天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---くじゅう分かれ---池の小屋---天狗ヶ城---中岳---池の小屋---牧の戸登山口
Memo:単独

結論から言うと、大撃沈でした。
いつも多少はガスっても、気持ち程度にでも青空が見えしたりもするもんだけど、まぁ見事にダメダメでした。
ここまでダメだと、さすがの私も「もう、朝駆けヤメよっかなぁ」とヘコむ。

ま、こういう日もあるサ。

天狗ヶ城山頂より、御池
天狗ヶ城山頂より、御池

日の出の時刻には間に合ったが、山頂待機の間ずっとガスの中。撮るものがないので池が見えた瞬間パチリ。
でもまたすぐにガスで見えなくなる。
天狗山頂で凍えながら8時前まで粘ったが、変化がないのでお隣の中岳へ移動。


中岳山頂標識
中岳山頂標識

山頂には、若い男性が一人で頑張っていた。
天狗から一人移動されてきて(←あとでわかったが、以前お会いしたロバートさんだった)3人でさらに少し頑張ってみたが、寒さに耐えきれず一人で池の小屋に撤退。
小屋で朝ご飯の準備をしてると、残っていた御二人も下山してきた。



朝ごパン
朝ごパン。
たまに食べたくなるマンハッタン(全国区だと思ったら、九州地方だけの菓子パンみたいですね)



凍る石積みの池の小屋
池の小屋


久住避難小屋前広場
久住避難小屋前広場は、ガチガチに凍ってました。


ガスの西千里浜
下山路もずっとガス


沓掛尾根
沓掛尾根

下山後の温泉は、久しぶりに馬子草温泉の「きづな」へ。
時間が早かったせいか、貸し切り状態。のんびり入浴してシャンプー後の髪をドラヤーで乾かしていると、年配のご婦人が入ってきた。
「今日は貸し切りですよ」と挨拶すると、『山に登ってきたの?』と話かけられる。
なんで(山帰りだと)分かったのかなぁ?
湯上りで、半袖Tシャツに下はジャージだったけど(笑)
そのご婦人、曰く。『ここ(きづな)はヤケドに効くのよ~』とのこと。なんでも、その方、ひどいヤケドをしてここのお湯をいただいてケアしてたとか、、、
聞けば、ご自宅は中津らしい。中津市から九重町の「きづな」までわざわざ入浴に来るというのだから、かなりの惚れ込みよう。
ヤケドにいいなら、登山後の日焼けにもいいかなぁ~。また来ようっと!
(しかし、今日は露天の温度がめちゃめちゃ低かった)
[2014/01/12/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム |