天狗ヶ城・中岳・扇ヶ鼻
【コース】
牧の戸登山口---久住避難小屋---御池横断---池の小屋---天狗ヶ城---中岳---くじゅう分かれ---扇ヶ鼻---牧の戸登山口

朝駆けタイムに牧の戸P到着。
がっ、、、
駐車場入り口で、いきなり吹きだまりにつっこみスタック!
今夜も、もちろん単独不良主婦なので、車のお尻が半分道路に出たままの状態で焦る焦る・・・
すぐに、運転席から降りて車の状態を確認しようとすると、朝駆けヒーローたちがスコップ片手に現れてきて、一緒に雪かき&車を押して救出してくれました。

顔馴染みの皆様でした。
本当にスミマセンT_T
ありがたかったです。一人だとどうしていいか、泣きそうでした。
そんな、こんなでスタートからつまづき、ryonaさんとsanpoさんが待っていてくださったようだが、準備に手間取り先に行っていただいた。

たっぷり降った雪の登山道に、時々足をとられながらも、久住避難小屋に到着。
先行の皆さんがいらして、先ほどの恥ずかしい現場にいなかったハズの山下さんや、大暇さんにも冷やかされた(^^;

GINさんのトレースを踏み、池の小屋でもうしばらく休憩したかったけど、皆さんどんどん出発していき、先ほど助けてもらった恩も忘れ(笑)ボッチさんに、「もう行くんですかっ!」(もう少しゆっくりしましょうよ)と、生意気な軽口を叩きながらも、後に続く。

皆さん、中岳に向かわれる方が多いので今回は天狗ヶ城へ。
天狗の途中も雪が深く、山頂にはすでにトレースをつけてくれたGINさんがいらして、一人¥500のトレース料を徴収された(ウソです・笑)


ガスの中のご来光
やっとこさのご来光。

天狗ヶ城の山頂では、久しぶりのkayoさん。
二人でシャッターを押すよりも、おしゃべりに夢中でした。あはは。


天狗ヶ城より極薄ブロッケン
薄々ブロッケン

ひとしきり、山頂で凍えたのでkayoさんと私は”池の小屋に退散しようか~”的な雰囲気だったが、皆さんの中岳移動につられてしまう(苦笑)


釣り尾根越しの向こうに天狗ヶ城
中岳より釣り尾根越しに天狗ヶ城


イルカ岩
寒そうなイルカの頭?

GINさんに、イルカ岩を教えてもらう。
おぉ~、なるほどイルカだぁ♪かわいいなぁ。


美しい風雪紋
風雪紋が美しい


釣り尾根下の霧氷群
霧氷群とソリを背負ったkayoさん


池の小屋遠景
池の小屋遠景

山頂で、まだまだねばる人たちを置いて、sanpoさんとkayoさん、女子組で一足先に池の小屋へ移動。
sanpoさんの食材とストーブはryonaさんのザックの中のようで、お先に失礼してお腹を満たす。

山ご飯は卵入りぞうすい
山ご飯は、ぞうすい。

GINさんのぞうすいとは違い(←実は、ブログを拝見してマネしたのです)私のは卵入りです。
絵的には、あまり美味しそうじゃないけど、マイナスの山では熱々であれば、それだけで旨い。次回は、ネギも刻んで用意しよっと。


池の小屋前より稲星山(右)
小屋前より稲星山と雲海も・・・

小屋でゆっくり休憩しても、山頂の方々はまだまだ降りてくる気配がありません。
もぅ、みんな、どうかしてるよぉ。おかしーよぉ~~(苦笑)

ソリ仲間を待つkayoさんとは、池の小屋でお別れをして、sanpoさんryonaさんに同行させてもらい下山。

天狗ヶ城
天狗ヶ城


すり鉢状の空池
空池の底も真っ白!


ザックの中から顔を出すMダックスのエルちゃん
エルちゃん
下山途中で、higetiasさん&mamatiasさんとの再会。夏の天狗ヶ城でお会いして以来です。
エルちゃんは、寒さも感じさせず、専用ザックの中でとっても元気です!!いつかダッコしたいなぁ。
お怪我が心配だったhigetiasさんもすっかり回復したようです。本当によかったです!!


ガスの晴れた三俣山
スッキリな三俣山


星生崎と久住避難小屋遠景
久住避難小屋遠景
真っ白な一面で、まるで九州ではないようです。雪の状態もパウダースノーでさらさらフワフワですよ。


ニョロニョロと遠くに雲海
ニョロニョロ畑
今日は、いたる所にニョロニョロ畑がありました。


星生崎
星生崎。今日は特別カッコいい。


星生崎下のひよこ岩
星生崎下のひよこ岩

初めて気付いたけど、まるでヒヨ子のお菓子のようです。私が「ひよこ、ひよこ」と喜んでいると、福岡県民で「くじゅう連山のひよっこ」を名乗るryonaさんは、さすが本物の?ひよこ。
以前から知っていたようですが、この可愛い岩をトドだという方もいたりするようです。
こんなに、可愛いのにぃ~~。


青空に映える久住山
今日は、久住山が主役のように凛々しかった。


登山道をラッセルするryonaさん
星生山経由でと話しながら下山したものの、星生へのトレースは薄いようで、ならばと、扇ヶ鼻東端へと変更。
ところが、扇への道も、雪深かった、、、


登山道の風雪紋


扇ヶ鼻東端と久住高原側の雲海
扇ヶ鼻東端には、GINさんがいらした。そして、トレース料として一人¥1500を言い渡される。
早朝の天狗ヶ城より一挙に値上がりしてるっ!!!(爆)

今日は、ずっとGINさんのトレースをいただいたわけだ。感謝。


扇ヶ鼻東端より肥前ヶ城
扇ヶ鼻東端より肥前ヶ城


扇ヶ鼻山頂
扇ヶ鼻山頂
ryonaさんと二人で、扇ヶ鼻山頂をピークハント。
長居はせずに、下山。扇ヶ鼻への取り付で朝駆け隊の皆さんと再び合流して、賑やかに牧の戸まで下山しました。


岩に張り付いた小エビちゃん

出発直前の駐車場でのトラブル、山頂、下山道中でお世話になった皆様。ありがとうございました。
皆さんの山レポは以下からどうぞ♪

GINさん 憧憬の九重Ⅱ
ゴリさん ゴリの気まぐれ日記
ボッチさん 九重山行クラブ
山下さん 野生の雉
大暇さん 九重逍遥
大空さん 大空の風景写心
山靴さん 山靴手帖
sumiさん 4seasons
matsuzakiさん くじゅう便り
higetiasさん higetiasのエンジョイ・ライフ
山本さん 九重連山を歩く~kuju report~
[2014/02/11/Tue] | 山歩き | page top
| ホーム |