きれいに咲いてます
花壇の前、横顔のティナ
春の花壇とティナ

九州も春らしい暖かな日が多くなりました。
鉢植えのパンジーたちも満開です。

まるで自分ちのように自慢気にUP。

がっ、しかし・・・・
うちではありません。


パンジーなどの春の花壇とティナ

ご近所の理髪店なのでした。
[2011/03/31/Thu] | ティナ | page top
中岳・天狗ガ城(復路)
中岳から天狗ガ城への吊り尾根
天狗ガ城へ向かう尾根
あまりジッとしてると寒くなるので、中岳は早々に切り上げ天狗ガ城へ向かいます。


天狗ガ城山頂標識
天狗ガ城山頂
天狗ガ城はだれもいなくて、貸し切り。ゆっくり御池の風景を楽しんで下山。


天狗ガ城山頂より御池
天狗ガ城山頂より御池


ぬかるんだ登山道
ぬかるんだ登山道
覚悟はしてましたが、午後からの気温で一気に溶けだした登山道。もう、ドロドロ・・・・


泥まみれの登山靴
こんなだし・・・・(泣)


沓掛山
沓掛山への木製の階段も泥だらけで、滑りそうで気をつかいました。


泥だらけの登山靴とスパッツ
泥だらけの登山靴とスパッツ
あまりに見事なので、駐車場に戻り脱いだところで記念撮影。
なんとか滑らずに無事下山。

この様子だと、しばらくティナ連れでは歩けないなぁ。
[2011/03/28/Mon] | 山歩き | page top
中岳・天狗ガ城(往路)
本日のコース
牧の戸登山口---久住わかれ---御池---中岳---天狗ガ城(ピストン)


雪の残る登山口
今年になってやっと初の山行。単独なので、いつもの牧の戸コースを歩く。



コンクリート階段も雪で凍る
登山口すぐのコンクリート階段。部分的に雪が残ってました。



登山道の様子
登山道
積雪には、縁のない地域に住んでいるので(大分県在住)まだ雪の残る登山道に心の中で「雪~、ゆき~」と連呼してました(苦笑)


西千里から星生山斜面
どうやら池糖も凍ってるようでした。


西千里浜より星生崎、久住山
西千里浜より星生崎、久住山


久住避難小屋広場
避難小屋広場


噴煙を上げる硫黄山
硫黄山噴煙
東北の地震後、全国の火山が活発化しているという新聞記事を見ましたが、どうなのでしょうか?


凍結の御池
氷結した御池
今回、楽しみにしていた御池。ここ数日寒の戻りがあったので、まだまだ凍ってるんじゃないかなぁ~と期待してました。
我が家は、冬山は歩かないので、凍った御池を見る事は貴重です。
中央部は薄くなってるようですが、一応全面氷結の状態のようです。
でも、残念なことに投石がたくさん・・・


凍った湖畔に乗ってみる
さすがに、『渡り』は無理そうなので、凍った池の淵に乗ってみました。


氷結の御池全景
氷結の御池全景
美しい。


御池と天狗ガ城(右)
御池と天狗ガ城
上から眺めるために、あとで天狗に登ってみよう。
池の小屋をちょっとのぞいたが、無人だったのでそのまま中岳に向かう。


坊ガツルをみおろす
中岳より坊ガツル湿原
先日の土曜に野焼きの予定だったらしいが、雪の影響で延期になったとか、、、
今年もまた見逃してしまった。


中岳山頂より池の小屋方面
中岳山頂は、数組のハイカーが休憩中。池の小屋の見える場所で山ご飯。
<本日の山ご飯>
カップスープ、チーズパン
ちょっと簡素すぎ・・・・
[2011/03/27/Sun] | 山歩き | page top
サスペンダー付き紙おむつ
15才の老犬ロン。
就寝時と、長い時間のお留守番には紙オムツを利用してます。
おむつジプシーを経て(笑)ようやくジャストサイズにたどりつきましたが、うちの老犬ちゃんはとにかく元気に歩きまわるので、動いてるうちにズルズル脱げてしまうようです。そこで、オムツが脱げないように専用のサスペンダーを作ってみました。

オムツの作り方とあわせて紹介します。

オムツ加工の道具
まずは、加工のための道具。
紙おむつ、サージカルテープ、はさみ、定規、マジック、荷づくりヒモ、ホッチキス。



しっぽ用の穴をあけたオムツ
シッポ用の穴のあいたオムツ
赤ちゃん用オムツの背中側にシッポ用の穴をあけます。
ロンの場合は、上から19cmの位置に(マジックで)しるしを付けて2.5cm程度の三角形の穴をあけています。
ハサミを入れると、切り口から吸収ポリマーがさらさらとこぼれるので、新聞紙や広告を広げた上で穴開け作業するといいですよ。
△の切り口は、サージカルテープで断面を補修しておきます。
(サージカルテープは、100均の物で十分です)



輪にした荷づくりヒモをホッチキスでとめる
輪にした荷づくりヒモを付けます。

輪にした状態で約8cmほどの荷づくりヒモを紙オムツ本体にホッチキスでとめます。
3個所ほどカシャン、カシャン。



ホッチキスで3ケ所とめる
ヒモが付いたオムツ
サスペンダーが通る程度にループ部分を残しておきます。
ホッチキスで止めているのがわかるでしょうか?

ヒモの輪の部分にサスペンダーを通す
サスペンダーを通します。
矢印の部分は、マジックテープを縫い付けているので、折り返して止めます。



サスペンダー付き紙オムツの完成
サスペンダー付き犬用オムツ
両側にサスペンダーを通して完成です。



サスペンダーのクロス部分
サスペンダーのクロス部分
手持ちのバイアステープを利用して、クロス部分を加工してます。
ちなみに、サスペンダーの素材は、カバンテープより薄いペラペラ素材です(商品名をわすれました、たしか100均で購入したものです)


サスペンダーおむつを装着した様子(背中側)
背中からみたところ。
モデルさんに装着。サスペンダー端部のマジックテープ加工は、両側同じくで、片方はオムツ本体に、もう片方は犬の首輪に通してます。

ボタンや、スナップボタンなども候補として考えましたが、なるべく凹凸がなく老犬の体に当たらない物としてマジックテープで仕上げました。

改良はまだまだあるとは思いますが、同じく犬のオムツで困ってるかたのヒントになれば幸いです。
[2011/03/25/Fri] | 老犬介護 | page top
定位置
ロンPの膝の上に乗るエルモ
13才のラブラールレトレバーです。

寒いと膝の上によじ登ってきます(^^;

あっ。
あと、、、
ティナに負けると泣きべそかいてやってくる場所です。
[2011/03/21/Mon] | エルモ | page top
最近また・・・・
メッシュケイジの中からこちらを振り向くロン
最近また、ケイジブームのようで、気がつくとメッシュケイジに入って寝てたりします。
(いつもは、手前の座布団に寝ている)


ケイジの中のロン
でも、窮屈そうに横方向に寝ちゃってるんですよねぇ(苦笑)
[2011/03/20/Sun] | ロン | page top
今できること
ミモザの木をバックにしたエルモ

散歩コースのミモザも咲き始めて九州の春はもうすぐです。

震災地から遠い九州より考える。
今できること。

日々の生活をキチンとおくる。
大変な時期だからこそ、いつもよりも冷静に。

大分県のホームページより東北地方太平洋沖地震に関する情報
震災地への救援物資の受け入れ場所や、被災者への県営住宅入居情報などもあります。
[2011/03/19/Sat] | 犬との日々 | page top
老犬オムツ事情
赤ちゃん用紙おむつと、ペット用紙おむつ
ロン用に初めて購入したペット用紙オムツは、ユニチャームペットケア紙オムツLサイズ(写真右のオレンジのパッケージ)でした。いわゆるテープ式というタイプで、左右の腰の部分をマジックテープで止めてウエストサイズを調整するものです。Lサイズは、ロンにはちょうど良かったのですが、この商品、太ももの部分にギャザーがなくて、スカスカ状態。その分、しめつけがなくて犬的にはいいのかもしれませんが、どうやら状態の良いコロンコロンなブツが、ギャザーのない隙間からこぼれ出るようです。
両サイドからの落下防止と、コストを考え、多くの老犬介護の諸先輩が実践している赤ちゃん用オムツを代用する事にしました。

我が家の、おむつジプシーの始まりです(笑)
まずは、「ロンって、中型犬だし、すっかり痩せちゃってるし、、、」と。Mサイズ購入(↑写真、左)
まったく、お話にならないくらいサイズが小さすぎました・涙(初心者には、よくある失敗だと自分をなぐさめる)



紙おむつパッケージとロン
前回の失敗をふまえて、ワンランクUP。Lサイズ購入。


赤ちゃん用オムツにシッポ穴を開けて装着
しっぽ穴を開けて、装着。
見た目、いい感じかも!と留守番タイムで試したところ、見事に脱皮(脱ぎ捨ててました)
正しくは、「歩いている内に、脱げちゃった」だと思われます。
原因は、股上が浅い(短い)せいです。


パンツ型おむつ
パンツ型(グーン/ビック)

お徳用パックをふたつ買って無駄にしてるので、もう失敗は許されません。
テープ式にこだわっていたのですが(最初に買ったペット用がテープ式で楽だったため)Lサイズの上になると、赤ちゃん用って、はかせるタイプ(パンツ型)しかありません。

パンツ型、、、またもやM、L、ビック、、とあります。サイズはどれが合うのか?テープ式とはかせるタイプでは、同じLサイズでも違うのか?

お孫ちゃんがいらっしゃる犬友Jママさんに、「パンツ型の赤ちゃんのオムツ、あったらサイズ合わせにください」とお願いしました。

すぐに、ふたサイズを送っていだだき、試し履き。
写真は、サイズ:ビック。
股上が深く、これならズレることもなさそうです。サイズもピッタリな感じ。少し余裕があってもよさそうな感じでしたので、購入は、ワンサイズ上にしました。


ビックより大きいサイズのパンツ型おむつ
メリーズ・ビックより大きいサイズ



パンツ型おむつを着用のロン
装着!なかなか、よさそうです。

パンツ型は、はかせるのがシニア犬には大変そう、、、と思っていたのですが、ウエスト部分の伸びが非常にいいので、はかせるのはテープ式とさして変わりはありませんでした。
股上が深いので、安定感があります。

しばらくは、この「ビックより大きい」で様子を見てみます。

Jママさん。お試し用をありがとうございました。おかげでサイズ選びに無駄がなくてすみました。


[2011/03/09/Wed] | 老犬介護 | page top
滑り止めマット
滑り止めマットの上でフードを食べるロン


前足の踏ん張りもきかなくなってきた、老犬ロン(15才)
ご飯を食べる時も、前足が八の字にズルズルと開いてしまって、上手に立っていられません。

困っている時に、某所で滑り止めのマットをいただきました。

大型のホームセンターなどで取り扱ってるかもしれませんが、九州では「ハンズマン」に置いてあるようです。
参考サイト:ハンズマン通販サイト
↑こちらの商品です。


タイルカーペットでも、滑っていたロンの足がこのマットの上だとしっかりホールドされて滑りません。

自立姿勢の出来る老犬(シニア犬)には、よい品だと思いUPしました。

[2011/03/07/Mon] | 老犬介護 | page top
老犬具合をチェック
動物病院の診察台に乗るロン
エルモの混合ワクチン接種のついでに、老犬ロン(15才)も受診。
バリケンの中でふんばる脚力がなくて、移動中はヨロヨロして危険。今回は、後部座席に載せて横で私が補助胴輪で支える方法をとりました(←なかなかうまくいった)


体重9.1キロの表示
痩せてきたとは思ってましたが、なんと9.1キロ。
元気だった頃のベスト体重は13~14キロ台だったので、かなり痩せすぎ。担当医からも『早急に1キロ増やしてください』との助言。理想は元の数値(体重)に近くすること。
食欲はあるし、食べるのも時間がかかるだけで支障はない。フードの増量と、ティナ用の成犬用フードを混ぜてカロリーUPを図る(現在はシニア専用フードのみ)

二頭ともしばらくチェックしてなかったので、血液検査も行う。
ヨボヨボのロンばかり目についてしまうが、エルモだって13才の立派な(?)シニア犬。
結果は、どの項目も正常範囲内で申し分なしとの事。ロンの心音もクリアで良好、問題なし。
(心臓の弁の働きを補助する内服薬を常用している)
あちこち、くまなく触って診ていただき、老齢による心配事も相談して、とりあえず一安心。


ワトソンくん
同じ系列の動物病院で診察が終わったSATO家のワトソン君と病院のドックランで合流。



心配そうなワトソンくん
予定では、「動物病院が終わったら、ビーチのある公園でお散歩デートしましょ♪」というコトだったのですが、SATOさんたら、ブーツで砂浜走るつもりだったのかしらん?(苦笑)

ワトソンくん、まだまだお利口ちゃんだから(←ライトハウス大学卒)ラブとは”砂浜と波を見ると爆走するのだ”とう事を教えてあげねばならない!

SATOさんの後追いをするワトソンくん
ママ~ン・・・と、後追いをするワトソンくん。


エルモのにおいチェック
先日の公園デートでは、赤毛ちゃんにそれほど関心はなかったワトソンくん。シャイな犬同士、波長が合うのか?エルモの事は気に行ってくれた様子。


ひなたで寝転ぶワトソンくんとエルモ
ドックランなのに、走らないラブラドール×2
仲良く日向ぼっこ。


医療費は以下。
続きを読む
[2011/03/05/Sat] | 犬の医療 | page top
老犬おトイレ事情
本日は、犬のオシモの話です。ちょっとそれはカンベン・・・・って方はスルーしちゃってくださいね。

15才の老犬ロン。オチリの方は、ずいぶん前からゆる~い感じです。
あっ、出てくるブツは、非常に健康的でそれはそれは”上物”です(笑)肛門さまがチョイゆるなんですね。
なので、立ち上がったタイミングでこぼれちゃったり、寝ている間におでましになったりしてるワケです。
ちなみに、小の方は自分でコントロールがきくようです。

ま、最初の失敗の頃は、汚したとしても犬ゾーンは、タイルカーペットだし汚れた場所だけ部分洗い出来るから楽勝!って思ってました。
実際、一枚、二枚と部分的に洗って干すだけ(タイルカーペットは乾燥も割と早いです)で、そんなに大変でもなかった。

がーーーっ。
我が家の老犬さんは、ヨボヨボなんだけど、よく歩きまわります。
そう、、、落としたブツを踏みまわして、、あとはご想像にまかせます。

とにかく、洗うカーペットの数が半端なくなってきました。

我が家は、共働きゆえ、昼間の留守番時間が長い。なので、留守中のケアがおこたりがちです。

毎日、仕事から帰ってカーペットを洗い、ロンの足を洗い、、、ちょっと私自身も疲れてきました。

そして、思い立ったのが『新聞紙作戦』です。
我ながらコレだ!とロンPにも名案でしょ~~~(へへ~ん♪)と自慢しまくり。

新聞紙を敷きつめた部屋

さぁ、どうぞ!
ロンよ、思う存分やるがいい!


最初の1日、2日は、「まぁ、ちょっと敷きつめが甘かったかな」と思いました。
いや、、
ホントは、気が付いてはいました。

はい。

新聞紙、、、、出かける時は、このように綺麗に敷きつめておいても、赤い暴走娘が郵便屋さんに反応したり、散歩のご近所犬や、フリー状態のお隣のパピヨンちゃんに室内から挑んだりしてビリビリ散り散りです。
赤毛ちゃんが蹴ちらかした場所に、なぜかピンポイントでやっちゃってる老犬ロン兄貴。

う~~ん、我が愛犬ながら見事な連携プレー。

鼻高々だった『新聞紙作戦』も、あえなく撃沈。

本人(犬)も、飼い主的にもちょっと抵抗のあったオムツ最終作戦に切り替えです。

オムツ姿のロン


↑あきらめて、ようやく寝ちゃってますが、装着するとかなり違和感があるらしく、固まって動けません。動き始めても、普通に歩けなくて後ろ足で跳ね上がったり(ちょっとウサギみたい)そうでなくてもヨボヨボなのに、怪しい動きです。

これも、慣れだとは思いますので、本人が違和感を感じなくなればいいのですが、、、

今後も介護の覚書的にこういう内容が増えていくと思われるので日記のカテゴリに「老犬介護」を追加しました。
[2011/03/02/Wed] | 老犬介護 | page top
| ホーム |