FC2ブログ
ロンの誤飲事故
今回は、少しテキストが長いですが、犬の誤飲事故についてです。

何事もなく、無事であったのでここにUPできるのですが、実は土曜日にロンが乾燥剤のシリカゲルを誤飲しました。
基本的に、我が家は家人が在宅時は犬たちはどの部屋もフリーな状態です(留守番時はリビングとダイニングに限定)
私は二階にいて、階下でエルモが吠えるので、ヘンだなぁ~と思いリビングをのぞくと、ロンが小さなシリカゲルの袋を食い破ってました。
2センチ四方程度の小さなシリカゲルの袋。中身は粒状です。

食いちぎった袋と粒状のシリカゲルがカーペットの上にちらばってます。
残ったシリカゲルを集めて、袋の大きさから想像するに、食べたのはせいぜい5~6粒程度のようです。

すぐに、水を飲ませ(あまり飲まなかった)動物病院へ対処方法を教わるために電話しました。
犬の年齢と体重、食べたであろう(予想)シリカゲルの量を伝えます。

動物病院からの回答によると、袋の中身を完食するということはあまりないらしく、ロンが食べたであろう量だと90%以上の確率で問題なしとの事。
食べた量により、嘔吐などの症状が出るかもしれないので様子を観察するよう指示される(が、たぶん大丈夫ですよととの念押しに安堵)

誤飲した土曜も、翌日も特に症状はなく、体調もごくごく普通。

原因のシリカゲルですが、テーブルの上などは背の高いティナが届くので食べかけのお菓子や犬たちのオヤツも置いてない。
唯一、シリカゲルの入ってる犬クッキーの缶の蓋はきちんとしまったままになってるし、、、
もちろんゴミ箱をあさった形跡もない。
一体どこから持ち出したのか?

しばらくはロンの体調が心配で思いつかなかったが、出所が判明。

ロンと山歩きをする時には、必ず持参するチョークポーチ。


山でのオヤツとして犬用クッキーを入れて持参します。
前回、山歩きした際にポーチの中に残ったままだったクッキー。ポーチはザックにカラビナで付けた状態で和室に置いたままでした(和室の引き戸があいていてロンが発見したらしい)
そのチョークポーチにクッキーと一緒に小さなシリカゲルの袋が入っていたのです。

ポーチの中のクッキーは完食し、クッキーの粉(と味)が付いていたシリカゲルの袋をリビングに持ち込み食い破ったというのが事の顛末。

本当に、私の不注意で恥ずかしくてここに記載するのも「飼い主失格」をさらけだすようなもんですが、シリカゲル(乾燥剤)というのは普段の私たちの食生活の中に普通に溶け込んでいるので見落としがちです。
小さなお子さんや、認知症のお年寄りなどにもある事故のようです。

お菓子に入ってるような小さなサイズだと、誤飲しても中毒症状はあまりないようです。
検索したら下記のようなサイトがあったので、自分のための覚書としても記載しておきます。


ペット タバコ中毒と様々な誤飲

こんなときどうする?乾燥剤・衣類防虫剤・口紅・シャンプーの誤飲


犬の盗み食い(ほとんどティナ)には何度かあってますが、今回は乾燥剤ということで本当に泣きそうでした。
ロンに何事もなくてよかったです。

しかし、エルモが執拗に吠えていたのは(私へ)知らせてくれていたのかもしれません。
エルモは、ロンが『んごっ、んごっ』と嘔吐しそうになると、気配を察して吠えて私たちに知らせるのです。

うつむくロン




[2007/12/03/Mon] | 犬との日々 | page top
| ホーム |