おんせん県
こないだ坊ガツルに行った時、ずっと入りたかった温泉にやっと入ってきました。

2016_0308.jpg

温泉手形
1000円で長者原近辺の温泉を3回利用できるんです。お得です!



2016_0309.jpg

もうこの雰囲気だけで味わいがありますね。



2016_0310.jpg

な~んと、先客もいなくて貸切状態。
窓の外には、大船山がドーン!
いやぁ、山の中の温泉は解放感抜群ですね。



2016_0311.jpg

ここは、石鹸・シャンプー類は使いないので(環境重視ね)温まるだけ。
でも、源泉かけ流しで湯量もたっぷりで(おまけに、湯船広いったら)気持ちいいです。はぁ~ゴクラク、ゴクラク。



2016_0312.jpg

入口の暖簾もシブいっ。


2016_0313.jpg

湯あがりに、用意していたラーメン作って食べようとしたんだけど、ガスもコッヘルも具材もしっかり持ってきてたのに、肝心の麺がザックをひっくり返してもどこにも入ってない。
ガ~~ン。ショック・・・・
しかたないので、山荘で牛丼注文しました。
イチゴはデザートに用意してたやつ。


2016_0314.jpg

お肉を贅沢食いして・・・・ご飯を半分残して。



2016_0315.jpg

ラーメンのトッピングに持参した具材を乗せて、二度美味しいのデス(^_^)v
(焼き鳥&茹で卵、親子丼?)


2016_0316.jpg

マンサク


下山途中で汗かくし、シャンプー使えないのでどうせ自宅に帰ってもう一度お風呂入るんだけど、それでも山の温泉はイイネ♪
また行こうっと。
[2016/03/30/Wed] | 未分類 | page top
両子山
じなしさんが山口県からの山友さんを案内して、両子山を登るというで、便乗してくっついて行きました。

国東半島峯道ロングトレイル
国東コースK-6の後半部分(たぶんおいしいトコ・笑)を歩きました。

山口の皆様は昨日、中山仙境と千灯岳を歩かれて本日は国東ツアー2日目です。

両子山は、国東半島のど真ん中。一等三角点のお山です。
初めて登る山なので、事前予習しておこうかと思ったけど、国東の山に詳しいじなしさんがガイドなので丸なげ。
ザックはかるっているけど、気持ち的には手ぶら感覚ですp(^_^)q


2016_0287.jpg

そんな生ぬるい気持ちで来たので天罰がくだったのか、いきなりの急登。
最初からふくらはぎもアキレス腱も伸び放題(苦笑)



2016_0288.jpg


最初の600Mピークにたどりつくと、視界が開け屋山方面の展望が素晴らしい。
屋山は、ロンやティナも登った山。登山口となる長安寺には(植栽ですが)石楠花がたくさんあり、GWの頃は花を楽しみながらの登山もできます。
過去の山行記録⇒2015/04/29 屋山(ティナ同行)
参照:屋山城


話はそれましたが、まだまだ急登は続きます。


2016_0289.jpg



2016_0290.jpg

この登り、写真で伝わるかなぁ。結構あるんですよぉ。


2016_0291.jpg

やっと、気持ちのいい尾根歩きに出たかと思ったら・・・・



2016_0292.jpg

今度は、激下り~~~(笑)



2016_0293.jpg

ご褒美の1等三角点。
そんな、アップダウンを繰り返し辿りついた山頂は、気持ちのいい青空でした。
「仏の里・国東」苦行もがんばって歩いたので報われました~。



2016_0294.jpg

海の向こうに姫島
少しかすんでるけど、姫島も見えますね。
じなしさんに、アサギマダラの群舞の話を聞いて、ますます姫島に行きたくなりました!


2016_0295.jpg

展望台とアンテナ群の山頂広場


2016_0296.jpg

登山道には藪椿



2016_0297.jpg

下山も激下りが続きまーす(楽しい!)


2016_0298.jpg



2016_0299.jpg

鬼の背割岩
見上げるほどの巨石。隙間を通って行きます。



2016_0300.jpg

針の耳
皆さん、無事通過。


2016_0301.jpg

最後の鎖場


2016_0303.jpg

奥の院
頭上の岩場にゲンカイツツジがあるようです。



2016_0302.jpg

あーーっ、あんなに上なのかぁ。
望遠苦手な私のコンデジではムリっ(>_<)



2016_0304.jpg

国東塔と梵字岩
梵字はかなり風化して薄かった。

スタートした駐車場に戻ると小さな雨が落ちてきました。
皆さんの行いがよいので、歩いている間は晴れでしたね。じなしさん、山口の皆様お世話になりました。



2016_0305.jpg



2016_0306.jpg



2016_0307.jpg



[2016/03/27/Sun] | 山歩き | page top
坊ガツル
吉部P(300円の方)---大船林道ショートカットコース---坊ガツル(ピストン)

「いつかは見学したいな~」と思っていた坊ガツルの野焼き。
毎年天候に左右され、予定の週末に行われることが少ないので(延期に次ぐ延期、結局は平日っていうパターン)ここ数年はすっかり諦めてたんだけど、今年は行ける!


2016_0270.jpg

夜明けの蛇越峠/由布院

待ち合わせの時間に少し早目に到着しそうだったので、ちょうどご来光タイムだった蛇越峠にて夜明けを迎える。
雲も底霧もなくて寂しい。

野焼き目当ての入山者が多いと思ったけど、吉部Pはスカスカ。
それよりも、予想していた気温よりグッと低めで、ダウンもってこなかったことを少し後悔。

先週は、佐渡窪のマンサクでしたが、今日は大船林道のマンサク。
こちらもいいですね。皆であちこちの黄色を楽しみつつ、坊ガツルに到着。


2016_0271.jpg

野焼きスタッフの軽トラが次々と現地に入り、しばらくして小さな炎が向こうに、こちらにと上がり、いよいよ炎の舞いのはじまりです。



2016_0272.jpg



2016_0273.jpg

バチバチとすごい音と炎の勢い。まるで生き物です!


2016_0274.jpg



2016_0275.jpg



2016_0276.jpg

カルシファー!



2016_0277.jpg



2016_0278.jpg



2016_0279.jpg



2016_0280.jpg



2016_0282.jpg

野焼き後の坊ガツル
あっという間に燃え尽きた湿原。
野焼きが終わると芽吹きの季節。新緑が待ち遠しいですね!
(危険で重労働な作業で美しい自然を守ってくれている野焼き関係者に感謝!)


2016_0281.jpg

マンサク

少し煤けたにおいを中、炎の余韻を感じつつ皆さんと食事休憩。
帰りは、再度マンサクを楽しみながら往路を戻る。

今日は、ティナが留守番してるので早目に帰る。男池経由の皆さんとは吉部でお別れ。
山でお会いした皆さま、お世話になりました。

ロンPも留守だったので、ひとりぼっちで留守番していたティナは軽く暴れてました^^;
(オモチャ箱をひっくり返して、クマとカモとブタさんは部屋の隅に放り投げられており、アンパンマンはテーブルの下でした←すべて縫いぐるみ)
[2016/03/26/Sat] | 山歩き | page top
浮気がバレた日
2016_0283.jpg

ミニウサギのなっちゃん


2016_0284.jpg

ヨジヨジ登ってくるの~



2016_0285.jpg

ラブラドールのはなちゃん



2016_0286.jpg

呼子のイカはピンクらしい(笑)


友人宅に寄り道して帰宅すると、なぜか浮気がバレてティナに激しく問い詰められました(^^ゞ
[2016/03/25/Fri] | 犬との日々 | page top
え~~?
2016_0269.jpg

朝一は、毛布からなかなか出てこないティナ

ここ、一年以上ずっとフードをふやかしてあげていたんだけど(歯茎も歯も弱くなってるので/14才です)なんとなく試しにカリカリのまま、トッピングもなにもなしであげたら、ポリポリ普通に食べてる!

気まぐれなのか?

今まで、あれやこれやと苦労して素材を変えたり、スープ(主に鶏)とったりしてきたのはなんだったのか!

ティナの気まぐれサイクルは短いので、カリカリブームも数日かもしれない。
[2016/03/22/Tue] | ティナ | page top
きょうの夕焼け
2016_0268.jpg

八面山のシルエットが綺麗に見えてました。

大袋のドックフードから小分け用のコンテナに移し換えるのはロンPの仕事なんだけど、今日その作業をやっていたらしく、「こぼしたフードを手のひらに2~3粒ずつ乗せてあげたら美味しそうに食べたよ」って・・・・

あぁ、、それね。
こないだ、私がスプーンで一口ずつあげて”かまってちゃん”にしちゃったからじゃない?

最近トシのせいか、ちょっと甘やかせすぎかも(苦笑)
[2016/03/21/Mon] | きょうの夕焼け | page top
白口岳
沢水登山口---佐渡窪---鉾立峠---白口岳---(本山登山道)---沢水登山口

前日まで不調だったティナのお腹は、一日様子を見て具合もよさそうなので(ロンPもいることだし)マンサクツアーに同行。
犬連れで何度か佐渡窪経由を歩いた事があったけど、鉾立から見上げる白口岳は「ウヒャー、無理むりぃ」な感じでずっと見て見ぬふりをしていた(笑)

念のため、「マンサクを鑑賞した後、どこかピークを踏むの?」と昨夜のうちにryonaさんに探りを入れておいたら、『白口岳』って返事に、”あぁ~、やっぱりね。そりゃ行くよねそっちに”と、心の準備をしておく。


2016_0253.jpg

ryonaさんsanpoさんyumiさん4人で沢水をスタート。
何度か繰り返す上り下りの階段では、”そーいえば、昔ここでロンの写真を撮ったなぁ”と懐かしい。



2016_0254.jpg

今日は青空にマンサクの黄色が映えます。


2016_0255.jpg

マンサク、、、こんなにじっくり見たのは初めて。


2016_0256.jpg



2016_0257.jpg

何年かぶりに下から見ても、やっぱり”ウヒャー”
「やっぱり登るんですか!?コーチ!」

『いや、見た目ほどたいしたコトないって!』
・・・・だって。
うぅ~ん、似たようなセリフを先週どこかの山の上で聞いたような気がする。



2016_0258.jpg

白口岳ラストの登り
途中、黒ボクのぬかるみに苦戦しながらも、高度を上げる毎に展望が開けるので気持ちいい。


2016_0264.jpg

yumiさん、今日は本当に”ららら山日和”ですね!


2016_0265.jpg

普段は静かな白口岳も、マンサク登山のハイカーでしょうか?今日はにぎわってました。
日当たりのいい山頂付近で、食事休憩。
下山は、本山登山道。歩くのは初めてです。
sanpoさんから「下りは、結構長めですよ~」と聞いていたのですが、皆さんと一緒なのでおしゃべりしながら思ったよりも早目に下山。
下山途中のマンサクで何度も足止めになったので疲れずに下山できました。

下山後は、男池周辺でお花散策。


2016_0259.jpg



2016_0260.jpg

アマナ


2016_0261.jpg

ユキワリイチゲ


2016_0262.jpg

シロバナネコメソウ



2016_0263.jpg

シロバナネコメソウ



2016_0266.jpg

アズマイチゲ



2016_0267.jpg

コケ好きなyumiさんにうながされて・・・・(笑)

春の花が楽しい季節になりました♪
sumiさん、今度は山頂でお会いしましょうね~
ご一緒いただいた皆様ありがとうございました。またよろしくお願いします(^^)
[2016/03/20/Sun] | 山歩き | page top
きょうの夕焼け
2016_0250.jpg

今日はオデカケの予定だったのに・・・・
まさかティナが遠足直前にお腹痛くなるタイプだったなんて(苦笑)


2016_0251.jpg

犬生14年にして初のゲ~リ~
飼い主のいないあいだにキッチンパーティー(※)してもお腹壊さなかったイヌが・・・
※新入防止柵のバリケードを突破し、台所のゴミ箱(ペダル式の蓋の上に鉄アレーの重しを乗せてる)をぶちまかして食材の残りを盗み食いすることを我が家ではパーティーと呼ぶ(笑)



2016_0252.jpg

終日絶食。
お腹にやさしい「くず湯」を作ったが、味も風味もないのが不満なのか?見向きもしなかったので、鰹節投入。
一口ずつ、スプーンで病人ぽくかまってあげたら食べました。トホホ。

お腹の調子が悪いだけで、普通に元気なので、夕方は夕焼け散歩。
PMの影響でひどくかすんでました。
[2016/03/19/Sat] | きょうの夕焼け | page top
きょうの夕焼け
2016_0249.jpg

台所用の液体洗剤が切れていたのでドラックストアに寄ったら、なぜかビスコとハーベストと黒豆しぼり(豆菓子)が買い物カゴに・・・
スーパーでもそうなんだけど、菓子コーナーは立ち寄らないようにしよう。
[2016/03/16/Wed] | きょうの夕焼け | page top
きょうの夕焼け
2016_0248.jpg

だんだんと日が長くなり、夕方のお散歩も明るさが残ってるうちに行けるようになりました。
[2016/03/14/Mon] | きょうの夕焼け | page top
おんせん県
2016_0246.jpg

五湯苑/別府市
泉質:単純硫黄泉
入浴料:¥500
貸切専用温泉です。
(手ぬぐいがシワくちゃなのは気にしない・苦笑)


2016_0245.jpg

ここ、すごく気に入りました。
貸切風呂って、普通1部屋(棟)いくらってところが多いけど、ここは1人頭の料金設定。なので、少人数でいくほどお得感ありです。
しかも、入浴料に地獄釜(蒸し釜)の料金含むって、、、、
釜を自由に使えるコーナーがあって(テーブルや椅子もあり)次行く時は、ぜったい卵持ってこー。

もちろん、源泉かけ流し。
温度は結構熱めかな。もったいないけど(水で)薄めました。↑写真の赤青レバーでお好きな温度に加減できます。



2016_0247.jpg

ゆるい斜面にひと棟ずつ個別に点在してる感じ。
お湯も料金設定もいいんだけど、唯一の難点は温泉までの道がちょっと狭くて、駐車場が狭いところかな。


2016_0242.jpg

そば処 忠兵衛茶屋
温泉と同じく、別府堀田エリアのお蕎麦屋さん。
ここも少々わかりずらい場所なんですが、桜湯さんとコンビニ(ファミマ)の間の道を行くと看板出てました。
道が狭いので対向車が来ないことを祈りながら、超ノロノロ運転をお勧めします。

写真には写ってませんが、おこわおにぎりも付いてました。


2016_0243.jpg

こちらは暖かい蕎麦。
お揚げが美味しそうだったけど、もらうの忘れてた。


2016_0244.jpg

デザートは、3種類からチョイスできたので「そばプリン」と「そばシフォン」をいただく。
シフォンのトッピングクリームはあずき。美味しかったです。
コーヒーはセルフでおかわり自由でした♪
[2016/03/13/Sun] | 未分類 | page top
古祖母山・障子岳・祖母山
尾平登山口---古祖母山---障子岳---天狗岩---祖母山---尾平登山口

はじまりのハジマリは、昨年の12月由布岳でヨーコさんに会った時、「古祖母までならワタシでも登れるかなぁ~?」と聞くと、『なおさん、楽勝ですよォ』と言われる。

そ、、、そうなのか?
今思えばその時、二人とも山頂で田中陽希さんを待っていた時で少々ハイテンションだったのかも(笑)

2016_0219.jpg

尾平からの夜明け

1月によっちゃんと別府の石楠花尾根を歩いた時、話のハズミでつい”古祖母までなら・・・・”と口走ってしまい。
あぁ~、私はいつもこの人にいらんコトを言って結局ガツガツ歩かされる^^;

待ち合わせの道の駅には、緊張しすぎで予定時間より早めに到着。
ダウンケットに丸まってウトウトしはじめた頃に着信コールで起こされる。車のウインドウの向こうにはよっちゃんが仁王立ち。
まだ早いじゃん。もう少しネル。と軽くスルー。

どうやらナッチさんも起こされたようで(すでに私の車のライトで起きてたらしい)、二人の話声に観念してオハヨウゴザイマス。

3人で尾平からスタート



2016_0220.jpg

3月とは言え、まだまだ冬の縦走路



2016_0221.jpg



2016_0222.jpg

ハシゴ場
おぉ、コレ知ってる!見たことあるある(色んな人の記録で)


2016_0223.jpg

ハシゴ場を過ぎると展望が開けます。今日はいい天気!!


2016_0224.jpg

展望の岩場から下を覗くと、ウホー。



2016_0225.jpg

古祖母山
どーでもいいけど、山頂標識って一つでいいよね


2016_0226.jpg

山頂からは、遠く市房山も見えます。
いやぁ~、ホント今日は天気よくて雨男さんがいるのがウソのよう。


2016_0227.jpg

途中の展望ポイントからも絶景が続く。
この辺から見える稜線はよっちゃんもナッチさんもすでに歩いてるよう。



2016_0228.jpg

阿蘇方面もよく見えてます。



2016_0230.jpg

岩峰の人



2016_0231.jpg

ホットケーキタワー
本日のメインイベント。昨年のリベンジ、10段タワーが完成。
すごいよ!ナッチさん。


2016_0232.jpg

そして3人で山分け
一番上のイチゴ大盛りの部分をいただきました(嬉)
ついでに言うと、粉を溶くのにあまったいちごオレも”クレクレ光線”を出していただいた(大人気ない)

山頂ホットケーキ、美味しすぎます(#^.^#)


2016_0233.jpg

傾山って男前ですね。

ホットケーキを上機嫌で食べた後は、当然行くでしょ?祖母山まで・・・って。
予定では、天狗岩から黒金尾根経由で下山するハズだったのに。ホント恐ろしいヒトたちだ(笑)

アプリの地図で確認し、「ココから1時間40分て書いてるよ」と言っても、『あぁ~、そりゃ大げさ。そんなにかからないよ』て鼻先で笑う二人。


2016_0234.jpg

祖母山
そんな、こんなで祖母山に到着!
古祖母のつもりが、祖母山にまで来ることができて感激デス。



2016_0235.jpg

山頂会議中の二人(口を挟むまい、、、)



2016_0236.jpg

あっちから、あっちまで歩くらし~、もう二人のハナシにはついていけません(笑)



2016_0237.jpg

さらば祖母山


2016_0238.jpg

下山は、宮原コースで・・・・



2016_0239.jpg

午後の霧氷



2016_0240.jpg

吊り橋
今朝、入山する直前によっちゃんに(コースの)確認した唯一のポイントは吊り橋を渡るかどうか。
祖母コースで、私の中では吊り橋は重要ポイント。ココ渡りたかったんだよね~♪
ふふっ。

2016_0241.jpg

よっちゃん、ナッチさん、お世話になりました。
天気もよくってサイコーでした。またの機会を!

山行レポはお二人の記録でもどうぞ。
おおいた山日記/よっちゃん
1人ですけど、なにか?/ナッチさん
[2016/03/12/Sat] | 山歩き | page top
扇山(大平山)
リハビリ登山で扇山
なんと、今年になってからすでに4度目の扇山。
扇山には、いつも桜の園から取り付いていたのですが、1月に伽藍岳から縦走した時、よっちゃんに自衛隊横の登山口を教わったので、今回はココから。

夏の早朝、桜の園の笹原で朝露でズボンがびっしょりになった記憶がある。まぁ、夏場に扇山に登ることはそんなにないけど、季節や気象条件によっては自衛隊横Pからの取り付きがいいかも~。


2016_0203.jpg

自衛隊駐屯地との境
金網フェンス沿いを進むよ~



2016_0204.jpg

フェンスゾーンを過ぎると割と大き目の露岩ゾーン。
駐屯地がすぐ下に見えます。



2016_0205.jpg

防火帯
山頂まで一直線の防火帯


2016_0206.jpg

苦手斜度(^^;
4月の初めに扇山の火祭り(野焼き)が終わると、この山肌も緑のじゅうたんに変わります。



2016_0207.jpg

転々と露岩が見えはじめると山頂ももうすぐ・・・
たしかにもうすぐだけど、でも騙されてはいけない。ここから山頂は見えません。



2016_0208.jpg

扇山(大平山)山頂
今日も貸切です。


2016_0209.jpg

山頂直下の防火帯
鍋山側?っていうか、別府市内から見ると右側(登山地図などで紹介されてるのは今回登った左側)の防火帯。
ここ登った人知ってるけど、いやぁココは私だめだな。登れないよ、、、こんな斜度(苦笑)



2016_0210.jpg

山頂の木々の隙間から鶴見岳
鶴見岳の山頂は雲が厚い。アンテナがちょっとだけ見えます。


2016_0211.jpg

「せとか」とよもぎ饅頭
今日はポカポカ日和で、登りはかなり暑かったので、ジューシーな"せとか"が美味しい。
このジップロックのスクリューコンテナ。果物なんかの汁物にも強いし、コンビニのおにぎりとかもスッポリ入るサイズなのでとても便利(おにぎりは、そのままザックに詰め込むとつぶれて悲惨な目に合う)



2016_0212.jpg

やまcafe
扇山山頂は、解放感抜群です。


2016_0214.jpg

麓のゴルフ場と桜の園


2016_0215.jpg

下山時に高崎山
登りはPMの霞が強くてみえなかったけど下山時にようやく姿が見えたよ~。


2016_0216.jpg


下山後は、別府公園に立ち寄り花の様子を下見。
チューリップはまだまだでしたが、梅が綺麗でした。


2016_0217.jpg



2016_0218.jpg


下山後の温泉⇒芝居の湯
入浴料270。駐車場も完備。
[2016/03/05/Sat] | 山歩き | page top
河津桜
豊前方面に用事があったので、ついでに河津桜まで寄り道しました。
曇り空で少し残念でしたが、場所は果樹園なので大好きな「せとか」を入手。
平日なのに、見物客が多くてビックリポン。土日に行くとしたら混雑覚悟しなきゃなぁ~(^^;


2016_0194.jpg



2016_0195.jpg



2016_0196.jpg



2016_0197.jpg


2016_0198.jpg



2016_0199.jpg



2016_0200.jpg



2016_0201.jpg



2016_0202.jpg




[2016/03/04/Fri] | 未分類 | page top
| ホーム |