花散策
ティナが昼寝しているうちにチャチャッと花を見に行く。


猪の瀬戸の駐車スペースに車を停め、サイドブレーキを引いたか引かないくらいのタイミングで真後ろに一台やってきてベタ付けされる。
バックミラー越しに見ると、sadaさんがニヤニヤしてた(笑)
朝駆けの帰りらしい。
当然キツネでしょ?と、あまり乗り気ではなさそうだったけど無理やり付き合わせる。


2017_0753.jpg

オオキツネノカミソリ



2017_0754.jpg



2017_0755.jpg



2017_0756.jpg



2017_0757.jpg

う~~ん、去年の方が良かった気がするね、、、と感想は一致。

若干物足りなかったので、場所移動・・・・



2017_0758.jpg

サギソウ

咲いてた♪咲いてた♪



2017_0760.jpg

モウセンゴケの蕾



2017_0761.jpg

モウセンゴケ
sadaさんには、この可愛さがわからないらしい。



2017_0762.jpg

ノギラン


2017_0763.jpg

ミズチドリ



2017_0764.jpg

サギソウ


2017_0765.jpg

ヒメユリ



2017_0766.jpg

クサレダマ



2017_0767.jpg

禊萩(ミソハギ・ミソギハギ)



そんなワケでyokoさん、入れ違いだったみたいですね。
[2017/07/30/Sun] | 未分類 | page top
白岩山・ 向坂山
ゴボウ畑登山口---霧立峠関所---白岩山---水呑みの頭---霧立越関所---向坂山---ゴボウ畑登山口

アラームが鳴る前に、ブロブロと低音で鳴り響くバスのアイドリング音で目覚める。最近では、すっかり車中泊体質になってしまったみたいで、今回もしっかり熟睡。
早朝の道の駅には、貸し切りのバスとカップルのライダー。ツーリングの途中かな。今から阿蘇あたりを抜けるのだろうか?
昔、ちょっとだけバイクに乗っていたので懐かしい。

用意していた朝ごはんを食べて、さてと出発。今日は、『天涯の花』キレンゲショウマの咲く山へ行く。
今回もhigeさんがプランを立ててくださった。



2017_0728.jpg

あっ、コレコレ!他の方のレポでもよく見るゲートだ。
つい嬉しくてパチリ。

五ヶ瀬スキー場の駐車場には、すでに信ちゃん&俊ちゃんご夫妻がいらした。ここで前泊したらしい。ほどなくhigeさん号が到着。
higeさん、mamaさん、ryoさん、sanpoさん、yumiさん。今日は8人で賑やかに登る。


2017_0729.jpg



2017_0730.jpg

ヤクシマホツツジ
登山道途中にあるちょっとした岩にホツツジを見つけ、次々とよじ登りはじめる皆さん。
す、、すごいな。
まぁ、足場はしっかりした場所だったので私も続く。


2017_0731.jpg

ヤクシマホツツジ
先週、くじゅうで見忘れていたのでココで見れてよかった~。うんうん、かわいいね。



2017_0732.jpg

山頂付近は、いろんなお花が咲き揃ってます。
狭いエリアにギュッと数種類のお花が集まった感じ、、、、いいですね!


2017_0733.jpg

キヌタソウ



2017_0734.jpg

ホタルサイコ


2017_0735.jpg

コオニユリ



2017_0736.jpg

イシヅチカラマツ (石鎚唐松)



2017_0737.jpg

コウスユキソウ(小薄雪草)
とんでもない崖っぷちに咲いていて、他の人が撮影してる姿みてるだけで怖くなる場所だったんですケド。
ギャーギャー騒いでるのは私だけでした(苦笑)



2017_0738.jpg

白岩山山頂でパン休憩
mamaさんにかわいいパンをいただく(チョコクリーム入り)



2017_0739.jpg

ツクシクサボタン
mamaさん、お気に入りなのかな?ずっと「クルリンパの花」って言ってた(#^.^#)



2017_0740.jpg

雰囲気のいい登山道。



2017_0741.jpg

水呑みの頭の三角点
白岩山には三角点はなく、せっかくなのでとhigeさんが水呑みの頭まで案内してくださる。



2017_0742.jpg

霧立越関所
西郷さんのイラストは、愛犬の頭をナデナデしていた。



2017_0743.jpg

向坂山山頂にてお昼ご飯。


2017_0744.jpg

ヤマホトトギス



2017_0745.jpg

ヒヨドリバナとアサギマダラ
結構な鈴なり状態。



2017_0746.jpg

ヒメシャラ



2017_0747.jpg

キレンゲショウマ
そしてお待ちかねの天涯の花の群生地。



2017_0748.jpg

キレンゲショウマ



2017_0749.jpg

おぉ~~、こんなに沢山!
蕾が多かったけど、開花がはじまったばかりで傷んだ花がなくてどの花も綺麗な状態。


2017_0750.jpg



2017_0751.jpg



2017_0752.jpg

念願のお花に会えて楽しい山行でした。
higeさん、皆さんお世話になりました。

下山後は、高森温泉館で汗を流してサッパリしたあと、道の駅で好物のトウモロコシをGETして無事帰宅しました~。
[2017/07/29/Sat] | 山歩き | page top
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口

星が瞬く夜中の牧の戸Pに到着すると、すでにボッチさんとkuuさんが準備を終えていた。
二人には先に出発してもらい、車の中で少し仮眠。
アラームを止めて二度寝しようとしたけど、出入りする車の気配で目が覚めてしまい仕方なくスタート(苦笑)
仮眠の車中は、涼しすぎるほどだったけど、沓掛を過ぎるころには暑くて帽子を脱ぎ、ブロッコリーの丘でアームカバーも外してしまう。
もう、蒸し暑くてジットリ。

天狗ヶ城で先行したお二人と迎える夜明け。
そこそこの撃沈。少し寒さに震えただけで終わった。



2017_0705.jpg

ノリウツギ
ピンクビーズが可愛い(*^_^*)



2017_0706.jpg

すっかり夏山になったくじゅう。
ボッチさんが情熱的に話してくれる北海道の”青い池”をバスクリン色と言ってしまい失笑される。
いや、、、あの、、、、
「ちょっと自然界にない不思議で素敵な色ですね」と言いたかったんだけど、ボッチさんゴメン(笑)



2017_0707.jpg

本日の山ご飯。
そうめん。
チャーシュー、カニカマ、ゆで卵、薬味はミョウガ(オトナなのでたくさん)

夏山用に新調したソフトクーラーで冷え冷えの素麺。
山頂の寒さがまだおさまらず、暖かいラーメンでもよかったなと少々後悔。なのに、冷たい氷入りのソーダで追い打ちをかけるkuuさん。
三人でお腹タプタプになり下山。


2017_0708.jpg

テリハアカショウマ



2017_0709.jpg

登山道のイブキトラノオ



2017_0710.jpg

アサギマダラ
下山途中には、たくさんのアサギマダラに出会う。



2017_0711.jpg

バイカツツジ



2017_0712.jpg

思いがけなく、まだ咲いていたバイカツツジ。
派手さはないけど、心魅かれる。



2017_0713.jpg



2017_0714.jpg



2017_0715.jpg

仲良しシライトソウ



2017_0716.jpg

木道階段の側には、ヤマアジサイの青がさわやかでした。



2017_0717.jpg

姫島でこれでもかっ!てくらいアサギマダラを見たけど、山で見る蝶はそれはまた別の趣がありますね。



2017_0718.jpg



2017_0719.jpg

存在感のある大きなクロアゲハ。


下山後は、タデ原に移動して花散策。


2017_0720.jpg

ノハナショウブ


2017_0721.jpg

クサレダマ(草連玉) 



2017_0722.jpg

ヒメユリ



2017_0723.jpg

指山とその後ろに三俣山。



2017_0724.jpg

ハンカイソウと泉水尾根。



2017_0725.jpg

ミズチドリ



2017_0726.jpg

カキラン


2017_0727.jpg

ヒゴダイ
咲き始めてますよ♪

夜明けの山頂は、上着が必要なほど寒かったけど、日が昇ったあとは暑くて、タデ原を一周した後はクラクラでした。
夏山は早めの下山がいいですね。
[2017/07/22/Sat] | 山歩き | page top
三鈷峰
お世話になった宿の寿庵さんは、いわゆる素泊まりの宿で相部屋方式。同室だった3人の女性は海外の方で皆さん若くて美人さん。日本語が堪能でドギマギせずに済みました。

ザック以外の荷物は、宿に置かせていただき(下山後回収)手早く身支度を済ませたあとはhigeさん夫妻と合流していよいよ初めての大山。
今日は、夏のお花が多いユートピアコースで山頂付近のお花畑を目指します。


2017_0665.jpg

ブナ林
コース途中は美しいブナ林を抜ける。緑が濃くなりすっかり夏山の気配だけど、新緑の若葉の頃はもっと素敵な場所だろうな。


2017_0703.jpg
(Photo:higeさん)

展望が開けた岩から山頂方面。
ありゃりゃ、ガスですね(前日の予報でわかってたけど・・・)


2017_0666.jpg

ホタルブクロ?


2017_0667.jpg

サンカヨウ
どう見てもブルーベリーにしか見えない(笑)
あとで、調べたら花はとても可愛らしく、雨に濡れるとガラス細工のように透明になる不思議な花のようです。
見てみたいですね。



2017_0668.jpg

ダイモンジソウ



2017_0669.jpg

ヤマブキショウマ



2017_0670.jpg

大山もずっとガスの中。



2017_0671.jpg

所々、難所はあるがベテランの皆さんの後をついてクリアー。


2017_0672.jpg

ユートピア避難小屋が小さく見えてきた。



2017_0673.jpg

三鈷峰山頂もガスで見えたり隠れたり、、、、
まずはピークハント。


2017_0674.jpg

山頂手前の崩壊箇所。
ココ行くのか~。


2017_0675.jpg

緊張感をもって歩きます。
いいのか悪いのか、生憎のガスで左側の崖の下は見えません。


2017_0676.jpg

こんなカンジ。落ちたらヤバいところですね。



2017_0677.jpg

無事山頂。
ガスで展望はききませんが、天気のいい日は絶景のはず!



2017_0678.jpg

ホソバノヤマハハコ



2017_0679.jpg

ナンゴククガイソウ



2017_0680.jpg

ギボウシ畑
こんな数のギボウシ初めてみました。


2017_0681.jpg

ナンゴククガイソウ
お花畑のナンゴククガイソウが強風に揺れまくり・・・


2017_0682.jpg

あぁ~、でも本当にユートピアですね。近くだったら通いたい山です。



2017_0683.jpg

シモツケのピンクも夏らしい。



2017_0684.jpg

イヨフウロ



2017_0685.jpg

ガスのユートピア避難小屋



2017_0686.jpg

ギボウシ



2017_0687.jpg

お花畑の登山道



2017_0688.jpg



2017_0689.jpg



2017_0690.jpg



2017_0691.jpg



2017_0692.jpg

まだまだずっと居たいけれど、長い移動が待っているので名残惜しくも下山。
いつかまた来るよ。


2017_0693.jpg



2017_0694.jpg

下山も気を抜かずに、、、、、



2017_0695.jpg

ありがとう!サンコホー!



2017_0696.jpg

ヤマジノホトトギス



2017_0698.jpg

登山道より日本海



2017_0697.jpg

ヤマアジサイ
入山時は暗くて気がつかなかったけど、山麓付近の斜面は一面のヤマアジサイだった。



2017_0699.jpg



2017_0700.jpg

higeさん、mamaさんkuuさんお世話になりました。遠くて行く機会はないと思っていた大山へ登ることができました。感謝!
[2017/07/16/Sun] | 山歩き | page top
出雲の国へ
待ち合わせの道の駅で夜明けを迎える。空は少しサーモンピンクに染まったけど、山頂は焼けただろうか?
直前で若干の予定変更があり、higeさん号に同乗させていただき大山へ向かう。山行メンバーはhigeさんご夫妻とkuuさん。

登る山は確定していたけど、その他はhigeツーリストに丸投げ、宿の予約もkuuさんにトスをあげておく。
事前準備は、自分の荷造りをしただけという、なんとも申し訳ないような山旅が始まる。


2017_0659.jpg

車中でのオンナ三人のおしゃべりはとまらない。ハンドル握るhigeさんは気の毒に、これから長い島根県を抜けるまでこのオシャベリの嵐が続く予定。大丈夫かなぁ~(笑)
お昼ご飯は、「道の駅 キララ多伎」で海鮮丼。さっきまでのマシンガントークを封印して皆、黙々と丼に向かい合う。
higeさんの耳も少しは休息できたみたい。


2017_0660.jpg

道の駅裏側には、キララビーチ。
いや~、日本海って鉛色の雲にどよーんとした海のイメージだったんですが、なんですかココ。ちょっとしたリゾートですね。ちなみに私、(たぶん)今日が日本海デビューです。



2017_0661.jpg

深い緑の森の底に浮かぶ竜宮城のような朱塗りの日御碕神社。hige先生の講義のメインテーマは”蟇股(かえるまた)”
神社などで見られる、和様建築技術のひとつらしい。しかし、熱心な先生の特別授業をミャーミャーと鳴き声が邪魔をします。
邪魔というより誘惑?もう、鳴き声の主が気になって気になって・・・・
私、講義の内容がまったく入ってきません^^;



2017_0662.jpg


センセー!そろそろ次の授業”海辺の野鳥”にしてください。
神社の裏側の海岸エリアに移動してウミネコ観察。
カモメとウミネコの違いをkuuさんがスマホでシュシュシュと検索。


2017_0663.jpg



2017_0658.jpg

くちばしの先端の赤と目の周りの赤いアイラインがウミネコの特徴みたいです。



2017_0704.jpg

出雲大社の絵馬


この後も神社や文化財見学をしながら鳥取まで移動。
車中泊のhigeさんご夫妻とは現地でいったんお別れして、kuuさんと私はお宿のゲストハウス寿庵さんにて就寝。



2017_0702.jpg

偶然にも宿泊先の部屋の名前は明日登る「三鈷峰」だった。

[2017/07/15/Sat] | 山歩き | page top
ティナのこの頃
2017_0656.jpg

相変わらず”面倒くさいオンナ”です。
朝ガツガツ食べたからといって、夜も同じ素材を食べてくれるワケではなく、、、
今は”わらびもちブーム”です(笑)
もうちょっとカロリーの高いもん食べてほしい。
麺類は元々、好物なようですが(ラーメン派、ロンはうどん派だった)あまった餃子の皮を茹でてみたらよく食べます。
”餃子皮ブーム”でもあります。

餃子の皮を食べるなら、ひき肉を包んで水餃子であげればいいじゃん!て思うでしょ?
思うよね、、、フツー。
お肉も食べさせられて一石二鳥じゃん。栄養価も上がるじゃん。
って思うよね~~~~。

でも、ティナは『まぜるなキケン!』なのです。
複数の素材を混ぜると、途端に食べなくなるのです。

ねっ、ね。
面倒くさいオンナでしょ!!!


2017_0657.jpg

前足のパットの毛が伸び放題で、後ろは爪切りまでサッパリなのは気のせいではなく、後ろ足はもうレロレロで感覚がなく(悲)爪切りもバチバチ切り放題なのです。
しかし、前足は現役でして全力で拒否られます。
機嫌が悪いとよく殴られます。面倒くさい上に、非常に自己チューなオンナなのです。

かわいいです。
[2017/07/12/Wed] | 犬との日々 | page top
花散策
2017_0647.jpg

ヒメユリ、まだまだ咲いてました。
数は多くはないけど、蕾もまだあったのでもうしばらく楽しめるのかな。


2017_0652.jpg

茎は細くて、とても繊細。



2017_0651.jpg

花も小さくて、、、、比較するものがないから腕時計と並べてみようとしたけどなんだかビミョー(笑)



2017_0649.jpg

美人さんがこっちにも。



2017_0650.jpg

オオバギボウシ



2017_0653.jpg

カキラン



2017_0654.jpg

なかなか見つからないなぁ~と諦めて帰ろうとしたところで発見。
見たかった花の一つなので満足満足。また来よう。


2017_0655.jpg



2017_0648.jpg

おまけのキノコ。
[2017/07/08/Sat] | 未分類 | page top
きょうの夕焼け
2017_0631.jpg



2017_0632.jpg



2017_0624.jpg

ヤマアジサイロード
登山道にはみ出すように咲くヤマアジサイ。


2017_0625.jpg



2017_0626.jpg



2017_0627.jpg

青が多い中、貴重なピンク系。



2017_0628.jpg

先端のプチプチが可愛い。



2017_0629.jpg



2017_0630.jpg

雲はもう夏ですね~。



2017_0633.jpg

アジサイフレーム。



2017_0634.jpg

ヒメユリ



2017_0635.jpg

オカトラノオ((丘虎の尾)



2017_0636.jpg

アソノコギリソウ(阿蘇鋸草)



2017_0638.jpg

キバナカワラマツバ



2017_0640.jpg



2017_0641.jpg

ヒメユリ(蕾)



2017_0642.jpg



2017_0644.jpg

ホタルブクロ
半分枯れてたけど、車道にはみ出すように咲いてた。逞しい。



2017_0645.jpg

夕方は日没後にほどよく焼けました。



2017_0646.jpg
[2017/07/02/Sun] | きょうの夕焼け | page top
祖母山
北谷登山口---千間平---三県境---国観峠---祖母山(ピストン)

本日は、higeさんプレゼンの”森の貴婦人ツアー”
祖母山のオオヤマレンゲに会いにいく。

祖母山は遠い。登山口までのアクセスが非常にやっかい。単純に遠いだけなら、のんびりドライブ気分で行けばいいんだけど、道幅の狭いクネクネ道がやたらと続くのがホントいや!
アケボノツツジの時に、単独で走った尾平トンネルまでの県道7号線が精神的に非常に疲れた。
今回の北谷登山口もネットで調べると「悪路」「ダート」「車高の低い車はムリ」とか気の滅入る情報しか出てこない、、、
半ベソかいていたら、ひよっこ号が途中で拾ってくれました。ありがとう!

でも、噂通り未舗装部分はガッタガタでした。
あんなにイヤだった尾平までの県道7号線が夢のラクチン道路に思えてなりません(苦笑)
そんなこんなで、higeさん、mamaさん、ryoさん、sanpoさん、yumiさん、kuuさんとスタート。

しばらくは展望のない樹林帯が続く。登山道は整備されていて歩きやすいが、朝から蒸し暑く汗だく。
拭いた汗なのか、湿度を吸ったのかザックのショルダーにぶら下げた手ぬぐいは早々にしっとり。


2017_0602.jpg

三県境の朽ちた看板
大分県、熊本県、宮崎県にまたがる三県境。


2017_0603.jpg

タツナミソウ

登山道は、紫からブルー、白系までタツナミソウが可愛らしく咲き誇る。



2017_0604.jpg

タツナミソウ



2017_0605.jpg

国観峠
見上げる山頂はガスの中。晴れろ!と念を送る。


2017_0606.jpg

オオヤマレンゲ
本日の第一貴婦人発見。
ふ、、、婦人。フレアースカートが透けすけであります。大丈夫でしょうか?

higeさんに、この先にまだまだいっぱいあるからと、、半ばあきれられながらもちょっと粘る。



2017_0607.jpg

純白の蕾
ふっくら蕾もなんて上品。


2017_0608.jpg



2017_0609.jpg



2017_0610.jpg

山頂より稜線。
山頂はガスで展望はなく少し残念。一瞬見え隠れした稜線のはるか向こうを「あっちが傾山」と教わるが、あっという間に見えなくなった。



2017_0611.jpg


2017_0612.jpg


2017_0613.jpg



2017_0614.jpg

まとわりつくハナアブに閉口しながらも食事を終えて、九合目小屋まで移動。
「たくさん咲くよ」とは聞いてはいたが、そこはパラダイスでした。オオヤマレンゲだらけ。いや~、どの子撮っていいやら、、、
蕾もまだまだあるので、しばらくは楽しめそうですね。


2017_0615.jpg



2017_0618.jpg



2017_0616.jpg

ショウキラン



2017_0617.jpg

青空も出てきました。
いいね~~!


2017_0619.jpg



2017_0620.jpg



2017_0621.jpg

やっぱり、どうしても、、、、、、
のぞいてしまいます(笑)



2017_0622.jpg

国観峠のお地蔵様

下山路は、何度かズルッと滑りかけたけど尻もちはつかずに無事下山。
阿蘇の温泉でさっぱりして小国、玖珠経由で帰宅。

higeさん、綿密な計画ありがとうございました。ご一緒の皆さまお世話になりました。
またよろしくお願いします♪
[2017/07/01/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |