由布岳
由布岳正面登山口---合野越え---マタエ---西峰---(お鉢)---東峰---由布岳正面登山口

今週は、割と早い段階から行き先を由布岳に考えてました。
直前の天気予報もパッとしない中、くじゅう方面も気になりましたが思うところもあり、由布岳。
先週、雨に祟られたよっちゃんの由布岳レポがあまりに気の毒なので(苦笑)一応、控えめに『由布岳行くけどぉ~~』と、行き先だけ連絡したら、出発時間とコースが返信されてきました。

先週も、その前(私も同行した)の東登山口コースも雨で、ここは男ならリベンジやろ!・・・という、私の念が通じたようです(笑)

正面登山口には、数台の車だけで、朝駆けのハイカーは少なそう。見上げる夜空は、う~~ん、微妙。
二人とも身支度をサッサと済ませ、予定通りの時刻に出発。合野越えも近づいた頃、前を歩くよっちゃんが「あっ!!」と大声。
「カメラ忘れた!」って・・・・

え~~っ!!!

私だったら、戻る距離だったし、由布岳は慣れてるコースなので夜中の待機も平気です。初めての山だったら怖くて一人で待てないだろうけど、、、、
マラソン大会にも出るくらいの健脚なよっちゃんは、あっという間にカメラを手にして戻ってきました。
若干のタイムロスで夜明けの時間を気にしてるような、よっちゃんですが、まだまだ余裕があるので大丈夫。

西峰で迎えた夜明けは、ガス祭りでした。


2015_733.jpg

西峰の頭上はわずかな間、ピンクに染まる。



2015_732.jpg

東峰方面
ガスが押し寄せてきます。


2015_734.jpg


雲もそれなりに、いい感じなのですが、いかんせん下の雲が厚つすぎで、焼けきれません。


2015_735.jpg



2015_736.jpg

ピンクも雲の形も可愛いのだけど、これが精一杯でした。


2015_737.jpg

時折、見える青空。
しかし、それはほんの一瞬で、あとはガス、、、、

2015_738.jpg

東峰を覆うガス。
このモアモア感がよかった。
この後も、しばらくガス祭りは続き、もういらないよ!というくらいあたりを真っ白に染めて、なにも見えなくなりました。

停滞中の山頂で、暇なので、ケルンを積み上げて遊んでみたり・・・

2015_740.jpg

↑これは、よっちゃん作。


2015_739.jpg

マクロで遊んだり・・・・

2015_741.jpg

トリカブト


変化の起きそうな気配のない中、どーする?下山する?

よっちゃんのアドバイスにより、お鉢するなら(朝露とガスのミストもあり)レインスーツは着たほうがいいという言葉に従い、黄レンジャーに変身してたので、せっかくカッパも着込んだことだし、ガスでも目の前の岩場は見えるので、お鉢しよう!ということになり、レッツゴー♪
景色はサッパリですが、期待していたトリカブトにも出会えました。


2015_742.jpg

ガスで下が見えませんが、落ちたらヤバいでしょ・・・な感じのポイントが続きます。
よっちゃんは、お鉢は慣れてるのですが、私はそうでも無くて(汗っ)濡れた岩場で何度か足が滑りかけ、少々肝を冷やしました。


2015_744.jpg

足長のよっちゃんは、ラクラクなのですが、短い足の私は、「足、どとかーん」と何度も・・・苦笑。



2015_745.jpg

ご褒美のブロッケン!
お鉢の途中で、なんとブロッケンがっ。少し薄いけど感激。


2015_746.jpg

シオガマギク(トモエシオガマ?)

2015_747.jpg



2015_748.jpg

東峰にて朝ご飯
山ご飯は、サンドイッチとインスタントスープ(そろそろ暖かいものがいい季節になりました)
よっちゃんにもらったビスケットは、シナモンがきいていて美味しかった。


2015_749.jpg

ガスの切れ間から時々見える由布院の町(東峰山頂より)


2015_750.jpg


袖なしT&短パン
ありえん衣装のよっちゃん。山頂待機中はさすがに着こんでたけど。


2015_751.jpg

食事も済んで、下山しようとしたら再びガスが・・・・
「あっ、コレ撮らんと!」と、なかなか未練たらたらの気をもたせ気味のガスの由布岳でした。


2015_752.jpg



2015_753.jpg



2015_754.jpg

歩いた岩峰。こうしてみるとスゴイな。


2015_755.jpg



2015_756.jpg

ススキ越しに飯盛ヶ城



2015_757.jpg

下山後の由布岳。ガスで麓しか見えませんでした。



おおいた山日記」よっちゃんのホームページ
同日のレポ載ってます。
[2015/09/05/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |