中岳・久住山
【コース】
牧の戸登山口---西千里浜----中岳---池の小屋----久住山---牧の戸登山口
memo:単独

前回は、ゆっくりスタートで樹氷を楽しみながら歩いたので、今回は朝駆けでご来光に間に合うように夜中の家出。

路面状態は、長者原から牧の戸間は問題なく、ノーマルタイヤでもOKなくらい。
しかし、牧の戸Pは少しばかり積雪。慎重に駐車してアイゼンを装着してスタート。
前後にヘッドライトの明かりはなく、多少心細い。西千里浜は、ただただ前だけをまっすぐ見て速足で急いだ。
空池を通過する頃には、風も強く、ガスも濃い。池の小屋へいったん立ち寄ると男性が一人いらした。
挨拶をして、先行者を訪ねると常連さんたちはどうやら、この強風の中すでに山頂でスタンバイしてるよう。
ま、、当たり前だけど皆さん物好き、、、、(笑)

ガスが濃すぎて天狗も中岳もライトも人影も確認できない。
どちらかと言うと、中岳派なので、迷わず中岳へGO!

山頂には、常連さんたちの三脚が並んでいる。


くじゅうの夜明け



ガスの中のご来光




ガスが舞い、オレンジ光線



朝日色に染まる樹氷群

ガスで撃沈か、、と思ったけど、わずかの間、朝日色に染まった樹氷群が美しかった。


ご来光撮影の常連さん
皆様、お疲れ様です。


中岳山頂より天狗ヶ城
天狗ヶ城の皆様。おはようございます!


青空と中岳山頂標識

「さぁ~て、終わった終わった!」と機材をザックにしまい下山する皆さんの後を追い、池の小屋にて小腹を満たす。
小屋では、木下さんと、山下さんの高血圧談義を左と右の耳で聞きわけるも、いまのところ血圧は正常値なので、血中コレステロールの話の方が興味があります(笑)←健康診断ではじめて高めの数値が出てショックでした。


御池の神渡りを撮影のGOTOさん
御神渡り(?)
池に降りてみると、湖面の氷が長く隆起していた。初めてみる光景。


溶けた池の氷が浮遊するクラゲのよう
池の西側は一部氷が解けて、プカプカと浮遊している。なんだか、クラゲみたい。


一部、融解した御池
御池


エビの尻尾でかたまる標識と御池



樹氷越しに天狗ヶ城

池の上は、樹氷が綺麗でしばし、ひとりで樹氷を楽しむ。

御池の西側端分は一部とけている


氷結の御池



標識についたエビのしっぽ
ピークハントに、久しぶりに久住山へ。ここも、エビのしっぽが見事でした。


久住山山頂標識
久住山

山頂付近で、軽く転んでスパッツをアイゼンで破いてしまった。あぁ~あ。
私のコトだから、いつかはやっちゃうだろうなぁ~と思っていたが、、、それにしても、風がひどくて腰を下ろす気にもなれずに、山頂標識だけカメラに収めてすぐに下山。



かしゅがるくん
シベリアンハスキーのかしゅがる君。
久住から下山途中に、顔なじみのかしゅがる君と会う。ニヤニヤ笑って、、、そうか、そうか、私が好きなのね♡


薄雪の久住山
少し色白になった久住山遠景


樹氷と沓掛稜線
定番ショットの沓掛稜線


ご来光タイムは、寒くて閉口したけど樹氷越しの朝日を見ることができたし、下山時は青空も楽しむ事が出来たので十分満足な山行でした。

山頂、池の小屋でご一緒した皆様。お世話になりました。また山で!
[2013/12/15/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム |