FC2ブログ
平治岳
男池登山口---東尾根経由---平治岳---大戸越し---ソババッケ---男池登山口

朝駆けはしないつもりだったけど、駐車スペース確保の心配があったので早めに男池Pに入る。
見慣れた車の並びに空きスペースを見つけピットイン。
日の出時刻を過ぎ、あたりはもう明るい。すでに沢山のハイカーがに登山準備を始め、ざわつく男池駐車場。
仮眠モードに模様変えした車中にその雰囲気がビシビバシ伝わって(眠いのに)眠れそうにない(苦笑)
ざわついてるのは、私の心だ。いや、ピンクの山を想像して浮かれていると言っていい。浮かれポンチはケガをする。ここは冷静に体力温存の睡眠。
あぁ~でも、眠れない。隣の車(の人)も出発した気配。気になるキニナル。
そんなコトもあろうかと、今日は必殺アイテム導入!

『耳栓』

しかも、100均。全然必殺ではないんだけど、効果バツグン。
防犯対策としてどうなのよ、っていうのもあるけどまぁ、この時期のくじゅうは人目も多いので大丈夫でしょう。
おかげでグッスリ熟睡。目が覚めると駐車場は満車でした。

手早くコンビニの焼きそばパンを食べて、単独入山。



A5271411.jpg

緑が濃くなってきた男池の森。

東尾根は、相変わらず手ごわい。
何度も足を止めて、汗をぬぐう。山頂に着く頃には500MLのペットボトルが空になっていた。



A5271417.jpg



A5271418.jpg



A5271419.jpg



A5271420.jpg

緑の山肌を華やかに彩るくじゅう連山のミヤマキリシマ。

山頂下の尾根で木下さんにご挨拶したあと、人波に運ばれるように移動していたら「ゆたーと歩こう♪」のkyon&amiさん夫妻と遭遇。
大戸越しで再びお会いして、北大船山には行かないというので下山をご一緒させていただく。

途中の休憩では、オレンジやジュースなどオヤツをたくさんいただきご馳走さまでした。
今回、ゆっくりお話しできて楽しかったです♪またどこかの山でお会いできるのを期待しまーす!


A5271423.jpg



A5271428.jpg



A5271436.jpg



A5271438.jpg



A5271441.jpg



A5271443.jpg



A5271446.jpg



A5271452.jpg



A5271453.jpg
[2018/05/27/Sun] | 山歩き | page top
きょうの夕焼け
A5221393.jpg



A5221397.jpg



A5221402.jpg



雲のボリュームがあったので期待しましたが、そんなに焼けませんでした。
[2018/05/22/Tue] | きょうの夕焼け | page top
三俣山・立中山
大曲P---三俣山---北千里浜---立中山---すがもり越え---大曲P

え~っ、昨日も歩いたし朝起きれそうにないから朝駆けはパスして私一人だけ法華院山荘で合流してもいっかな~。

↑という説明をしたかったけど、面倒臭かったので夜中に家を出る。
私より後に大曲Pに入ってきたyumiさんを車中泊仕様にした(シートを倒して、長座布団とクッションを置いただけ)車にご招待。
マッチ棒のように、気を付けの姿勢で寝転がり「全然よゆ~」と、案の定キャッキャと喜んでる。

久しぶりにヘッドライトを付け、夜中の登山道をsumiさん、ryoさん、sanpoさん、yumiさんと歩き始めた。
途中で星を狙うryoさんを置いて4人ですがもり小屋へ。小屋の回りは工事中で中へは入れない。風が冷たく、石積みの壁でなんとかしのぐ。


A5201263.jpg

夜明けは西峰途中の斜面にて。久しぶりに見たモルゲンの山々が美しい。
”とりあえず”と、車には載せてたのに、ザックインするか迷って持ってこなかったダウンが悔やまれる。フリースの上にレインで防寒したけど寒くて凍えてしまった。ネックウォーマーもまた入れておこう。
好きで行ってる山だけど、狭い林道の運転と山頂待機の寒さが本当に苦手(+_+)



A5201297.jpg

岩肌に咲くミヤマキリシマ。
あんな場所にもたくさん咲くんだね、、、と何度も足がとまる。

法華院温泉山荘で小休憩。山荘から見上げる平治岳の山頂はすでにピンクの装い。
遠回しにでも、わかりやすく「あっち、あんなだよ。もう見頃じゃない?」と行先変更を試みるも、男性二人が「あんなの、まだまだ!」とまったく取り合ってもらえない(笑)


A5201365.jpg

イワカガミ
鉾立峠までは、イワカガミも多くまたまた足が止まる。



A5201377.jpg



A5201315.jpg

鉾立峠を見下ろす斜面
うぉー、満開じゃないですか!



A5201317.jpg

遠く、祖母傾き方面もよく見えます。



A5201322.jpg

もう、あたり一面花畑状態で、喜んでいたら「山頂はあの上」と言われ、まだ花があるの!と全然山頂にたどり着かない。



A5201326.jpg

ミヤマキリシマ



A5201328.jpg

つぼみ~ず。



A5201352.jpg

うわっ。ココすごいね。
こっちで大正解ですね。平治岳に浮気しなくてよかった。



A5201356.jpg

三俣山


A5201359.jpg

大船山


A5201360.jpg

立中山山頂。
登山を始めた頃、ロンを連れて登った事があったけど(たぶん、沢水から)当時の印象とずいぶん違い、山頂付近は見晴らしがよくなった気がする。

sanpoさんから豆ごはんおにぎりを頂いた後は、yumiさんから甘いオヤツの差し入れ、そしてsumiさんの本格コーヒーで仕上げる。
至れり尽くせりの山ランチ。
皆さんお世話になりました。


A5201372.jpg



A5201388.jpg

復路の空。
広がった雲の下、泉水尾根が伸びやかでした。
[2018/05/20/Sun] | 犬との日々 | page top
鶴見岳
別府ロープウェイ高原駅P---(一気登山道)---鶴見岳---南平台---別府ロープウェイ高原駅P

単独。



A5191155.jpg

夫婦杉

午前中の天気はパッとしないので昼前にロープウエィ駐車場より取り付く。
暑さ対策で軽めの服装にしてきたけど、そこそこ暑くてバテバテ。神社前の夫婦杉で立ち止まり息を整える。


A5191156.jpg

青色ベンチ

せっかくのゴールドなのに飲み忘れて賞味期限が切れていた(全然問題ない←個人的意見です・笑)



A5191176.jpg

城島高原パークが見える山頂手前の展望ポイント。
GWに行った熊本土産の羊羹(ロンPにもらった)食べる。スティックタイプの羊羹は、山の行動食にいいよね。



A5191174.jpg

城島高原パーク



A5191175.jpg

くじゅう方面遠景。


A5191186.jpg

ロープウェイ山頂駅
山頂駅付近のミヤマキリシマも見頃を迎えてました。



A5191184.jpg

由布岳方面からは厚いガスの流れ。



A5191187.jpg



A5191196.jpg

由布岳をバックにミヤマキリシマ。
ガスも舞い、なかなかよい景色。



A5191200.jpg



A5191208.jpg

山頂アンテナ群



A5191215.jpg

鶴見岳山頂
山頂標識の周りは、観光客と隣国のハイカーがにぎやかに埋め尽くしていたので、素通りで移動。
南平台経由で下山です。


A5191224.jpg



A5191219.jpg

由布岳のガスは相変わらず。鞍ケ戸は崩落により通行禁止です。



A5191230.jpg

丸くて可愛らしい南平台
鶴見山頂からはピンクに染まる様子が見えたけど、この角度ではその様子はわかりませんん。さてさて、どうかな。


A5191236.jpg

鶴見岳は、ロープウェイで気軽に楽しめるミヤマキリシマもいいけど、新緑も美しい。
今日も、日差しに透き通るグリーンが鮮やか。



A5191245.jpg

南平台山頂
こちらまで立ち寄るハイカーも少なく、いつ来ても静かなピーク。



A5191243.jpg

眼下には、猪の瀬戸湿原。ガスの流れで今日は半分隠れてます。



A5191246.jpg

真ん中付近にチョンと見えるのは志高湖。
山頂でビックリしたけど志高湖の近くメガソーラー(?)の大規模工事が行われていてゴッソリ森林伐採されてる。
もう、景観台無し!!あまりに痛々しいので、映らないように角度ごまかして撮影しました。
なんだか悲しい(T_T)



A5191247.jpg

南平台より鶴見岳



A5191248.jpg


下山後の温泉は、みかゑり温泉(別府鉄輪温泉)
湯船であいさつしたオバサマの若き日の情熱的恋愛話&女性労働問題のトークがなかなか終わらなくて、お湯からあがるに上がれず、茹ってしまいました(笑)
[2018/05/19/Sat] | 山歩き | page top
三俣山
大曲Pより入山。半時計周りで後半はお鉢の底から本峰経由。シャクナゲを期待したけど、ピークは過ぎたのか?背景ドンピシャの大株にはなかなか巡りあわなかった。欲を言いすぎですね。それなりに咲いていたので十分楽しむことは出来ましたよ。
ミヤマキリシマの蕾も確認。虫はいなかった。これからの花のピークが待ち遠しい!


A5121033.jpg

西峰への登りでは、綺麗な株が点在してます。



A5121035.jpg

新緑のグリーンとピンクがよいね~。



A5121040.jpg

イワカガミ
ヒラヒラのフリンジが可愛いのです。



A5121044.jpg



A5121055.jpg

ボケ
ボケの花には思い出があり、割と好きな花です。ちょっと地味だけどね。



A5121056.jpg

シャクナゲ
シャクナゲの株はたくさんあるのに、ほかの木々に覆われてなんだか窮屈そう。



A5121061.jpg

ヨウラクツツジ
ベル形のぶら下がった姿が可愛いヨウラクツツジ、なんと蕾ベイビーちゃんは上を向いてます。知らなかった~。



A5121070.jpg

こちらは、葉っぱも広がって蕾も下がってきてますね。こうなるともう、ヨウラクツツジってわかるんだけどね。
今回は、ヨウラクツツジの進化の過程を観察できて楽しかった。見つけてくれたsanpoさんありがとうございます。



A5121077.jpg

ツクシドウダン



A5121080.jpg

シャクナゲ(蕾)



A5121081.jpg




A5121089.jpg

由布岳遠景
暑い。今日は半袖(アームカバー)でよかったな。



A5121091.jpg

緑が色濃くなりました。夏がやってきます(←夏好き)



A5121092.jpg



A5121101.jpg



A5121103.jpg

向こうは、泉水尾根。そして奥には独立峰の涌蓋山(わいたさん)
泉水山は縦走が楽しい。だれか一緒にしませんか?



A5121112.jpg

ミヤマキリシマと眼下には北千里浜。


本峰で氷入りの冷たいカルピスをsanpoさんにご馳走になり、一息入れる。
もう氷の季節ですね。

大曲Pに戻るとyumiさん号発見。電話するとスガモリ小屋あたりだというので、少し待って合流後、由布エリアをぶらぶら。
下山後の温泉は、中川温泉・蛙の湯。
今日は(看板)猫がいたけど素通りされちゃった。猫と遊びたいので、また行こう。
[2018/05/12/Sat] | 山歩き | page top
阿蘇であそぶGW
阿蘇2日目は、阿蘇神社へ。

阿蘇神社の楼門を見たいと思っていたけど、熊本はお隣県で近いのでいつでも行けると、、、思っていたらあの熊本地震でした。
見たいと思った時に行かなければいけませんね。
そんな後ろめたい気持ちも少しだけあり、今回は阿蘇神社へはお参りしたいと予定に入れてました。
早朝の境内はとても静かです。復旧工事中のエリアが広くて、被害が甚大だったことを思いしらされます。



A5050888.jpg



A5050891.jpg



A5050930.jpg

参拝後は、神社からも歩いていける門前商店街をブラブラ散策。
水基(みずき)巡りで美味しい水を味見。



A5050931.jpg


A5050895.jpg

おみくじ好きなロンPと手ぬぐい好きな私の視線を釘付けにするアイテムがっ。


A5050911.jpg

手ぬぐい(ハンカチサイズです)に丸めて入っているコレ。この紙がおみくじです。水に浮かべると文字が浮かび上がる仕組みらしい。


A5050914.jpg

さてさて、、、、、



A5050915.jpg

水みくじ。


A5050917.jpg

なるほどね。



A5050933.jpg

時間があったので「はな阿蘇美」に行ってみる。
ローズガーデンの花は少し早いみたいだったので、今回はパス。屋外のガーデンエリアやショップで楽しみました。


A5050935.jpg



A5050938.jpg



A5050940.jpg



A5050944.jpg



A5050945.jpg

おみくじも好きだけど、動物の餌やりも大好きなロンP。
こういう餌やり体験ゾーンははずさないオトコです(笑)


A5050958.jpg

ロンPもヤギも満足そうでした。



A5050960.jpg



A5050963.jpg



A5050968.jpg



A5050971.jpg

ローズガーデンはパスしたけど、バラの販売ハウスの花を見てまわる。バラ堪能。



A5050976.jpg



A5050980.jpg

そして、本日のランチ。赤牛丼♪
登山と同じくらいこの赤牛丼がお目当てでした。もちろん美味しかった~。



A5050983.jpg



A5050986.jpg


帰宅途中、大観峰に寄り道。
GWの大観峰、すごい人ですね。駐車スペースまでに長蛇の列でした。
二日間の阿蘇充実コースに大満足。山も温泉も、食べ物もどれもこれもオススメ。阿蘇また行くよ!!

A5050990.jpg



A5051006.jpg
[2018/05/05/Sat] | 未分類 | page top
中岳・高岳
阿蘇山ロープウェー(西駅)---砂千里浜---中岳---高岳---阿蘇山ロープウェー(西駅)


平成28年4月の熊本地震、同年10月の阿蘇中岳噴火。つらい出来事が続いた熊本地方。
ロンとエルモ、2頭の時代はよく阿蘇のいこいの村でキャンプをした。ティナとは阿蘇の俵山に登った。(過去レポ:2015/10/04/俵山
阿蘇地方は我が家にとって思い出深い場所。九州人としていつかは行かねばと心に引っかかっていました。


道路状況もずいぶん回復してアクセスもよくなり、GW直前には火口見学の規制も解除されました。
ならば、せっかくなので登りましょう!


2018_0281.jpg

阿蘇山西駅駐車場(普通車/¥410)
参考:阿蘇山ロープウェー
参考:阿蘇火山火口規制情報


まだ暗い早朝に自宅を出て、ロープウェーの駐車場に到着したのは開門少し前。
すでにゲート前には自家用車で火口西駅Pへ向かう人たちの車の列ができてます。私たちは徒歩で向かうため駐車は下の西駅Pです。
ちなみに車は、火口西駅を利用すると(中岳方面への登山)30分ほど短縮できます(ただし、通行料発生します/阿蘇山公園道路の料金と通行時間



2018_0282.jpg

有料道路ゲート
火口広場までは遊歩道を歩きます。


2018_0283.jpg

砂千里

砂千里は黒い砂が広がる荒涼とした風景。殺伐感がたまりません。
砂千里を過ぎるやっと登山道らしくなり、ガレ場の登りが続きます。ロンはガレ場が得意だったので、ココにも連れてきたかったな。



2018_0284.jpg



2018_0285.jpg

噴煙を上げ生きている山。阿蘇山。
高度を上げると火口付近が見えてきます。しかし、今日は風が強くて何度も飛ばされそうになる。砂千里では、バチバチと砂の塊が顔に当たるし、、、、今更ながら砂千里コース、(強風の時は)顔をガードするネックウォーマーなどの装備必要。


A5040744.jpg

稜線に出ると雰囲気はこんな感じ。
景色はよいです。しつこいですが、風が強くて、寒くて、、、、、もう泣きそう。だって、夏装備だったんだもん。
ロンPには私のパーカーを貸し出し、私はペラペラのライトシェルの上からレインウエアで防寒。しかし、タイツに短パン。ウェ~ン(T_T)
ザックにぶら下げた温度計は6度でした。


A5040751.jpg



A5040755.jpg

中岳山頂
雄大な景色が素晴らしいのですが、風が冷たい。
少し遅れて上がってくるはずのロンPが待てども待てども登ってきません。
おかしいな?
あっ、(中岳スルーして)高岳に向かってる!

え?!そっち行くの?
風が冷たくてもう中岳のワンピークだけで下山したかったのに、もぅ先に行っちゃうし、、、、(軽くモメました・笑)

ち。

もう、寒くて寒くて、早く温泉入りたい。



A5040762.jpg


A5040765.jpg

景色はよいです。ホント雄大で素晴らしい。



A5040774.jpg

高岳山頂


A5040773.jpg

高岳/三等三角点
三角点にタッチして、オヤツを少しだけ食べて下山。もう、寒くて長居ができない。



A5040795.jpg

登山道から根子岳も遠くに見えますよ。



A5040803.jpg

下山後は、火口見学へ。
四角のポツポツ見えるのは退避壕。噴火に備えての避難施設。



A5040804.jpg

パトライト点滅は黄色。
火山ガス等の条件により、残念ながら本日は火口見学はできませんでした。こればかりは、時の運。仕方ないですね。エメラルドグリーンの神秘的な火口湖見学はまたの機会に。
見学可能エリアは阿蘇山ロープウェーのサイトから確認できるようです。


A5040816.jpg

ミヤマキリシマも咲き始めてましたよ。花が満開の時期に再訪してみたいな~。


予定より早めに下山したので、行きたかった「とくまる食堂」さんへ。
以前に立ち寄った時は、ランチタイムの時間に間に合わず閉店後だったので、リベンジ。


P5040280.jpg

本日のお漬物


P5040282.jpg

おつけもの昼膳
だご汁は醤油味or味噌味から選べます。ロンPは醤油味。



P5040284.jpg

ご飯をたかな飯に変更して、味噌味のだご汁。



P5040286.jpg

デザートはシフォンケーキと冷たいアイス。粉ほうじ茶でした。
全部美味しかった。ココはまた行こう!

お隣の漬物店で自宅用に漬物を購入。お店に置いてある月廻り温泉の割引券をいただく。ちょうど今日の温泉予定だったのでラッキー。


A5040822.jpg

月廻り公園より根子岳
広場は家族連れでにぎわってます。


A5040832.jpg

さっき登った中岳・高岳もよく見える。ここからの景色もいいね~。
温泉館は、GWで少し利用客も多かったけど、さほど混み合うこともなくゆっくりと入浴出来ました。(利用料/割引券利用:¥500→¥300)


A5040841.jpg

草千里
月廻り温泉から再びぶらぶらと阿蘇をドライブしながら移動。


A5040842.jpg

乗馬体験は子供たちに人気のようですね。



A5040843.jpg

お仕事お疲れさまです。

本日の最終目的地までは、阿蘇の牧歌的な風景に癒されました。
馬、可愛かったなぁ。


A5040852.jpg




A5040855.jpg



A5040857.jpg



A5040861.jpg



A5040864.jpg



A5040869.jpg



A5040872.jpg



[2018/05/04/Fri] | 山歩き | page top
| ホーム |