FC2ブログ
緩木山・越敷岳
緩木神社P---緩木山---越敷岳---緩木神社P
(時計周り周回コース)

単独。

夏に登った時に、ココは秋もいいんじゃないかと思っていて、来てみたらスゴクよかった!!



20191104_075837.jpg

登山口で小さく自撮り。カーブミラーの横にあるイラストマップでコースの予習をしておく。



20191104_080339.jpg

なんと、オシャレ鳥とまといリスのコラボだったよ。
(ひどく汚れていたので、その辺の杉の葉っぱでザッと汚れを落とした。あぁ、もう少し綺麗にしたい)




20191104_085652.jpg

前回の記憶がまだ新しいので、緩木山までの緩くない登りは「山頂まで我慢、ガマン」と自分に言い聞かせて登る。
五輪塔がある展望所で息を整える。チョコンと見えるのは荻岳かな?




20191104_092516.jpg

緩木山山頂
前回、展望ナッシング!と肩を落とした山頂は、秋色に色付き長居したくなる居心地のよさ。
夏とはまったく違う様子に変貌していた。やっぱり、山は季節を変えて登ってみなきゃわからないもんだな~。



20191104_092734.jpg



20191104_093822.jpg

ムフフ。いいね、いいね~。



20191104_095116.jpg

小腹対策。賞味期限切れ(笑)
ベリー系の酸味が効いて美味しい。また買おう。そして賞味期限内に食べよう。



20191104_101853.jpg



20191104_102756.jpg

縦走路。スキップで歩ける。さっきまでの急登がうそみたい。



20191104_103614.jpg

「山」の刻字のある境界杭のあたり。
ここも雰囲気がよくて、同じような写真を量産してしまう。



20191104_104623.jpg

左手の奥の方がたぶん祖母山だろうけど、山頂付近は雲がかかっていて見えない。おまけに逆光でうまく撮れない。
少し進んで振りかえると、頭上の木々が綺麗だったり、むこうの斜面に陽が当たってキラキラだったりと、全然先に進まないもんだからコースタイムよりずいぶんと遅れがち。
そして、この山の魅力は人が少ない!
カサカサと落ち葉を踏む自分の足音だけがする中、静かな景色の独占感。プチ贅沢を堪能。



20191104_105419.jpg



20191104_105441.jpg



20191104_105751.jpg

緑、黄、赤のカラフルスケスケ。



20191104_111413.jpg

祖母山への分岐。
右の「越敷岳」へ向かう。




20191104_111814.jpg

ススキは終盤。



20191104_112022.jpg

落ち葉カサカサゾーン。
快適です。



20191104_112242.jpg

夏草がうるさかった縦走路も長いカヤ類は刈られ歩きやすくなってました。



20191104_110329.jpg

スケスケ。


20191104_120346.jpg

越敷山頂直下の巨石を廻りこんで進む。



20191104_121103.jpg

越敷岳山頂
あまり広くないので、少し下がった所にある展望のいい岩の場所に移動します。



20191104_121808.jpg

前回も食事休憩した場所。
展望はいいけど(阿蘇山も見える)滑り台並みに斜めになってる岩なのであまり先っちょには行かない。



20191104_121640.jpg

山の稜線と、眼下の杉林。




20191104_120521.jpg



20191104_125615.jpg



20191104_130120.jpg

下山路も紅葉を楽しみながら、途中から味気ない植林地帯へ入るんだけど、まぁまぁガレてるので歩きづらい(下りのガレ場ってイヤですよね)
単独なのでケガをすると洒落にならないので慎重に・・・
そして、後半はコンクリ道の林道歩き(飽きる・苦笑)

無事下山。紅葉が見事でまたこの季節に再訪したいと思う、そんな山行となりました。
[2019/11/04/Mon] | 山歩き | page top
| ホーム |