FC2ブログ
三俣山・星生山
大曲登山口---すがもり越え---三俣山(お鉢巡り)---北千里浜---くじゅう別れ---星生山---牧の戸登山口


2017_1152.jpg

蛇越峠より由布岳と雲海


二人の下山時刻が違うかもしれないので、牧の戸Pにはkuuさんの車キープし、大曲より入山。自分の移動用に保険で自転車をデポしておく。


2017_1153.jpg

いきなりですが、本日のメインの三俣山。
一昨年(2015/10/10・三俣山)は、時計周りに半周したので、今回は半時計周りの記憶が新しいkuuさんにコース丸投げ。



2017_1154.jpg

秋色の三俣山の向こうには、夜明けに見た由布岳がまだ雲海のベッドの中。



2017_1155.jpg

三俣山大鍋
お天気がよく陽が十分にさして綺麗です。
前回、お鉢の底を歩いて楽しかったのですが、今日は一周するゾ!と初志貫徹。



2017_1158.jpg



2017_1159.jpg

三俣山小鍋



2017_1160.jpg

同上、遠景は大船山。
本来ならば、大船山に行きたかったkuuさんの背中に「心残り」の文字が浮かんで見えましたが、この後の星生で取り戻しましょう。



2017_1161.jpg



2017_1162.jpg



2017_1163.jpg



2017_1164.jpg

山ごパンは、かつサンド。kuuさんにご馳走になった。
途中のコンビニで買ったおにぎりが、なぜか登山口に着いた時に車の中から消えていた(謎)私のクルマはおにぎり食べて走るらしい。

「仕事中の〇〇さんとか、△△さんに(紅葉の)写真送信しちゃう?」と持ち掛けると、冷静に「それはイケません」とたしなめられる。

ち。


2017_1165.jpg

久しぶりの北千里浜。
この背景は火薬の爆音とショッカーが似合うと説明するが、ショッカーのなんたるかがkuuさんには理解できないようで、ジェネレーションギャップに軽く落ち込む。


2017_1166.jpg



2017_1167.jpg

二人ともややヘロヘロ気味でやっと星生尾根。

ところで、紅葉とは全然関係ないハナシですが。
プラティパス(ハイドレーション本体容器)のメンテってどうしてます?
kuuさんにものの見事に「面倒くさいですね」とバッサリやられた乾かし方は以下。ネットで検索すればよく出てくる方法だと思う。

<乾かし方>
用意する物
・キッチンペーパー1枚
・箸(運が良ければ使わなくても可能)

①キッチンペーパー1枚を半分に裂く。1/2枚をどちらもゆるめにねじる。
②水滴の残った本体容器に①を(1/2×2枚)入れ、水滴を吸わせるように本体の口(プラスチックの固い部分)を持って振る。
③おおまかに水滴がなくなったら、容器の口を下に(底の部分を持って)向け、中のキッチンペーパーを出す勢いで力いっぱい振る。
④指で取り出せそうならそのまま摘み出す。指が入らないようだったら箸でつまんでキッチンペーパーを取り出す。
⑤口を上にして(←ココ重要!)そのまま自然乾燥。翌日には乾いてます。

エアコン稼働時には、エアコンの下にちょうどスチールラックがあるのでそこで自然乾燥してます⑤の工程。

まったく面倒くさくないですよね!


2017_1168.jpg

水を溜めた池塘がキラキラと美しい。



2017_1169.jpg



2017_1170.jpg

星生西斜面


2017_1171.jpg

こちらも赤が欲しいとか、雲があれば、、とか欲を言ったらキリがありませんがお天気としては条件がよい日に登れたので大満足です。
留守番していた自転車ごと載せてもらいkuuさんに大曲まで送っていただく。
kuuさんお世話になりました。
[2017/10/26/Thu] | 山歩き | page top
ティナのこの頃
2017_1151.jpg

少し前の土曜日。
現地に到着して「ココ、あそこでしょ?ヤバイ所でしょ!」と我に返るてな子。

さらにペラペラ加減が増してます(T_T)

前日少し具合が悪ったので念のための受診&定期メンテ。
てんかん発作時のお薬も予備にいただく。

最近は、梨ブームが続行中。そして、試しにあげてみたお餅がヒットの予感。
レンチンでフニャフニャにしてから小さく手でちぎって(これが熱いのよ)きな粉をからめて食べてます。

鶏肉は、皮だけペッと吐き出します。なんてイヌだ!(笑)
[2017/10/25/Wed] | 犬との日々 | page top
平尾台
茶ヶ床園地---四方台---貫山---周防台---茶ヶ床園地

単独。

朝駆けにはダメぽい予報だったので、家事少々とティナの朝ご飯(梨ブームが続いてる)を済ませて家を出る。
家を出てすぐは、霧がひどくてライト走行。天気が心配だったけど、登山口に到着した時は気持ちのいい秋空が迎えてくれた。


2017_1125.jpg

茶ヶ床園地駐車場

以前に歩いた時は、山友さんに付いていくだけのお気軽ハイクだったけど、今日は初めての平尾台単独。
たまに道迷いもあるとの事なので、地図で確認しながらスロースタート。


2017_1126.jpg

ヤナギアザミ?
線の細い(トゲなし)アザミが沢山。



2017_1127.jpg



2017_1128.jpg

ヤマハッカ
そこらじゅうに・・・・



2017_1130.jpg

背高ノッポのハバヤマボクチと羊群原


2017_1131.jpg

ハバヤマボクチ



2017_1135.jpg

ハバヤマボクチ
青くて綿毛ポワポワ



2017_1132.jpg

ザ・平尾台的な風景にうっとり。


2017_1133.jpg




2017_1134.jpg

さてさて、本日のピーク。貫山を目指します。



2017_1136.jpg

綺麗に刈り込まれた防火帯を登る。
あぁ~、これアレだな。別府の扇山の(防火帯)直登コースにちょっと似てますね。



2017_1137.jpg

山頂直下を汗だくになりながら登りきり、到着!



2017_1138.jpg

貫山山頂。
広い山頂です、展望もいいのですがPMなのか霞が残り遠景はパッとしません。それよりも、暑くて仕方ないので、短い時間で切り上げすぐに下山開始。


2017_1139.jpg

口を開けるドリーネ。



2017_1140.jpg



2017_1141.jpg

今日も山ごパン(コロッケパン)
平尾台は火器類が使えないので、パンは家を出る直前に自宅で焼いてきた。
コロッケと千切りキャベツを挟んだだけ~



2017_1142.jpg

ヒメヒゴタイ
会いたかったピンクのお姫様。
上品でかわいらしい。色合いも主張しすぎないピンクで奥ゆかしい。


2017_1143.jpg

カルストをバックに。



2017_1144.jpg

想像してた通り、可愛くてメロメロだわ。
来年はもう少し早く来よう!


2017_1145.jpg

本日のつぼみ~ず。


2017_1146.jpg



2017_1147.jpg

センブリ


2017_1148.jpg

下山途中で、周防台に立ち寄る。
貫山で暑さにやられたので、やっつけ感で登っただけ、、苦笑。
実はぁ~
本当のコトを言うと、前方ににラブラドールを連れた家族が歩いていたので、犬を見たさに登りました(ほぼ犬中毒)



2017_1149.jpg



2017_1150.jpg

やっぱり今日は、なんといってもヒメヒゴタイが一番だったなぁ~。
センブリやウメバチソウは今から次々と咲きそうですね。

平尾台、楽しかったのでまた来よう♪
[2017/10/09/Mon] | 山歩き | page top
由布岳
正面登山口---マタエ---由布岳東峰---合野越え---飯盛ヶ城---正面登山口

単独。

夜明けは予報が悪かったので、少し遅く家を出る。
無料Pは満車だったので有料へ(500円です)


2017_1087.jpg

晴れ間は見えますが、山頂はガスのよう。どうかなぁ~。



2017_1089.jpg

ゴールデンレトリバーのハルくん。

合野越えで、休憩中のハルくんとMダックスのダイくんと数年振りの再会。
ティナ連れで参加していた由布岳の山開きではいつもお会いしてたので、元気な二頭の様子が嬉しかった。


2017_1090.jpg

飯盛ヶ城へ行くという二頭とお別れしてとりあえずの山頂へ。実は私も今日は飯盛ヶ城が目的。
でも、まぁ一応行っておこう、山頂。


2017_1095.jpg

アザミ
中のクシュクシュしたところがいい。


2017_1096.jpg

あと、先端のカーブも。


2017_1097.jpg

センブリ
咲き始めてますね。目的の花も見たし、、山頂もういいか、、、(笑)



2017_1098.jpg

ホソバノヤマハハコ
結構、長く咲いてるもんだなー。


2017_1099.jpg

山頂直前のチョキ岩(?)
もう、さー。途中から山頂ガスガスなのわかってたんだけど、つい来てしまった。
山頂に着く頃、いい具合に晴れるんじゃない?
とか、いう妄想は山のぼら~なら誰でもがする(笑)


2017_1100.jpg

東峰、ドヨーン。



2017_1101.jpg

おやつ入れ。
補充してなかったので、小腹にたまるものが入ってなかった。
ち。


2017_1102.jpg

山頂より剣ヶ峰方面。いきなりの晴れ間、そしてガスの流れ、、、、


2017_1103.jpg

おっ。


2017_1104.jpg

なかなか良かった!


2017_1105.jpg

鶴見岳の山頂が見えたのは、ほんの一瞬だけ。



2017_1106.jpg

ガスの切れ間にポッカリと城島高原パークが見えた。



2017_1107.jpg

倉木山はガスに飲まれている。



2017_1108.jpg

マタエより下界。
少しの間、ガス景を楽しんだけど再びドヨヨ~ンな感じになってきたので下山開始。


2017_1109.jpg

マタエで振り返ると、西峰が晴れていた。
え?登る?
いやいや、、、さっきいいガスの流れ見たから欲は出さないでおこう(苦笑)



2017_1110.jpg

合野越え
ココから飯盛ヶ城へ向かいます。まずは、白い看板のある所からいったん鞍部へ下りますよ。
ちょっとスルーしやすい取り付きだけど、ココでいいんです。


2017_1111.jpg

白い看板の入り口。
先が見通せない感じだけど、1本道です。迷いません。下りましょう!



2017_1112.jpg

5分ほどトコトコ下ると、目の前には、ホラもう飯盛ヶ城。
山頂目指して、斜面に取りつきます。少し左に巻き気味に登ればあっという間に山頂。


2017_1113.jpg

ウメバチソウも咲いてます。



2017_1114.jpg

蕾もかわいいデス。



2017_1115.jpg



2017_1116.jpg

ヒゴシオン



2017_1117.jpg

飯盛ヶ城山頂
あ~ぁ。後ろの由布岳は見えませんね。



2017_1118.jpg

では、山ごパンにとりかかりましょう。
諸事情で、ミッフィの点数シールはふりだしに戻ったので、まだまだパン食が続いてるのです。
サラダの割引シールは気にしない。ベーコンは家で焼いてきた。


2017_1119.jpg

ガスガスで見えない背景は気にしない。
ほ~ら、焦げ目も美味しそう。とろけるチーズにベーコンですよ。想像できますね。


2017_1120.jpg

サラダを追加して、いただきま~~~す♪
やっぱり、パンは食べる直前に焼くと”サクッふわっ”で美味しいです。



2017_1121.jpg

お腹もいっぱいになったので、ホントに下山。
あ、由布岳見えてきた。


2017_1122.jpg

センブリ
下山路も小さなお花を見つけつつ。


2017_1123.jpg



2017_1124.jpg

無事下山。
ススキと由布岳(お約束の下山後の晴れ間)
紅葉の兆しはまだまだでした。カラフルに染まる秋の由布岳も楽しみですね。



その他、今日見たお花。

2017_1092.jpg

トリカブト
こちらも咲いてました。


2017_1094.jpg

ふっくらの蕾

2017_1093.jpg
 

[2017/10/07/Sat] | 山歩き | page top
坊ガツル
長者原---雨ヶ池---坊ガツル---雨ヶ池---長者原

単独。

今日はどこのピークも踏まず、のんびり坊ガツルまで歩く。
ノーピークだし、朝駆けの必要はないので二度寝も責めずに(やっぱりアラーム止めて寝たたらしいよ)イッテキマス。
長者原Pで時間調整して出発するつもりだったけど、それどころじゃない。
もう、眠くて眠くて、、、途中の「道の駅ゆふいん」で仮眠。
目覚めたら、空は夜明けのオレンジ。
朝はどうでもイイヤ。と思っていたくせに染まる空を見たら、欲が出て蛇越峠に立ち寄る。


2017_1058.jpg

蛇越峠からの夜明け。
ちょい、間にあわなかった。まぁ、いいや。
今日の目的は他にあるから。



2017_1059.jpg

朝露に濡れるヒゴシオン(肥後紫苑)



2017_1061.jpg

登山道脇のツクシミカエリソウ(筑紫見返草)



2017_1062.jpg



2017_1063.jpg

まだまだ綺麗なマツムシソウ(松虫草)


2017_1064.jpg

風に揺れるススキの草原。
坊ガツルが遠くに見えてきた。


2017_1065.jpg



2017_1066.jpg

朝のススキ。
少し曇りがちで光が弱い。
今日の目的のひとつは、坊ガツルでススキを見ること。
この時期、ススキはどこでもあるけど、坊ガツルはやっぱり広大でススキの海原。


2017_1067.jpg

年に一度、yumiセンセーにススキの写真を提出するのが、ここ数年、秋の宿題。
(勝手に提出してるだけ)
光が貧弱で、キラキラじゃな~い!でも、とりあえずコレ出しておこうかな。
タイトルは『坊ガツルに揺れる』です。

ちなみに、2016年提出⇒英彦山
2015年提出⇒由布岳



2017_1068.jpg

ナギナタコウジュ(長刀香需)



2017_1069.jpg

アケボノソウ(曙草)


2017_1070.jpg



2017_1071.jpg

法華院温泉山荘の外のテーブルで山ご飯。
今日は、うどん。



2017_1072.jpg

肉うどん。
お揚げ2枚、卵、三つ葉入り。三つ葉が大好きなのです。
デザートは、柿と梨(ティナが梨ブームなので常備)



2017_1073.jpg

モンベルカードで法華院温泉の入浴料割引なのです!
500円→250円に!なんと、半額ですよ!
(立ち寄り風呂)一番風呂を狙って時間を合わせて来たんだけど、いい具合に貸し切りもちろん一番風呂(お湯、たまってる途中だった)


2017_1086.jpg

以外と広い法華院温泉。もちろんかけ流し。

温泉に入るのも目的のひとつだったので、満足満足。
はぁ~、いい湯でした。



2017_1074.jpg



2017_1075.jpg

三俣山とススキ



2017_1076.jpg

下山途中に青空。
あるあるパターン。



2017_1077.jpg

ヤマラッキョウ(山辣韮)



2017_1078.jpg

雨ヶ池



2017_1079.jpg




2017_1080.jpg

小さい秋。



2017_1081.jpg

サラシナショウマ(晒菜升麻)



2017_1082.jpg

タデ原にてまたまたアケボウノソウ。


2017_1083.jpg

タムラソウは沢山でした。


2017_1084.jpg



2017_1085.jpg

リンドウ(竜胆)

ススキはキラキラ感が足りなかったので再提出するかもしれません(^^ゝ
[2017/10/01/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム |