きょうの空
今日は朝焼けが綺麗でした

朝焼け



窓から外を眺めるティナ



庭木のオリーブと朝日



後ろ足で立ち上がって朝日を見るティナ
[2013/09/30/Mon] | きょうの空 | page top
天狗ヶ城・扇ヶ鼻
【コース】
牧の戸登山口---久住避難小屋---天狗ヶ城---池の小屋---扇ヶ鼻---牧の戸登山口

今回の朝駆けは、前夜にザックの準備から車中仮眠用の寝袋まですぐに車に放りこめるように玄関に用意していたので、あとはティナの後追いを振り切るように出発。おかげで、忘れ物はなかった。
夜中の国道で、路肩にハザードランプをつけて停車中の一台の車(と、その運転手が車の脇に立っていた)徐行しつつ、追い越すと、、、、
なんと、大きな鹿がその車の前で横たわって(たぶん死んでた)いる。
いや、出発そうそう、ビックリ。宇佐神宮からほど近い国道での出来事。

玖珠に向かう387号線経由でくじゅう入りするが、途中の院内町あたりで鹿遭遇率が高い。
車道に飛び出す鹿がいないか、気にしながら無事なにごともなく牧の戸登山口が近づいた。
と、そこにやまなみハイウエイを悠々と横断する牡鹿(大きくリッパな角だった)本当に、牧の戸Pの入口から数十メートルと離れていない場所。

鹿率高し!

土曜日だというのに、牧の戸駐車場は空いている。ボッチさんは来ないと知っていたので、ボッチさん駐車エリアを拝借したら、目の前に見覚えのある車。
最近は、夜中の鹿遭遇率より高い確率で山頂で一緒になる「くじゅう連山のひよっこ」のryonaさんだった。
今から出発との事で、同行させてもらう。単独歩きの予定だったので、心強い。

沓掛山を降りた頃だろうか?山にこだまするかん高い鹿の鳴き声。ryonaさん曰く「ピエール!」と叫んでいるそうだ(笑)くじゅうの鹿はフランス系らしい(^^;
鹿の鳴き声、こんなに間近で聞いたことがなかったので、かなりドキドキ。しかも道中二度も鹿に合ってるし、、、今日はスペシャル鹿デーか?


鹿のくだりが長くなったが、短く言うと山頂は撃沈でした(苦笑)

ガスで真っ白の天狗ヶ城山頂
ガスで真っ白の天狗ヶ城山頂

ご来光タイムまでには、十分待ち時間のある余裕の時刻に天狗ヶ城に到着の皆様。
途中の久住避難小屋にて合流したGOTOさんとお連れの方。それに、最近山で知り合ったKさんとお友達とも山頂で再会。
皆で「きっと、日の出タイムにはガスがはれる」と妄想を膨らませたが、ピエールの呪いか?今日のくじゅうはご機嫌が悪いよう。


ガスの隙間からシャッターチャンスを狙う
ガスの切れ間からのシャッターチャンス


ガスの御池湖面
ガスの御池湖面


池の小屋で朝食を済ませ、皆さんとお別れして一人で下山した。
途中、ガスがはれそうだと久住山まで行こうかとも考えたが、その気配もなく、手ぶらでもしかたないので扇ヶ鼻でピークハント。


西千里からガスの星生崎
西千里からガスの星生崎


ケルンとガスのかかる扇ヶ鼻
ケルンとガスのかかる扇ヶ鼻


扇ヶ鼻山頂
扇ヶ鼻山頂
扇ヶ鼻へ登ってはみたものの、やっぱり天候はさっぱりなので、下山する。


ミニ紅葉と沓掛稜線
ミニ紅葉と沓掛稜線



沓掛山より遠景
沓掛山より遠景
下界は晴れている様子。


ススキと三俣山遠景
東屋の展望台より、ススキと三俣山

東屋の展望台に降りると、天狗ヶ城でご一緒だった方々がいらっしゃった。
ryonaさんとお母様は、まだ下山してないみたいなので、予定通り白口岳へ向かったのでしょう。
駐車場で、皆さんに再びお別れをして長者原へ向かう。


林の中のベンチ休憩所
林の中のベンチ「長者原園地

長者原Pに隣接するテーブルベンチにて、下山後の山ご飯。


屋外ランチテラス

では、蓋オープンは動画でどうぞ♪



乾燥ワカメが多すぎた(^^;
完成する頃に、パラパラと雨が落ちてきたので熱々をあわてて食べました。登山中、雨にぬれなくてすんでよかった。

ヤマラッキョウ
ヤマラッキョウ


白いリンドウ
白いリンドウ
[2013/09/28/Sat] | 山歩き | page top
帽子新調
8月の朝駆けでお気に入りだった帽子を登山途中でなくしてしまった。

水色の帽子をかぶるティナ
この帽子(写真は、5月/由布岳山開き)


KAVUの水色ハットとブラックダイヤモンドのヘッドライト
自分のポカミスも腹立たしく、悔しいので同じものを購入^^;
ついでに、「そんなに、朝駆けもしないのでいらないだろう」と思っていたヘッドランプも一緒に入手。
[2013/09/22/Sun] | 未分類 | page top
星生山
コース
牧の戸登山口---星生山(ピストン)

夏の間、暑さ対策で休んでいたティナの山歩き再開です。
この夏は、尻尾の骨のケガや、眼振発作などで心配しましたが元気に復活。

岩の上のティナ
11才のティナ。
久しぶりの山歩き、やる気満々(?)


沓掛の岩場を降りるティナ
岩場の下りも軽やか~


登山道を歩くティナ
今日の山ガールは、赤色Tシャツ♪


登山道を登るティナ


星生山尾根
星生山へ向います。


ガス流れる
地糖の上を流れるガス
薄いガスが流れるものの、前回と違い、問題ありません。


星生山山頂
星生山山頂
久住山には、ガスがかかってます。


星生山頂のティナ
山頂の風は、さわやかで快適。


山頂のティナ



カップ麺と当たりのクオカード
山ご飯はカップ麺
なんと、蓋をあけたら当たりのクオカードが入ってました!ラッキー♪


山ご飯デザートのヨーグルトとフルーツ缶
デザートのヨーグルトとフルーツ缶
食後は、保冷剤で冷えたヨーグルト(←ティナの好物)フルーツ缶は、果汁漬けタイプなので甘いシロップが余ることなく、果汁ジュースとしてごくごく飲んで残りは缶だけ。


フルーツ缶詰
カットフルーツ。こんな感じ。ティナにもおすそ分け。


山頂昼寝
山頂昼寝


星生山山頂
快晴の星生山頂


星生崎へ続く岩尾根



三俣山
星生山山頂より、三俣山方面。
さて、そろそろ下山しまーす。


登山道に咲くリンドウ
登山道には、リンドウ姉妹たち。



下山後のソフトクリーム
下山後は、登山口売店のソフトクリームで乾杯!ティナもお疲れ様。よく歩きました。



トピアリーとティナ
トピアリー(topiary)
帰宅する前に、トウモロコシを求めて瀬の本方面へ寄り道。
トピアリーが目印のトウモロコシ屋さん。



トピアリー
クマモンもいました(笑)
[2013/09/21/Sat] | 山歩き | page top
BBS休止
満月

掲示板(BBS)は現在お休みしてます。
[2013/09/19/Thu] | 未分類 | page top
扇ヶ鼻
コース
牧の戸登山口---久住避難小屋(暴風待機)---扇ヶ鼻---牧の戸登山口

おととい登った中岳が少々、消化不良だったのでリベンジにと思い、朝駆け。
結果、見事に撃沈でした。

AM3:00過ぎ、牧の戸スタート。天候はくもり。二日前と比べ、少し肌寒い。薄手の長袖ウインドブレーカーにて歩きはじめる。
沓掛を過ぎ、ときおり星が一つ二つ見えるも、すぐに隠れてしまう。西千里浜へとりかかる頃には、ガスも濃くなりはじめ、少し前から追いついたり、追い越されたりの先行者者の男性に道を譲られるが、風もガスも強くなりはじめ、登る気力も折れかかっていたし、心細いのもあって、一緒に歩いてもらう。
濃いガスの中、慎重にルートを逸れず誘導してくださったのは、木下さんの『九重の四季』BBSでお名前を見かけていたIRIEさんだった。
猛烈な突風で、久住避難小屋へ向かう下りのガレ場では、ヨレヨレ状態でした。ひとまず、風待ちの避難。
小屋には、先行の若いグループがいました。


濃霧の久住避難小屋
濃霧の久住避難小屋

夜が明けるのを待ち、まだ風がある中、IRIEさんは池の小屋経由の中岳へ向かいました。
私は、風がおさまるのを待ってから下山すると伝えていたのですが、IRIEさんお世話になりました。


久住山の周りに渦巻くガス
久住山の周りを覆うガス


ガスの切れ間に見える久住山
一瞬、ガスが晴れて山姿を見せる久住山


阿蘇方面に広がる雲海
阿蘇方面の雲海



秋空の登山道
秋空の登山道

風が少しおさまるのを待って下山。
登頂は諦め、下山しはじめると晴れてくる山の天気(あるある・・・)



ハイジの雲
ハイジの雲?
さっきまでのガスが、嘘のように晴れ渡った空に浮かぶ白い雲。
これ、(アニメの)ハイジが乗っかってた雲みたい!(←昭和な世代です・笑)


ススキと雲海
ススキと雲海
山の景色は、すっかり秋。


扇ヶ鼻山頂標識
扇ヶ鼻


扇ヶ鼻山頂
扇ヶ鼻山頂
下山途中、「手ぶらで帰るのもなぁ~」と、とりあえず、ピークハントに扇ヶ鼻へ立ち寄りましたが、やっぱり山頂は風がまだ強くて、ゆっくりくつろげる雰囲気もでもありません。
お腹もすいたので、下山しました。


満車の牧の戸駐車場
満車の牧の戸駐車場

今回は、無理して避難小屋から先への登山はやめておいてよかったとつくづく思いました。
私の体力では、山頂まではたどりつけなかっただろうし、ケガしてもつまらないしね。
また次回たのしみましょう♪
[2013/09/16/Mon] | 山歩き | page top
中岳
コース
牧の戸登山口---くじゅう分かれ---中岳---池の小屋(小休憩)---牧の戸登山口

Memo:単独

AM2:50スタート。牧の戸Pから見上げる星が今夜も素晴らしい。
コンクリート坂を上がった東屋の展望広場で、しばし星空を見上げ、第二展望所でも見上げ、、、
満天の星空を見上げてると何故か口がポカンと開いている自分に気付くが、夜中だし、誰も見ていないから大丈夫(笑)

御池を通過すると先行のライトは、天狗ヶ城に集中してるようなので、中岳に向かう。
中岳には、ひよっこさんこと、ryonaさん親子がいらっしゃった。
聞くと、天狗のライトは朝駆け常連の方々とのこと。やっぱり(^^)


朝焼け直前
ご来光タイム直前に、ガスの大波がやってきて・・・・


朝焼け
あっという間に焼けて終わった(苦笑)


早朝の中岳山頂



大船山方面のガス

ガスは、しばらく流動的に続き、最後は、三俣山をごゴックンと飲みこんで、ガスのショーは終了。


ガスにのまれる三俣山

その後もややしばらく山頂で粘ったが、寒さに負けて池の小屋へ避難。
小屋で、朝食を兼ねた休憩後、皆さんに混じり下山。


ガスの中の星生崎

どうやら、オレンジ色のジャージは撃沈率が高いそうです(^^;
ボッチさん、次回は縁起のいい色のヤツでお願いします。


フクオウソウ
フクオウソウ


アキノキリンソウ
アキノキリンソウ


リンドウ
リンドウ

登山道の花も、秋バージョンに衣替え。


ススキの登山道と沓掛山
空も秋色ですね。


キャバリアのメイちゃん
下山途中、キャバリアのメイちゃんに遭遇。
ブログを拝見したことがあったので、つい話かけてしまいました。パパさん、ママさん登山中の足を止めてしまってスミマセン。



シラヒゲソウ
シラヒゲソウ

下山後、タデ原に立ち寄るとryonaさんもいた!
私もシラヒゲソウが見たかったので、木道に寝転んで小さな花をカメラに収めました。
[2013/09/14/Sat] | 山歩き | page top
きょうの夕焼け
雲の多い夕焼け空

急に思いたって購入したスマホの設定をしてたら、いつの間にか夕焼けタイムに・・・
庭から西の空を見ると、いい感じの夕焼け空。
あわてて、ティナと外に出てみたけど出遅れ感たっぷりの残念な一枚だけでした。
[2013/09/08/Sun] | きょうの夕焼け | page top
部活の日
週末、なかなかタイミングが合わなくて、参加できなかった部活。
今年やっと、二回目の水泳部の部活記録。



リバーハウスの縁側

ティナは、数日前に眼振発作を起こしたばかりなので、今日は見学です。

見学中のティナの後頭部



透明度の高い川
水量が減っていた川ですが、ここ数日の雨で回復してるようです。綺麗な川で今回もお世話になりました。


キャラメルガールのはなちゃん
キャラメルガールのはなちゃん。
どういうワケか私は、はなちゃんの鬼コーチと呼ばれてます(なぜかなぁ?)


泳ぐかわうそ隊
仲良く泳ぐカワウソ隊。
水しぶきをあげているのは、泳ぎの苦手なモルダウくん(^^;
がんばれ~!


枝をくわえたゴールデンのココちゃん
ゴールデンのココちゃん。枝をレトリーブする姿に、ズキュン!とやられました。


タオルを肩にさげたティナ
泳いでもないのに、一人前にタオルを肩に下げるティナ。
今回は、見学だったけど発作の後遺症もないようなので、体力面では心配なさそうです。
皆さん、楽しい部活でした。またお会いしましょう♪
[2013/09/07/Sat] | 犬との日々 | page top
きょうの夕焼け
稲刈り前の田んぼコースを散歩のティナ

久しぶりに田んぼコース
[2013/09/06/Fri] | きょうの夕焼け | page top
きょうの空
風に吹かれるティナ

昨日は、眼振発作の後なので用心してお散歩は中止にしたけど、調子もよさそうなので今日から通常散歩。
夕方は、風も涼しく快適です。

秋冬は、時間的に夕焼けタイムにお散歩が間に合いそうにないのでブログのカテゴリをちょっと増やしました。
夕焼けに続いて空シリーズです^^♪
[2013/09/05/Thu] | きょうの空 | page top
眼振発作翌日の様子

本日、朝の様子。

昨夜の眼振発作がウソのように元気です(ちょっと暴れすぎ・苦笑)

動物病院受診。
(デジカメ持参して)発作時の動画を見てもらい、内服薬の分量などを再確認。
発作後に顔面のマヒ(瞼が下がる、下唇が下がる→水やフードをこぼしやすくなる)などが出ないか注意しておくようにとのこと。
エルモは、首が曲がる斜頚が後遺症として多少残ったが、ティナの場合は全くなし。

定期メンテの肛門腺も絞ってもらいました。
[2013/09/04/Wed] | 犬の医療 | page top
ティナの眼振発作
ロンPによりかかっているティナ

少し遅い、夕飯の準備をしていたらリビングからロンPの「ティナがヘン!!」という大げさな声がした。
(ティナがヘンなのは)「いつもの事やん」と、様子を見に行ったら、眼振発作だった。

これで二度目。
初めての眼振発作は、今年の3月27日。
前回同様、エルモの予備薬として(エルモも眼振、軽い顔面麻痺の病歴あり)処方してもらっていた内服薬を飲ませると、1時間ほどで落ち着いた。
眼球の揺れは、1時間でおさまったが、フラフラ感はまだ残り、まっすぐ歩くには少々心もとない。

様子観察。


眼振発作時の動画です。

眼球は横揺れ、眉(?)の部分が、右、左、右、左と規則的に動きます。
これでも、少し落ち着いた方。ピーク時はもっと眼球がグルングルン回ってました。
[2013/09/03/Tue] | 犬の医療 | page top
| ホーム |