えりゅも!
16才のラブラドールのエルモ

16才のエルモは、今日もゆるゆると元気です。
[2014/07/30/Wed] | エルモ | page top
きょうの夕焼け
港の風に吹かれるティナ

連日、暑さの続く九州地方ですが、夕方は風が涼しくティナとの散歩も快適でした。
[2014/07/27/Sun] | きょうの夕焼け | page top
天狗ヶ城・中岳
【コース】
牧の戸登山口---久住避難小屋---天狗ヶ城---中岳---池の小屋---牧の戸登山口

まぁ、結果的に撃沈というヤツでした。久しぶりに・・・苦笑。

牧の戸Pに夜中に到着するものの、睡魔を我慢することができずに少し仮眠。20分程度だったが、熟睡した(仕事の夢をみた・笑)
単独スタート。一人で黙々と真っ暗な登山道を歩く。途中流れ星も何度か見えたが、今日はガスが忙しく舞っており、夜空の星も時折隠してしまう。
後ろからライトが見えたので、西千里で道をゆずりライトの男性に先に行ってもらう。

久住避難小屋から続々と出発する数人のライト。小屋の中にはまだ明りが残っている。服装調整のために立ち寄ると、山靴さんが準備中でした。
先のライトは、はやり顔なじみの朝駆けのみなさんだったらしい。
山靴さんもすぐに出発するとの事で、上着を着る間、少し引き止めて一緒に小屋を出る。

山靴さんとは、天狗の取り付きでいったんお別れ。
向かった天狗ヶ城山頂には、みなさん勢ぞろいでした(^^)

ガス&強風の中、夜明けを待っているとkayoさんとfumiさんがやって来ました。fumiちゃんとは、オオヤマレンゲの猟師山以来。kayoさんとも久しぶりです。
下からの撮影を諦めたらしい山靴さんも山頂に登ってきました。

残念な夜明けが過ぎ、隣の中岳へ移動。中岳山頂直下で下山するGINさんとすれ違い。かっこいいTシャツ姿を次回見せてくだだいね。
中岳は天狗よりもさらに強風。おまけに濃いミストでデジイチの皆さんはレンズの水滴とも戦いながらの撮影です。
kayoさんとfumiちゃんが天に向かって「ガスよけの念」を送り続けてましたが(半分ウソです)一向に晴れる様子もなく、それどころか、ますます風は激しくなります。
二人が呪文を間違ったのかもしれません(笑)


ガスの中岳山頂
ガスの中岳山頂


白い虹とブロッケン
白い虹の一部とブロッケン(写真右側)

皆でしぶとく粘ったご褒美か(?)白い虹とブロッケンが何度も出現。
白い虹は、初めてです。最初は、どこ?な感じでしたが、ブロッケンの外側に大きく半円の虹が出てました。
白いガスのスクリーンに白い虹なので、目が慣れるまで見つけにくかった。


ブルベリーのカップケーキ
Fumiちゃん手作りのマフィン
飛ばされないように岩にしがみつきながら、fumiちゃんお手製のマフィンをいただきました。
ごちそうさま。とても、美味しかった♪

fumiちゃんと私は、途中から飽きて(笑)もう池の小屋へ行きたかったが、”9時にはガスが抜ける”らしいので、そのまま粘るが、ガスは抜けませんでした(^^;


ガスの西千里
ガスの西千里

池の小屋で食事休憩をしたあと、皆さんと一緒に花散策をしながら下山。
夜明けは残念でしたが、そう毎回”アタリ”は出ません。そんな日もあるからまた登りたくなるものでしょう。


ガスの西千里
ガスの西千里
kayoさんを激写するfumiちゃんを激写する(fumiちゃんは、たいてい後ろの防御があまい・笑)


ママコナ
ママコナ


ホソバシュロソウ
ホソバシュロソウ


マイサギソウ
マイサギソウ(?)


マイサギソウ
マイサギソウ(?)


バイカツツジ
バイカツツジ
下山途中、バイカツツジの場所を教わりました。前回教わった場所とは違う場所です。
発見者に敬意を払い密かに「さんぽ株」と名付けました(^^ゞ


ヤクシマホツツジ
ヤクシマホツツジ


牧の戸展望台より由布岳遠景
由布岳遠景
東屋の第一展望台に降りると、遠くに由布岳のシルエット。
山頂は、あんなに悪天候だったのに下界は晴れているようでした。


オオキツネノカミソリ
オオキツネノカミソリ

山を降りてから呪文コンビと某所にてオオキツネノカミソリ

今回も山頂、下山で皆さまお世話になりました。また山でお会いしましょう。
ブロッケンや白い虹の様子は、山頂でお会いした朝駆け隊のみなさんのブログでどうぞ♪
「山靴手帖」 /山靴さん
「野生の雉」 /山下さん
「くじゅうを山歩」 /sanpoさん
「くじゅう連山のひよっこ」 /ryonaさん
「憧憬の九重Ⅱ」 /GINさん
「九重山行クラブ」 /ボッチさん
[2014/07/26/Sat] | 山歩き | page top
雨ヶ池(動画編)


2014/07/20 ティナ連れで雨ヶ池まで歩いた時の動画です
(やっとUPしました^^;)
[2014/07/25/Fri] | 山歩き | page top
雨ヶ池
【コース】
長者原(タデ原)---雨ヶ池---長者原(ピストン)

この季節、犬連れで歩くのは少し悩みましたが、長者原から雨ヶ池までのコースなら木陰の多い森林コースなので午前中を目安に楽しんできました。

タデ原の木道のティナ
タデ原の木道
スタートは、タデ原の木道を経由して登山口に向かいます。


登山道のティナ
登山道
昨夜、雨が降ったようで蒸し暑さを感じながらも、森の中、少し高度があがると涼しくなってきました。ティナもやる気満々。


雨ヶ池のティナ
雨ヶ池
ノハナショウブ。咲いてましたが、自分の想像が過大すぎたのか?個人的にはタデ原の様子で十分満足してしまい、カメラと腕のせいもあってUPできるほどの写真が撮れませんでした(苦笑)


雨ヶ池木道のティナ
雨ヶ池の木道
空には、入道雲が成長中。もう、すっかり夏の空。昼間の太陽がジリジリする前に下山します。


ティナ
緑が美しい”くじゅう”の登山道


Iセターのティナ
森林浴を楽しみながら・・・・


森林コースの登山道

下山後のタデ原では、朝駆け帰りのsanpoさんryonaさんと合流。しばし、お二人と湿原の夏の花たちを楽しみました。
先週よりもさらに花は元気に数を増やし、見ごろを迎えてる様子。


ヒメユリ
ヒメユリ
先週も探したけど、見つけられなかったヒメユリ。今回、やっと会えた♪


ミズチドリ
ミズチドリ(水千鳥)
緑の湿原の中で、みずみずしく輝いて見えました。


木道のタデ原
長者原・タデ原/ノハナショウブ


夏の花が盛りのタデ原湿原
長者原・タデ原


長者原園地
長者原園地
sanpoさん、ryonaさんとはタデ原でお別れして、食事休憩のため、ザックを担いだまま目の前の長者原園地へ移動。
いつもは、割と静かな場所ですが、連休中のせいか観光客や夏レジャーを楽しむ家族連れ、学生の部活?で賑やかでした。



山ご飯のそうめん
山ご飯のソーメン。
フードコンテナーで氷を持参。食べ終えた出汁つゆも氷も再びフードコンテナーに入れて持ち帰ります。


ペットボトルから水を飲むティナ


ティナも最後まで元気に歩きました。お疲れさま!
[2014/07/20/Sun] | 山歩き | page top
犬じゃらし
ティナとエノコログサ

散歩途中で、猫じゃらしならぬ、犬じゃらし。
でも、うちのイヌはちーっともかまってくれません。

つまらーーーーん!
[2014/07/18/Fri] | ティナ | page top
きょうの夕焼け
青空の残る夕暮れタイム
少し残っていた青空
この後、どんどんピンクのグラデーションに染まっていくのでした。


青とピンクがまじった夕焼け空



導流堤の夕焼け空



夕焼け空をみあげるティナの横顔
[2014/07/14/Mon] | きょうの夕焼け | page top
天狗ヶ城
牧の戸---くじゅう分かれ---池の小屋---天狗ヶ城---牧の戸(ピストン)
下山後:タデ原散策

先週の朝焼けに味をしめて、2週連続で朝駆け。
牧の戸のコンクリ坂をスタートしてすぐに、前を歩く女性の声に聞き覚えあり。
背後から声をかけると、やっぱり山友のやんやさんでした。今日は、tsurikichiさんとご一緒のようです。途中の久住避難小屋までご一緒しましたが、結局その後、天狗ヶ城山頂で再会。
やんやさん、遠征がんばってね♪

星生崎直下から久住避難小屋をスタートする大勢のライトの灯りが見え、今日の朝駆けの人数は相当だろうな~と、予想がつきました。
きっとその内、数人は顔馴染みだろうとはわかってたけど・・・・

牧の戸Pには、IRIE号が駐車してたので時間的に池の小屋で待機してるだろうと思い、服装調整も兼ねて小屋に立ち寄る。
少し寒そうにしていたIRIEさんに挨拶をして、いつものようにクールにタバコをふかすGOTOさんの一服タイムが終わる間に私もダウンを着こんで(前回寒かったので今回は持参した)天狗ヶ城へ向かった。
GOTOさんに先行してもらい、辿りついた天狗の山頂は、やっぱり知った顔ばかりの朝駆け隊の皆さんでした。

先週の朝焼けは、メラメラと燃えるようでしたが、今朝のは、奥からジンワリじっくりな遠赤外線のような感じです。
ハデではないけど、パンチの強さが伝わるようなドラマチックな朝でした。

三俣山方面
三俣山上空がピンクに染まりはじめる。


夜明け直前、平治岳の奥に由布岳のシルエット
平治岳方面。ずっと奥に由布岳のシルエット。由布岳だけではなく、阿蘇方面や英彦山方面と遠景が綺麗に見える朝でした。


朝日に染まる雲
日の出直前、真っ赤に染まる雲


日の出
くじゅうの朝のはじまり、はじまり。



雲の層が染まっていく
雲の色は、どんどん変化していきます。



大船から登る朝日



朝を迎えたくじゅう
日の出後の、青空に浮かぶ雲もすがすがしく、梅雨明けに始まる夏山への期待感を膨らませてくれます。
梅雨明けまだかなー。

陽が昇ったあとは、皆さんと池の小屋で朝食をとり、下山。

ヤマブキショウマの咲く登山道
ヤマブキショウマの咲く登山道


ハナニガナ(シロ)
ハナニガナ(白)
ryonaさんが、「白があるよ!」と教えてくれたので、白色は珍しいのかな?と思いパチリ。


ハナニガナ
ハナニガナ(黄)
白色をおさめたら、普通に黄色も並べたくなるもので・・・・


下山後は、皆さんと腰をおろして山とはまったく関係のないマンション購入のハナシやら、なにやらで盛り上がり、私は持っていたペットボトル1本を飲みあげてしまったけど、皆さん帰るそぶりもありません。
そうこうしてるうちに、天狗の山頂で別れたnacchiさんが下山してきて、nacchiさんの顔を見たら、ようやく皆さん納得したようで解散となりました(笑)


タデ原に立ち寄るという、さんぽさんとryonaさんに同行させてもらい、木道を花散策。途中で、木下さんとも合流。
花に詳しい先輩方についてまわったおかげで、たくさんの花を観察する事が出来ました。
タデ原には、今たくさんの花が咲きはじめ、下山後の寄り道が楽ししくなりそうです。

今回も山でお世話になった皆様ありがとうございました。


カキラン
カキラン


ユウスゲの咲くタデ原湿原と木道
ユウスゲの咲くタデ原湿原と木道
ユウスゲは顔を近づけてみると、いい香りでした!


オカトラオ
オカトラオ

素敵な朝焼け写真は、ご一緒した皆さんのブログ(HP)でどうぞ♪

九重の四季/木下さん
くじゅうを山歩/sanpoさん
くじゅう連山のひよっこ/ryonaさん
山靴手帖/山靴さん
大空の風景写心/大空さん
九重山行クラブ/ボッチさん
1人ですけど、なにか?/nacchiさん
ビタミンMt/やんやさん
[2014/07/12/Sat] | 山歩き | page top
きょうの夕焼け
導流堤の夕焼け



夕焼けショーのはじまり



夕焼け空とティナ



港の潮風を受けるティナ

ここ数日、ティナとの夕方の散歩タイムは、よく焼けます。
今日も、雲がいい感じでした!
[2014/07/11/Fri] | きょうの夕焼け | page top
きょうの夕焼け
台風一過の夕焼け空



船着き場のティナ



夕焼け空とティナ



港の夕焼け空

台風一過の夕焼け空
幸いなことに、我が家のまわりは被害はありませんでしたが、今後の雨量も気になる所です。
[2014/07/10/Thu] | きょうの夕焼け | page top
きょうの夕焼け
夕焼け空とティナ

今日は焼けました

台風前の夕焼け空


[2014/07/08/Tue] | きょうの夕焼け | page top
中岳
牧の戸登山口---久住避難小屋---池の小屋---中岳---池の小屋(朝食休憩)---牧の戸登山口


久しぶりの牧の戸コース。3月の雪山以来です。
薄いガスの牧の戸Pには、朝駆け隊の皆さんの車が駐車。すでに入山してるようです。深夜2時、単独スタート。
ガスでTシャツが濡れるのがイヤなので、我慢してレインウエアを着て歩き始めたけど、予想通り沓掛に着いた頃はもう、蒸し暑くて、、、、

途中、猛スピードで単独男性に抜かれた。
横顔が、nonoさんらしかったが、短距離走者のような気迫が声をかける余裕を与えてくれず(苦笑)あとで、朝駆け隊の方に確認するとやっぱり、nonoさんでした(ご本人とは会えず終い)

久住避難小屋には灯りがあったが、先行の朝駆け隊の皆さんは池の小屋に向かってるだろうと思いスルー、、、
しようとしたら、名前を呼ばれました(^^;
皆さん、時間調整のためこちらの小屋での休憩だったみたい。

小休憩の後、皆さんと山頂に向かいます。
御池で皆さんと別々のピークに分かれ、私はひとりで池の小屋へ。

池の小屋には、irieさんがいらして今年になって初めての再会です。「新年おめでとうございます」と、ヘンな挨拶をして、二人で中岳へ向かいます。

おー。なんだか焼ける予感。

夜明け直前
夜明け直前


朝焼けの空
メラメラ~。


くじゅうの朝焼け



朝焼けの空


メラメラの夜明け
雲も変化する夜明けのグラデーションも美しい。


虹の柱
虹の柱?
朝焼けの合間に、阿蘇方面を見ると柱のような虹が出現。こんな虹も幻想的ですね。


ガスがおしよせる三俣山
三俣山方面
夜が明けると、ガスが一気に押し寄せてきました。


ガスにのまれる大船山
ガスにのまれる大船山


ガスにつつまれる天狗ヶ城
振り返ると、天狗ヶ城もガスにのまれる所でした。


焼きそばパンとポテサラパン
山ご飯

この後は、ガスに囲まれた池の小屋で皆さんと朝食を兼ねた休憩をとり、下山。
山ご飯は、焼きそばパンとポテサラパン(焼きソバはインスタント袋麺を夜中にジュージュー、サラダは昨夜の残り物)
きっと、池の小屋では写真が撮れないだろうと出がけにザックに詰め込む前にパチリ。
山頂は、寒くて凍えていたので、まだ暖かい飲み物や食べ物でもよかったな。次回は、忘れずにライトダウンを持参しよう。

ガスの登山道
ガスの登山道


朝露にぬれるクモの巣
ガスでしっとりのクモの巣
久しぶりの牧の戸コース。夜明け以降は、ずっとガスでしたが、クモの巣さえも綺麗に見えました。やっぱり、”くじゅう”はいいなぁ~。

<おまけ>
下山途中に、ボッチさんとの会話で別府の城島高原の『城島』が昔々、『鬼島』と呼ばれていて、その発端があの弘法大師だというので、「んな、ワケないでしょ~」ボッチさんが、今つくった”作り話”でしょ。と疑ってたのですが、どうやら本当のハナシ(地元に伝わる民話?)みたいでした。
ボッチさん、疑ってすみませんでした(笑)

甘柿を渋柿にした弘法大師の話




[2014/07/05/Sat] | 山歩き | page top
きょうの空
曇天の空とティナ

大分県地方、よく降った一日でした。
昼間は、勤務先でゴロゴロと雷が聞こえ、留守番のティナが暴れてないか気になって仕方なかった。
(ティナは雷パニック)
多少、部屋が荒らされても平気だけど(慣れって怖い・笑)寝ているエルモを踏みつけたり、ヨレヨレの老犬に体当たりでもされたら大変なので、エルモへの被害だけが心配。

夕飯の買い物もしないで、あわてて帰宅したけど、エルモは普段通りの定位置に寝ていたし、部屋も荒らされてなかった。
ホッ。


導流堤で空をみあげるティナ
雨上がりの空

夕方の散歩タイムは、湿度が高く犬もバテそうなので、今日は”あまちゃんごっこ”はやめにして、軽く導流堤を往復して終わりました。

雷の苦手なティナ
[2014/07/03/Thu] | きょうの空 | page top
ロン
お供えのお花

ロンが旅立ってから3年が過ぎました。
いまだお骨はリビングに置いたまま、手放せないでいたりします。
ロンと別れた悲しみは、薄れてきたように思うけど、ロンに会いたいなぁ~という想いは、つのるばかりです。
ダメダメ飼い主。

ロンが愛用してたネームタグは、私のザックにつけてます。山歩きの時は、いつも一緒です。
山歩きが好きな犬だったので、せめてもの犬孝行です。
[2014/07/02/Wed] | ロン | page top
| ホーム |