尾椎(尻尾の骨)脱臼
ティナが尻尾の骨をケガしました。
レントゲンの結果。尾椎の第5~6間にズレがあり、一部欠けてました(泣)
本人(犬)は、食欲もあり、散歩にも行きたがります。ただ尻尾の付け根が内出血を起こしており、痛みでオスワリができません。

かかりつけの獣医さんによると、幸いだったのが、ケガをした位置が尾椎でも腰に近い方でなかった事。
尻尾の付け根に近いほど(腰に近いほど)馬尾という神経が集まっている場所を痛めてしまう事があり、そこを痛めると排泄障害を起こす確率が高いそうです。

排泄は問題なく出来てるし、触診による痛点の確認もokだったので、神経の損傷はなし。

脱臼のズレは、自然治癒にまかせるしかなく、内出血(腫れ)が収まればオスワリも以前のように出来るようになるらしい。
今は、かわいそうに自慢のフラッグテールは垂れさがったままです。
今回は、私の不注意でケガをさせてしまい、ティナには申し訳ない。

病院のドッグランで歩くティナ

写真は、本日の診察前。病院併設のドッグランにて(元気です)



以下、飼い主の覚書。興味のある方はどうぞ。

犬の骨格イラスト参考:PEPPYの「犬のからだセミナー 足腰編
馬尾症候群参照ページ(馬尾部分の骨格イラストあり)
[2013/07/01/Mon] | 犬の医療 | page top
| ホーム |