くじゅう・池の小屋(単独)
<本日のコース>
牧の戸登山口---池の小屋(往復)

少し前におニューの登山靴を調達していたが、ロンの病理結果が出ないうちは、なんだか気が晴れず山へ足が向かなかった。
昨日、その結果もわかり、安心して靴慣らしのくじゅうハイク。
残暑の厳しい大分県。ここは、諸先輩を真似て朝駆け登山といこう!
真っ暗な自宅を出て(今日も単独)それでも登山口へ着いたのは、早朝4:30。中岳で日の出を、、ともくろんでいたが、間に合いそうにない。
まぁ、今回は靴慣らしが目的なので、午前中に下山できればいい。
ライト片手に、星のまたたくコンクリート道をゆっくり上がる。
東屋の展望台を経て、ベンチのある沓掛展望台。もうその頃には、『きょうも、ガスか・・・』と半ば、諦める。

先日登った久住山もガスでひどかったが、今日も池の小屋へ駆け込むまでは、ずっとミストの海の中だった。


ガスのかかる登山道
日の出時刻を過ぎ、明るくなり始めた登山道。ライトは必要なくなったが、ガスで視界は悪い。


ガスのむこうに輪郭だけ見える星生崎
星生崎も輪郭しか見えず・・・・


久住避難小屋広場
久住避難小屋前には、テントが張ってあった。小屋には寄らず、とりあえず御池まで行ってみてから、その先は考えよう。


池の小屋
池の小屋
くじゅう分かれを過ぎると、猛烈な風でこのまま引き返そうかと、少々ゆらいだが、とりあえず御池だ。
御池を見れば気が済むと思い(←この辺から、靴慣らしなので無理せず、、は忘れている・苦笑)池に辿り着いたものの、もちろん、池はガスに飲み込まれて見えはしない。
わかっていたのに、我ながら呆れる。
が、、、そんな場合じゃない。風がとにかくすごいのなんのって・・・・
池の小屋が修復されて利用可能になっていたのは、前回の山歩きでも確認済みなので、ひとまず避難。
石造りの避難小屋には、先客の先輩ハイカーが数人。和やかで愉快な雰囲気から山仲間パーティーかと思ったが、なんと皆さん、それぞれに単独ハイカーであった。

そのうちのお一人が、くじゅうでは有名な「九重の四季」の木下さんと気付いたのは、小屋を出る頃だった。

小屋メンバーで女性ハイカーは私ともう一人(←むぎわらちゃんとあだ名を命名、素敵な麦わら帽子持参だったから)
むぎわらちゃんは、池の小屋上に再法要された(遭難)慰霊碑を見学したいという。
木下さんが案内役になってくださるというので、厚かましくも同行をお願いする。
結局、ここから牧の戸登山口の下山まで、5人で行動する結果となった。



一瞬ガスの晴れた星生崎
ガスが瞬間的に晴れた星生崎


星生崎では、ガスの流れを皆で歓喜し、白い虹を見た。また、道中ずっと登山道に咲く花の解説を木下先生がご教授くださり、本当にお世話になりました。
普段は、夫婦か単独でグループ登山をしたことがない私には、今回の山の先輩方々との下山道中はとても有意義で楽しく、新たな山の楽しみの発見となりました。

池の小屋の愉快な仲間たちの皆さま。どうもありがとうございました。


ワレモコウ
ワレモコウ

マツムシソウ
マツムシソウ

長者原よりガスのかかる三俣山方面
下山後、長者原から三俣山方面。三俣山は厚いガスの中。指山が見える程度。


つよい子のビスコ
山おやつ/ビスコ
[2010/08/29/Sun] | 山歩き | page top
病理組織検査結果
病理検査報告書

先日、切除したロンの歯肉腫(疑)の病理組織検査の結果が出ました。
上記がその報告書です。
結果的には、(悪性の)心配はなく、そもそも歯肉腫でもなかったようです。乱暴にザックリ言うとタチの悪い口内炎のようです。
悪性への変異性もないとのことで、安心しました。

[2010/08/28/Sat] | 犬の医療 | page top
戦うエルモ
キッチンペーパーの芯で遊ぶエルモ
コイツを・・・・

キッチンペーパーの芯で遊ぶエルモ
前足でガッチリ押さえこんで・・・・

キッチンペーパーの芯で遊ぶエルモ
こーして・・・・

キッチンペーパーの芯を前足で押さえるエルモ
どだ!

やり遂げた感のエルモ
まいったか!


キッチンペーパーの芯で遊ぶエルモ。
このあと
てな子にせっかくの「獲物」をカツアゲされました。

[2010/08/26/Thu] | エルモ | page top
頭突き
テーブルの脚に頭をくっつけて眠るロン

よく壁とかに頭をギュッとくっけて寝てることがあるんですが、今日はテーブルの脚に頭突いてました(苦笑)
[2010/08/21/Sat] | ロン | page top
術後の様子
笑顔のロン
本日、夕方の散歩でのロン。ニッコニコでご機嫌さんです。
昨日の術後は、麻酔の影響でウトウト状態だったロン。今朝は、抗生剤の内服薬だけをフードからより分け残してしまいました(困)
病院から処方される錠剤でも、難なく食べるものと、頑なに残す物があります。どうも、抗生剤はいつもペッと出してしまいます。なんでかな~。


ロン、エルモ、ティナの3ショット
久しぶりに一家全員でお散歩です。


実りはじめた田んぼの中の散歩道を歩く3頭の後ろ姿
田んぼの中の散歩道
ご近所では、すでに稲刈りの田んぼも、、、、


田んぼコースの散歩道のロン
14才、町内一のお達者犬?

※昨日の日記に手術費用を追記しました。
[2010/08/10/Tue] | ロン | page top
歯肉切除
午後から手術
手術前の血液検査、心電図にも問題なし。
麻酔のついでに歯石除去もお願いする。

病院待合室でのロン


病院カウンター前のロン、後ろ姿


待合室のロン
手術前、病院待合室でのロン




術後でまだ寝ているロン
術後、まだ麻酔が残っているロン。なかなか起きません。


タオルを枕にしたロン
よくがんばりました!


(追記)以下、医療費覚書
続きを読む
[2010/08/09/Mon] | 犬の医療 | page top
歯肉腫(疑)
ロンの歯茎(右下奥・外側)に数ミリのデキモノを見つけ、受診。
診断は、見た目はエプリス(歯肉腫)のようだが、病理組織検査をしてみないとハッキリしたことはわからない。
エプリスは良性腫瘍だが、メラノーマ(悪性黒色腫)である疑いもぬぐいきれない。

エプリスであれば、あわてて切除する必要もないらしいが、将来的に肥大化する可能性があり患部の場所によっては、他の歯(ロンの場合だと、噛み合わせで上の歯)にあたって刺激する恐れもある。
なにより、口腔内なので食べ物を噛んだり、飲み込んだりすることに影響が出てくるかもしれない。

このまま様子を見るか、あるいは腫瘍が小さい今のうちに切除するか、、、
14才という年齢と体力。もちろん手術は全身麻酔。

最近では、半ボケか?と思わせるような行動もあり、ロンの残りの時間を思うを「食べること」が唯一の楽しみの今、この状態を維持させたい。

そんな訳で、月曜日に切除手術になりました。

<本日の医療費>
再診料 \530
[2010/08/07/Sat] | 犬の医療 | page top
待ち伏せるオンナ
網戸の窓越しに敷地外を見張るティナの後ろ姿

ご近所のお散歩犬を警戒中(;^_^A
目の前(と、いっても空き地を挟んで向こうの道路)を通過するタイミングでワンワン吠えまくり。
勢いあまって、よく左下のボウル(水容器)を倒して怒られる赤毛ちゃんです。
[2010/08/05/Thu] | ティナ | page top
割り込むオンナ
カメラ目線の黒ラブ、エルモ
黒ラブ・エルモは12才。
白髪で真っ白だけど、心は永遠のパピー。
「えりゅもは、いつもカワイイねぇ~」とイチャイチャしてたら、割り込んでくる赤毛ちゃん。



エルモの隣に割り込み大あくびのティナ
えりゅも、束の間の一人っ子タイムを奪われる。
[2010/08/04/Wed] | 犬との日々 | page top
久住山(山ご飯)
2010年08月01日(日)の山レポ「山ご飯編」です。

牧の戸登山口
牧の戸登山口
途中、ぬかるみに足をとられながらも無事下山。
登山口で、さきほど避難小屋で一緒だった元気な山ガールちゃんと再会。仮設売店前のベンチでまたおしゃべり。山ガールちゃんは、お腹ペコペコだと売店で購入した肉まんにかじりつく。実においしそうに食べる。
密かに『腹ペコちゃん』と命名(もちろん、彼女には言わない・笑)
我が家と同じく、くじゅう中心に登っているという。「また、どこかの山でお会いしましょう」と別れる。


別府冷麺(ローソン)
本日の山ご飯
ローソンで購入した別府冷麺
腹ペコちゃんの影響ではないが、にわかにお腹が減ってきた。山で食べそこなったコンビニ冷麺を車の中で食べました。


別府冷麺、具材トッピング
具材をトッピング
麺のコシが”いまひとつ”だけど、コンビニ冷麺にしてはなかなか美味しい。スープも薄味でいける。これなら山で飲みほしてもそんなに喉がかわかないかも。(塩分補給にちょうどいいか?)


ホテル花山酔の湯上り処
湯上り処、休憩スペース。
下山後のお風呂は九重西鉄ホテル「花山酔」を利用。入浴料\500
ホテルの二階にあるお風呂の隣には、休息スペースもある。


窓から見える三俣山
窓から見える三俣山
[2010/08/02/Mon] | 山歩き | page top
久住山(単独)
【コース】
牧の戸登山口~久住わかれ避難小屋~久住山(ピストン)

ひとり歩きなので、無難な牧の戸コースを歩く。
登山口に着くと、下界とは違ってガスであたり一面ミルク色。さて、どうしよう・・・・

ガスで真っ白な牧の戸登山口駐車場
牧の戸登山口駐車場
牧の戸に8時着。しばらく車中でガスの晴れるのを待つが、一向にその気配なし。
ロンPだったら、こんな天気だと絶対に登りはしない(苦笑)今日は運よく(?)一人だ。登れるところまで歩いてみよう。


ガスにぬれるコバギボウシ
ガスにぬれるコバギボウシ


ガスの向こうに見える団体ハイカー
ガスの向こうにぼんやり見えるのは、団体ハイカー。
ガスは次第に細かいミスト状になり、西千里あたりでレインスーツ(上着だけ)を着込む。


視界の悪い登山道
ノリウツギの咲く登山道

星生崎直下の登路。もちろん、見上げても星生崎の岩峰はガスで見えない。
避難小屋広場に降りるガレ場の上からは、目の前にあるはずの避難小屋やトイレも見えないほど。
このまま引き返すか、いったん避難小屋で休憩。ガスの様子見のハイカーで小屋はあっという間に満杯になる。
私の後から入ってきた単独歩きの女性としばし山話。手慣れた手つきでシングルバーナーでラーメンを作り、おにぎりをほおばりながら、真っ白な外を見ては「どうしましょう?」と明るく言う。
昼食は用意してるが、まだまだ空腹じゃない。できれば山の景色を見ながら食べたいので(この様子じゃ、とれも晴れそうにないが)少し明るくなったタイミングで小屋を後にする。
元気な山ガールちゃんにも「お先に」とごあいさつ。


一瞬明るくなった久住山方面
久住山山頂方面
この日、見た一番晴れたショット(笑)



久住山へのガレ場を振り返る
振り返るとガスがもうそこに・・・・


ペンキマークが目玉に見える岩
ペンキの目玉岩
山頂付近にある岩。こんな天気だとペンキマークがありがたい。


団体ハイカーでにぎやかな久住山山頂
先行の団体さんでいっぱいになった久住山山頂。

山頂に着くと、バラバラと雨になってきた。
カメラを使うのも、ちょっと気をつかうほどの雨。山頂標識を記念撮影してさっさと下山。


団体さんがいなくなり、ひっそりとした山頂
久住山/1786M

雨粒がメガネを濡らしてなおさら視界が悪い。先ほど休んだ久住わかれの避難小屋に再び駆けこむが、久住方面から下山してきたハイカーと、牧の戸から登ってきたハイカーですし詰め状態。
小屋の軒先でレインスーツのズボンを履き、雨に打たれながら下山することにする。


沓掛山第二展望台
第二展望台
途中で雨はあがったものの、濃いガスは結局そのままだった。
初めて使ったザックカバー。色は黒だったんだ~~。


長者原からガスのかかる三俣山
長者原駐車場から、三俣山方面。山頂はガスの中。
[2010/08/01/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム |