由布岳
由布岳正面登山口---合野越え---マタエ---東峰---マタエ---西峰---正面登山口

老犬エルモのお世話(寝てるのを見守るだけだけど)はロンPにお願いして、単独で由布岳へ。
由布岳の紅葉は日向岳を続けて歩いていたけど、昨年メインルートもいい感じだったので、今回も紅葉を期待して正面登山口から入山。

前夜に確認した天気予報では朝のうちはまずまずの予報だったのに、現地は曇天。
テンションも一気にさがるなぁ。

朝露でぬれるススキ
朝露でぬれるススキ



由布岳正面登山口の草原
由布岳正面登山口の草原


登山道の紅葉

期待した、正面登山口からのメインルートの紅葉は、落葉したのか?見上げる木々の葉はボリューム感に欠ける気がする。

紅葉の木々


朝霧のかかる由布院
登山道より朝霧のかかる由布院盆地



狂い咲きのミヤマキリシマ
フライング?のミヤマキリシマ


マタエ直下の網あみの登り
マタエ直下の網あみの登り

毎回、ここまで来ると「本当に(山頂まで)あと少しだな」と感じる。ガンバレ!もう一息。


紅葉の由布岳麓付近
上から見ると結構紅葉してる。


由布岳山頂より小槍?
由布岳の”なんちゃって小槍”


日向岳の紅葉
東峰山頂より、日向岳方面の紅葉


東峰に到着すると、見覚えのあるお顔が・・・・
おおいた山日記」のよっちゃんだった。
今まで、中岳の山頂や、ここ由布岳で何度かすれ違っているけど(後で互いの山記録で確認)ゆっくり話をするのは、今回がはじめて。
いつもの通り、朝駆けでお鉢をまわってきたとの事。

私が、西峰の岩場を一人で登るのは、ちょっと怖くてまだ未踏だと話し、いつか偶然お会いしたら一緒に登ってもらおうかなぁ~と思っていた。と、話すと『じゃ、今から行く?』と非常にかるぅ~く、お誘いをいただく。

おぅ。渡りに船とは、このこと。
岩場の危険ポイントや、登りのコツを教えていただき、先導してもらう。



マタエから伸びる西峰岩場
マタエから伸びる西峰岩場


西峰への鎖場
鎖場。カニの横ばいポイント。
下を見てはいけません(笑)


由布岳西峰山頂標識
由布岳西峰山頂標識
念願の西峰。ヤッター!!
西峰に慣れたよっちゃんの後にくっついて行ったおかげで、想像していたよりも怖くはなく、スムーズに登れた。


時折ガスの流れる山頂
時折ガスの流れる山頂

西峰に到着すると、薄いガスが時折流れはじめた。天気予報は、午後から下り坂なので、早めに下山。


落ち葉の紅葉と登山道
落ち葉の紅葉と登山道

下山路も、同行していただき、よさ気な紅葉ポイントでは、「日差しがもう少しあればなぁ」と意見は同じくシャッターを切り合った。
登山口到着で、よっちゃんとはお別れ。また山でお会いしましょう。
今日は、本当にお世話になりました。思いがけなく、念願の西峰を踏むことができました。


紅葉



即席袋麺のちゃんぽんと、フリーズドライの具材
即席袋麺のちゃんぽん


山ご飯のちゃんぽん
本日の山ご飯
即席めんのちゃんぽん。フリーズドライの具入り。大福はデザート。

気温も高めで、マタエと山頂のみ上着が必要だったけど、あとは薄手のドライ長袖Tシャツ+半袖Tシャツで登れました。
[2013/11/02/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |