イブの日の覚書(ティナの眼振発作)
夜中にティナが眼振発作。

モゾモゾとベッドから起きあがろうとしているので、トイレかな?と外に出そうと促すも、なかなかベッドから降りようとしない(ちなみに、飼い主のベッドです)
ベッドから前足だけ床におろして、体半分はベッドの上に残ったままで、ユラユラしてる。
私も半分寝ぼけてたので「なにしてんのー?」と声をかけながららハッとなる。

部屋の電気をつけてティナの顔を覗くと眼振発作です。

すぐに常備薬を飲ませる。以前にも発作を起こしてるのでこんな時のために内服薬を処方してもらっていた。
(よかった~、在宅時で・・・)

だっこして添い寝。
気になってなかなか眠れない(私が・・・イヌは寝てる)
浅い眠りを何度か繰り返し、明け方自分が眼振を起こしてる夢を見た。

どこかの病院に行き、医者に「先生ほら、目がグルグル回ってるでしょ!コレ眼振なんですっ!」と必死で訴えるワタシ。
どんだけ、事前のデキゴトに影響されやすいんだか・・・・苦笑。

ヘンな夢で目覚めると、ティナの眼振発作はほとんどおさまっており、多少フラつくも自分で歩けるしご飯も欲しがる様子。
念のためもう2錠ほどお薬を飲ませて出社(年末が近づきなかなか休めない)

仕事中も気が気でなかったけど、夕方帰宅すると部屋の中をドドーっと走って迎えてくれました。
よかった、よかった。

眼振発作は、比較的シニア犬に多い症例のようです。
犬がフラついてまっすぐ歩けない、ユラユラして立ち上がれない、症状によっては嘔吐する場合もあります。人で言う”めまい”のような症状です。
そんな時は、犬の眼を観察してください。眼振発作の場合、目玉が横揺れ、縦揺れ、またはグルグル回ってます。
参考までに、動画です。
ティナの眼振発作(2013年9月の記録)

ティナの場合、過去も今回も内服薬がとてもよく効き、翌日には元気に復活しました。
後遺症などの心配もありません。

2015_1203.jpg



以下覚書(発作の記録)
1回目:2013/03/27
2回目:2013/09/03
3回目:2015/12/23(今回)
[2015/12/24/Thu] | 犬の医療 | page top
| ホーム |