タイルカーペット
ダイニングの床(フローリング)の一部がひどく痛んできたので、タイルカーペットを敷き詰めました。
タイルカーペットの施工はリビング、パソ部屋に続き、今回で3度目なのでロンPも要領を得てます。
食事や、犬たちの水飲み容器を設置してる関係で、クッションフロアの方がいいかなぁ、と散々悩んだのですが、最近エルモが後ろ足を滑らせる事があるので隣室(リビング)と同じタイルカーペットにしました。

タイルカーペットの施工をするロンP

こんな感じで部屋の隅までキッチリと敷き詰めます。

フローリングの床にタイルカーペットを敷き詰める


完成間際です。
関係ないけど、作業にジャマなのでレースのカーテンをたくし上げてみたら、窓ガラスはティナの鼻脂でまだら模様になってました。
マズル(鼻先)を器用に使い、レースのカーテンをめくって、窓の外の獲物(農道を横切る猫とか、畑に舞い降りたカラスとか、町内散歩中のご近所犬とか、、、)を探す最中に鼻でデロデロとやってるようです。

ダイニングテーブルと小さなテレビ台を元に戻して完了。ロンP、お疲れさまです。
サッシ類や、部屋の間仕切り部などのちょっとした凸凹部の処理が面倒だけど、接着素材などを使わずに「置くだけ」で使えるタイルカーペットはDIYとしては、作業性が楽な部類です。


ファンヒーターの前で寝るティナ

ファンヒータの前で熟睡のテナ子と、温風が苦手なロン

タイルカーペット、犬と暮らす我が家の例で言うと。
長所は、部分洗いができる、(施工)作業性の簡易さ、犬の足が滑らない。などでしょうか。
逆に短所は、水やトイレの失敗など液体類の処理はカーペットに染み込む(部分的に剥ぎ取り、水洗いが可能)抜け毛やホコリなどは毛足にからむ等、お掃除面ではフローリングやクッションフロアなどの方がケアが楽だと思います。

タイルカーペット、購入先はこちら「壁紙本舗」さんです。

昨年末、こちらのショップで購入した洗えるロールスクリーン(生地のサンプルを無料配布してくれます)をキッチンとダイニングの開放部にオーダー寸法で購入しましたが、ペラペラのロールスクリーンが一枚あるだけで間仕切り戸の代用になるようです。ロールスクリーンで隔てているとキッチンと、ダイニングの温度が全然違います。冷暖房費節約の為に設置したのですが、これは正解でした。

[2007/12/01/Sat] | 犬グッズ色々 | page top
| ホーム |