由布岳
由布岳正面登山口---合野越---マタエ---東峰山頂(ピストン)

久しぶりの単独朝駆け。
登山口に早く着きすぎたので、少し眠っておこうかと準備しておいたハーフケットをはおり、横になるが100均のエアー枕が高くて寝心地悪く、空気を抜いたら今度はペシャンコすぎて、フーフー膨らませて微調整。
ゴソゴソしてたらポケットのスマホがシート隙間に落っこちて、手さぐりで探すも見当たらない。あ~ぁ、何やってんだジブン。
どうにかスマホも見つけ、枕の高さも好みの低めにセットできたが、目の前を大型トラックがバンバン通過して眠れない(>_<)

駐車場内の数台の車は、相変わらず静かなまま。すでに入山したのだろうか?
あとから来るハイカーの気配もなく、真っ暗な登山口を一人出発。

今夜の由布岳は本当に一人っきりのようで、前を歩く明かりも振り返っても追いついてくる明かりもない。怖いよぉ~T_T
いつもは休憩する合野越えも怖くてベンチに腰掛けられない(笑)
樹林帯の中は、風もなく汗をかきつつ結局半そでT+アームカバーだけで登った。

九十九折れの登りも後半、視界が開けると由布院の夜景が美しい。

下から仰ぐ山頂には、ヘッドライトの明かりは見えないが誰もいないのだろうか。
マタエは風が強いので、直前で上着を着込んで東峰へ向かう。
山頂には、男性が一人。

夜明けは、PM層の中からボヤボヤの朝日でした。まだしばらくは空もスッキリしないのかなぁ。
朝日を見届けた後、先にいらした男性は下山していき、しばらくは山頂貸切。その後、単独男性が登って来たが、その方も西峰に異動したのか下山したのか、気が付けばまた一人っきりの山頂でした。

くじゅう方面の遠景もうすぼんやり気味の中、せっかくの貸切山頂なので、もうしばらく楽しみますが、気温は10℃。
風もあり、ライトシェル一枚ではやり過ごせないのでレインウエアを重ね着。まだまだ、防寒対策が必要ですね。
朝ご飯は、途中のコンビニで調達したサンドイッチとおにぎり。暖かい飲み物を用意してなかったのは失敗だったなぁ。

山頂貸切とはいえ、GWまっただ中。この後、続々とハイカーが増えるのはわかっているので、早目に下山。
下山後は、由布岳山麓のお花を少し見てまわりました。

DSC02742.jpg
由布院の町には朝霧がかかってます


DSC02752.jpg
夜明け


DSC02761.jpg
大分市方面
中央におサルの高崎山、志高湖も写ってますよ。


DSC02782.jpg
山頂


DSC02801.jpg
早朝の由布院と由布影。白い湯煙が”おんせん県”らしい。



DSC02835.jpg
新緑V字
登山道途中のヘアピンカーブのV字の谷のあたり、この辺の新緑が好き。



DSC02838.jpg
新緑V字
これからの季節、新緑がどんどん鮮やかになっていきますね。


DSC02844.jpg
由布岳、ブラックツリーと一緒に。



DSC02861.jpg
サクラソウ


DSC02878.jpg
白に近い薄水色のエヒメアヤメ。バイカイカリソウと仲良く。


DSC02885.jpg
ヒメハギ


DSC02900.jpg
[2015/05/02/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |