天狗ヶ城・中岳
牧の戸登山口---天狗ヶ城---中岳---牧の戸登山口
ryonaさん、sanpoさん、yumiさんと気温10℃の牧の戸から登りはじめます。
山頂に着くまでずっとガスが濃く、ヘッドライトだけでは頼りなかったので途中から手持ちのライトも追加。
何度か黄色ペンキのマーカーを見失いかけるが、皆さんと一緒なので、あせらずゆっくり軌道修正。

あ、そうそう。ryonaさんは”オレは早く山頂に三脚立てたいんだよ~”のオーラが出っぱなしだったので、『先に行ってください』と3人に追っ払われて先行してもらってた。

2016_0734.jpg

天狗ヶ城山頂からの夜明け。久しぶりにガスが舞います。だ、、、だけど寒い!

山頂は風もあり、体感温度もかなり低め。
しまった!ダウンもってこなかったな。手袋も冬用がよかったくらい。
あっという間に手もかじかむ(>_<)


2016_0735.jpg

日の出。
ガス、メガ盛りの中夜明けの光線。メラメラ~。


2016_0736.jpg

まだまだガスの波がやってくるよ~



2016_0737.jpg

<うっすらブロッケン>

夜明け後、中岳に移動してその後の展開を期待しますが、天狗の上を行く強風。
岩にしがみついてないとまともに立っていられません。
時折、ブロッケンも現れますが(左山影の上)ちょっと貧弱です。それでも、緑の稜線が美しく感激。
同じ視線の先を見つめているyumiさんの背中も例のごとく、ワ~!キャ~♡と言ってますが、今朝は風の音でかき消されてます(笑)

2016_0738.jpg

お腹も減ったし、山頂も強風の上変化もなさそうだし皆さんと池の小屋へ。
風のない小屋の中でもガクガクと震えがとまりません。見かねたsanpoさんからスープをいただく。ありがとうございます。
ついこないだザックの中の冬装備(暖かい飲み物やスープ系も)を出してしまったのを激しく後悔。


2016_0739.jpg

<かしゅがる君>
下山途中でjinashiさんご夫妻にお会いして、少しだけ立ち話。「すぐ下にかしゅがる君がいるよ」と教えてもらう。
わーい!かしゅがる。元気そうで嬉しいよぉ~。もう、ティナは山には連れていけないからなー。元気で登るんだゾ!

下山時間が早かったので、自宅に戻る前にブラブラと花散策。
初夏の花が咲いてました。


2016_0740.jpg

<オカトラノオ>


2016_0741.jpg

<オカトラノオ>


2016_0742.jpg

<ヒメユリ>


2016_0743.jpg

<ヒメユリ>


2016_0744.jpg

<ナワシロイチゴ>
終わりかけ、、、綺麗な状態の花を見つけきれなかった。



2016_0745.jpg

<アソノコギリソウ>



2016_0746.jpg

<タカトウダイ>
よくみるとユニークな形ですね。


2016_0747.jpg

<ホタルブクロ>


2016_0748.jpg

<キバナカワラマツバ>

歩いている途中でも違和感があったけど、新調したザックのフィッティングがうまくいってないのか、下山後両肩が痛い。
夏は大した荷物も入ってないのに困ったな。次回もう少し調整してみよう。
[2016/06/26/Sun] | 山歩き | page top
| ホーム |