天狗ヶ城・中岳・星生山
牧の戸登山口---池の小屋---天狗ヶ城---中岳---池の小屋---星生山---牧の戸登山口

長者原⇔牧の戸間はチェーン規制がかかっていたけど、幸い夜中で前後する車もなく、ゆるゆる慎重に運転して無事、登山口の牧の戸に到着。
車内ライトの点いたryoさんの車の隣に駐車して、身支度するsanpoさん
にアイゼンどうします?と聞くと履いてないとのことで、とりあえずザックにしまう。

見上げる夜空には、ほんの少し粉雪が舞ってる。

登路はどうだろう。雪で濡れるのがイヤなので、服装はどうしたもんだかと、悩んでゴソゴソ脱いだり着たりしてるうちに、いつの間にかyumiさんが準備万端で到着してた。前回、私と同様に若干防寒が足りなかったkuuさんは今回はバッチリ防寒してる様子。
結局、ハードシェルで登っただけど、これが途中で暑くなって失敗だったかも。同じような服装だったryoさんも見ると汗びっしょりだった(苦笑)

山頂へ向かう前に、池の小屋で服装調節。登りの途中では暑かったけど、体を動かしてないと一気に寒さで凍えてしまう。
ryoさん、sanpoさんと先に山頂へ向かい、寒さが苦手なへなちょこの私とkuuさん二人が小屋に残る。
小屋の外は、ゴーゴーと強風。
こんな寒い中、なんでこんなところに来ちゃったんだろうと毎回心が折れる。寒いのホント嫌。
kuuさんとのおしゃべりが過ぎて、外は少し明るくなってきた。kuuさんに先に行ってもらい、後に続くが突風でヘットライトが飛ばされる(;^_^A


2016_1275.jpg

白くなった山頂で迎える夜明け
霧氷は期待したほどでもなかったが、それでも、十分に美しい。



2016_1277.jpg



2016_1276.jpg

星生側の裏焼けも染まりはじめる。



2016_1274.jpg



2016_1278.jpg

阿蘇側の雲海。
今朝は雲海の動きが素晴らしかった。絶妙なスピードで次々と押し寄せる雲海。
まるで生き物のよう。飽きずにずっと見ていられる。



2016_1279.jpg



2016_1280.jpg



2016_1281.jpg

稲星山
中岳に移動するも、今回はブロッケンはなし。
皆で池の小屋へ移動して、食事休憩。暖かい物でホッと一息。


2016_1282.jpg

御池にいた巨大オタマジャクシ(笑)



2016_1283.jpg



2016_1284.jpg

星生岩尾根



2016_1285.jpg

安定の三俣山
雪の時には登ったことないなぁ。


2016_1286.jpg

まだ岩の黒が残る、この三色もいいな。



2016_1287.jpg



2016_1288.jpg

星生小窓から三俣山。



2016_1289.jpg



2016_1290.jpg



2016_1291.jpg

阿蘇五岳遠景



2016_1292.jpg

下山は星生山を経由。
お日様が昇ったあとは、ポカポカ日和。またまた暑くて、足を止めて1枚、2枚と脱皮。

前回も綺麗だった扇ヶ鼻の分岐斜面がキラキラと輝いていてyumiさんのワーキャーがとまらない。
可愛すぎてなぜだか、kuuさんにキャサリンと名付けられるyumiさん。
yumiさんも不思議な人けど、kuuさんのネーミングセンスがまったくもって理解できない(謎)
(私は)怪しげなあだ名をつけられないように大人しくしておこう。



2016_1293.jpg

早く霧氷のトンネルになぁ~れ!

皆さまお疲れさまでした(^^♪

下山後の温泉は、安心院の「深見温泉」
知らずに行ったけど、年に一度の”宇佐市ゆず湯の日”でした。立派な柚子が30個以上プカプカと湯船に浮いてました。
いいお湯だったなぁ~。
[2016/12/17/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |