御池~中岳(前編)
【コース】
牧の戸登山口---西千里浜---くじゅう分かれ---御池---中岳(ピストン)

2012年の初登山は、年末から年始にかけて準備を整えていた冬装備を試すべく、くじゅうへ。
心配した道路の凍結はなく、長者原から牧の戸峠までのやまなみハイウエイもチェーンなしでokでした。

遅めにたどり着いた牧の戸Pはほぼ満車で、空きスペースは数えるほど。早速初下ろしのアイゼンを装着して出発。

登山道脇の雪だるま
登山口のコンクリート坂はカチコチです。


雪に埋まる階段
木製の階段部も積雪してました。

二人とも薄手のダウンで登り始めましたが、第一展望台の東屋につく頃には、暑くなり、第二展望台でダウンを脱ぎ、服装整備。


樹氷の星生西斜面
星生西斜面は白く染まってましたが、暖かいせいか樹氷も薄い印象です。


青空と樹氷



樹氷と積雪の登山道
風もなく、快適な登山道。樹氷と青空が続きます。


樹氷



携帯で樹氷を撮影するロンP



西千里浜
西千里浜に出ると、積雪はなく星生崎直下の岩場から久住避難小屋へのガレ場歩きは、アイゼンでは歩き辛い。


白いかりんとうのような樹氷
白かりんとう(^^)


樹氷越しに山景



青空と天狗ヶ城
くじゅう分かれを通過して、御池経由の中岳へ向かいます。


青空に映える派手色ニット帽
派手色ニット帽は、意外とボンボンが大きくて重かった(笑)


氷結の御池編へ続きます。



[2012/01/14/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |