オヤツの話。
チェック柄の犬座布団に座るエルモ


我が家、犬たちへのオヤツ頻度はきわめて少ない。
「ハウス」のコマンドで、ティナがバリケンに入った時にご褒美として、小さなクッキーを与える(クッキーなしでも、コマンドは効くが、なんとなく幼犬の頃の名残でやってしまう)

ロンは胃散過多な犬で、空腹時に胃液を戻しそうになる事があるので、食事までの「つなぎ」として、クッキーを数枚与える。

クッキーは、小型犬でも一口で完食しそうな小さな小さなクッキーなのだけど、それを2~3枚手のひらに乗せて犬たちに与えると、ロンもエルモもペロリと一口で食べてしまう。

手のひらに乗せて、、、というのはとても重要で、(クッキー)指でつまんで与えようものなら、ピラニア犬エルモは飼い主の指ごと持って行ってしまう(苦笑)

ロンもエルモも一口で食べる小さなクッキーだけど、ティナは手のひらに乗った数枚のクッキーを1枚づつ丁寧にゆっくり食べる。
日頃の暴れん坊ぶりからは、うかがい知れないほどの、お上品な食べ方なのです。
そういえば、フードも一粒づつゆっくり噛んで食べてます。エルモは噛まずに丸呑みタイプ(困)

写真は、そんなピラニア犬えりゅも。
体重10キロ台の小さなラブラドールレトリバーです。

[2008/02/10/Sun] | 犬との日々 | page top
| ホーム |