久住山
牧の戸登山口---西千里浜---御池---久住山---牧の戸登山口

くじゅう単独。山納め。
年末のバタバタの中、山に出かける。近くの山で早めに帰宅するか迷って、やっぱりくじゅうへ。


2016_1320.jpg

<蛇越峠の夜明け>

山は雪が少なそうなので、朝駆けはヤメておく。
日出生台から横目で見た由布岳は厚い雲の中。立ち寄るつもりはなかったけど蛇越峠展望台にちょっと登ってみる。薄く残った雪を染めてそれなりに綺麗。



2016_1321.jpg



2016_1322.jpg

牧の戸第二展望台上の階段のあたりは樹氷が綺麗。
この先、ちょっと期待できるかな?



2016_1323.jpg

<樹氷トンネル>
ボリュームはいまひとつだけど、贅沢は言ってられない。



2016_1324.jpg

シベリアンハスキーの”かしゅがる”
沓掛を下ろうとしていたら、顔みしりのかじゅがる君に出会う。
久しぶりだけど、すごく元気そう!嬉しなぁ。
少ないなりにも、雪があるのでご機嫌さん。


2016_1325.jpg

クロスした前足に萌えぇ~~。



2016_1326.jpg

星生西斜面はこんなです。



2016_1327.jpg



2016_1328.jpg

星生崎とかしゅがる
特にピーク予定がなさそうなかしゅがる君は、御池まで行くというので(だいたい犬まかせ)前後しながら途中まで一緒に歩く。


2016_1329.jpg



2016_1330.jpg

空池をのぞきつつ、霧氷ポイントを探す。



2016_1331.jpg

<御池>



2016_1332.jpg

<御池>
中央部分も凍ってるのかな。アイゼン履いてなかったので池のはじっこを歩きました。


2016_1333.jpg

御池リンクに苦戦するかしゅがる。
5本爪アイゼンなのにね(苦笑)

かしゅがる君とは、御池でお別れして久住山へ向かう。


2016_1335.jpg

お腹減ったので登りに取り付く前に小腹用の栗饅頭。


2016_1339.jpg

<久住山頂>
あまり立ち寄らない久住山だけど、山納めだし今日はくじゅうの主峰から今年登った山々を眺める。



2016_1336.jpg

今日の山頂からは阿蘇方面がいい。



2016_1338.jpg

今年は、熊本、阿蘇地方も地震で大変だったけど、登りたい山もあるので再訪したいな。



2016_1340.jpg



2016_1341.jpg

岩に張り付いたエビの尻尾。
まだまだ小エビですな。



2016_1342.jpg

お腹が減ったので、再びオヤツでつなぐ。



2016_1343.jpg

帰路も振り返りつつ久住山。
まぁ、そりゃ知ってるけど、かっこいいなぁ久住山。



2016_1344.jpg

昼を過ぎた下山路は日差しも暖かく、ポカポカ日和で霧氷もどんどん溶けていく。歩いていても暑くて、上着やニット帽を次々と脱皮して登山口に戻りました。



2016_1345.jpg

下山後の温泉は、久しぶりに「山里の湯」
いやぁ~、ココは本当に泡付きがすごいです(炭酸泉)
ただし、温度はぬるめ。

山でお世話になった皆様ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
[2016/12/30/Fri] | 山歩き | page top
| ホーム |