天狗ヶ城・中岳・久住山
【コース】
牧の戸登山口---くじゅう分かれ---御池横断---池の小屋---天狗ヶ城---中岳---久住山---牧の戸登山口
Memo:単独

牧の戸峠の駐車場が除雪の雪のため、駐車スペースが狭くなってるとの情報を聞いていたが、到着するとなるほど、こりゃタイヘンだ。
ざっと見て、入るスペースはあったが、「私の車ではギリギリな幅かなぁ~」「上の段の駐車スペースまで行ってみようかなぁ」と思っていたら、今まさに出発するぞ!準備は万端!といったいでたちの方がこちらを見ていた。
目があった・・・・(笑)

どうやら、その方の隣に私が停めようとしていたので気になったよう。「(ご自分の車を)少し寄せましょう」と、すでにキーロックもして出発しそうな雰囲気だったのに、わざわざ車に戻り、駐車しやすいようにスペースをあけてくださった。

感謝!


登山道は、雪がたっぷり残るものの、前日たくさんの方が登っていたようで、トレースがしっかり残り、歩きやすい。
前回ためらった天狗ヶ城へのトレースもしっかり確認でき、すでに先行してるライトも確認したが、日の出には少し時間があるので、どうしたものかと考えていると、後ろから一人登ってきた。
挨拶をすると、さきほど駐車場でお世話になった方でした。
その方も時間調整したいみたいだったので、一緒に池の小屋へ。山頂への準備をして天狗ヶ城へご一緒しました。
どうやら、ココのブログみてるようらしいので(^^;)本当にお世話になりました。助かりました。また、山で見かけた時は声をかけてください。


肝心の夜明けは、雲なし、ガスなし、風なしのピーカン。ドピーカンすぎました^^;

ダイヤモンド中岳
ダイヤモンド中岳


ダイヤモンド中岳

昨日の朝駆け隊の皆さんがどちらもUPされてるので、やめようと思ったけど、やっぱり載せておきます。
縁起物なので(?)

ダイヤモンドが燃え尽きた所で、中岳へ移動。
由布岳遠景から阿蘇方面にかけて雲海祭りでした。

日の出後の雲海
日の出後の雲海


阿蘇中岳の噴煙
阿蘇中岳の噴煙の噴煙がよく見えました!


中岳山頂
中岳山頂



氷にょろ
中岳山頂には、氷のニョロニョロが出現。


氷のニョロと坊ガツル
坊ガツル方面


中岳山頂より天狗ヶ城
中岳山頂より天狗ヶ城


積雪の御池
積雪の御池
風もなく、快適なので山ご飯は池の上。湖面の上で食事できるなんて、厳冬期ならではですもんね。


山ご飯のぞうすい
本日の山ご飯。前回同様、ぞうすい。
今日は、三つ葉を入れてみた。


雪の斜面に写りこむマイ影
マイ影

時間もあるので、久住山に立ち寄る。

黄色ペンキの目玉岩
黄色ペンキの目玉岩
わ、わ~~。ちょっと、アナタどーしたの!!しばらく見てない間に、髪の毛はえちゃって・・・
パンチ?


目玉岩の横顔と雲海
目玉岩の横顔と雲海


久住山頂からの風景。から池の向こうに天狗ヶ城、中岳の釣り尾根
雪山くじゅう。


久住山山頂風景
久住山山頂


雲のじゅうたん
雲のじゅうたん


シベリアンハスキーのかしゅがる君
シベリアンハスキーのかしゅがる君

久住山山頂も快適で、しばらくのんびりしていたけど、雪のせいか目がチカチカしてきて辛いので下山することに。
久住避難小屋近くでハスキーのかしゅがる君に出会う。
「わぁ~~い!かしゅがるぅ~~~♡」とハイテンションで近寄ると、いきなりのジャンピングKISS。
こら、こら、人前だぞ!(笑)


久住山とかしゅがる君
雪山の似合う男です。
雪の固まりを投げたりして、ちょっと遊ぶ。雪玉作ろうとしたけど、さらさらすぎて固まらず、そのへんの雪を投げまくる。かしゅがる大喜び。
いいね、いいね!犬はそうでなくっちゃ。


雪で遊びはじめるハスキー犬のかしゅがる君

しばし、立ち話。かしゅがる、飼い主の立ち話に飽きたようで雪で遊び始める。
うぅ~~、次は「飽きないオンナ」になってやるぅ~~。待ってろよ、かしゅがる!


インスタントココアとイチゴスペシャル
山cafe

お腹はすいてないけど、せっかく持参していたのでお湯を沸かして小休憩。
この週末、くじゅうの朝駆け山女子の間ではイチゴがブームなのか?
ココアは、やっぱりVAN HOUTEN


星生崎
星生崎
cafeの目の前は、星生崎。かっこいい!!
甘い物でエネルギーチャージして、無事下山。暑かったので、久しぶりに売店でソフトクリームを食べました。
(冬季は、バニラのみでブルーベリーソフトやってないんだって・ショック)


西千里浜
[2014/02/23/Sun] | 山歩き | page top
きょうの夕焼け
終日、二人で外出。ティナの(ゴミ箱)パーティーが心配だったが、ベビーゲートを補強したので、被害なし。
オリコウさんのご褒美に、夕方は、犬孝行の港散歩。

港の導流堤
ニヤニヤ笑ってます。


河口の夕焼け空
シッポをブンブン振ってます。



爆走のティナ
ヘラヘラ笑ってます。


導流堤を走るティナ
同上。



12才の後ろ足
これが、獣医さんに褒められた12才の後ろ足。蹴られると痛いです。要注意!



水面のカモを見つけたティナ
女子らしく、たそがれたりもします。
ウソです(笑)
水面のカモを見つけただけです。狙ってます。


夕焼け空とティナ
楽しかったね♪
[2014/02/22/Sat] | きょうの夕焼け | page top
エルモとミカン
16才のエルモ
16才の老犬、エルモ。
ご飯もシッカリ食べて。体調はまずまずです。
寒波の間は、眼振発作に気をつけてますが(気圧による影響があるみたい)ダウンケットとフリースのハーフケットでぬくぬく。基本、寝てばかりの老犬ですから(^^;


首を伸ばして何かを探してるエルモ
首を伸ばして探しているものは、、、、

最近、ミカンの香りに敏感です。
かなり激しく反応するので、かわいそうで同じ部屋では食べられません。
なので、ミカンが欲しい時は、エルモに気がつかれないように別の部屋でコソコソ隠れて食べなければならないのです(笑)
[2014/02/21/Fri] | エルモ | page top
部活日記(ソリ部)
先週より列島寒波が続く中、くじゅうの山にもガッツリな積雪があった。
そんなある日、某友人より「雪遊びした~~~い!」「ソリ遊びした~~~~い!」との携帯メール。

しかたないなぁ~。
日頃お世話になってるし、友人宅のラブたちにも会いたい。
ココは、友情を大切にせねば。しかたないなぁ~~~。外は寒いが、出かけよう!
ホント、しかたないなぁ~~(笑)


現地で某友人(←あー、面倒くさい。SATO家だ)と待ち合わせ。
しかし、途中で「通行止めになってるよ」と携帯連絡あり。

落ち合ったアフリカゾウの前で少し遊ぶ。

ゾウのオブジェとティナ
ゾウも心なしか、寒そうです。


アフリカゾウのオブジェ
ゾウの大きさはこれくらい。デッカイゾウ~~~!

予定では、雪の雪原で犬たちを遊ばせ、SATO家とお別れした後、我が家は、そこからほど近い山に登るつもりで、ザックやアイゼンなどの山道具もシッカリ乗せていってたけど、山どころじゃない。
目的地に辿りつけなければ雪遊びが出来ず、とりあえず雪を求めて移動。


雪の桜の園
雪の桜の園


桜の園と奥に扇山
桜の園と奥に扇山山麓


ティナ



12才のティナ
12才のティナ
雪は少ないけど、この辺に降るのは珍しいもんね。


雪エンジョイ中のティナ
ヒャッホ~♪


黒ラブのスコット
黒ラブのスコットくん。いい笑顔です。


雪の上でちょっと困っているワトソン
慎重派のワトソンくん
「夏は川だし、冬は雪だし、、、まったく危険な場所ばかりだワン」←ワトソン心の声。


うたがり深いワトソン
ただの雪玉だってばぁ~~。おかーさん、信用なし。
でも、シッポはブンブン喜んでるしぃ~。


雪の斜面を歩くティナ
春は桜が綺麗な場所です。


ロンPに向かって走るティナ



ソリで斜面を滑る
そして、ソリ!

去年は、雪が少なくて出番のなかったソリ。やっと遊べました。
眼下には、別府の町。
(子供用プラスチックのソリ=北海道では、ボブスレーと呼ぶらしい)


PAPIPAPA全景
ペットokのcafe「Papipapa」
部活後の食事は、こちら湯布院のPapipapaさんでオムライスをいただきました。



cafeの窓から見える由布岳
テラス席から見える由布岳


オムライス
オムライス♪


雪の小山に乗るティナ
由布岳パーキングにて。

帰りは、やまなみ経由で由布岳登山口の前を通過して帰ろうかと思いましたが、やまなみハイウエイは、別府方面が通行止めになってました(泣)
写真は、帰りの由布岳PAにて。

SATO家の皆さん、お世話になりました。

[2014/02/16/Sun] | 犬との日々 | page top
天狗ヶ城・中岳・扇ヶ鼻
【コース】
牧の戸登山口---久住避難小屋---御池横断---池の小屋---天狗ヶ城---中岳---くじゅう分かれ---扇ヶ鼻---牧の戸登山口

朝駆けタイムに牧の戸P到着。
がっ、、、
駐車場入り口で、いきなり吹きだまりにつっこみスタック!
今夜も、もちろん単独不良主婦なので、車のお尻が半分道路に出たままの状態で焦る焦る・・・
すぐに、運転席から降りて車の状態を確認しようとすると、朝駆けヒーローたちがスコップ片手に現れてきて、一緒に雪かき&車を押して救出してくれました。

顔馴染みの皆様でした。
本当にスミマセンT_T
ありがたかったです。一人だとどうしていいか、泣きそうでした。
そんな、こんなでスタートからつまづき、ryonaさんとsanpoさんが待っていてくださったようだが、準備に手間取り先に行っていただいた。

たっぷり降った雪の登山道に、時々足をとられながらも、久住避難小屋に到着。
先行の皆さんがいらして、先ほどの恥ずかしい現場にいなかったハズの山下さんや、大暇さんにも冷やかされた(^^;

GINさんのトレースを踏み、池の小屋でもうしばらく休憩したかったけど、皆さんどんどん出発していき、先ほど助けてもらった恩も忘れ(笑)ボッチさんに、「もう行くんですかっ!」(もう少しゆっくりしましょうよ)と、生意気な軽口を叩きながらも、後に続く。

皆さん、中岳に向かわれる方が多いので今回は天狗ヶ城へ。
天狗の途中も雪が深く、山頂にはすでにトレースをつけてくれたGINさんがいらして、一人¥500のトレース料を徴収された(ウソです・笑)


ガスの中のご来光
やっとこさのご来光。

天狗ヶ城の山頂では、久しぶりのkayoさん。
二人でシャッターを押すよりも、おしゃべりに夢中でした。あはは。


天狗ヶ城より極薄ブロッケン
薄々ブロッケン

ひとしきり、山頂で凍えたのでkayoさんと私は”池の小屋に退散しようか~”的な雰囲気だったが、皆さんの中岳移動につられてしまう(苦笑)


釣り尾根越しの向こうに天狗ヶ城
中岳より釣り尾根越しに天狗ヶ城


イルカ岩
寒そうなイルカの頭?

GINさんに、イルカ岩を教えてもらう。
おぉ~、なるほどイルカだぁ♪かわいいなぁ。


美しい風雪紋
風雪紋が美しい


釣り尾根下の霧氷群
霧氷群とソリを背負ったkayoさん


池の小屋遠景
池の小屋遠景

山頂で、まだまだねばる人たちを置いて、sanpoさんとkayoさん、女子組で一足先に池の小屋へ移動。
sanpoさんの食材とストーブはryonaさんのザックの中のようで、お先に失礼してお腹を満たす。

山ご飯は卵入りぞうすい
山ご飯は、ぞうすい。

GINさんのぞうすいとは違い(←実は、ブログを拝見してマネしたのです)私のは卵入りです。
絵的には、あまり美味しそうじゃないけど、マイナスの山では熱々であれば、それだけで旨い。次回は、ネギも刻んで用意しよっと。


池の小屋前より稲星山(右)
小屋前より稲星山と雲海も・・・

小屋でゆっくり休憩しても、山頂の方々はまだまだ降りてくる気配がありません。
もぅ、みんな、どうかしてるよぉ。おかしーよぉ~~(苦笑)

ソリ仲間を待つkayoさんとは、池の小屋でお別れをして、sanpoさんryonaさんに同行させてもらい下山。

天狗ヶ城
天狗ヶ城


すり鉢状の空池
空池の底も真っ白!


ザックの中から顔を出すMダックスのエルちゃん
エルちゃん
下山途中で、higetiasさん&mamatiasさんとの再会。夏の天狗ヶ城でお会いして以来です。
エルちゃんは、寒さも感じさせず、専用ザックの中でとっても元気です!!いつかダッコしたいなぁ。
お怪我が心配だったhigetiasさんもすっかり回復したようです。本当によかったです!!


ガスの晴れた三俣山
スッキリな三俣山


星生崎と久住避難小屋遠景
久住避難小屋遠景
真っ白な一面で、まるで九州ではないようです。雪の状態もパウダースノーでさらさらフワフワですよ。


ニョロニョロと遠くに雲海
ニョロニョロ畑
今日は、いたる所にニョロニョロ畑がありました。


星生崎
星生崎。今日は特別カッコいい。


星生崎下のひよこ岩
星生崎下のひよこ岩

初めて気付いたけど、まるでヒヨ子のお菓子のようです。私が「ひよこ、ひよこ」と喜んでいると、福岡県民で「くじゅう連山のひよっこ」を名乗るryonaさんは、さすが本物の?ひよこ。
以前から知っていたようですが、この可愛い岩をトドだという方もいたりするようです。
こんなに、可愛いのにぃ~~。


青空に映える久住山
今日は、久住山が主役のように凛々しかった。


登山道をラッセルするryonaさん
星生山経由でと話しながら下山したものの、星生へのトレースは薄いようで、ならばと、扇ヶ鼻東端へと変更。
ところが、扇への道も、雪深かった、、、


登山道の風雪紋


扇ヶ鼻東端と久住高原側の雲海
扇ヶ鼻東端には、GINさんがいらした。そして、トレース料として一人¥1500を言い渡される。
早朝の天狗ヶ城より一挙に値上がりしてるっ!!!(爆)

今日は、ずっとGINさんのトレースをいただいたわけだ。感謝。


扇ヶ鼻東端より肥前ヶ城
扇ヶ鼻東端より肥前ヶ城


扇ヶ鼻山頂
扇ヶ鼻山頂
ryonaさんと二人で、扇ヶ鼻山頂をピークハント。
長居はせずに、下山。扇ヶ鼻への取り付で朝駆け隊の皆さんと再び合流して、賑やかに牧の戸まで下山しました。


岩に張り付いた小エビちゃん

出発直前の駐車場でのトラブル、山頂、下山道中でお世話になった皆様。ありがとうございました。
皆さんの山レポは以下からどうぞ♪

GINさん 憧憬の九重Ⅱ
ゴリさん ゴリの気まぐれ日記
ボッチさん 九重山行クラブ
山下さん 野生の雉
大暇さん 九重逍遥
大空さん 大空の風景写心
山靴さん 山靴手帖
sumiさん 4seasons
matsuzakiさん くじゅう便り
higetiasさん higetiasのエンジョイ・ライフ
山本さん 九重連山を歩く~kuju report~
[2014/02/11/Tue] | 山歩き | page top
中岳
【コース】
牧の戸登山口---くじゅう分かれ---御池---中岳---池の小屋---牧の戸登山口
Memo:単独

終日、モノトーンな曇天でしたが、霧氷を楽しみながら山頂まで歩きました。


アイスバーンのコクリ坂
登山口のコンクリート坂は、一部凍ってます。


星生山西斜面
星生山西斜面


西千里浜より星生崎(左)とガスの中の久住山(右)
ガスの西千里浜でしたが、久住山が時々見え隠れ。


星生崎全景
星生崎


霧氷群と星生崎
霧氷群と星生崎



久住山遠景
久住山遠景


久住山
ガスの合間に現れる久住山にカメラを向けるハイカーの皆さん


樹氷と空池のふち
空池も白く。


完全氷結の御池
氷結の御池は、大勢の人でにぎわってます。


つらら越しの御池



天狗ヶ城
天狗ヶ城


青空と霧氷
青空が見え、中岳へ急ぎます。

霧氷群と中岳
中岳の山頂には、2~3人。


束の間の青空と中岳
青空、やっぱりいいなぁ。
結局、晴れ間はこの一瞬だけで天候が回復する様子もないので、池の小屋で小休憩後、下山しました。


中岳山頂より天狗ヶ城方面
中岳山頂より天狗ヶ城方面
山頂の岩場の氷も割れてバラバラに・・・・
[2014/02/09/Sun] | 山歩き | page top
ワクチン接種とパーティー対策
ティナの定期メンテとワクチン接種のため動物病院受診。
(私)「オリコウになる注射をお願いします」
(オット)「オリコウでなくていいです。年相応になる注射を・・・」

先生「アイリッシュは・・・・」「難しいですね(苦笑)」

と、いう具合に、今日も医者にサジを投げられた、てな子です。


病院のドッグランを走るティナ
病院のドッグランを走るティナ


犬防御柵制作中

午後は、ティナのパーティータイムを阻止すべく、DIY
12才で、(獣医に)後ろ足の筋肉誉められてるイヌです。頑丈に作らねば。
[2014/02/08/Sat] | ティナ | page top
きょうの空
夕暮れの空とティナ



夕暮れの空とティナ

心なしか、憂いを帯びた表情に見えるのは、今日もまた(またです、また!)留守番中に一人(ゴミ箱)パーティーをやらかして、ガッツりとロンPに叱られたからかもしれません。
でも、叱られたコトはすぐに忘れます。
叱られてるのも、『かまってもらってる』と脳内変換してしまう、アイリッシュ・セターとは、そういう超ポジティブ犬。

ま、元気なのはなにりよりですケド(^^ゞ

夕暮れの空とティナ
[2014/02/05/Wed] | きょうの空 | page top
てな子の留守番
前日の土曜日に、ふたりで外出していたら留守中にティナにやられてた。
被害物件は通勤用の(私の)トートバッグ。同僚から「オヤツに」とおすそ分けをいただいていた小さなチョコレートの包みを器用に開けて完食してました(泣)
一口サイズで、中毒を起こす量ではなかったのは、幸いでした。

そんなワケで、今日も一日ふたりで外出なので、朝の散歩で疲れさせる作戦。
題して『ひとりっ子かまって(あげてるよ)大作戦!』
あぁ、なんてティナの機嫌を取るのって面倒くさい(笑)

空を見上げるティナ



導流堤の上を走るティナ



跳ねるように走るティナ



海に向かう導流堤を走るティナ



赤毛のティナ

港の導流堤を何度も往復して、満足したのかオリコウさんな留守番でした。
それにしても、平日の出勤時は後追いどころか見送りもしないくせに、休日の留守番は苦手なイヌです。
(休日のイタズラは完全に、いやがらせです!)
[2014/02/02/Sun] | ティナ | page top
| ホーム |