由布岳
由布岳正面登山口---マタエ---西峰---(お鉢)---東峰---(日向岳観察路)---由布岳正面登山口

sanpoさんも私も裏英彦が楽しかった♪♪♪と言うもんだから、たぶんryonaさんはふてくされていたのだろう(←仕事で行けなかったヒト)くじゅうも英彦山も紅葉が終わり、よっぽど登る山がなかったのか(苦笑)由布岳の方をやっと向いてくれたので、ご案内。
sanpoさんがお鉢を歩きたいだろうなぁ~とは薄々わかっていたので、楽しみ~~。

日曜日に、志高湖からながめた鶴見方面の紅葉はパッとしなかったが、今朝の麓から見る由布岳もすでにくすんだ山肌。
駐車場の管理の方に聞いても例年より紅葉はよくないらしい。

やきそばパンを頬張っていると、ryonaさんとsanpoさんがいらして、3人で入山。
山頂はガスがかかってるようだけど、まぁそのうち晴れるでしょう。

それにしても、今日は暑い。汗ダラダラで、半袖でもよかったかな・・・と思いつつ、ジグザグの九十九折れの登山道を黙々と登る。
前を行くコーチの背中に『もう飽きた』と書いてあるのが見えだしたのは、6合目ぐらいだろうか(笑)
そう、確かに正面登山道は途中で飽きるのです。そして、まぁ今日は明るくなってからの歩きだけど、朝駆けの真っ暗な時は、怖い!
牧ノ戸コースに比べ、ココ怖いんです(私だけ?)
余談だけど、猪の瀬戸方面に伸びる夜中のエコーラインも怖い(泣)

2015_1028.jpg

西峰よりガスの流れる東峰方面
山頂は、予想通りのガス。何度か抜けそうな勢いで流れがあるものの、もう少し時間がかかりそうなのでお鉢を廻ることにします。


2015_1029.jpg



2015_1030.jpg

ガスの切れ間に青空も現れ、冬枯れの趣の岩峰は少し寂しい感じですね。


2015_1031.jpg



2015_1032.jpg

お鉢を終える頃には、鶴見岳方面がスッキリと見えてきました。



2015_1033.jpg

多くのハイカーでにぎわう由布岳東峰


2015_1034.jpg

東峰より西峰
東峰は、あまりに人が多くてゆっくりできそうにないけど、お腹もペコペコなので赤土エリアで腰をおろしてると、次々に登ってくるハイカー。さらに、人口過密^^;

あ。山ご飯は、うどんでしたが、あまり美味しそうには撮れなかったので省略。
おうどんのスープをズズーーッと飲みほしてると、さっきお鉢の途中ですれ違ったTさんが、お鉢を廻って戻ってきた。
東登山口から入山したと言ってたので、待ってれば会えるだろうなぁ~と思ってました。

ふふ~~ん、いい所に来ましたね。Tさん。
帰りは日向岳廻りで正面登山道に降りましょう♪としつこく誘って付きあっていただきました。


2015_1035.jpg



2015_1036.jpg



2015_1037.jpg

日向岳付近は、落葉がすすんでますが、晩秋の気配を楽みながら下山。
由布岳の紅葉は、少し残念でしたが今日も楽しい山行となりました。ご一緒した皆さんお世話になりました♪



2015_1038.jpg



2015_1039.jpg



2015_1040.jpg



2015_1041.jpg



2015_1042.jpg
[2015/11/03/Tue] | 山歩き | page top
| ホーム |