FC2ブログ
きょうの夕焼け
6月の夕焼け散歩(日にちは省略)
リンは夕焼けがよく似合います。


A6230090.jpg



A6230097.jpg



A6230099.jpg



A6230100.jpg



A6230102.jpg



A6230106.jpg



A6250151.jpg



A6250160.jpg



A6250167.jpg



A6270192.jpg



A6270196.jpg



A6270199.jpg



A6270217.jpg



[2019/06/30/Sun] | きょうの夕焼け | page top
コトコト日記
6月5日
ジャンプ(漫画本)やられた
(部屋の中、紙吹雪が舞っていた)

6月6日
モンベルのカタログやられた
(山アイテムが欲しいのか?)

6月10日
山雑誌、ガイド本やられた
(歩きたい山があるのだろうか、積極的でよろしいが所々ページがなくなってる)

6月12日
ソファーの座面やられた
(先月末は足元やられた)

6月28日
タイルカーペットやられた
(もうすでに何枚もカジられてる、予備を補充購入した)


A6240125.jpg



A6240134.jpg



A6240136.jpg



A6240139.jpg



A6240144.jpg

他にも色々あったけど、来月はいよいよ1才になります。
当然ながらまったく、落ち着く気配もありません。

元気で体力はあるので秋には山に連れて行こう。その前に川遊び行きたいなぁ。

以上、6月のコトまとめ。
[2019/06/29/Sat] | コト | page top
祖母山
神原登山口---祖母山(ピストン)
単独。

前夜から道の駅に車中泊して早朝に備える。
祖母山単独という緊張感からか(?)今朝は二度寝せずに予定通りに起きて登山口へ向かう。
しかし、ナビ太郎。なぜ、いつもいつも私に喧嘩を売るのだ!

前日Googleマップで予習した道とは全く違うじゃないかっ。
「この先、行き止まり」って、そんな看板運転していて初めて見たよ。

対向車着たら絶対、離合できない。マズいな、、、、どうか来ないで~~と半ベソ状態で狭くてクネクネ道に悪戦苦闘。なんとか本来の県道に復帰。
ホッ…
もう、疲れた。
登らずに帰ろうかとも思ったけど、このままではナビ太郎に負けた気分なので、やっぱりノボル。



A6230005.jpg

朝の光芒。

帰りもナビ太郎が同じ道を案内すると嫌だな、、もうゲンナリ。登りのルートよりも帰りの運転を心配してるとふと明るい光に気づく。
ちょ、ちょい光芒出てる。急げ急げ。
消えないで~。



A6230006.jpg

短い時間だったけど、神々しい朝の瞬間に出会えました。
気分を切り替えて登ろう。



A6230012.jpg

タツナミソウ。



A6230016.jpg

登山道は、段々と急登に…
でも、森の緑がすがすがしい。



A6230023.jpg

またまたタツナミソウ
登山道にけっこうあって、足止めされます。可愛い。



A6230037.jpg

小さなキノコ村もあったり。



A6230039.jpg

やっと、国観峠が見えてきた。
だれもいない静かな国観峠の広場で小休憩。


A6230041.jpg

国観峠のお地蔵様。



A6230043.jpg

オオヤマレンゲ

山頂はあとまわしにして、Q合目小屋のオオヤマレンゲ群生地で森の貴婦人と対面。
ちょうど見ごろの花から蕾まで色々、、、


A6230048.jpg

固い蕾



A6230049.jpg



A6230050.jpg

明日開くのかな?



A6230056.jpg



A6230059.jpg

純白の美人さんはたくさんいたけど生憎、青空とのコラボは出来なかった。



A6230060.jpg



A6230061.jpg



A6230063.jpg

山頂はガスガス(;^_^A



A6230064.jpg



A6230068.jpg

天狗の顔も隠れていく。



A6230075.jpg

こっちの空だけ一瞬、青空。
無印良品のこのりんごスティック、美味しかった。



A6230077.jpg

ガスの森を下る。



A6230082.jpg

神原コースは途中にある何か所かの滝も見どころ。



A6230083.jpg

野鳥の看板(#^.^#)



A6230084.jpg

目的のオオヤマレンゲは楽しめたけど、天気がいまいちだったので再訪したい。

帰路は、信用度ゼロのナビ太郎にGoogleナビの音声ガイドを聞かせながら帰りました。
[2019/06/23/Sun] | 山歩き | page top
貫山(平尾台)
吹上P--貫山--うろうろ---吹上P
単独。

くじゅうのミヤマキリシマにもう一度行こうかと思ったが、天気がな~~。
平尾台は晴れていそうなので向かうものの、家を出たのが少し遅かったので茶ヶ床園地はすでに満車だった。
しかたないので、吹上Pへ移動。以前、yumiさんに吹上Pの場所を教わっておいてよかった。


A6160779.jpg

スタートはちょっとドンよりしてたけど、青空ものぞいてるので大丈夫でしょう。



A6160798.jpg

ノイバラ


A6160800.jpg

オカノトラオ


A6160805.jpg

もうオカトラの季節なんだ。



A6160807.jpg

丘の上のあの木。
なんだか名前を付けたくなるたたずまい。

空と雲が夏だ~。


A6160811.jpg

緑のドリーネ



A6160816.jpg

あなたはだ~れ?
大きなクリクリお目めのセセリ蝶(イチモンジセセリ?)



A6160824.jpg

山頂はあの向こう



A6160826.jpg

スタート時はすこし怪しげな雲だったけどすっかり天気になりました。



A6160830.jpg


A6160832.jpg

貫山山頂にて、海を眺めながらの山ご飯。
バナナは最近、犬のオヤツに(オットが)常備してるのを1本拝借した。


A6160834.jpg

海が見える山頂はいいね~。向こうは北九州空港かな。



A6160837.jpg

暑くなる前に下山。


A6160840.jpg

平尾台のハート。



A6160845.jpg

空と緑が気持ちよかった平尾台。また来よう!!



A6160848.jpg



A6160849.jpg

平尾台/ピクナルの群れ
[2019/06/16/Sun] | 山歩き | page top
天狗ヶ城・中岳・稲星山・久住山・星生山・扇ヶ鼻
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---稲星山---久住山---星生山---扇ヶ鼻---牧の戸登山口

前夜から朝駆けに備えて牧の戸入り。
車中泊用にニトリのバスマットを導入。敷き布団替わりの長座布団の下は銀マットだったけど、やっぱり背中にゴツゴツ感があるので、何かないかな~と思ってたら前回、平治岳下山後にゆたーと歩こう♪のamiさんから「コレいいよ」と教えていただいたニトリのバスマット。
私の車にはハーフサイズ二枚を並べるとちょうど納まりがよくて、寝心地もグレードアップした。快適すぎて、すっかり熟睡。
アラームは鳴ったようだが、無意識に止めたみたい。鳥の声で目覚める(笑)


A6130519.jpg

そんなこんなで天狗ヶ城のオハヨーmy影。



A6130526.jpg



A6130533.jpg

天狗も中岳にも長居はせずに目的の稲星山へ向かう。
中岳を下った鞍部から(中岳)南斜面を眺めるも、今年は皆さんが言うように花芽が少ない様子。


A6130542.jpg

稲星山
山頂に人影が見え、(視力はよくないが)いる人はもうわかっていたので手を振って合図。
久しぶりのnacchiさん。何年ぶりだっけ?

sadaさんもいらして3人でミヤマコースを巡る。


A6130569.jpg



A6130579.jpg



A6130582.jpg

久住山の南斜面が思いのほか良かった!



A6130591.jpg

ガスを操る人。
怖いからあんまり先端に行かないで~。



A6130597.jpg

くじゅうで見る久しぶりのガスの舞い。



A6130603.jpg

星生崎
雲もいいね~。



A6130605.jpg

あ~ぁ。またあんな所に・・・(;^_^A



A6130614.jpg



A6130608.jpg



A6130617.jpg



A6130623.jpg



A6130626.jpg

岩尾根を歩いて山頂経由。



A6130638.jpg



A6130639.jpg



A6130642.jpg

コースの仕上げは扇ヶ鼻にて。



A6130647.jpg



A6130652.jpg

ツクシドウダン


A6130653.jpg



A6130656.jpg



A6130657.jpg



A6130668.jpg

ヨウラクツツジ

sadaさん、nacchiさんお疲れさまでした(^^)/

♨立ち寄り温泉♨
オーベルジュコスモス(長者原園地の隣)
利用料:600円→300円(湯めぐりパスポート利用)
[2019/06/13/Thu] | 山歩き | page top
平治岳
男池P---(東尾根)---平治岳---大戸越---ソババッケ---男池P

当然ながら前泊。
マイ枕持ち込んで熟睡。朝のアラームは無意識に止めていたみたいで、起きてみたらすっかり満車状態の男池駐車場。
トイレから戻るとryoくんとsanpoさんがいらして(同じ並びに駐車してたみたい)一緒に入山。



A6010333.jpg

らららの人とお友達のふみちゃん。

大汗をかきながら急登の東尾根経由で山頂に着くと、昨年もココでお会いしたゆたーとさんご夫妻を見つけ手を振る。yumiさんは兵庫のふみちゃんを案内していた。
遠方よりピンクのくじゅうにようこそ♪
(満開時期より早いのか?)昨年より少しボリューム感に欠けるので3割増しで見てくださいと伝える。



A6010335.jpg



A6010336.jpg



A6010337.jpg

ピンクの滝


A6010347.jpg



A6010349.jpg

ガスが薄く流れ込む。



A6010352.jpg

坊ガツルにはテントの花も咲き始めてる。土日でもっと満開になるんだろうな。


A6010361.jpg

青空の中でミヤマキリシマを満喫。


A6010363.jpg



A6010366.jpg



A6010368.jpg

にぎわう大戸越しで昼食をとり、皆さんと下山。
男池の緑はさらに濃くなってきた。
[2019/06/01/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |