中岳・星生山・扇ヶ鼻
先月、エルモが眼振発作を起こしてから心配性な飼い主は、山歩きを控えてましたが、様子も安定してきたので約一ケ月ぶりの朝駆け登山です。

紅葉は皆さんのレポを拝見すると、先週あたりがピークなのかなぁという感じですが、時期はどうであれ、久しぶりに山の空気を吸えるだけで十分。
ルン♪と、牧の戸Pに到着するといつもの場所に「くじゅう連山のひよっこ」のRyonaさんが空を見上げている所でした。
お母様にも挨拶して、今回も同行させていただく。

駐車場前の電光掲示板のデジタル温度計は4℃。夜空には、星と月が見えるものの、今夜はピエールの声はしない。
(注)ピエールとは、Ryonaさん曰く、くじゅうの山に住むフランス系の鹿らしい^^;

池の小屋で、IRIEさんに会う。09/16の朝駆け時に西千里あたりで暴風(おまけに濃霧)でままならない状態の時、久住避難小屋まで誘導してくださった方。当日はレスキュー隊が出動するほどの悪天候でした。
直接お礼が言えないまま、避難小屋でお別れしていたので、お会いできてよかった。
そんな恩人のIRIEさんを池の小屋に置いて、ひとりで中岳へ先行(笑)

湧きあがるガスの中から朝日


ご来光


ガスの押し寄せる中岳ご来光

日の出前、少し怪しげなガスでしたが、結局はボワー!!メラメラ~!!といい感じでした。
詳細は、山頂でご一緒だった方々のブログでどうぞ。

Ryonaさん/くじゅう連山のひよっこ
大空さん/大空の風景写心
ナッチさん/一人ですけど、なにか?

白く凍るザック
ご来光タイムに夢中になってる間、ザックが凍ってました(Ryonaさんお母さんのザック)


たまごおにぎり
山ご飯(朝ごはん)は、卵おにぎり/池の小屋で皆さんで朝ごはんタイムでした。
塩おむすびに、うす焼き卵(こちらも味付けは塩のみ)プレーンさが旨いのです。


GOTOさんによる「ガス撃沈犯」がRyonaさんになりそうだったが、実は私自身にも”もしや、ワタシじゃないよね?”という一抹の不安感があったものの、今朝の朝焼けで帳消しになりそう。
GOTOさん、とりあえず、私ではないです!



久住避難小屋裏側より

今日は、朝駆けのあとは特に予定もなく、星生山の西斜面をメインルートから眺めながら下山しようと思ってたのですが、Ryonaさん親子の星生山岩尾根ルート&扇ヶ鼻東端に寄り道コースに便乗する。
星生山には、何度も登ったが久住避難小屋側から登るのは初めて。なんだか新鮮!


星生稜線を歩く



星生西、遠景に小国の風車が見える

なるほど!『星生の紅葉を上から見なきゃ』と言ったピエールくんRyonaさんの言葉の意味がわかる。なるなる・・・・
おぬし、若いのにやるのぉ。


紅葉



地糖を見下ろす紅葉
地糖は、少し前の雨で水がたまりしっとりと綺麗でした。


星生西側の紅葉



星生西斜面を上から見下ろす
扇ヶ鼻取り付き付近より、星生西斜面の紅葉。

最近、扇ヶ鼻とは相性がよくなく、いつもどんより気味。今日は快晴です。

肥前ヶ城の紅葉

扇ヶ鼻東端では、「九重の四季」の木下さんのBBSでいつも拝見している悠悠さんと奥さまがいらした。
さすが、くじゅうの重鎮。オーラがありすぎてうまく自己紹介もできずにオロオロしてしまった。


星生西斜面の紅葉

下山途中に、実はコッソリいつも見ている「くじゅうRIDE」のnonoさんとバッタリ遭遇。とっても急いでいる風だったので、「そろそろ元越山の秋の登山会ですね」とか、世間話は出来なかった・・・・

なんだか今回は、夜道でうわさしていた皆様にお会いできて本当に楽しかった。
Ryonaさん、お母様お世話になりました。


沓掛の紅葉


紅葉の沓掛稜線
沓掛定番ショット


モミジ越しに秋の青空
登山口からのコンクリート坂も紅葉で染まってました。


紅葉の落ち葉



沓掛コンクリート坂の紅葉



「道の駅くす」のパン
自宅への帰り道、「道の駅・童話の里くす」で、休憩。
ここは、テナントで入っているパン屋さんが美味しいのです。左端のミルクティークリーム入りのパン(表面はサクサククッキー風)が美味しかった。
体力使うと甘い物がおいしいですよね。
[2013/10/27/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム |