FC2ブログ
扇山(大平山)
2019/12/14

ワンワン忘年会
犬仲間と別府のペットと泊まれる宿Ugo(ユーゴ)さんへ。


Ugoさんのお宿の様子は以前の記録でも載せてます。



20191214_175203.jpg

今回はおしゃれオードブルを用意していただきました。美味しかった♪
写ってないけど、テーブルの向こうには薪ストーブに火が入ってます(ぬくぬく)


20191214_175355.jpg

そして、今回も飲む気満々のウコンドリンク(笑)



20191214_180059.jpg

スパークリングワインで乾杯。
泊まりなので飲みます!



20191214_205123.jpg

右の黒ラブはコト。
総勢ラブ8頭。ラブまみれで幸せ♡



20191214_214922.jpg

食事がひと段落ついたら、夜の庭に放牧の犬たち。そして、餌付け祭の図(ワラワラ)



20191214_230414.jpg

宴の後のお見送り(え~、帰るの?)
私は宿泊組。yamaのお部屋のロフトで寝ました(ベッド余っていたのにあえてロフト・笑)



20191215_063232.jpg

AM6:30オープンの堀田温泉♨
別府は早朝より利用できる温泉があって、朝風呂は(宿泊の)楽しみのひとつ。


20191215_070653.jpg



20191215_072204.jpg

宿に戻ると、夜明け後の雲が感じよかった(ドッグランの庭より)

朝食をいただき、食後のコーヒーと犬談義はさらに続き、すっかりオーバータイムのチェックアウト後、宿からも近い扇山へ。



2019/12/15
桜の園---扇山(ピストン)



20191215_103927.jpg

今まで意識した事なかったけど、スタートの桜の園からも鶴見岳が見えるだね(左側)



20191215_105223.jpg

桜の園を抜け、登りに取り付く。天気がよくて気持ちいい。




20191215_112931.jpg

登りは1本調子の扇山。山頂までの間、振り返ると海。ずっと海が見える景色が味わえます。



20191215_114045.jpg

扇山(大平山)三角点
ずっとどこにあるんだっけ?と謎だった三角点。だいたいの場所はわかってたけど、見つけてしまえば「なんだ、ココか」とあっさり。
ご丁寧に赤テープの印もありました。



20191215_114102.jpg




20191215_114513.jpg

貸し切り。誰もいない山頂。



20191215_115558.jpg

Ugoさんでいただいたミカンと小さなカップ麺で小腹を満たす。



20191215_121643.jpg

眼下には、扇山ゴルフ場とその向こうには別府湾。



20191215_121650.jpg

大分市方面には紅葉登山で何度も登った高崎山。

扇山は、山頂も広くてのんびりできるし、海が見える展望は抜群。近くには温泉もたくさんあって本当にいい山。
別府市民が羨ましい。


20191215_134427.jpg


下山後の立ち寄り温泉は、入江温泉(別府市亀川)
共同湯スタイル/利用料¥100。
[2019/12/15/Sun] | 山歩き | page top
高崎山
銭瓶峠---高崎山(ピストン)

単独。

午前中の鹿嵐山(かならせやま)が早めに終わったので、またまた高崎山。

お。晴れてきた!


AC070788.jpg

ゴールドスケスケ。



AC070792.jpg

崖の上の所赤くなってた。



AC070820.jpg

やっぱり青空が入ると紅葉も映えるね~。



20191207_131707.jpg

落葉もすすんでるけど、まだまだ美しい木々。
今日は、黄色、オレンジ系が目立ちます。



AC070823.jpg

少し進んでは、振り返ると陽が当たり綺麗なのでまたあと戻ったり。山頂まで短い距離なのになかなかたどり着かない。



AC070830.jpg




AC070834.jpg



AC070841.jpg

高崎山は標高は低いが、長く紅葉が楽しめていい山だ。運がいいとお猿にも会えるし。



AC070844.jpg

美しすぎるシルエット。
紅葉の素晴らしさ赤だけじゃない。



AC070848.jpg



AC070850.jpg

チラ見の赤。



20191207_134708.jpg

空もイイネ!



20191207_135917.jpg

ベンチの登山道。



AC070867.jpg

さすがに山頂はスカスカ。



AC070868.jpg

定点観測となった山頂からの田ノ浦ビーチ。



AC070870.jpg



AC070873.jpg

白い船が行く。



AC070875.jpg

鶴見岳はスッキリ。



AC070878.jpg

由布岳の山頂は雲の中。
扇山はよく見えてる(登らなきゃ)


20191207_142442.jpg

見上げる。


20191207_142831.jpg

落ち葉もフカフカ



AC070886.jpg

明るくて気持ちのいい登山道



20191207_144905.jpg



AC070893.jpg

これで紅葉登山も終了かな~。



AC070898.jpg

それにしても、今年はよくココへきた(苦笑)



AC070899.jpg


AC070907.jpg

美しいグラデーション。よいな~。
十分楽しんで、下山後の立ち寄り湯は別府(亀川温泉)の「とんぼの湯」


20191207_160207.jpg




20191207_160456.jpg

湯船に浮かぶトンボがかわいい。
[2019/12/07/Sat] | 山歩き | page top
鹿嵐山
第一登山口---鹿嵐山雌岳---鹿嵐山雄岳---万里の長城/地蔵峠の景---第二登山口

おおいた山日記のよっちゃんにそのうち案内ヨロシクとお願いしていた鹿嵐山(かならせやま)
予習はしてなかったけど、あ~、いきなり登るのね、、、、、しかもそこそこの急登。


20191207_080738.jpg




20191207_082529.jpg

シキミの実かな。クリスマスカラーが冬を感じさせます。



20191207_083346.jpg

雌岳山頂。
展望はありません。古い祠が少し寂しい。
いやぁ~、ここまでキツい登りでした。



20191207_084754.jpg

雌岳からいったん鞍部に降りたあとは再び登る。あ~っ、また登り!



20191207_085312.jpg

雄岳山頂。
やっと着いたよぉ~。ココからは展望が望めます。


20191207_085318.jpg

一等三角点。
角も落ちて、古く味わいのある三角点。


20191207_085450.jpg

八面山(中津市三光)が案外近くに見える。


20191207_085454.jpg

宇佐市の山々。
海も見えるんだけど、残念ながらどよ~んな曇り空。



20191207_090548.jpg

雄岳からは劇下り。
うへ~、これなに!こんなんだったらはじめに言ってよ。ココロの準備が・・・・
1人でブツブツ言いながら転ばないように神経を使う。前をすごいスピードで颯爽と降りるよっちゃんが時折「あ?なにっ?」と振り返る。

「ひとり言で~す!」

あまりの激下りっぷりに途中で笑ってしまう。


20191207_090910.jpg

ひと心地ついて見上げた急登。
これ登りに使うのイヤだなぁ。



20191207_092718.jpg

そして、本日のハイライトに向けよじ登る。



20191207_093946.jpg

もうほとんど、国東の岩尾根の雰囲気。


20191207_094110.jpg

万里の長城
奇岩の絶景地帯。紅葉のピークに合わせて登りたい場所ですね。



20191207_094140.jpg

なんでもなく見えるけど、落ちたらヤバい場所。



AC070777.jpg

よっちゃんが、「あの岩、すごいバランスやろ。落としてみたい」って、、、、
なんて、バチ当たりな人。

万里の長城のあとは、地図にある589mピークを目指す。
短いけれどやせ尾根があり(ちょっと怖かった)なかなかの冒険ピークでした。私は、手足が届かないのでムリせず見守り隊。
ハシゴがないとあの場所は、私ムリ~。



20191207_102529.jpg

お地蔵さま。ありがとう。バチ当たりな人と一緒でしたがケガなく戻れました。

天気がいまいちだったので、条件のいい日に再訪したいですね。
よっちゃん、案内ありがとうございました。

下山後、時間があったのでもうひと山登りました。
またまた、あの山へ・・・・
[2019/12/07/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |