ロンの有機リン系中毒
9月5日(金曜)
激しい痙攣発作にて入院
留守番部屋は、吐き戻した嘔吐物と脱糞。大量のヨダレ。
病院到着時は高熱にて全身を冷やしながらの治療。治療中にも大量の嘔吐と脱糞。
有機リン系(農薬)中毒かもしれないとの事。「危険な状態です」と言われる。

同日、夕方面会。
麻酔にて鎮静状態。
薬が切れると、痙攣発作が再発するらしい。
呼びかけには無反応、意識なし。小さくヒュンヒュンと鳴く。細かい四肢の震えあり。
引き続き、よくない状態。「何か急変があれば(電話)連絡します」との事。
「夜中でも大丈夫ですか?」と聞かれ、もちろん承諾。



9月6日(土曜)
朝10時、面会。
「峠は越しました」との事。
意識は混濁。目は開けて視線はこちらを見るが、私たちと認識できているかは不明。
うつろな状態。呼吸は少し荒い。
夕べの夜中からは、麻酔による鎮静はしてないとの説明。明け方、キュンキュンと鳴いたが発作はないらしい。
しかし、昨日の状態からかなりの回復。

同日、夕方面会。
寝ていたが、声をかけると起きてきた。
首を上げて、視線も確実にこちらを見ている。意識はハッキリしてる模様。
下半身(後ろ足)に力がまったく入らない。しかし、前足だけで近づいてきてケイジから出たがる。

劇的な回復!

なにより、意識が戻ったのが嬉しい。
先生が缶詰のフードを少量与えるとガツガツ完食。
ヨダレがまだ出るようだ。
明日の午前中に血液検査の予定。

以下、中毒原因と予想される覚書
<有機リン系中毒の原因>
ロンが発症した朝、ティナがほんの数分間(7~8分程度)脱走していた。
朝のトイレをさせるため、庭に放したが門扉が開いていたらしく、そこから脱走。
気がついて、名前を呼ぶと3軒向こうの家の角から走って戻ってきた。
(角を曲がると畑がある)

通常通りの出社と、犬たちはエアコン部屋で留守番。
ロンPが昼休みに一時帰宅してロンの異常を発見。ティナもヨダレで口の周辺や耳の飾り毛が汚れている。
想像するに、朝の脱走時にティナが『何か』を拾い食い。
時間をおかずに、部屋で吐き戻す。それをロンが再び拾い食い。
ティナは毒物が体内に吸収されないうちに吐き戻したために、症状が出なくて、ロンが被害にあった。


我が家のまわりは、農家が多く農薬類と接触する可能性は高い。
どうやって、短時間のうちに犬の(ティナ)の口にはいったかは不明だけど、農薬単体を犬が口にするとも思えず、想像は悪くすれば妄想へと変化して自分の失敗を棚にあげる事になるのでやめよう。

中毒の原因となる異物と接触する機会は、部屋飼いの環境下では散歩中の拾い食い等が考えられるが、ロンにはそういった行動もなし。
ティナの脱走と因果関係があるとしか思えない。

ちなみにティナは、体調変化はなく、いたって元気いっぱい。






[2008/09/06/Sat] | 犬の医療 | page top
| ホーム |