リン
2015_1204.jpg

実家犬、リンの散歩納め。
母とは毎日行ってるみたいだけど、年内は実家に用事ないから私と行くのは今日が最後ね。

いつもとは違うコースで歩いたら、駅の近くにいい感じのお散歩公園が出来てた(ずいぶん前からあったらしい)

2015_1205.jpg

巻き尾がかわいいリン。
また来年、お散歩しましょう♪


2015_1206.jpg



2015_1207.jpg



2015_1208.jpg
[2015/12/28/Mon] | 犬との日々 | page top
イブの日の覚書(ティナの眼振発作)
夜中にティナが眼振発作。

モゾモゾとベッドから起きあがろうとしているので、トイレかな?と外に出そうと促すも、なかなかベッドから降りようとしない(ちなみに、飼い主のベッドです)
ベッドから前足だけ床におろして、体半分はベッドの上に残ったままで、ユラユラしてる。
私も半分寝ぼけてたので「なにしてんのー?」と声をかけながららハッとなる。

部屋の電気をつけてティナの顔を覗くと眼振発作です。

すぐに常備薬を飲ませる。以前にも発作を起こしてるのでこんな時のために内服薬を処方してもらっていた。
(よかった~、在宅時で・・・)

だっこして添い寝。
気になってなかなか眠れない(私が・・・イヌは寝てる)
浅い眠りを何度か繰り返し、明け方自分が眼振を起こしてる夢を見た。

どこかの病院に行き、医者に「先生ほら、目がグルグル回ってるでしょ!コレ眼振なんですっ!」と必死で訴えるワタシ。
どんだけ、事前のデキゴトに影響されやすいんだか・・・・苦笑。

ヘンな夢で目覚めると、ティナの眼振発作はほとんどおさまっており、多少フラつくも自分で歩けるしご飯も欲しがる様子。
念のためもう2錠ほどお薬を飲ませて出社(年末が近づきなかなか休めない)

仕事中も気が気でなかったけど、夕方帰宅すると部屋の中をドドーっと走って迎えてくれました。
よかった、よかった。

眼振発作は、比較的シニア犬に多い症例のようです。
犬がフラついてまっすぐ歩けない、ユラユラして立ち上がれない、症状によっては嘔吐する場合もあります。人で言う”めまい”のような症状です。
そんな時は、犬の眼を観察してください。眼振発作の場合、目玉が横揺れ、縦揺れ、またはグルグル回ってます。
参考までに、動画です。
ティナの眼振発作(2013年9月の記録)

ティナの場合、過去も今回も内服薬がとてもよく効き、翌日には元気に復活しました。
後遺症などの心配もありません。

2015_1203.jpg



以下覚書(発作の記録)
1回目:2013/03/27
2回目:2013/09/03
3回目:2015/12/23(今回)
[2015/12/24/Thu] | 犬の医療 | page top
冬の海
定期メンテの動物病院受診
帰りは海に寄り道。

2015_1192.jpg



2015_1193.jpg



2015_1194.jpg



2015_1195.jpg



2015_1196.jpg



2015_1197.jpg

おっ、いくのか?
いや、、、やっぱりカナヅチ犬。


2015_1198.jpg



2015_1199.jpg



2015_1200.jpg

鳥居越しに見える奈多海岸



2015_1201.jpg



2015_1202.jpg

影まで跳ねちゃって、、、楽しかったね♪
[2015/12/19/Sat] | 犬との日々 | page top
由布岳
由布岳正面登山口---マタエ---東峰(ピストン)


田中陽希さんに会いに英彦山に行く予定でしたが、まさかの直前になって風邪でダウン。
nacchi***さん、安心してください。ぬけがけしようとしてたのでバチがあたりました(^^;

病院にも行って、ちゃんと処方された薬も飲んで、とにかくずーーっと寝てて(ティナもつきあってくれたので、ほどよい犬あんかで保温)ちょっとよくなったぽいので(と、自分に暗示をかけて)由布岳に行ってきた。

あ~、でもたぶん、ワタシやっぱり風邪で頭ユルユルだったんだな。
グレトラHPのヨーキMAPを当日になって全然チェックしてなかったよー(泣)



2015_1183.jpg
 
早朝の飯盛ヶ城(左)と由布岳(右)
夜明け後のエコーラインを走る間、冬枯れの木々の間からモルゲンした由布岳がチラチラ見えてすでにソワソワ。


2015_1184.jpg

田中さんの登るルートはわからないが、一番無難な正面登山道から取り付く。
今日は体調がイマイチなので西峰には登らず(西の山頂標識付近は風よけがなく寒そうなので)東峰で様子をうかがうことにする。
東峰山頂は、すでに数人の方が待機中。想像してたほど大人数でもない。

出発前はスッキリした双耳峰が見えていたけど、山頂到着時刻はガスガス。
一瞬ブロッケンも見えたりしたけど、寒さであまり余裕もなく上着を着込んで山頂をウロウロしてたら、うすきさんとバッタリ。
駐車場で車を拝見してたので、うすきさんがいらしてるのはわかっていたけど、お会いできるとは、、、嬉しい再会です。
うすきさん、すでにお鉢を廻られたようで、田中さんを待ってるとのこと。
岩陰の風の当たらない場所を譲っていただき(ありがとうございます)お話してると、東登山口からヨーコさんが登ってきた。

ヨーコさんも田中さんお目当てらしい(さすがに、今日はだれも同じ目的ですよね)
久しぶりに会うヨーコさんとおしゃべりがとまらなくなり、途中でyumiさんのお友達の方にも声をかけていただき(私、顔バレてるのかな・苦笑)そーこーしてるうちに、Tさんを発見して捕まえる。

ホント、Tさん山頂で私によく捕まりますね。
Tさんに「お友達のヨーコさんです」て紹介したら、『あ!13(じゅうさん)の人!?』って・・・
私、思わず「そう、そう」て返事しちゃったけど、すぐにヨーコさんに「サーーティーーンですからっ」て訂正されてた(笑)

少し前に大崩山ブームだったTさん、ヨーコさんと大崩や傾山の話がはずんでたようで(私にはさっぱりわからないけど)、よかった~。
Tさん、ブログはじめてくださいね~♪


2015_1185.jpg

くじゅう方面が一瞬見えたり・・・・



2015_1186.jpg

鶴見岳のアンテナ塔も見え隠れ。でもすぐにガスにのまれた。



2015_1187.jpg

ちょっといい感じのガス。


2015_1188.jpg

山頂では田中さんの現在位置の情報があちこちであがり(皆さんスマホでチェックしてる)「金鱗湖からぜんぜん移動してなーい」とか「由布院で観光してるぽい」とか・・・・
山頂到着までは、まだまだ数時間かかりそうなので運がよければ下山途中で会えるかも、、と期待して下山することに。

ヨーコさんは東登山口に戻るのでココでお別れ、またお会いしましょうね♪
うすきさんにご挨拶と思って探したけど、すでに移動されたようで姿が見つからず、、、うすきさん、話の途中で失礼しました。
Tさんとは、この冬の間にでもまた会えそうなので軽めにバイバーイ(^_^)/~~

一人でマタエに降りたら背後から声をかけられる。
kayoさんとfumiちゃんコンビ。
あ~~、今日は全然約束も待ち合わせもしてないのに次々に知り合いに会うなぁ(*^^*)
しばらくおしゃべりして(今日はホントしゃべってばかり、ゆえに写真ほとんどなし)西峰へ取り付く二人の後ろ姿を見送った。

下山は、初めて会った熊本の女性と旅は道連れ状態で「ヨーキくんに会いたかったねぇ」と二人でトボトボ降りる。
九十九折れの登山道途中で、そろそろ登って来るかも!という情報。
どーする?ココで待つ?
場所的には、直線が少し長めで駆けあがってくる田中さんを待つには、狭くもないのでクロスするにも余裕もある。
もう少し下ると合野越えだけど、そこだと人に囲まれてるかも。
じゃ、ここで待機しようと待ってると山頂でお会いした人たち数人も合流して(ちなみに、初めてお会いする人ばかり)しばしの待機。

午後の靄の中の登山道。あのシルエットは・・・・
キターーー!


2015_1189.jpg



2015_1190.jpg



2015_1191.jpg


早い、早いとは聞いてましたが本当にあっと言う間に駆け抜けていきました。

皆で送った声援に「(下山は)皆さんもお気をつけて」と返事をいただき、あぁ~なんて、感じのいい人なんだぁ~。
由布岳以降、残り6座もどうぞ頑張ってくださーい。

nacchi***さん、安心してください。
ヨーキくん、すんごくカッコよかったです!!!!
[2015/12/13/Sun] | 山歩き | page top
さよならアボカド
2015_1181.jpg

朝シャン後のドライ中~

朝から大物洗濯(レースのカーテンと犬)
天気がいまいちだけど、幸いどっちも乾きやすい素材(うちのイヌは貧毛アイリッシュ)なので大丈夫。

ずっと植え替えたかった夏⇔冬用の花。夏の間、インパチェンスが元気に咲いており、寒くなってもなかなか枯れずにいたのでそのままになってたけど、さすがにそろそろビオラを植えなきゃ、、、と苗物購入。
毎年、どの色にしようかと悩んでは、結局ブルー系や黄色など好きな色をチョイスするので、今年は今まで植えた事のない色にしてみた。
オレンジもなかなか可愛い。
ミニシクラメンもひとつだけ買ってみた。

そして、種から発芽させ観察を続けていたアボカドちゃんとお別れしました。葉焼けがヒドくて・・・(>_<)
うまく成長させるには、夏場の葉焼け対策がキモですね。

2015_1182.jpg
[2015/12/06/Sun] | 犬との日々 | page top
天狗ヶ城・中岳
久しぶりのくじゅう朝駆け。
でも、夜明け前の山頂待機がつらくて(この時期、マイナスの世界です)日の出の時間にギリギリ間に合わうようにヘナチョコ時間のスタート。
途中、ヘッドライトが消えかけ首にぶら下げた犬の散歩用のネックライトの光を頼りに登るが、西千里手前でいよいよ光量があやふやになり、ザックから手持ちライトを出す。今日は、Wストックだったので、手持ちはイヤだったんだけど。

いや~、明るいわ。手持ちライト(GENTOSの閃っていう小型ライト)

服装調整のため、久住避難小屋に立ち寄るとテーブル二台が横倒しになっていてビックリポン!
な、、なにがあったの?

御池の手前から天狗に取り付くけど、強風でなかなか山頂にたどりつけない。


2015_1158.jpg

風にあおられながら、やっとやっとの山頂は、夜明け後のガスが舞ってました。



2015_1159.jpg



2015_1162.jpg

久住山が頭をのぞかせる。いーねー。



2015_1163.jpg

そしてブロッケン



2015_1168.jpg



2015_1160.jpg

立ち去りがたい天狗ヶ城山頂
星生も出てきちゃったしぃ~、もう今日は中岳行かなくていいんじゃない?



2015_1161.jpg



2015_1172.jpg

中岳へ移動してみて、大船方面が思った以上に白くなくて少し拍子抜け。
ピークハントのみですぐに下りる。



2015_1164.jpg



2015_1166.jpg



2015_1169.jpg



2015_1171.jpg



2015_1173.jpg

霧氷群と天狗ヶ城
雲がもっと成長すればいいのに・・・


2015_1175.jpg



2015_1176.jpg

御池と中岳
砕けた氷と湖面のさざ波がおもしろかった。


2015_1174.jpg

星生崎



2015_1177.jpg



2015_1178.jpg

中岳を下りた後は、山頂でご一緒した皆さんと霧氷パラダイスを楽しみながら下山。
午後から予定があったので、途中からお先に失礼してダッシュで駆け下りました。
ご一緒した皆さま、お世話になりました^^♪



2015_1179.jpg
[2015/12/05/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |