | 山歩き | page top
ミヤマキリシマ登山(扇ケ鼻~肥前ケ城)
2010年06月12日 ミヤマキリシマ鑑賞登山の続きです。

風が強いので(おまけにガス)星生山の岩尾根歩きはムリせず、花の咲き具合が気になる扇ケ鼻へ向かいます。
扇ケ鼻遠景



ガスで視界の悪い扇ケ鼻山頂
扇ケ鼻山頂
全体的に開花は、まだまだで、蕾が多い。山頂は星生山同様、強風で山頂の乾いた砂がジャリジャリと舞う。
ガスも相変わらずで、山頂付近は真っ白。


扇ケ鼻より岩井川岳方面
扇ケ鼻より岩井川岳方面
瀬の本のレストハウスの赤い屋根もガスの合間に見え隠れ・・・


ガスのかかる登山道
花付きも視界も悪いので、お昼ご飯の場所を求めて「肥前ケ城」へ移動する。



ロープで植生保護された登山道
天気のせいか?ティナの表情もいまいち?


青空の下、新緑の映える星生山
西千里浜へ降りて、小休憩していたらさっきまでのガスがウソのように晴れてピーカン!


ティナの横顔
青空が気持ちいいね。


西千里浜
西千里浜より扇ケ鼻方面
登山道斜面の開花は6~7割だろうか。


肥前ケ城への登山道、背後の久住山はガスで見えない
肥前ケ城へ取り付く。背後はガスに隠れる久住山。


肥前ケ城山頂のティナ、強風に吹かれている
肥前ケ城
ここは、登ってくるハイカーも少ないのでほぼ貸切。くじゅう連山ではマイナーピークだが我が家は気に入っている。
山ご飯とお昼の休憩はここで済ませました。

レポは後日に続く。
[2010/06/13/Sun] | 山歩き | page top
ミヤマキリシマ登山(星生新道編)
本日のコース
大曲新道入り口~星生山~扇ケ鼻~肥前ケ城~久住分れ~すがもり小屋~大曲登山口

例年より遅れているくじゅうのミヤマキリシマも晴れの日の多かった今週は見頃だろうと思い、ここ数年お気に入りの星生新道コースを歩く。
乳頭岩付近は8分咲きといったところだろうか?昨年に比べ、多少ものたりないものの害虫被害もほぼゼロで、お花畑を満喫。
出だしは良かったものの、星生山頂では突風に吹かれ、久住山方面はガス模様。
結局、どのピークもガスで曇ったり晴れたりの繰り返し、予報では午後から崩れるとのことだったので、あまり長居をせずに、下山しました。北千里浜ではかなりの濃霧で、ちょっとドキドキしました。(昔、大学生の遭難事故があった場所)


ミヤマキリシマの咲く登山道
星生新道は、最初の登りはじめの急峻が辛くて、いつも「きつい、きつい」と泣き言ですが、この季節はお花畑が待っていると思うと頑張れました。


ミヤマキリシマの花畑
ミヤマキリシマの花畑


ミヤマキリシマとティナ
気温が低めで、ティナも快調快足!


遠くに泉水山稜線の登山道
泉水山の稜線がよく見える。ティナとも何度も登ったね。


乳頭岩より星生北面
斜面を染めるピンクの絨毯。よく咲いてるけど昨年のほうが感動が大きかったかなぁ~。


ミヤマキリシマの咲く乳頭岩全景
乳頭岩全景
もちろん登りました。私とティナで、、、、ロンPは高い所苦手なのでパス!


乳頭岩付近
親バカながら、かわいい。こうやって静止画像を見てると、植木鉢割ったり、ゴミ箱からトウモロコシの芯を拾って食べたりする犬とは思えないでしょう・・・そんな赤毛ちゃんの悪事を忘れさせてくれる「くじゅうの山」よ、ありがとう(笑)


ミヤマキリシマ越しに三俣山、ガスでかくれる
登山道から見える三俣山は始終、ガスにかくれてました。


青空の下の乳頭岩遠景
長者原方面遠景。今日は由布岳は見えませんでした。


かたい蕾のミヤマキリシマの株
まだまだ固い蕾の株も多い。


ほころんできた蕾のミヤマキリシマの株
こちらは、もう少しで咲きそう♪
こんな感じで、まだ蕾の株も多いですよ。


強風の星生山山頂、ティナも風にびっくり
半袖Tシャツでグングン登った星生新道も、山頂に着くとあまりの強風で、まともに立ってられないほど。
寒くて二人とも上着をはおりました。
ティナの飾り毛の乱れよりも、自分の頭ボーボーを気にしろよ!(苦笑)帽子はかぶってられないほどの突風でした。

レポは続く。
[2010/06/12/Sat] | 山歩き | page top
その手
片手をアゴの下に添えて寝ているロン



ロンの顔アップ


えらしぃ~~
[2010/06/11/Fri] | ロン | page top
プレミアカラー
プレミアカラー
ロンPが、ティナの山用には少し長めのリードがいいと言うので、くたびれてきた普段使い用にプレミアカラーも新調。
オデカケ用(?)にかわいい系の首輪も少しだけ持ってるけど、普段使いにはこのハーフチョークのプレミアカラーをずっと愛用している。
左からクランベリー(リード180cm)、アイスブルー、ネイビー、ダスティローズ
初色は、アイスブルー。他は以前にも購入済みのリピート品。


エルモと新調した首輪
プレミアカラーだとサイズの調整がきくので、3頭同じサイズでok!エルモとティナはよく共有してます。
アイスブルーはエルモ用だよ~ん。きっと似合うよ♪


購入先:アライドックスクール
[2010/06/10/Thu] | 犬グッズ色々 | page top
みどり
コンテナ植えのキュウリとロン
コンテナ植えのキュウリも順調に生育中


庭を歩くロン
そして、庭のミドリも増殖中。もう、恥ずかしくて芝生とは言えない、雑草庭(T_T)
いーの、いーの。
ロンがご機嫌ならば・・・・


きゅうりベイベ~
キュウリらしくなってきた。
[2010/06/08/Tue] | ロン | page top
福万山(山ご飯)
山ご飯は冷やし中華
今回の山ご飯は、冷やし中華です。
山頂はスペースと日陰がなかったので、下山してから駐車していたスポーツセンターのグラウンド脇の木陰でいただきました。



タッパーに入った具材
具材は、麺とは別容器(タッパー)につめて持参しました。


プリンとカップゼリー
食後のデザートは、プッチンプリンとカップゼリー。保冷材がきいて冷えひえです。


ベンチの脇でフセをするティナ
木陰のベンチは、風が通り、とても涼しくて快適でした。


ウトウトするティナ
ティナも少しお昼寝です。



舌を出しているティナの顔アップ
ティナの快眠度数は、舌の出方でわかります(笑)


狭霧台展望台から見た福万山方面
狭霧台展望台より福万山遠景
帰りに由布岳登山口と通過すると、多くの路駐車両がありました。由布岳もミヤマキリシマが見頃で賑わってるのかな。


狭霧台展望台より由布岳

狭霧台展望台より由布岳
[2010/06/07/Mon] | 山歩き | page top
福万山(復路)
福万山三角点
石柱の三角点
福万山は二等三角点でした。


分岐点
登りルートとの分岐
山頂から往路を少し戻ると、陸軍所轄地と刻印のある石柱がある分岐点です。展望のいい尾根沿いを下ります。


石柱
分岐ポイントにある石柱


カヤとスズタケの登山道
眼下にゴルフ場を眺めながらの下りは、予想以上に急峻です。今回は晴天で大丈夫でしたが、雨や雪など天候のコンデション次第で滑りそうです。


ゴルフ場付近の舗装道
登山道からいったん、舗装道へ飛び出ます。このまま道なりに大手企業の保養施設を左右に見ながら、だらだらと下ります。


登山道への取り付きポイント
そして、またまた山の中へ、、、
車道沿いにオリエンテーリングの案内板があります。ここから再び山中の登山道です。


標識のアップ
オリエンテーリングの標識


山林への入り口
取り付きはこんな感じ。踏み跡があるのでわかります。


道路沿いからみた由布岳
途中の車道沿いから見た由布岳
登山道は、一度小さな沢を渡り、テンポよく最初に取り付いた第一登山口へ戻ります。
駐車したスポーツセンターに戻り、昼食にしました。

[2010/06/06/Sun] | 山歩き | page top
福万山(往路)
スポーツセンター駐車場
由布市/湯布院スポーツセンター駐車場

くじゅう方面のミヤマキリシマは例年に比べ、開花が遅れているようなので標高の低いミヤマ狙いで由布院の福万山(ふくまやま)に出かけました。
湯布院スポーツセンターの駐車場を利用します(有料¥300)センターの受付にある券売機で駐車券を購入するシステムのようです。

舗装道にある登山口への案内板
スポーツセンターからは、登山口まで舗装道をしばらく歩きます。



草原の中の登山道
舗装道終点が第一登山口。第二登山口の変電所ポイントまでは、ユムタ高原をゆるゆると登ります。木陰のない一本道を張り切りすぎのティナ。ちょっと暑かったみたい。


登山道脇にある標識
所々にある標識。登りのスポーツセンター~第二登山口までは、とにかく一本道なので、迷うことはないでしょう。


変電施設
第二登山口


杉林を歩く
金網で囲まれた小さな変電施設のある場所が、第二登山口。ここからは、植樹帯の中なので、展望はないものの木陰がありがたい。


明るい樹林帯
登山道は、杉林から次第に自然林へと変っていき、高度を少しづつ上げていく。


登山道から見える日出生台演習場
新緑の中を抜けると展望のよい稜線が続く。振り返ると広大な日出生台演習場。時折聞こえるドカン!ドカン!はロンP曰く、りゅう弾砲らしい。


ミヤマキリシマが点在する登山道
山頂まで続く稜線には、ミヤマキリシマが点在。予想通り、こちらはいい具合に咲いている。



小ピークが続く登山道
くじゅうの絨毯ほど密集して咲いているわけではないけど、山頂までの尾根歩きを十分楽しませてくれました。
右手奥に見えるのは由布岳。


ミヤマキリシマ
満開のミヤマキリシマ


薄ピンクのミヤマキリシマ
少し薄い色も優しくて可愛い。


福万山山頂のティナ
小さなピークを何度か越えると、福万山山頂。
山頂の展望がいいが、それほど広くない。ティナを休ませる木陰もないので、お弁当は下山してからにしました。


由布岳遠景
福万山山頂より、由布岳遠景。

下山編と山ご飯編は後日へ続く。
[2010/06/05/Sat] | 山歩き | page top
シュワッ!
ゆずジャムの入った炭酸水

Talking Rain/スパークリングウォーター 
コストコで購入の炭酸水。

いただきものの「ゆずジャム」を入れてみました。
ロンPが昨年作った梅酒が飲み頃のはずなので、これで割って飲んでもいいかも~。

[2010/06/04/Fri] | 未分類 | page top
フィッシュオイル
フィッシュオイルサプリメント
続・アマゾンからのお届け物
フィッシュオイルサプリメント

ロンの痴呆予防に購入。
夜中の室内散歩(徘徊ともいう?苦笑)が日課となっている14才のロン。
庭でのトイレにつきあって、「まだ夜だからネンネだよ~」と寝床に連れていくと落ち着いてくれるので、まだ症状は軽い方だと思われる。
しかし、耳はすっかり遠くなってしまった。
[2010/06/01/Tue] | 犬の医療 | page top
| ホーム |