FC2ブログ
天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口

見えない!見えない!
夜中のやまなみハイウェイは、ひどい濃霧で水分トンネル過ぎから長者原までセンターラインと路側帯の白いラインを頼りにノロノロ運転。幸いこんな夜中なので、対向車も後続車もほとんどなくて助かった。
長者原ビジターセンター前でいきなり視界がクリアになって、さっきまでの濁った海の底のような路面は一体何だったのか?
山に登る前に、今日は運転で神経使ってヘトヘト・・・・
到着した牧の戸Pもしっとりなガス模様。


A6241239.jpg

ちょい裏焼けのくじゅうの朝。

sanpoさんと二人で先発隊の後を追う。
到着したときはガス模様だったけど、見上げると満天の星空。いや~、美しかったな~。

夜明けはまぁ、あれだったけど、いいんです。こんな日もあるサ。



A6241246.jpg

中岳の山頂標識は痛んでいたのが修復されてました。



A6241252.jpg

青空と天狗ヶ城。



A6241266.jpg

バイカツツジ



A6241283.jpg

チビハスオチリ

下山途中で、くじゅうの新種を発見!
新種?いや、、、珍種デス(笑)
チビハスのお尻です。

ハスキーなのでシッポは垂れてます(アラスカンマラミュートは巻き尾です)
尻尾はどうでもいいので、振り向いていただきましょう。




A6241284.jpg

チビハス。
こんにちは。ボク、かしゅがる。

あーー、あぁーーーー。
もう、犬不足で飢え飢えです。こっそり連れて帰ろうかな。仔犬の反則技ヤバいな。

しんけん可愛い♡


A6241291.jpg



A6241292.jpg

我が家のロンは、mixだったけど獣医さんに「ハスキーが入ってるかもしれない」と言われたことがある。
たしかに、チビハスかしゅがる君の横顔を見てるとロンを思い出します。


A6241293.jpg

仔犬だから耳が長いのかな?
これからの成長が楽しみですね♪また山で会いましょうね。



A6241298.jpg

ネジキ


下山後、ぶらぶら花散策

A6241301.jpg

オカトラノオ



A6241303.jpg



A6241311.jpg

カキラン


A6241318.jpg

ヒメユリ



A6241328.jpg

志高湖


A6241347.jpg

神楽女湖の菖蒲園



A6241348.jpg
[2018/06/24/Sun] | 山歩き | page top
祖母山
神原登山口---神掛岩---メンノツラ越---九合目小屋---祖母山---国観峠---五合目小屋---神原登山口

ミヤマキリシマ祭も終わった。さてどうする?ラクチンコースで猟師山でオオヤマレンゲ見ようかな~とか、生ぬるく考えていたら、「祖母山のオオヤマレゲが見頃だよ~ん」とハードコース好きな鬼コーチ。
生ちょろさを見透かされていた模様。

祖母山は一人で登るには、ツラすぎるのでホイホイ付いていく。

瀬の本で車中泊。風が強くて車が時々揺さぶられるが、今回もマイ枕と耳栓で熟睡。
higeさんの運転で登山口に向かう。途中の風景にオヤ?
え?もしかして神原から登るんですか?わーい!(なんとなく、前回と同じく北谷登山口から登るもんだと思ってた)
予想外のルート、、、ワクワク。去年同様、higeさんプレゼンの森の貴婦人コースです。


A6171105.jpg

御社の滝(おやしろのたき)
このコース、滝が数か所あって水音が涼し気。



A6171107.jpg

最近、よくネットにもあがっている神掛岩に案内していただく。


A6171133.jpg

途中のヒメシャラ群落地で光芒に足止め。
ヒメシャラがこんなに沢山あるの初めて見たけど、美林の中に差し込む朝の光に感動。
普段登ることが多いくじゅうの風景とはまた違った雰囲気。神秘的で祖母山の奥深さも感じられます。


A6171135.jpg

メンノツラ越えからは雲海がチラっ、、、、急がねばっ。



A6171139.jpg

神掛岩の巨岩の向こうはガスがグルグル舞ってます。



A6171144.jpg

グルグルというか、、、、もう、ドヒャー!

大きく斜めに切れ落ちた巨石を慎重に降りて、そこから先は岩場を巻いたりしながらの冒険ルート。登りもキツかったけど、山頂では純白の貴婦人が待っていました。


A6171152.jpg

森の貴婦人。オオヤマレンゲ。



A6171157.jpg

青空に白いドレスが映えますねぇ。



A6171161.jpg



A6171162.jpg



A6171165.jpg



A6171167.jpg

シースルーグリーン
花だけじゃなくて緑の葉っぱも美しい。



A6171181.jpg



A6171197.jpg

仲良し双子ちゃん。



A6171203.jpg

つぼみ~ず。



A6171212.jpg

沢山の花に元気をもらい、無事下山。
下山後の温泉は、竹田の「月のしずく」でさっぱり♨

higeさん、ryoさん、sanpoさんお世話になりました♪
[2018/06/17/Sun] | 山歩き | page top
扇ヶ鼻・天狗ヶ城・中岳・稲星山・星生山
牧の戸登山口---扇が鼻---天狗ヶ城---中岳---稲星山---星生山---牧の戸登山口

この時期、当日の早朝に行ったって車は停められない。
というワケで、夜中に現地入りして朝まで牧の戸Pにて仮眠。

前回の耳栓に加えて、今回は普段使ってる枕も持参した。
いや~、枕って重要ですね。今までテキトーにクッションとかで寝てたんだけど枕だと全然寝心地違いました。もう、ホント快適ぐっすり。
危うく寝過ごすところでした。

少し焼けた空の下、sanpoさんと二人でコンクリ坂を登ります。


A6030894.jpg

扇ヶ鼻



A6030908.jpg



A6030923.jpg

天狗ヶ城山頂より御池



A6030927.jpg

誰もいなかった天狗ヶ城



A6030933.jpg

天狗ヶ城より久住山方面



A6030935.jpg

三俣山
あ~っ、あっちの山頂も気になる。



A6030942.jpg



A6030944.jpg

マイヅルソウ
たくさん咲きはじめてます。


A6030947.jpg



A6030954.jpg

平治岳の山頂がまだまだピンク。ピークは過ぎたはずなのに、どうなってるんだ。平治岳。すごいな。



A6030965.jpg

sanpoさんとは、中岳でいったんお別れしてryoさんと稲星山へ向かう。



A6030967.jpg



A6030968.jpg



A6030973.jpg

ミヤマキリシマの時は、こっち側からの中岳もピンクで素晴らしい。



A6030974.jpg



A6030975.jpg



A6030986.jpg

稲星山南側
う~ん、咲いてるけど青空が消えちゃったよ。
時間がかかりそうなので、青空待ちの間ryoさんは久住山へ、、、


A6030987.jpg



A6030991.jpg

ピンクの絨毯満喫。



A6030992.jpg



A6031000.jpg

枯れた枝に咲くミヤマキリシマ。
一面に咲き誇る群生地の花々とは対照的に、こんな風にひっそりと、それでも力強く咲く一輪の花に美しさと感動を覚える。自然ってたくましい。



A6031013.jpg

ゴロンと今にも転がりそうな巨岩。
星生崎下より岩尾根に上がる。途中で電話するとryoさんとsanpoさんはすでに星生山頂にいるそうだ。


A6031021.jpg



A6031027.jpg

星生山頂方面。
今日は沢山の人がいるのが遠くからでもわかる。



A6031032.jpg



A6031033.jpg

星生山頂付近からのピンクの滝。



A6031035.jpg



A6031039.jpg

星生南側斜面


A6030906.jpg

ヨウラクツツジ


今日はあちこちピークハントしたけど、ミヤマキリシマ祭も終わりかなぁ~。十分楽しんだから満足満足。
来年は阿蘇のミヤマキリシマが見てみたいなぁ(*^_^*)
[2018/06/03/Sun] | 山歩き | page top
由布岳・飯盛ヶ城
由布岳正面登山口---マタエ---西峰---(お鉢)---東峰---合野越え---飯盛ヶ城--由布岳正面登山口

単独。

しまった!二度寝した(この手が、私の右手がっ、、勝手にアラームを切ってしまう。寝ぼけてスマホ操作できないように手袋して寝ようかな)
しかたない、500円を払う(有料駐車場)つもりで正面登山口に到着。

な、、、なんと。このミヤマキリシマウィークにもかかわらず無料スペースが空いてるよー。どうしちゃったのかな。
皆さん”くじゅう”なのかな。



A6020677.jpg

自然林の登山道は、明るい光が差し込みシースルーグリーン。



A6020680.jpg

高度を上げて、登山道途中より由布院の町。
田んぼには水が引かれてキラキラ。



A6020696.jpg

最初の鎖場。
今日はミヤマキリシマなのでお鉢を回ります。
さてさて、、、これ行かないとなー。ま、ココはいいのよね。全然ヨユー。



A6020708.jpg

で、ココが嫌な所(なるべく、リアルに撮れるように頑張ったけど下に人がいないとイマイチ高度感が・・・)
横移動なので、ちょっとね~。毎回ドキドキします。



A6020722.jpg

鎖場をクリアしたらお花が待ってました。



A6020726.jpg

山頂手前もこんな感じ。



A6020727.jpg

西峰
くじゅうに比べたら閑散としたもんです。



A6020734.jpg

山頂でビスコ補給。
ビスコはこのイチゴ味が一番好き。



A6020738.jpg

よーし、お花畑へ向かいまーす。
向こう側に見える稜線は別府アルプス。



A6020747.jpg

お花畑の斜面。
青空も雲も出てきていい感じ。



A6020750.jpg



A6020752.jpg



A6020755.jpg

ピーク過ぎてるかな?と心配したけどイヤイヤ、見頃です。



A6020758.jpg

由布の小槍?




A6020765.jpg

皆の大好きなあの子はまだまだ蕾でした。




A6020767.jpg

核心部の岩場を歩くハイカー。
(ちょっと、小さすぎて見えないか)



A6020777.jpg



A6020782.jpg



A6020784.jpg



A6020805.jpg

お花畑の斜面。よく咲いてます。



A6020812.jpg

よくまぁ、あんな岩場歩いてきたな、、、、苦笑。



A6020819.jpg

東峰下の南側斜面。



A6020822.jpg



A6020825.jpg

下山前にもう一度マタエより。



A6020831.jpg

お鉢の岩場とミヤマキリシマを堪能したので気分よく、サクサク下山。
時間はあるので飯盛ヶ城経由。



A6020834.jpg



A6020839.jpg

シライトソウ



A6020842.jpg

飯盛ヶ城
えーーー!山頂標識倒れてるよ。
グラグラ斜めになってるし、怪しいなぁ~て思ってたんだけど。
なんか寂しい(代わりにオレンジのプラ板がポールで刺さってました)



A6020851.jpg

山ご飯は、コンビニの冷たいパスタと甘夏缶。
パスタはイマイチだったけど、冷えた甘夏缶は美味しい。シロップも甘さ控えめでゴクゴク飲めます。



A6020853.jpg

無事下山。
本日のツーピーク。緑が優しい飯盛ヶ城と豊後富士の由布岳。



A6020875.jpg

下山後の温泉は、中川温泉・蛙の湯。
今日は、看板猫ちゃんが遊んでくれました。


A6020879.jpg



A6020877.jpg

男女別の内湯からも由布岳がこんな感じで見えるけど、目隠しの寒冷紗?ネットがあるからあまりよく見えないんだよね。
昔は網戸だけでよく見えてたのになー(残念)
目隠しネットなかった頃の画像(ぜったいこっちの方がいいのに)⇒由布岳(2016/12/25)
[2018/06/02/Sat] | 犬との日々 | page top
| ホーム |