扇ヶ鼻分岐まで
牧ノ戸---扇ヶ鼻分岐(ピストン/ピークなし)

牧ノ戸Pに到着したのは、AM6:00前。
途中のやまなみハイウエイで睡魔に襲われ、駐車場に到着してすぐに仮眠。
どうせ、天気はパッとしないようなので持参したダウンからフリース、レインウエアをまとめて着こんで、ダウンの膝かけにくるまり、使い捨てカイロを両手に握って眠った。
寒くて眠れないかな?と思ったが、1時間以上爆睡。

ガスの登山口をスタートするも、天候が回復する空模様でもないし、下山してきた先行パーティーに聞くと、「くじゅう分かれはヒドい風でした」とのこと。
これが土曜日ならまだ時間の余裕もあるけど、日曜日は翌日からの仕事に備えて早目に帰宅したいし、、、
深追いせずに、扇ヶ鼻取り付きまで歩いて下山。

下山途中に、ハスキーのかしゅがる君に会う。
かしゅがる君


かしゅがる君


かしゅがる君


前足で雪に穴を掘るかしゅがる君

雪穴を掘って遊ぶ、かしゅがる君。
穴掘りしてるだけでカワイイ。

帰宅途中、日出生台演習場近くから見えるはずの由布岳もガスの中。
(由布岳近くで天気が回復しそうなら由布岳に行くつもりだった)
安心院に入ると、青空が!思わず先週登った伽藍岳方面にハンドルを切ろうとしたが、やめた。

思いが定まらない時は、登ってもしょうがない。

大人しく帰宅して、諸事情で落ち武者のような耳(の飾り毛)になってるティナの耳の毛を切りそろえた。

ケチらないで、トリミングに出せばよかった・・・
ヒドすぎる。

すまん。ティナ。
[2015/02/08/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム |