エルモ!


エルモのダッシュは、縦方向にジャンプするのでかわいい~
14才のラブラドールです。
[2012/05/31/Thu] | エルモ | page top
くじゅう朝駆け(後編)
おやつのバナナチップ
久住避難小屋の広場で、おやつタイム。


久住山を背景にハスキー犬のかしゅがる君
星生崎を通過したところで、向こうから歩いてくる見覚えあるモフモフくん。
由布岳の山開きで会ったばかりのハスキー犬のかしゅがる君でした。
行き先は、かしゅがる君まかせらしいけど、一応害虫被害の様子は(飼い主さんに)お伝えしました。
かっしゅ~、またどこかの山で会いましょうね♪


沓掛山へのハシゴ場
ライト歩きだった往路では暗くて気がつかなかったけど、沓掛付近ではすでに開花してる株もあり、こちらは害虫被害はなさそうです。


沓掛稜線とミヤマキリシマ
沓掛稜線とミヤマキリシマ



開花したミヤマキリシマ


登山口の高度を示すプロトレックの腕時計
無事下山。ゆっくりした割には、まだ昼前でした。


ソフトクリーム
ブルーベリー&ヨーグルトのソフトクリーム
下山後の楽しみ。すっぱい系でおいしい♪
[2012/05/28/Mon] | 山歩き | page top
くじゅう朝駆け(前編)
【コース】
牧ノ戸登山口---星生山---肥前ヶ城---くじゅう分かれ---池の小屋---中岳---天狗ヶ城(ピストン)

AM2:00牧ノ戸登山口着。
降りそそぐ星空が美しい。山友との待ち合わせ時間はAM3:00。少し早く着いたので、車中にて仮眠。
が、、、、寒すぎて熟睡できず。寝袋を忘れてしまった。
世間では、真夜中の時刻だというのに、牧ノ戸登山口には、すでに10台以上の車がスタンバイ。すでに、出発のハイカーもいる模様。

やんやさんが到着し、ライト登山のスタート。
先日は、由布岳の山開きで会い、その1週間前は別府の小鹿山を彼女の愛犬とティナも一緒に歩いた。
連続の山歩きに『お互い好きだよね~』と互いの健闘をたたえる(笑)


雲海に浮かぶ小国の風車
日の出の時間には、少し遅れたが星生山にてご来光。
小国の風車方面には雲海が広がり、幻想的。

ご来光とやんやさん


朝焼けの中の山ご飯はおにぎりとサンドイッチ
本日の山ご飯。朝ご飯です。
星生山頂にて、コンビニおにぎり。さけハラミ率多し。
やんやさんにお湯をもらい、カップスープで温まる。

おにぎりを激写のやんやさん
写真も撮らずにお手製のおにぎりにかぶりついていたやんやさんに、「山ご飯、撮らなきゃ!」とおせっかい。
あわててマイおにぎりを激写のやんやさん。

山頂ご飯を食べたり、双眼鏡であたりのピークを眺めたりして遊んでいるうちに、あっという間に明るくなってきました。

イワカガミ
星生はまだミヤマキリシマは咲いてなかったけど、イワカガミは沢山咲いてました。
可憐だなぁ。


肥前ヶ城山頂標識
肥前ヶ城山頂
やんやさんが、まだ未踏だというので、肥前ヶ城へご案内。
地味だけど、ここから久住高原方面の展望もいいでしょ。久住山もかっこよく見えるしね~~。


肥前ケ城、山頂のロン
2008/06/14 ロンと。


午後から仕事のやんやさんとは、肥前ヶ城を下ったところでお別れ。
朝駆けの後、仕事とはなんてタフなんだぁ。

時間のある私は、このまま花の下見も兼ねて中岳方面へ、、、、


食害で茶色に変色した空池のふち
空池の淵
星生山や、肥前ヶ城では見かけなかったシャクトリムシの被害、空池の淵はひどい状態でした。



食事中のシャクトリムシ
バイキング中のシャックン。
ウジャウジャいました(困)


朝の御池
朝の御池
池の淵の岩は歩かず、上の道をぐるりと歩きましたが、こちらでも虫発生。
池の小屋へ立ち寄り、水分補給と服装調整をして、中岳へ。


中岳山頂からの風景
中岳山頂
山頂には、先客のハイカーが数組。
来週末には、大船山にて山開き。きっと大勢いのハイカーでにぎわうコトでしょう。

中岳から天狗ヶ城への尾根
天狗ヶ城への尾根
害虫被害は、中岳山頂では、気付きませんでしたが、釣り尾根の鞍部や天狗の上にはウジャウジャいました。


葉が食べられたミヤマキリシマ
害虫被害のミヤマキリシマの株

これ以上、被害が広がりませんように。

さきほど分かれたやんやさんから、「大勢の団体さんが入山してそっちにむかってるよ~」とメール。
混まないうちに、下山することにしました。

つづく・・・・


[2012/05/27/Sun] | 山歩き | page top
ビフォーアフター
カットしたティナの後ろ足

アイリッシュセターの飾り毛は、細くて長い。この毛が曲者で、、、、
昨日、散歩コースの土手で放牧したら枯れた草やら草の実やらいっぱい。。。。

特に山歩きすると、枯葉とかが絡んで、フェルト状になると非常にやっかい。

ひとまず、昼寝をしてる間に、後ろ脚の飾り毛を試しにカット。
もちろん、ハサミは100均です(文具ハサミと、すきハサミの2本使いなのだ)

あぁ~~、前足と耳の飾り毛も切りたーーーーーい。

その前に、自分の伸び放題の髪をなんとかしたーーーい。
[2012/05/20/Sun] | ティナ | page top
新緑の飯盛ヶ城(後編)
山頂風景
山頂は、由布岳ほどの高さはありんませんが、平らでそこそこの広さがあり、のんびりした雰囲気が好き。
由布市内やくじゅう遠景も楽しめます。


山頂から倉木山方面
倉木山方面

シベリアンハスキーのかしゅがるくんとティナ
腰をおろし休憩してたら、かしゅがる君も今日はこちらのピークハントだったようで、また会えたね♪
さっきは、ティナにもやんやさんにも目もくれず、黄ラブの男の子にゾッコンだったかしゅがる君。
今度は、仲良しな感じのツーショット。


ハスキーのかしゅがるくんとティナ
2才年下の彼は、シベリアンハスキー(8才)


駐車場へ伸びる登山道
不覚にも、山頂で食べるオヤツを忘れた。
豚汁のころ合いを見計らい、下山する。山頂からの直降コースは下りに使うと早い。


由布岳と飯盛ヶ城をバックにティナ
左の小さな山が登った飯盛ヶ城。右は由布岳。


豚汁
自衛隊による無料配布の豚汁。
これが半分目当てだと言ってもいいくらいの本日の登山。



手巻き寿司
山ご飯は、まぜるだけ~のチラシ寿司。手巻き海苔でクルクル、青シソ入りだよん。



自衛隊の楽団
昨年は、震災で自粛していた自衛隊による演奏もありました。
曲目は、忍たま乱太郎/100%勇気から由紀さおり/夜明けのスキャットまで多彩でした。
[2012/05/14/Mon] | 山歩き | page top
新緑の飯盛ヶ城(前編)
山開き横断幕の前のティナ
今年も来ました!
でも、昨年同様混雑を避けてお手軽コースの飯盛ヶ城ピストンです。


かしゅがるくんと会う
ハスキーのかしゅがる君と記念品配布の場所で会いました。(2010年の様子
本当に久しぶり!
先週一緒に山歩きしたやんやさんは、朝駆けだったらしく彼女とも会えました。
犬ら~のやんやさん、下山後の疲れもなく犬たちに囲まれて大はしゃぎ(笑)



緑の草原を横切り登山道へ向かう
やんやさんとは、お別れして正面登山道へ向かいます。
緑のじゅうたんが綺麗です。


臨時駐車場
登山道から臨時駐車場を振り返る。


新緑の登山道
新緑の登山道。
先月、登った時よりも確実に緑が増えてます。グリーンシャワーでリフレッシュ。


合野越えで休憩するハイカー
いつもは静かな合野越えポイントもハイカーで密度高し。
私たちは、ここから、小さな鞍部にいったん下り、緑の飯盛ヶ城へ向かいます。



飯盛ヶ城直下にあるてごろな岩
ここに、手ごろな岩があって、つい登りたくなります。


岩に登る管理人とティナ
登りました。


岩に登るロン
ロンも登った岩(2007年11月)


由布岳をバックにしたティナ
背後の山は由布岳


斜度のある登山道
斜度はありますが、登りの距離は短いので、ちょっとだけ頑張れはすぐに山頂です。

後編へ続く。
[2012/05/13/Sun] | 山歩き | page top
バンビの山ご飯
2012/05/05 山レポの続き。下山後の山ご飯記録など・・・

ボート乗り場
湖のボート乗り場は、まだ時間が早いせいか係のおじさんも居なくて、当然桟橋のゲートも閉まってます。


行儀よく並ぶスワンボート
スワンとクジラも行儀よく。

ここへ来ると、楽しみのひとつは「鯉のえさやり」
でも、まだボートのおじさんは居なくて・・・・
(おじさんが餌の販売もしてる)



コイの餌。自動販売機。
ジャーン!コイの餌、自販機。

心配は無用。なんと、自動販売機があるのです。

ガチャガチャの容量で、コインを入れて、右にダイヤルをグルっと回せば、出てきました。


もなかの中身はコイのえさ
モナカアイスならぬ、モナカ鯉のエサ。


鯉のえさやり
やんやさんと一緒に楽しみました。ちびびちゃん、落ちるぞ~。

しかし、今日のコイはいつものような『ガツガツさ』がありません。きっと、GWの観光客やキャンパーたちに十分な餌をもらってお腹がいっぱいなのでしょう。
普段なら、もっとビチビチはねて勢いがあるのになぁ。

やんやさんは、午後の仕事に備えて帰宅。志高湖でお別れです。

ラーメンとカットフルーツ
本日の山ご飯/ラーメンとカットフルーツ。

湖が見下ろせる木陰で遅い朝ごはん。朝ラー。


湖畔を散策するティナとロンP
食後もゆっくり休憩して、湖畔を散策したあと帰路につきました。


志高湖全景。奥に小鹿山
[2012/05/10/Thu] | 山歩き | page top
ダッシュ
ぬいぐるみで遊ぶエルモ
留守番犬への御土産


14才シニア犬、エルモのダッシュ。
まだまだイケるよ~~~♪
[2012/05/06/Sun] | エルモ | page top
バンビの山
【コース】別府市立少年自然の家---展望台---しんぞう破りの坂---小鹿山---志高湖

やんやさんと彼女の愛犬、Mダックスのちびびちゃんと小鹿山を歩きました。

青少年自然の家のゲートをくぐる
少年自然の家のゲートはまだ閉まってました。横をすり抜けて施設内から登山道へ。


登山道を示す案内図
手書きの案内板
少年自然の家は、別府市内の小中学生が学校行事の登山などで利用するらしく案内図や登山コースを示す標識類が各所に設置されてます。
小学生にも読める「しんぞうやぶりの坂」
ハードな予感(^^;


グレーチングを飛び越えるちびびちゃん
ジャンプ!いっぱーーーつ!グレーチングを飛び越えるちびびちゃん。


展望図
途中には、展望台もありました。立派な展望図です。


登山道を歩くMダックスのちびびちゃん
登山道を歩くちびびちゃん
朝早いし、木陰が多いので気持ちがいいね~


心臓やぶりの坂
これが、「しんぞうやぶりの坂」です。
写真では、斜度がうまく伝わりませんが、もう、キョーレツで・・・・
心臓やぶれまくりです。ふぅ~~~。


心臓やぶりの坂でだっこされるMダックスのちびびさん
さすがに階段の段差が大きすぎてちびびちゃんダッコ。


木漏れ日の山頂
木漏れ日の山頂
汗をかきつつ、やっと急登の坂をのぼると、山頂はあっけなくありました。


別府市内方面が開ける山頂
山頂は立木が多いですが、別府市内方面は切り開かれており、展望が望めます。


山頂標識
バンビの山へ到着。


三等三角点とちびびさんとティナ
ちびびちゃんも階段以外は頑張って自分で歩いたよ!


小鹿山山頂より別府市内
山頂より、別府市内方面。別府タワーが見えます。


登山道より見える由布岳と鶴見岳
登山道より見える由布岳と鶴見岳
山頂からの下山は、途中「神楽女湖」へのコースに分岐しますが、今日は志高湖へ戻るコースです。


かしわもちとホワイトサンダー
志高湖へ無地下山。思ったよりも早めに下山できたので、売店前のベンチで子供の日のかしわ餅と、やんやさんからの差し入れブラックサンダーで糖分補給。


Mダックスのちびびさんと、ティナ
大きさは違うけど、よく似てる(?)二頭。
ちびびちゃん、初めての山歩きだったみたいです。よく頑張りました♪

やんやさん、お世話になりました。
[2012/05/05/Sat] | 山歩き | page top
ミドリちゃん
100均のトラノオとティナ
我が家のミドリちゃん。100均で購入した観葉植物のトラノオ(サンスベリア)
葉差しで増えて、伸びた子バルブで増え、、、もう鉢に過密しすぎです。
「みどりの日」にやっと株分けしました。


植え替えで株分けしたトラノオ
少しだけすっきりしました。

[2012/05/04/Fri] | 未分類 | page top
ワラビの丘へようこそ♪
黒ラブのエルモと黄ラブのワトソン
黒ラブのエルモと黄ラブのワトソンくん
(奥はソフィーちゃんかな)

SATO家と道の駅やらワイナリーやらに寄り道しながら、気がつけばワラビの丘でした。


ワラビの牧草地を走る犬たち



ソフィーちゃんとセーラちゃん
黄ラブチームは、ボールに夢中。


小学生の姉弟ちゃんたちと遊ぶ犬たち
ワラビ狩りの小学生の姉弟ちゃんたち(保護者同伴)と遭遇したのですが、犬好きらしく飽きずに遊んでくれました。


ボールをくわえたワトソンくん
ぼく、ワトソン。
真面目にレトリーブするのですが、おとーさんはレジ袋片手にワラビ採りに夢中なのです。
ここに来る前に「道の駅」でワラビ買ったのに・・・・


並んで歩くソフィーちゃんとセーラちゃん
ソフィーちゃんとセーラちゃん。いつもシンクロで仲良しな二頭。そろそろ水泳部も活動のシーズンですね。



走るティナ。耳が跳ね上がっている
爆走赤毛シリーズ。


走るティナ



牧草地を走るティナ



飾り毛をなびかせるティナ。馬みたい



立ち耳エルモ
なんと、エルモ(14才)も走りました。ちょこっとだけど・・・


14才の黒ラブ・エルモ
普段のお散歩コースだとドナドナ状態だけど、たまのオデカケは楽しそう。


丘の上に向かうエルモ
丘の上で呼ぶロンPに向かいトコトコ登っていきました。


ワトソンくんとエルモ
なぜか熟女好きなワトソンくん。エルモにアプローチ中です。

曇り空で、少し寒かったけど犬たちには適温だったでしょう。また遊んでね~~
[2012/05/03/Thu] | 犬との日々 | page top
| ホーム |