稲星山~中岳~天狗ケ城(前半)
東屋のある展望台

夏の間、休んでいた山歩きを再開しました。
■本日のコース
牧の戸登山口~稲星山~中岳~天狗ケ城~牧の戸登山口
同行犬:ティナ(7才)/アイリッシュセター

写真が多いので記事を折りたたんでます。
続きはクリックでどうぞ~
やまなみハイウエイを南下し、大曲Pを7時に通過。なんと、その時間で大曲に1台しか駐車しておらず(土日はいつも満車状態なのに)ガラ空き状態(驚)
牧ノ戸Pに到着しても、同じくいつもの休日とは違ってこちらもスカスカ。シルバーウィークはきっと混むんだろうなぁと予想していたが、余裕で駐車できて幸先がいい。

しかし、車外に出ると風が冷たく、あわてて上着をはおる。手袋をしてなきゃ、あっという間に手もかじかむ気温と強風。

登山口を出発して、長いコンクリ坂をゆっくり登り、東屋のある展望台で息を整える(写真:上)

沓掛山の岩場をおりるティナとロンP
沓掛山の岩場を越えるティナ
沓掛の岩場を越えると、その先に続く稜線に毎回ながらワクワクする。きっと、牧の戸コースを登るハイカーの皆さんならそう思う人も多いはず。

アキノキリンソウ
アキノキリンソウ

乾いた西千里浜を歩くティナ
星生山を左手に眺めながら、フラットな西千里浜を歩く。何日も降っていないのだろうか、カラカラに乾いた地面から舞い上がる砂埃でティナの耳が砂塵だらけに、、、、こんなコトならスヌードを装着しておけばよかった。


星生崎直下のガレ場と窪地の広場
避難小屋のある広場は、ガレ場に囲まれたクレーターのよう。登山口に注意書きがあったが、今は小屋に隣接したトイレが故障中らしい。紅葉シーズンまでに修繕できればいいけどなぁ。

青空の下に映える露岩の星生崎
雲ひとつない、真っ青な秋空。
目にしみるような青が美しい。

噴煙を上げる硫黄山と三俣山全景
噴煙を上げる硫黄山と三俣山全景
くじゅう分れを過ぎ、御池方面へ向かう。火災のあった三俣山だが、遠くから眺めると被害のあった南峰も緑が復活したように見える。しかし、消失したミヤマキリシマなどはどうなったのだろうか。

御池(みいけ)
御池(みいけ)
ここから、池の淵を半周して反対側から眺めた景色がこちら↓

真っ青な空と御池、中央遠景は星生山
星生山を中央にとらえた御池全景
私も大好きなくじゅうの景色のひとつ。

御池を背にして立つティナ
気温が低めなので、ティナもまだまだ余裕です。

岩のテラスで休憩中のティナとロンP
お気に入りの岩場のテラスで、小休憩。
御池を眺めながらランチタイムをとることが多いが、今日は早めに到着したので、先に目的の稲星山へ向かうことにする。

続きは後日。
[2009/09/19/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |