コッシー


いやされます
[2010/09/30/Thu] | 未分類 | page top
銀さん


最近ちょっと好きなうた
[2010/09/29/Wed] | 未分類 | page top
MRI検査
手作りうちわ、レトリバーTシャツ

今年の夏は、単独で山遊びをしすぎたせいか、、、
ツケがまわってきました。

痛めた膝がなかなか治らないので受診。2~3ケ月は運動禁止とのこと。
秋の紅葉登山に間に合わない(泣)

冬は山登りしないので、私の(今年の)山シーズンが終わりました。
あぁ、、、グレちゃいそう。


写真は、本文と関係なくもう夏は終わりだというのに作ってみた手作りうちわ第3弾。
小さいミニうちわです。
[2010/09/27/Mon] | 未分類 | page top
コストコはもうXmas
牧のうどん、ごぼ天うどん
ごぼ天うどん(\400)


牧のうどん久山店の看板
牧のうどん久山店


せっかくの秋晴れお天気だというのに、膝を痛めて山に行けず、悔し紛れにコストコ。
生活必需品?消耗品しか買ってないハズなのに諭吉さんが飛んでいく、不思議な店舗(苦笑)
店内は、すでにクリスマスグッズがいっぱいでした。かわいいクリスマス柄のラグがお手頃価格でよかったのだけど、欲しかったスノーマン柄が売り切れなのか、見つからず諦める。
寒がりエルモ用の敷き物にちょうどいいサイズだったのになぁ。残念。

写真は、コストコの前に立ち寄った「牧のうどん
ダシ汁をうどんが吸うので、うどんと一緒におダシの入った小さなヤカンがもれなく付いてきます(ダシが少なくなったらセルフで補充するという、ちょっと変わったシステム)

すごくおいしいってワケじゃないけど、なんだかクセになるうどんです。
そして、ここのうどんは、食べ終わった後にいつまでもお腹いっぱいで飽満感が続きます(苦笑)


[2010/09/26/Sun] | 未分類 | page top
中岳山頂(動画)



2010/09/18(土曜)に登った中岳山頂からのくじゅうの風景です。

池の小屋から御池へ。御池の奥には久住山。そして山頂より伸びる天狗ガ城への吊尾根。硫黄山の白い噴煙の横にはどっしりと三俣山。その三俣山のすそ野には、坊ガツル湿原。ラストは朝の逆光の中の平治岳と大船山シルエットです。
[2010/09/24/Fri] | 山歩き | page top
くじゅうライト登山(下山後)
2010年09月18日の山行レポ続きです。

牧の戸駐車場
牧の戸駐車場
下山すると、もうお昼を過ぎており、軽くお腹もすいたので、持参していたおやつの黒ゴマまんじゅうを車中で食べました。


軽自動車の後部
軽自動車ゼスト後部
今日は軽自動車です。後部シートを倒すと荷室がフラットに近い状態になり、狭いながらも横になれます。
朝早いスタートだったのと、さすがに4座を歩くと疲れがドッと出てきて、少し車の中でゴロンとなってました。
ウインドウ全開で、さわやかな高原の風がナチュラルエアコンとなり気持ちいいのです。


馬子草温泉きづな
馬子草温泉きづな(入浴料\500)
山の汗は、こちらで流しました。


飯田高原よりくじゅう連山
飯田高原よりくじゅう連山
お風呂の後は、冷たいものが食べたくなり、久しぶりに飯田高原交差点にあるソフトクリーム屋さんに立ち寄る。
やまなみハイウエイ沿いの店舗の横にはすでにコスモスが咲いていた。
[2010/09/22/Wed] | 山歩き | page top
くじゅうライト登山(星生山編)
2010年09月18日の山行レポ続きです。

久住避難小屋広場
久住避難小屋広場

久住山山頂で360度の快晴のくじゅうを楽しんだあとは、下山です。
下りは、早い早い。あっという間に久住避難小屋。
数時間前、まだ暗い中、通過した星生崎も今は、青空の下。


星生崎
青空の星生崎

こんな日に星生尾根を歩かない手はありません。
星生崎直下から、取り付き岩尾根を久しぶりに歩きました。

星生の窓
星生の窓
自然の造形とはいえ、不思議です。窓のようで、つい覗いてしまいます。


星生稜線
星生稜線
さぁ、尾根歩きがはじまるよ~

噴煙をあげる硫黄山と向こうに三俣山
噴煙の硫黄山と三俣山


西千里浜と扇が鼻方面
西千里浜と扇が鼻方面
尾根の上からは、西千里浜方面の景色がいい。


星生山山頂へ向かう尾根
星生山山頂へ向かう尾根
アルプスの少女ハイジに出てくる子ヤギのユキちゃんになった気分(笑)
向こうの山頂にペーターがいそうです。


星生の岩尾根のむこうに久住山
星生尾根ととんがり久住山
星生山頂も、まずまずの人数です。残念ながらペーターはいませんでした。


星生斜面
星生斜面
山頂で小休憩して、今度こそ本当に下山です。


青空と星生尾根
青空と星生尾根


登山道に咲くアキノキリンソウ
登山道に咲くアキノキリンソウ
リンドウや、アキノキリンソウがたくさん咲いており、残暑が厳しいとはいえ、秋は確実にやってきてるようです。


沓掛尾根
沓掛尾根


東屋の展望台
東屋の展望台
[2010/09/21/Tue] | 山歩き | page top
黒嶽荘の吹上そうめん
昨日は、オット実家で肉体労働をしたので、ご褒美として黒嶽荘の「そうめん」と温泉をロンPがおごってくれました。


ハガクレツリフネ
ハガクレツリフネ


ハガクレツリフネ
ハガクレツリフネ

目的地途中にある、男池湧水群に立ち寄り、ハガクレツリフネをパシャリ。


男池下流の川



澄んだ川面



川に入る
男池下流の川で、涼む。冷たくて気持ちいい。


川に足をつけるも、冷たくてこごえるロンP
あまりの冷たさに固まるロンP(ここ、真夏でも非常に冷たいデス)


黒嶽荘全景
黒嶽荘


吹上式のそうめん台
吹上式のそうめん台
そうめん台のある食事処は宿の横(裏手?)にあり、水汲み場が隣接してます。大量のポリ容器を持った水汲みのお客さんも大勢いらしてました。(ここのお水は、微炭酸水)
そうめん台は、ザルを受けるボウルの底から冷水が吹きあげる仕組みになってます。


ソウメンと地鶏飯
ソウメンと地鶏飯。ソウメンには「ゆずこしょう」が添えられてきます。
地鶏飯は少し甘めの味付けですが、美味でした。そうめんは夏季だけかと思ってたら、年間を通してやってるとのことです。

食事の後、宿の温泉へ。入浴料¥300
こじんまりした浴室で、女湯は蛇口(洗い場)は三か所。男湯にはシャワーなかったそうです。
浴槽は、9度の冷泉と、その冷泉を沸かしたあたたかいお湯の二つ。
冷泉はわりと好きな方ですが、ここの9度はかなりの冷たさで、肩まで浸かるには、ちょっとムリでした。
山歩きで少し膝を痛めてたので、膝まで浸って、冷→暖→冷を何度か繰り返しましたが、膝痛には効くかな?



ゆずこしょう
ゆずこしょう

そうめんと、もう一つ、黒嶽荘の名物だという「ゆずこしょう」もGETしました。
念願だったソウメンも食することが出来て、男池と冷泉で涼も味わえました。

だんだん。
[2010/09/20/Mon] | 未分類 | page top
くじゅうライト登山(久住山編)
2010年09月18日の山行レポ続きです。

久住山取りつきより天狗ガ城中岳を振り返る
久住山取り付より天狗ガ城中岳を振り返る
すっかり朝も明けた中岳山頂には、ポツポツとハイカーがやってきた。朝ごはんも済んだことだし長居した山頂を後にする。
時間は、まだ早い。このまま下山するにはもったいないほどの快晴。この夏にガスの中、意地のように(苦笑)登った久住山へ寄り道する。


久住山取りり付き
久住山取りり付き


久住山直下のザレ場
山頂へ続くザレ場
ここ、、意外に滑るし足を取られるんだよねぇ・・・


ペンキの目玉岩
ペンキの目玉岩にも再会


久住山山頂
久住山山頂


マイザッグと久住山山頂からの風景
岩の多い山頂広場
久住山山頂は、岩が多いもののそこそこの広さもあり、皆さんお気に入りポジションで休憩されてます。
阿蘇方面は若干の霞のなか、それでも根子岳のシルエットも見えてました。
私は、星生山稜線を眺めながら休息。ポカリが喉にしみこむぅ~(笑)


空池を中心に、天狗ガ城~中岳の吊り尾根
天狗ガ城~中岳の吊り尾根
左奥には、由布岳。吊り尾根遠景は、緑が濃くて、まだまだ秋の気配を感じさせない。


久住山山頂より、星生稜線
久住山山頂より、星生稜線


りんどうちゃん
リンドウちゃん

山頂にも、登山道にもリンドウがよく咲いてました。

山レポは、続く。
[2010/09/19/Sun] | 山歩き | page top
くじゅうライト登山(単独)
牧の戸コースから快晴の中、4座をまわりました。
この夏、5度目の単独ハイク。あぁ~、どんどんたくましくなるジブンが怖い(笑)

コース:牧の戸登山口---西千里浜---くじゅう分かれ経由---天狗ガ城---中岳---久住山---久住避難小屋広場---星生崎---星生山---西千里浜---牧の戸登山口

早朝4時、牧の戸登山口より入山。星がこのうえなく、美しい。
東屋展望広場から第二展望所を経るも、何度も足を止めて星空を見上げる。真っ暗な登山道も、星空のせいか、ちっとも怖くない。
歩き始めたばかりだというのに、ピークを踏む前に、この星空の美しさだけで今日の山行はもう、それだけで満足。

山歩きを始める前は、オートキャンプによく行っていた。
キャンプの楽しみは、焚火と星空。くじゅうの夜空が綺麗なのは知っていたが、久しぶりに”ちょっこし”感動。

前置きが長くなりました。

星空を楽しみながら、歩き進むうち星生山取り付き分岐のポイントの頃には、あたりは白み始める。
日の出に間に合うためには、このまま星生山へ登ったほうが時間的には間に合うが、とりあえず御池で考えよう。

いつもは御池から中岳先行だが、今日はすでに日が上がってる。手前の天狗ガ城に急いで取りつく。

中岳シルエットと登る朝日
中岳シルエット

天狗ガ城は、カメラマンでにぎわっていたので、軽くスルー。中岳へ向かう。

朝日を浴びる天狗ガ城
吊り尾根から朝日をあびる天狗ガ城を振り返る

いなり寿司とカップ春雨の朝ごはん
本日の山ご飯
コンビニいなり寿司とカップ春雨スープ
中岳山頂は、トレイルラン風の男性が先客としていたが、食事を済ませると下ってしまい、貸し切り状態となる。
今日は風もなく、快適。坊ガツルもよく見渡せ、居心地がよくて結局、小一時間ほどここで過ごす。
休日の早朝でも、必ず起きているであろう犬友とオットにメールすると、やっぱり起きていて返信あり。
オットは、夜逃げのような時間帯に山へ外出したツマに反応して起きだしたイヌたちに何度も起こされてお気の毒(苦笑)
犬友は、PCがクラッシュして互いに、一番大事なバックアップデータは『犬写真データ』だと確認し、くじゅうの山頂で留守中の犬たちを思い、”ちょっこし”里心。

中岳山頂は、携帯電波感度良好デス。

朝日に伸びるマイ影
伸びるマイ影
(二割ほど減量して想像してください・笑)

中岳山頂より、御池をのぞむ
御池(みいけ)も綺麗に見えてきました。

中岳山頂標識
この夏は、来るたびにガスで撃沈だった中岳。
今日は、抜けるような青空です。


中岳山頂より坊ガツル湿原を見下ろす
坊ガツル方面
3連休ですが、時間がまだ早いせいかテン場もスカスカ状態です。これから午後にかけて賑わう事でしょう。
由布岳の双耳シルエットもよく見えました。


シンメトリック御池
御池(みいけ)
時間もまだ余裕があるので、御池の淵を歩き、そのまま久住山へ向かいました。
久住山は、前回ガスでヤラれてたのでリベンジを兼ねて、、、、



空池淵の向こうに星生崎遠景
空池淵より星生崎遠景

山レポは次回へ続く。
[2010/09/18/Sat] | 山歩き | page top
『もしも』に備える
保険証書の封筒

山の”もしも”に備えて遭難捜索・救助費用を補う保険に加入した。

レスキュー費用保険
[2010/09/16/Thu] | 山歩き | page top
くじゅう・中岳(下山編)
2010年09月11日くじゅう・中岳登山の続きです。


アキノキリンソウ
アキノキリンソウ
登りは暗い中のライト登山だったので、下山途中に花を楽しみました。
後ろは、ガスの星生稜線です。

アキノキリンソウ
アキノキリンソウ


マツムシソウ
マツムシソウ
山靴さんとは、扇ガ鼻撮り付きでお別れして、マツムシソウを求めて扇ガ鼻へ向かいます。


マツムシソウ
マツムシソウ
むふふ。かわいいよね~


工事中の牧の戸売店
登山口の売店は、足場が残っているものの、外観はほぼ完成のようです。
オープンが待ち遠しいですね。


平治号
長者原の平治号
下界に戻ると、ガスの山頂とはうって変わって、青空です。


長者原ビジターセンター
長者原ビジターセンター
久しぶりに「長者原ビジターセンター」に立ち寄ってみました。
坊ガツルの野焼きのビデオ上映や、二代目のすがもりの愛の鐘(現在のは3代目だとか)の展示など、くじゅうを歩くハイカーには興味深いものばかりです。


くじゅう連山の模型
くじゅう連山の模型
山の立体模型は、いつまで見ていても楽しい(妄想登山で時間を忘れます・笑)
[2010/09/12/Sun] | 山歩き | page top
くじゅう・中岳(単独)
<本日のコース>
牧の戸登山口---久住避難小屋経由---池の小屋(ガス待ち)---中岳
(下山は往路を戻る)---牧の戸登山口

またまた単独(ロンPは、職場同僚の披露宴出席)早朝登山。
牧の戸をAM4:30スタート。
牧の戸登山口は、星もなく風が強い。真っ暗な中、ライト登山開始。
コンクリート坂を上がり、東屋展望台に到着時には、すでにガスの予感・・・(またぁ~)
どうせ、日の出には間に合わない時間なので、のんびり歩く。
西千里ケ浜あたりまでくると、もう明るくなりライトも不要になるが、まわりが明るくなるとガスの濃さもわかり少々ガッグリ。まぁ、いい。とりあえず御池だ(←いつものパターン)


ガスのかかる御池
ガスのかかる御池(みいけ)
ガスは、当分晴れそうにない雰囲気なので、池の小屋まで歩く。

日がさして明るくなってきた御池周辺
池の小屋より御池
小屋でガス待ちの間、時折ガスが切れたり、次の瞬間にはまたガスであたりは一面ミルク色。
そんな中、おおっ、、、


池の小屋より中岳
池の小屋よりガスの切れ間の中岳方面
お日様、出できたどーーーっ!
これは、イケるか?


ブロッケン
でたっ。ブロッケン。
初ブロッケンにドキドキ・・・・あぁ。カンドー。

山ご飯は卵サンド
山ご飯の材料

ガスは、なかなかスッキリ晴れそうにないので、ガス待ちの間に小屋の中で朝ご飯。
本日の山ご飯:卵サンド。
サンド状態で持参すると、ザックの中でつぶれるので、今回は、食パンその他食材をタッパーで別々に持参。
食べる直前に、その場でサンド。


卵サンドとくじゅうの青空
食パン卵サンド。
マヨネ卵とハムのシンプサンド。
山で食べると、なんでも旨いのさ♪


青空の下の中岳
スッキリ晴れてきた中岳
朝ご飯を食べてるうちに、ガスも晴れてきた。これは、登らねば、、、、



ハート形?の御池
定番ショットの御池


中岳より坊ガツルをのぞむ
中岳より坊ガツル
三俣山南峰テラスからの坊ガツルもいいが、ここからの展望も素晴らしい。
もう少し、涼しくなったらティナとススキ原の坊ガツルを歩こう。


中岳山頂標識
中岳山頂
山頂では、前々回の濃霧の久住山登山の途中でお会いした佐賀県のハイカーの方と再会。山の偶然にビックリしてたらまたまた山のフシギ。今度は、前回の池の小屋でご一緒した熊本の山靴さん。
山靴さんは、もちろん朝駆け。天狗ケ城でブロッケン三昧だったとか、、、いいなぁ。
しばらく3人で中岳山頂の景色を楽しみながら、下山することに。途中まで山靴さんにくっついて行った。
前回、コンデジの故障で星生崎の撮影が出来なかったので、山靴さんに指南いただく。


ガスのかかる星生崎
ガスの星生崎
前回同様、またここでもガスだ。。。
山靴センセイ曰く「山の写真は、待たねば撮れぬ」
ハイ!せんせ~。待ちます。今日はデジイチ持参ですから、なんとか撮ります。
「ほら、日が差してきたよ。カメラかまえて!」
「その岩を(構図に)入れて」と、山靴センセイはキャラメルを食べながらも的確な指導。


ガスの合間に姿をみせた星生崎

センセイ、、、私の腕では、これが精一杯です(笑)
また次回、山でお会いしたらご指南くださ~~い。

星生崎


下山、お花ショットは次回続く・・・・
[2010/09/11/Sat] | 山歩き | page top
寝顔は・・・・
両前足で顔をかくして寝ているティナ
意外とシャイな赤毛ちゃん。寝顔は恥ずかしいのか隠してます。


前足キョンシーポーズのティナ
ウソです。
赤毛がそんなに”しおらしい”はずがありません。
(舌が出てるのは、熟睡の証拠)


ヘソ天姿のティナ、胸のでっぱりがハゲてる
おっぴろげ~(胸のでっぱりはハゲてます)


座布団を枕にして昼寝のロン
寝相まで騒々しい赤毛とは違い、ロンの昼寝は静かです。
[2010/09/04/Sat] | 犬との日々 | page top
赤毛の秘密
アイリッシュセターのティナ


膨らみ始めた稲穂たんぼの前に立つティナ


散歩途中で、風に吹かれるティナ


空を見上げるIセターのティナ

アイリッシュセターのティナ。ブログでの愛称はテナ子。
(家では別の愛称で呼んでるけど・・・)

Iセターとしては、かなりの貧毛だけど、そこそこの美人ちゃんでしょ?
性格は別として(苦笑)結構かわいいヤツなのです。
そんな、赤毛ちゃん。

小さなヒミツがあります。

それは、

先日の(動物病院)受診の際、肛門腺処置のあとオチリの毛をバリカンで丸く刈られて、現在「ハゲ子ちゃん」になってます。
後ろ姿はかわいそうなのでお見せできません(笑)
[2010/09/02/Thu] | ティナ | page top
| ホーム |