オリコウな訳
かじったダイコンを突き付けられて目を合わせないティナ

帰宅すると、(いつもならワンワン吠える)静かに尻尾を振り、そして、自らバリケンに入り、うるんだ瞳で私を見上げる。

これだ!
私が理想としてるのは、こうしてアイコンタクトをとれるオリコウさんな犬なのよ。
やっと、わかってくれたのか、、、お前。

お腹が減ってたんだね(←食事の時はバリケンに入るルール)

フードの準備のためにキッチンへ行くと、軽くやられてました。

どうりで、オリコウな訳よね。

シンクの上に置いた大根は首の部分がかじられてました(前日、お向かいさんにいただいたばかり)
採れたて新鮮だからね。そりゃ、美味しかったでしょう。


[2013/02/27/Wed] | ティナ | page top
もう、飽きた。
ボール遊びに飽きた様子のエルモ

老犬は寝てばかりいるので、室内遊びで軽くリハビリ^^v
中に鈴の入ったアンパンマンのボールはエルモのお気に入りです。
しかし、15才。老犬。
すぐに飽きます・・・・苦笑。
[2013/02/26/Tue] | エルモ | page top
港さんぽ


夕方近くの小さな港まで散歩しました。
ロンPが堤防の下に隠れて、またまたティナがあちこち探してました。
デジカメの設定ミスで大げさに夕焼けモードになってます(^^;)
[2013/02/24/Sun] | 犬との日々 | page top
伽藍岳(動画)

2013/02/17 続きレポ
ちょっとだけ斜面を駆け上がる鹿も映ってます。
[2013/02/20/Wed] | 山歩き | page top
伽藍岳
【コース】
塚原温泉---塚原越---伽藍岳---塚原温泉

塚原温泉から歩き、伽藍岳まで往復しました。
駐車場から取り付きの登山道は、雪が残っておりアイゼンを用意してなかったので(まさか雪があるとは・・・)どうかなぁ~と思いながらも歩き始めましたが、積雪は少なく問題ありませんでした。
ただ、途中から雪解け道でティナの足は(飾り毛があるので)ドロドロになり、本犬も「ちょっとなぁ」みたいなカンジで、早目に下山してシャンプーしました。

途中、山の斜面を鹿が6~7頭駆けあがって行き、ビックリ!(由布岳や別府近辺の山には鹿はよくいます)
そう言えば、ロンと登った時も猟犬に追われた鹿がこちらに向かってきて驚いた事がありました。


伽藍岳麓の噴煙
立ち上る噴煙。
麓には火口の見学コースもあり、硫黄臭がただよいます(←六一〇ハップ好きなので心地よい)


伝説の一刀塚
伝説の一刀塚
源為朝が試し切りしたという伝説のある岩。


アセビ越しに由布岳



霧氷
山頂が近付くにつれ、わずかながら霧氷も。


由布岳遠景
気温も上昇してきて薄い霧氷はさらさらと音をたてて崩れていきます。


薄い霧氷と由布岳
由布岳


山頂の岩に登るティナ
この時は青空でしたが、午後になり曇ってきました。


岩に登る
山頂にある岩に登る。



岩の上のティナ



伽藍岳山頂より日出町方面。青空が広がる
山頂より日出町方面。海岸方面の展望もいい山頂風景です。



山頂のティナ
ロンと同じアングルで・・・・


伽藍岳山頂のロンとロンP
2006/04/29 ロンと。
[2013/02/17/Sun] | 山歩き | page top
うみたまご
今年もバースデー割引を利用して「うみたまご」に行ってきました。
※バースデー割引はうみたまごの営業案内のページにあります(一番下の方)

サンゴ水槽


大水槽
大水槽前


水槽越しによってくるイルカ
サービス精神旺盛のイルカ
ガラス越しにお客さんを見つけると寄ってきてくれます。


イルカのジャンプ
華麗なジャンプ




プールに投げ込まれているバスケットボールはイルカたちのオモチャのようですが、水中でも器用にボールで遊んでいます。
浮力のあるボールを上手に水中ドリブルしたり、とても楽しそう♪


温風サンドイッチで熟睡のナマケモノ
ナマケモノ

昨年、すっかり気に入ってしまったナマケモノ
まったく動きません(^ ^;頭と足元、二台の温風ヒーターでサンドイッチ状態。


ナマケモノの寝顔
寝顔
幸せそう・・・・



セイウチのミーちゃん
セイウチたちのパフォーマンスは今年も大ウケ。短い動画はミーちゃんの投げKISS

昨年のうみたまご日記
うみたまご「水槽エリア」
うみたまご「イルカ編」
うみたまごの人気者
[2013/02/11/Mon] | 未分類 | page top
扇山
コース
桜の園入口---防火帯直登---扇山---桜の園入口
Memo:単独

ロンPが長崎へオデカケ中なので、ひとりで登れる近場(?)の山へ。
別府市の扇山(大平山)

コースは何通りかあるけど、防火帯の直登コースをピストン。

ダニよけ防虫剤スプレータイプ
スプレータイプのダニよけ防虫剤

これ、普段の山歩きで犬連れの場合、ティナに噴霧してる防虫剤です。
先住犬、ロンにも使ってました(ちなみに、フロントラインと併用)
先日、動物病院を受診した際、我が家が山歩きをするのを知っている担当医から、(山口県で成人の死亡例があるので)ダニには注意してください(犬も飼い主も)とのアドバイス。
靴やズボンにスプレーして入山しました。

以下、重症熱性血小板減少症候群 SFTSに関してのリンク。興味のあるかたはどうぞ。
厚生労働省の報道広報ページ

国立感染症研究所ホームページより
国内で初めて診断された重症熱性血小板減少症候群患者
同HPより重症熱性血小板減少症まとめページ


桜の園
登山口、桜の園。
下草も綺麗に刈られて(枯れて)いるので、見通しもよく、入口近くからでも記念石碑が見えます。
車は路肩にある駐車スペースを利用。

綺麗に並んだ桜並木
冬枯れの桜並木と奥には扇山
本日も青空登山日和!

扇山の山麓を正面に見るような形で、桜の園を突っ切り、刈り込まれた防火帯を左へ。ショートカットに伸びた踏み跡をたどると山頂へ伸びる防火帯へ合流。
あとは、ひたすら真っすぐに山頂を目指すのみ。


急な斜度


扇山は、その名前の通り、山の姿が優美だけど、見た目とは違って意外と強情な斜度。
↑ねっ、ね。強情そうでしょ。アキレス腱伸びまくり・・・・苦笑。
向こうに見える尾根は、昨年登った「高平山」(高平山/動画編


石柱のある防火帯登山道
「陸軍所轄」と刻まれた石柱。隣接は自衛隊別府駐屯地。
ほぼ5合目くらいかな。これから先がスピードが上がらず、少し登っては立ち止まってばかり(>_<)


青空の下の日出町方面遠景
眼下には大分自動車道が日出町方面へ伸びる。


麓は扇山ゴルフ場
ふもとは扇山ゴルフ場
防火帯コースは、一本道なので、単調だけど海からの高度感を味わえて面白い。
しかし、撮ってるアングルが同じなので、家に帰って見たらどれも同じような写真だった。


扇山山頂
扇山(大平山)山頂


緩やかな傾斜の扇山山頂
山頂はゆるやかな傾斜があるものの、そこそこの広さ。数組のパーティが重なっても十分な広さ。

へびん湯から登ってきた久留米からの男女のハイカーさんがすぐにやって来た。引き続き、内山へ登るらしく、小休憩後元気にスタートしていった。
内山、ハードそうだなぁ~。でも、登り堪えありそう。


山ご飯材料一式
山頂ではちょうどお昼だったので、ご飯にするよ~~~。


青空キッチン
青空キッチン


蓋をとって中身を見てみよ~!
では、動画でドーゾ。





山ご飯は肉そば
山ご飯は「肉そば」
具材:タマゴ、ミツバ、舞茸、肉

扇山より高崎山方面
高崎山を眺めながら下山。
先日のくじゅうでは下山路で転んだので、今回は手袋して(前回、手首をすりむいた・泣)尻餅をつかぬよう慎重に下りました。


桜の園を上からのぞむ
桜の園の向こうに、駐車スペース。私の車一台きりのままです。


山裾より扇山
山裾より、さきほどまでいた山頂を見上げる。こうやって見るとなだらかなんだけどなぁ。


別府市営堀田温泉
下山後の温泉は別府市営の「堀田温泉
人気の温泉のようで、立ち寄るといつも駐車場は満車状態。以前には気付かなかったけど未舗装のジャリジャリの駐車場が道路をはさんで目の前に整備されていた。今回はそこにラクラク駐車。
露天も熱めで気持ちよかった!
入浴料金¥210
[2013/02/10/Sun] | 山歩き | page top
エルモ15才の歩き(動画)
ラブラドールレトリバーのエルモ15才です。
先日、動物病院へ行った時の動画をUPしました。
(昨年)老齢による眼振発作を起こしたりもしましたが、しっかり食べて(←ラブだからね)たっぷり寝て(←老犬だからね)ちょっぴり散歩して(←ラブなのに散歩嫌い・苦笑)そして、なにより毎日ご機嫌なの~~~


[2013/02/09/Sat] | エルモ | page top
星生山
【コース】
牧ノ戸登山口---星生山---牧ノ戸登山口(ピストン)
MEMO:単独

牧ノ戸をAM11:00スタート。
遅い出発だったので、扇ヶ鼻か星生山どちらかに登って短時間で済まそうと歩き始める。

冬枯れの枝と青空
昨日からのポカポカ陽気で、登山口のコンクリート坂も雪は皆無。
見上げると青空!


牧ノ戸第一展望台
東屋の第一展望台
コンクリート坂を登り終えて、いつもここで短い休憩。ザックに詰め込んだスパッツをここで装着するつもりが、すっかり忘れていて、第二展望台に到着した時はすでに遅し・・・・


雪解けで地面がドロドロの第二展望台
倒れた石版のそばのベンチまで行くにもドロドロ。
先客もいたし、そのまま先を急ぐ。しかし、ダメだ。どうして、こんな日に限って(スパッツ)付けなかったんだ、ワタシ~~~~。

沓掛越えもその先も、泥田状態でズボンも靴もひどい状態。

西千里より星生岩尾根と遠景に久住山
扇ヶ鼻へは、団体さんが進んでいたので、目的地を星生に定める。


凍る池糖
池糖はまだ凍っていた。


扇ヶ鼻と肥前ヶ城のV字より阿蘇方面
天気も視界もよく、阿蘇方面も澄んでいる。


V字根子岳
ギザギザ根子岳


星生斜面より久住山方面
星生斜面より久住山方面


星生山山頂、笹尾根より三俣山方面
笹尾根より三俣山方面
遠景は、由布岳。あっちもこっちも今日は青空日和。
山で見る空の青さは、疲れたココロにしみます。


星生山山頂標識
星生山山頂


硫黄山
硫黄山の噴煙は控えめ。


コンビニの恵方巻き
本日の山ご飯。
節分なので、恵方巻きだよ~~(途中のコンビニで調達、ちょっと小さめサイズ)


恵方巻き断面
方位は気にせず(アバウトなB型・笑)かぶりつきました。


一筋の飛行機雲
飛行機雲

空の青さを満喫して、下山。
用心しながら歩いたけど、やっぱり沓掛を越えてヤレヤレと安心した所で、転んで尻もち。
途中で追い越した何組かの人も、同じようにお尻に泥つけてたなぁ、、、今日は泥道ですってんころりんのハイカーが多かったことでしょう。

尻もちのズボンと登山靴がすさまじい汚れ方だったので、普段は立ち寄る温泉もパスして速効で帰宅して洗濯しました。


[2013/02/03/Sun] | 山歩き | page top
マヒその後
脳性の顔面麻痺?による内服治療中だったエルモ(ラブラドールレトリバー/15才)
1週間の内服を終え、調子も良かったので経過も含め動物病院受診。

病院のドッグランで小走りのエルモ
病院に併設のドッグランで遊ぶエルモ

顔半面の筋力が弱まっていたけど、発症初期だったためかお薬もよく効き、とりあえず治療終了。
こちらの要望で、今回と同じような麻痺や以前の眼振発作に備え、常備薬として内服薬を処方してもらう。
お守り替わりのお薬。我が家からかかりつけ病院までは少し遠いため、エルモの年齢も考えての安全対策。


ニコニコ顔のエルモ
2月初めにしては暖かい土曜日。
老犬に寒さは大敵。でも、今日はポカポカ日和でニッコニコ!!


顔の白髪がすすんだティナ
ティナは、定期メンテでお尻から魂を抜かれて(←肛門腺絞りね)帰宅後も大人しい(笑)
爪切りもされたので、フローリングを歩く音も静かです。
[2013/02/02/Sat] | 犬との日々 | page top
| ホーム |