三光コスモス園
ティナと三光コスモス園へ

花は終盤でしたが、それなりに楽しめました。

2015_998.jpg

薄いレモンイエローの品種、可憐でした。


2015_999.jpg



2015_1000.jpg

休耕田を利用したコスモス園、遠景は八面山。



2015_1001.jpg



2015_1002.jpg

ヒマワリが少しだけ残ってました。


2015_1003.jpg



2015_1004.jpg



2015_1005.jpg

八面山。ティナとも登った♪


2015_1006.jpg



2015_1007.jpg



2015_1008.jpg



2015_1009.jpg



2015_1010.jpg



2015_1011.jpg

久しぶりのオデカケ楽しかった?また来年来ましょう♪



2015_1012.jpg
[2015/10/31/Sat] | 犬との日々 | page top
英彦山
高住神社P---薬師峠---ケルンの谷---垂水の壺---鹿の角---鬼の舌---中岳---北西尾根---スキー場---(九州自然道)---高住神社P

昨日は、大物の洗濯(イヌとかクルマとか・笑)やフローリングのワックス掛けなど、久しぶりに真面目に家事をこなしたけど、ほったらかしの庭までは手がまわらず・・・
庭掃除はひとりですると飽きるのでオットがいる時にでも手伝ってもらおう。

集合場所の登山口には、かなり早めに到着。だって、この子と遊ばなくちゃいけないから(笑)

2015_977.jpg

黒犬、イセくん。
前回は、フリースの袖口をもってかれそうだったので今日は腕まくり。
ふふーん、だてに犬歴を重ねてはいないのだよ。チミ。
どうだ、今日はデロデロにできないだろう・・・・


2015_978.jpg

あっ。ヤメて!
この腕時計、気に入ってるんだから(バンドのはじっこ気付かれた)


2015_979.jpg

じゃぁ、バイバイとお別れして振り向くと「もっと遊べ!」て・・・
後ろ髪引かれるなぁ、もぅ。
あぁ、ティナに浮気がバレませんように。

2015_980.jpg

今日の予定は、裏英彦コース。
higetias&mamatiasさんご夫妻、sanpoさんと豊前坊から歩きはじめます。
裏英彦コースは、ハードだと聞いてたので自信がなかったけど、higetiasさんのエスコートで順調に登っていけました。
裏英彦は黄葉がいいですね。

2015_981.jpg



2015_982.jpg

ケルンの谷
かわいいサイズのケルンがたくさん積まれてました。


2015_983.jpg

垂水の壺
もう、ずいぶんと雨が降ってなくてカラカラの山肌なのに、岩肌をつたい雫がヒタヒタと落ちてます。


2015_984.jpg

こもれびスケルトン

2015_985.jpg

英彦山は、木が高いのでみーんなで上を見上げてます。


2015_986.jpg

岩峰の展望ポイントからの眺めもサイコー!


2015_987.jpg

鹿の角
急登な登りを一気にがんばれば、青空が抜けるピークに辿りつきます。ここの雰囲気、とてもよかったなぁ。
最初は、ここでお昼ご飯にしようかと言ってたんだけど、mamatiasさんが「お腹一杯になると、この先の鬼の舌が大変だよ~」と言うのでご飯は後回しに、、、たしかに正解でした。

2015_988.jpg

道程はまだまだだゾー。



2015_989.jpg

鬼の舌のガレ場
ココもまた急峻な岩場で、手足をフル稼働してヨジヨジ登っていきます。
後ろを振り向いてないけど、sanpoさんが喜んでるのがわかります。sanpoさん岩場好きなのです(#^.^#)


2015_990.jpg



2015_991.jpg

木々の間から、上宮が見えてきました。


2015_992.jpg

青空スコーン!


2015_993.jpg

中岳山頂より、由布岳遠景。PMがヒドかった1週間でしたが、今日は割とクリアですね。

山頂は思ってたほど混雑してません。皆さんでレジャーシートを広げお昼ご飯。
下山準備中にhigetias&mamatiasさんの山友さんkyon&amiさんご夫妻とお会いし、紹介いただきました。
ご夫妻も下山のようなので、一緒に北西尾根コースで下ります。



2015_994.jpg



2015_995.jpg



2015_996.jpg

スキー場のススキが午後の光をあびてキラキラ輝く中、まといリスは乾燥した日が続いてるのでオシゴト忙しそう(^^)

2015_997.jpg


裏英彦は、ワイルドな雰囲気で楽しかった。コースバリエーションも多い英彦山は、花も雪も楽しそう。
機会があればまたお誘いくださいね(^_^)/~~
山でお会いした皆さま、本日はお世話になりありがとうございました。
[2015/10/25/Sun] | 山歩き | page top
黒岳(天狗岩・高塚山)
男池---ソババッケ---風穴---天狗岩---高塚山---男池

6月のミヤマキリシマ鑑賞登山の際、yumiさんと私で”秋は黒岳で♪”のリクエストをお願いしていたのですが、今回それが叶いましたp(^_^)q

昨日忘れたのでカメラはしっかり確認したけど、モバイルバッテリー(スマホ用)を忘れて引き返し、しばらく走ってから靴下を忘れたことに気づく。
再度、自宅に戻り途中で集合時間に遅れそうな旨、連絡を入れるが、、、それにしても昨日に続き忘れ物多し。
結局モバイルバッテリーはザックINしてたが、肝心のスマホは車の中に置いたまま入山した(ヌケ作すぎる)

メンバーはryonaさん、sanpoさん、yumiさん、私の4人


2015_966.jpg

山頂の紅葉ゾーンにはまだまだ辿りつかないのに、苔岩の落ち葉だけでもテンションは上がります。
yumiさんと二人でワー!キャー!いいながら女子受けするポイントを説明するけどコーチには伝わらない。

ち。

舌打ちが聞こえたのか、風穴からの登りでは鬼コーチがガチガチせめていきます。
ふぅ~~、ついていけません(>_<)

2015_967.jpg

展望ポイントで一息。



2015_968.jpg

天狗岩直下の岩場ゾーン
どこを見ても真っ赤っか!頑張って登ってきた甲斐がありました。



2015_969.jpg

双耳峰の由布岳遠景
今日は空気の状態もよく、すっきりした展望です。

2015_970.jpg

山頂の天狗岩巨石
ryonaさんはヒョイとジャンプして登ってましたが、思ってた以上に岩の上は平らじゃなくてツルっといきそうでムリ~!
岩だらけの山頂をひとしきり楽しんだあとは、高塚山へ移動。


2015_971.jpg

こちらからの展望もサイコー!
あぁ、今季は紅葉三昧だなぁ。

2015_972.jpg

yumiさん、背中がニヤニヤ笑ってますよ(#^.^#)



2015_973.jpg

高塚山で食事休憩をした後は、急登で滑りやすい風穴までを慎重に降り(それでも何度か滑って尻もち)途中で『まだまだ、帰りたくな~い、山にいた~い』とダダをこねるyumiさんを皆でなだめて下山しました(笑)


2015_974.jpg

ソババッケ


2015_975.jpg

ソババッケ



2015_976.jpg

ソババッケ
この辺は、次の週末ぐらいには色づいていそうですね。

ご一緒した皆さま。ありがとうございました!
[2015/10/18/Sun] | 山歩き | page top
星生山・扇ヶ鼻
牧ノ戸登山口---西千里浜---星生崎---星生山---扇ヶ鼻---牧ノ戸登山口

2015_946.jpg

蛇越峠の底霧/由布院

先週の情報では、星生や肥前ヶ城の紅葉が今週は見ごろなハズ。
本当は、夕駆けしたい所だけど、翌日の予定もあることなので体力温存のために普通駆け?のゆっくり登山。
しかし、心配なのは駐車場の確保。早めに到着して車の中で仮眠してから登る予定で、家を出る。
日の出前のやまなみハイウエイをスイスイ進み長者原まで来てハッと気付く。

カメラ忘れた!

まぁ、こんな時期じゃなかったらカメラなくてもここまで来たらもう登るけど、、、、やっぱいるでしょ。
紅葉だもん。
どうしよう・・・・取りに帰ろう。
あ~ぁ、もう。ワタシのバカっ!

自宅へ戻る車の中で、またまたハッと気付く。
そだ!途中までオットに運んでもらおう。バカじゃない、冴えてるぞワタシ。


早起きのオットは起きており、忘れ物したコトを話すと「カメラやろ」と・・・
(充電中のままだった)

文句も言わず、早朝ドライブして忘れ物を届けてくれました。カメラ無事キャッチ。
ありがとう!(いい人度をアピールしといたよ←ロンPへ)


そんな、こんなで、すっかり明るくなった蛇越峠を再び通過すると、早朝の底霧が発生してました。
長い前置きの1枚目の写真です(苦笑)


2015_947.jpg

色付いた沓掛尾根



2015_949.jpg

振り返ってもカラフル~


2015_950.jpg



2015_951.jpg

星生の窓より扇ヶ鼻の赤も見えます

光の加減もあるし、そんなに早くに登ってもしかたないのでいったんは車のシートを倒して寝ていようと思ったが、忘れ物騒動のせいで、眠気も吹っ飛び眠れそうもないので結局は登山口に到着後すぐに入山した。
普段の登山口前Pは満車で、路駐も始まっており、瀬の本方面へ下った駐車場を利用。こちらはガラガラでした。
多少登山口からは離れてはいるけど、路駐よりずっと安全でいいのに、利用者は少ない。山の中を何時間も歩くのに、駐車場から登山口まで歩くのはイヤなのかな?

時間もあるので、星生崎下から岩尾根を歩き山頂へ。

2015_952.jpg

山ご飯/うどん
お昼には少し早かったけど、星生山山頂にてお昼ご飯。
大船山が真っ赤になってるのがよくわかった。向こうもにぎわってるだろうな~。


2015_953.jpg



2015_954.jpg


2015_955.jpg

池糖側の斜面も綺麗に染まってる。

2015_956.jpg



2015_957.jpg

紅葉のトンネル


2015_958.jpg



2015_959.jpg



2015_960.jpg

降りてきた星生斜面を何度も振り返りつつ、「いいなぁ、くじゅう」としみじみ。
扇ヶ鼻の分岐に近づくと、前方から手を振ってる女性が・・・・
ん?
あまり視力は良くないけど、あ!sanpoさん!
ryonaさんと遅い時間の入山だったようで、ここから3人で扇ヶ鼻へ向かいます。

2015_961.jpg

肥前ヶ城西壁
赤く燃えてますねぇ~~

東端や山頂付近の紅葉を楽しんだ後、星生山へ向かうお二人とは分かれて、下山開始。
午後の光を受けて山の紅はますます輝いてました。

2015_962.jpg



2015_963.jpg



2015_964.jpg



2015_965.jpg
[2015/10/17/Sat] | 山歩き | page top
大船山
前日ryonaさんsanpoさんと三俣山を歩き、今日は大船山の夕駆けです。
登山口の吉部Pに着くと、yumiさんとkayoさんもいらしてました。
え~~っと、kayoさん。今日の夜中に鹿児島(韓国岳)に出発予定とか言ってたけど、大丈夫なん?(笑)
にぎやかに5人でスタート。

2015_928.jpg

大船林道にはリスはいましたが、纏のリスではなくてゴミ捨て禁止のリスでした(←nacchi***さんへ)



2015_929.jpg

そして、この子にいたっては、リスだかビーバーだかわかりません(笑)



2015_930.jpg

ウリハダカエデ(←kayoさんに教えてもらった)が色づいた大船林道


2015_931.jpg

鳴子橋を渡ると、ボウガツルはすぐそこ。



2015_932.jpg

ススキの海原を行くよ~~♪

テン場で食事休憩をしたあと、いよいよ本格的な登山道。
苦手な大船の登りで、「足があがらなーい」と弱音を吐くと先頭を行くryonaさんが「カシュガルくんがいるよ~」と犬好きな私にまるで鼻先にニンジンをぶら下げるかのような甘い言葉(ちなみに、ニンジンは苦手です)
撒き餌かと思ったら、本物のカシュガルくんでした。
顔なじみで私が馴れ馴れしいせいか、最近のカレはつれないT_T
やっぱりほどよい距離感が大事なんだね。
今度からタメ口はやめます(苦笑)

2015_933.jpg



2015_934.jpg

段原から眺める山肌も綺麗に染まってます。
これは山頂がますます楽しみ♪



2015_935.jpg



2015_936.jpg



2015_937.jpg



2015_938.jpg

池の周りも素晴らしい!ピークと言ってもいいんじゃないでしょうか。
そう。大船山の御池に降りるのも初めてです。
昨日の三俣山お鉢廻りデビューからお初が続いてます。
朝は少し心配だった空も青空が広がり、紅葉をよりいっそう引き立てます。
残念ながら風があるので、ミラー大船にはなりませんでしたが、燃え立つような美しい景色に感激です。



2015_939.jpg



2015_940.jpg

段原斜面は、次回の週末ぐらいがピークでしょうか?


2015_941.jpg



2015_942.jpg

山頂の風は冷たく、ダウンを着こんで夕暮れを皆と一緒に迎えます。
雪山になる前のこの時期でも、寒さが堪え特に手の冷えは苦手で、紅葉時期でこんなにつらいと雪山登れないなー。


2015_943.jpg

夕日が重なり、より一層赤を増していく山肌。

日没直前は、ガスで撃沈。それでも、初めての大船山の紅葉登山はその美しさにため息ばかりでした。
陽が落ちると一気に暗くなる登山道を皆で急いで下山。真っ暗な山道も大勢だったので心強かった。
皆さん、お世話になりました。次回もまたよろしくお願いします。


2015_944.jpg


2015_945.jpg
[2015/10/11/Sun] | 山歩き | page top
三俣山
牧ノ戸コースの紅葉はまだ早いし、由布岳もまだまだ。
大船山には一人で登れないし(だって、ロングコースでキツくて←ヘナちょこ)、一人で平尾台のススキでも見に行こうかなぁ~と考えていたら、天から「あまっちょろい!」と喝が入る。
天の声に導かれて早朝の大曲Pに着いたら、鬼コーチが金棒持って立っていました(ウソ)

猛暑の福智山以来のノリさん鬼コーチRyonaさんsanpoさんと4人で入山。

亡くなったロンは、すがもり越えのガレ場歩きが好きな犬だったので、よく大曲から入山して三俣山には登ったけど、ティナの代になってからは、砂防堰堤のアルミハシゴを大型犬のティナを抱いて登り降りするのが大変で、ずいぶんと登ってなかった。
そんなワケで、三俣山は久しぶり。
予定では、お鉢を廻ってノリさんとRyonaさんは、大船山に行くという。

コーチ、それはハードです(゚д゚)
当然sanpoさんと私は、三俣山だけのつもりなんだけど・・・・

そう、そう。私、三俣山のお鉢は初めてなんです。お鉢デビューですよ!


2015_913.jpg

眼下の丸い鈍頂は指山
遠景は、湧蓋山。空は生憎の曇り空。


2015_914.jpg



2015_915.jpg

少し早い感じのある三俣山の紅葉は、赤、オレンジ、それに緑がきいていてパッチワークのような色彩。
青空だともっと色鮮やかなのでしょうが、お鉢デビューの私にとってもそれでも十分すぎる美しさです。
お鉢、楽しいなぁ~。


2015_916.jpg

小鍋の淵も色づいてます。


2015_917.jpg

お~~っ。
嬉しい歓声が続きます。

2015_918.jpg



2015_919.jpg

途中、食事をしながら青空を待ちますが思いはかなわず。
大船山を諦めたRyonaさんとノリさんは、夕駆けの目的地を扇ヶ鼻に変更。sanpoさんと私は、大鍋の底を歩いて大曲に下山することにします。


2015_920.jpg



2015_921.jpg



2015_922.jpg



2015_923.jpg



2015_924.jpg



2015_925.jpg

鍋底から見上げる紅葉もまた素晴らしい!
sanpoさんと二人で、「やっぱり上から見たら、底からも見ないとね~~」と夕駆け別行動の二人に少々ジェラシーを感じつつも(笑)山旅女子部をゆっくり楽しみました。


2015_926.jpg



2015_927.jpg

見どころ、絶景ポイントいっぱいだった三俣山お鉢。今まで上から眺めるだけだったのでもったいなかったな。
下山後は、夕駆けした二人が牧の戸へ戻る時間もあることだし、男池のおいちゃん家に立ち寄り、お土産の鴨ロースを入手。
偶然、かくし水から下山してきたkayoさん&fumiちゃんと一緒になり、しばしおいちゃんご夫妻も含めておしゃべり。
fumiちゃん、手作りの芋羊羹美味しかったよ♪ごちそうさまでした。

ご一緒した皆さま。お世話になりました。また次回もヨロシク♪
[2015/10/10/Sat] | 山歩き | page top
俵山
阿蘇外輪山の俵山をティナ連れで登りました。


2015_899.jpg

俵山展望所
駐車場のある展望所からスタートです。


2015_900.jpg

展望所からも雄大な阿蘇五岳が見渡せます。ドライブついでに立ち寄る観光客も多いようですね。
ツーリングにもいい季節。多くのライダーの姿も見かけました。


2015_901.jpg

展望所には、風力発電の巨大風車。10基ほど立ち並んでいて風切り音を立ててます。


2015_902.jpg

防火看板
俵山にはリスはいませんでしたよ←nacchi***さんへ
看板は、かなりくたびれてますが、よく見ると金太郎が両手つっぱりでタバコの吸い殻をふっ飛ばし、ギャラリーはクマとキツネ?とタヌキです。
クマは意外と悪い顔してます。そんな詳細はどうでもいいのですが、取り付きはいきなり急登。
昨日、由布岳を登り(お鉢も回ったし)二日続けての山歩きは、お年頃なので少々こたえます(苦笑)
 

2015_903.jpg

登りをひと頑張りすれば、ススキの登山道。
途中、樹林帯の中を歩くコースや長い階段などあり飽きずに登れます。


2015_904.jpg

山頂は多くのハイカーでにぎわってました。
日差しをよける場所はなさそうなので、手短に食事を済ませ下山。


2015_905.jpg

少し残念なのは、昨日はあんなにクリアだったのに今日は霞があり遠景はスッキリしません。
それでも、ティナと歩く道は楽しい♪


2015_906.jpg



2015_907.jpg

ツリフネソウ
登山道には、ウメバチソウや、マツムシソウ、ヤマラッキョウも残ってました。



2015_908.jpg



2015_909.jpg

階段コースを降りますよ~。



2015_910.jpg

落ちてた鳥の羽。なんの鳥かな?
(カケスでした/2015.10.12追記)


2015_911.jpg

ティナ13才。今日も元気に歩きました。お疲れ様!



2015_912.jpg

肥後牛丼
下山後、展望所近くにあった食事処でいただきました。テラス席もあったのでティナも一緒に♪
美味しかった!
[2015/10/04/Sun] | 山歩き | page top
由布岳
由布岳正面登山口---マタエ---東峰---(お鉢)---西峰---マタエ---合野越え---飯盛ヶ城---由布岳正面登山口

由布岳に朝駆け。
正面登山口を単独スタート。
無料Pには、私以外に1台のみだったが、先行するライトは見えない。時折振り返るも後から追い付いてくるライトも見えず、闇夜に響く鹿の鳴き声にドキドキしながら草原の牧道を登りきる頃には、体も温まり樹林帯に入る直前にフリースを脱皮。
普段だと休憩する合野越えも立ち止まらず通過。
夜中の由布岳、怖いっ。牧ノ戸コースなら平気なのになぁ。


2015_873.jpg

由布岳東峰山頂より中央はお猿の高崎山。志高湖の湖面も中央付近に写ってます。



2015_874.jpg

東峰山頂より鶴見岳方面
山頂は、やっぱり誰もいない。脱いだフリースとダウンを着こんで一人っきりの夜明けを楽しむ。
あらま、、、ピーカン(苦笑)



2015_875.jpg

モルゲン西峰


2015_876.jpg

ガスも雲もなく、明けちゃいました。

夜明け後、男性が一人登ってこられて、少し話をすると毎回お鉢を複数回廻るという。
今日は4周が目標というので、ビックリ!腰抜けそうでした。
お鉢は、今まで山友と一緒だったりしたので、今日こそは単独お鉢デビューするぞ!と意気込んでたんだけど、話のついでに「後ろ付いていってもいいですか?」とお願いすると、快く「では一緒に行きましょう」と言っていただき、ホイホイ付いて行きました。


2015_877.jpg

お鉢途中より、越えた岩峰とさきほどまで居た東峰(左端)を振り返る。青空がまぶしい。



2015_878.jpg

由布岳西峰


2015_880.jpg

英彦山方面
先導していただいた男性ハイカーと遠景の山々を見渡す。
今日は、空気が澄んでいて遠く山もよく見えます。


2015_881.jpg

くじゅう遠景


2015_879.jpg

ずっと奥に普賢岳


2015_882.jpg

再度、くじゅう遠景
連なる山々が美しい。


2015_883.jpg

鎖場を降りる
お鉢をご一緒した男性ハイカーさん
お世話になりました。マタエでお別れしたけど、そのあと予定の回数を廻れたでしょうか?私が付いいったのでタイムロスがあったんじゃないかと心配です。


2015_884.jpg

トリカブト


2015_885.jpg

登山道より倉木山方面



2015_886.jpg



2015_887.jpg

ススキが主役の今日の由布岳


2015_888.jpg



2015_889.jpg

ススキのキラキラ♪~シュシュシュの雲を添えて~
(yumiさんからの宿題提出)



2015_890.jpg

下山路の木々と空。登りは、暗くて怖かった道も枝葉の間からの青空が気持ちいい。



2015_891.jpg

合野越えにて朝ラー。



2015_892.jpg

センブリ



2015_894.jpg

帰りは、飯盛ヶ城経由で。



2015_893.jpg

ウメバチソウ


2015_895.jpg

眼下には、由布院の町。
展望を楽しみながら下る草尾根。夜明け後は暑い一日だったけど、お鉢廻りも飯盛ヶ城からの風景もよかったなぁ。


2015_896.jpg



2015_897.jpg



2015_898.jpg
[2015/10/03/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |