エルモの眼振発作
先週9月28日(土)の午後、登山を終えて自宅に帰宅するとエルモの調子がよくない。
山歩きの時は、主人に留守番をお願いしてるのですが『ヨロヨロする』というので、眼球をチェックすると眼振発作を起こしてました。
すぐに、手持ちの予備薬を飲ませて様子をみましたが、少し軽くなったものの”揺れ”は収まりません。
車で移動するのは、ちょっと怖かったので受診はやめておいて薬を増加して経過観察。

結局、ごく軽めの眼振は水曜日まで続いてそのあとは、おさまる。しかし、発作直後から目が見えてない様子で、物にぶつかります。
視力はかなり衰えていたものの、物にぶつかる事はなかったので、いきなり見えなくなるというのはちょっと驚き。

耳はもう、ずいぶん前から聞こえてない。聴力の衰えは、徐々に弱くなっていったので本人はそれほど困っていなく、問題なし。
しかし、視力はある程度見えていたのがいきなり遮断されたような状況なので、本人もかなりのパニックぶり。
見ていて辛い。

老犬介護は、先住犬のロンで経験済みなので、大変な事は色々あるけど、一番肝心なのは”悲観的にならない事だな”と思う(←物理的、体力的な苦労よりやっぱり最後は気の持ち方だとロンの介護で感じました)

そんなワケで、15才10ヶ月。エルモ、おむつデビューです!

紙おむつパッケージと黒ラブ・エルモ
アテント(大人用パンツタイプ)Sサイズ。

ロンの使い残しの紙おむつが残ってますが、エルモには小さかった。
ドラッグストアで一番小さいサイズの大人用を購入。
尻尾穴加工は、手慣れたものです。


おむつガール
おむつガールは15才♡
キリッとした表情もしますが、これが見えてないんですよねぇ T_T


補助ベルト装着のエルモ
補助ベルト装着

ロンに手作りした補助胴輪。ちょっとパツパツ・・・・苦笑。
ロン、痩せてたからなぁ。

眼振発作は、すっかりおさまったけど、手持ちのお薬も少なくなってきたので、本日動物病院受診。
発作経緯と今後のケアの相談。
眼振対処の内服薬を余分に処方してもらい、爪切りや耳の処置もついでにしてもらう。

眼振発作(突発性前庭疾患)による失明というのは、あまりないらしい。
エルモの場合、前日まで見えていたので発作がきっかけとしか思いあたらないんだけどなぁ。

どちらにしろ、眼振も失明も16才が近い老犬には対処療法しかなく、眼振は後遺症の(顔面や舌の)マヒなどが出ないように気をつけるとか、視力の方は、ケガしないように見守るほかない。
水飲みテーブルは角があるので撤去。ローボードの角にはプチプチ作戦。
あとは、神頼みならぬロン兄ぃに「まだお迎えにこないでねぇ」とお願いしよう(苦笑)

[2013/10/05/Sat] | 老犬介護 | page top
| ホーム |